US♡旅・遊び(ベイエリア)

2013年12月 5日 (木)

2度目のWinchester Mystery House

Winchester Mystery House。
2度目の訪問。
「2回目のWinchester Mystery Houseだよ」と友だちに言うと、大抵の答えが「私、まだ一度も行っていませんから・・・」と。

地元の人にしてみたら
「いつか行けば・・・」
「入場料が高いよね・・・」
屋敷は日常的に目にしていると、なかなかそう気軽に「行こうかな」とはならないのかも。我が家は昨年初めて「一度ぐらい行っておくか」と行き、今回は両親と。

2度目で気がつきました。
なるほど去年のクリスマスシーズンのスタイルが普通ではないのね。
というのも、お屋敷の中はクリスマスツリーなどの装飾は変わらないのですが(この時期以外はそもそもどんな感じなのだろう、、、、、)今回は、グループでの移動でした。グループごとに入館していくのは同じですが、その後もグループ行動で、そこには一人の説明要員スタッフがついていて、そのスタッフがいろいろ説明をしてくれました。これがスタンダードな流れなのかしら???ちなみに、日本語の説明パンフレットもあるようで貸し出ししてくれました(要返却)※説明スタッフに言うと借りることができます。

131127_1

131127_2

Winchester Mystery Houseについては・・・、昨年の記事をご覧くださいませー。とサボッてしまう。

昨年の様子はこちら→
Winchester Mystery House/San Jose

| | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

12月のキャピトーラの海/Gayle's Bakery

131123_1
リーシュで繋がっていればokなビーチです。

なんて気持ちのよい場所、Viewなんでしょう。
ここはCapitolaの New Brighton State Beach です。
以前にお仲間と来た場所です(→おとなの青春!@キャピトーラ 

コゼットと久しぶりに一緒にたくさん走りました。コゼットがこんなに楽しそうに走ったりしているのを久しぶりに見ました。と同時にすまぬ。。。走りたかったのね。。。

131123_3
訪米中だった両親と一緒に。

131123_4

111323_5

131123_7

ちなみにこの日のランチはキャピトーラで大人気のGayles Bakeryでサンドウィッチやサラダをto goしてビーチへ。
131123_8
相変わらずの美味しさと、相変わらずの混みっぷりでしたが休日に比べたら空いていました(平日にいきました)

131123_9
Gymboreeのベイビーサングラスは、横のつるの部分がソフトな素材です。
131123_10

夏に来たことのないこのビーチ。きっとものすごく賑わっているのでしょう。たくさんの楽しそうな声や笑顔を想像しながら、静かな(それでも結構人がいました)ビーチを楽しみました。真っ青な空に海。あたたかな陽射し。気温は肌寒いですが、このまっすぐな気持ち良さ、なんと表現してよいのやら、健やかな気持ちになるこの空、この景色、ここ、カリフォルニアの素晴らしさをこころに留めました。この12月にビーチにいる人々のおだやかな楽しみ方や家族で楽しんでいる笑顔もとても素敵でした。

それにしても、17号線。山道ハイウェイを自分で運転しているとは。(この道、助手席に座っているといつも酔っていた)。また近々Gayle's Bakeryにランチしにいきたいな。

♡New Brighton State Beach
1500 Park Ave Capitola, CA 95010
※ビーチの住所ではありません。

このアドレスで向かうと途中にキャンプ場とビーチ方面にわかれる道があります。
わたしが行ったのはビーチです。
駐車料金がかかります。

♡Gayle's Bakery & Rosticceria
504 Bay Ave, Capitola, CA 95010
http://www.gaylesbakery.com/

| | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

おとなの青春!@キャピトーラ

青春とは
「夢や希望に満ち、活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの」らしいのですが、
その「若い時代」。この「若い」の尺度、感じ方、タイミングはそれぞれだわ

そうだ!そうだ!

「あぁおとなの青春って素晴らしい」
「あぁおとなの青春って終わらないのね」
そんなことを感じる仲間達との休日。

この日は、7,8家族でみんなでキャピトーラの海辺へ。
131110_1
子どもたち、全力で砂遊び。最高!!

131110_2
おとなも全力でカヤックを楽しみます。

131110_3

131110_4
こんな感じで、わたしたちの基地?!。それぞれが好きなことをしたり、みんなで楽しんだり。

131110_5
第2陣のカヤック隊

131110_8

131110_9
元バレーボール部女子たち。

131110_11
20回続けるぞー!
自分がうけるときは「ハイ」って言おう!
ぷぷぷ!おとなたち、砂にまみれながらバレーボールに「ハッスル」すること1時間。

おいおい、水分補給しないで大丈夫?

わたし、おとなを心配。みんなとびっきりの笑顔。バレーボールの輪は10代から60代。最高ね!!

131110_10
浜辺をおさんぽwithベビー する者あり。

131110_12
泳ぐ者あり。ぎょえ。。。冬だよ冬。

ちなみに、この私たちの仲間の勇者たち以外に海にいたのは
131110_19
ペリカン、アシカ、彼ら(ニンゲン)。

ちなみに、浜から確認したときは
一番奥にペリカンの群れ
真ん中に彼ら(ニンゲン)
そして、ある瞬間、手前にひょっこり顔を出したのがアシカ。

「え?いま、ニンゲン通り過ぎた?!」的に。

日頃から鍛えている強靭ご夫婦。
まぁ、びっくり。
※わたしたち、一応双眼鏡で彼らを確認。

131110_13
いつまでも砂遊びする者あり。

131110_16
ハイハイできるようになった者あり。

131110_17
たそがれる者あり。

写真はありませんが、なんと「編み物」する者あり。

131110_18
楽しいが止まらない!!者あり

豊かな時間が流れていました。

131110_20
BabyGoもまったり。
131110_15
ちなみにこの日の青年の部。
10代〜60代(ただし20代不在)

「あぁおとなの青春って素晴らしい」
「あぁおとなの青春って終わらないのね」
はじめにそんな風に書きましたが、「青春が終わらない」「続く」むしろ、どんなときでも「いつでも青春できる」。それは、いつまでも「どんなことにもワクワクできる健やかな心」「どんな仲間とも気持ちよく向き合える大きな心」それをもちあわせたおとなだけの特権のように思えます。
どんな仲間(年代や性別などなど超え)とも気もちよく向き合えるというのは、要領よくできるとか、適当にこなせる、という意味ではなく、仲間と気持ちよく楽しめる、とでも言うのでしょうか。そういうことです。

ざっくりまとめてしまうと。
心からの笑顔溢れるおとなたち。
そのおとなが全力で楽しむと
その空間は「青春」です。
夢や希望に満ち、活力がみなぎっています。

いいね!!

わが夫婦、家族にとっても本当に豊かな時間。豊かなつながり。
青春、いいね!!

|

2013年11月23日 (土)

Wizard of OZ!! 産後初!おひとりさま観劇&サンフランシスコ一泊

我が家の大好きな作品、OZ。
ミュージカルWizard of OZがサンフランシスコ公演。
これはいくしかない!

観劇の時にシッターさんにお預けするという選択肢もあるようですが、なにせまだ預けたこともないですし・・・ということで、出した選択は夫婦順番で観劇。つまりひとりずつ。

1日2公演やっている日を選び(土曜日)
マチネ(お昼まの公演)はわたし
ソワレ(夜の公演)はdannasama
そして、それぞれ観劇ではない人が,BabyGoちゃんとの二人きりタイムを満喫します。
ということ。

そこで、もう少し1歩ぐらいですがハイハイしたり、床での動きを好むBabyGoちゃんをずっとエルゴやストローラーで過ごしてもらうわけにもいきません。それに、夜はもってのほか。
ということで、これを実現させるために、重要な要素は「お部屋があること」

ということで
「そうだ、サンフランシスコに一泊しよう」

日帰りでふらっと行ける距離なので、「泊まる」という選択肢は、いままでは無かったのですが、この機会に、贅沢に1泊してみよう(そもそもそうしないとこの計画は実現できないのもあるのですが)となりました。

早めにチェックインもできたので
お昼からホテルのお部屋は確保でき、dannasamaはホテルのお部屋で過ごしたり、街中にぶらぶらお散歩にでかけたり。私の時には入浴してお部屋で寝かしつけ。そんな風に安全にBabyGoと過ごすことができました。
※ホテルは中心地、劇場まで1駅のる地下鉄の駅の目の前にしました。

さて、お写真は、Yumi-Goおひとりさま観劇の様子です。
131026_1

131026_2

121026_4
Bigパネル前にてパチり。
パチり=もちろん、後ろに並んでいたおじさまが撮ってくださいました。
そして、小さなバック1つでおでかけ。なんとも不思議な気分!授乳のため・・・という洋服選びもしないのもなんだかソワソワ!!

131026_3
キャスト

この作品の特徴かもしれません
小さなお子さまから、おじいちゃま、おばあちゃまがとても多かったです。
土曜日の昼間ということもあってしょう。
わたしの周りも小さい子ども連れの家族、おじいちゃまおばあちゃま世代のお友だち?チーム、そんな感じが多く、もちろんおそらく「おひとりさま」、私だけじゃないかしら。

ハロウィンも間近だったこともあり
131026_5
ミニドロシーも結構いましたよ。

131026_7

トトがとってもかわいい。
久しぶりの心地よい劇場空間。
久しぶりのおひとり様時間。
とってもとっても素敵な作品でしたが、カラダは正直。やっぱりすこし睡魔が襲ってきました。これは育児中の宿命かしらね。すまん、ドロシー。前から2列目で時々うつろな目でみつめてしまいました。

翌日はサンフランシスコでお買い物などなど。
しかも中心地のホテルに車はおきっぱなし(ラッキーなことに1日分しか駐車場をとられなかったのだけど、ミスかしら。とにかくラッキー。サンフランシスコの駐車場は高いですからね)

131026_8
ブランチはGrand Hyatt。
最近、こちらが我が家の定番に。2階のお店でゆっくりお食事です。

コーヒーだけのときはウェスティンのロビー(ソファ席)がお気に入りだったのすが(※コーヒー一杯1000円!・・・ではなく、スタバゆえかわいらしい金額が良い。アメリカのホテル、こういうところがとても良い◎)少しお食事したいときは、ハイアットがお気に入り。

日曜日だとのんびりNFLをテレビをみながら・・・。

と、いつもとはちょっと気分が違う、サンフランシスコの楽しみ方でした。

| | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

サンフランシスコ,フィッシャーマンズワーフの朝。

いつもは自宅から車でお出かけするサンフランシスコ。
今回弟夫婦滞在中に、初めて、Pier 39/フィッシャーマンズワーフの近くに1泊してみました。

オークランドでナイターで野球を楽しんだ後、家には戻らずサンフランシスコへ。そして、1泊。ホテルには夜遅くに到着とはなるのですが、その後翌日はお昼ごろまでホテルでゴロゴロできます。これは素晴らしい。うふふ。朝一番に弟夫妻はアルカトラズ島のツアーの乗り場まで歩いていき、私はそれを見送った後は朝のお散歩です。

130901_1
ものすごい霧でした。

130901_2
BOUDINまでも歩いてすぐ。
朝ごはんメニューを初めてみました。んー、サワーブレッドの中にスクランブルエッグ。これ、どんまい。普通にクラムチャウダーの方がまだパンを食べれるような・・・。

130901_4

ということで、弟夫妻がアルカトラズ島行きの船で若干船酔いしつつも楽しんでいる間に、ホテルでのんびり。いま振返れば、まだ寝返りしていなかったのね。。。。あのアメリカの高さのあるベッドで添い寝(一応dannasamaと間に、川の字で)で、対応できていたのだから。。。

しみじみ。

そして
130901_3
BabyGoちゃん、初ケーブルカーです。
※Babyを抱いたまま立ち乗りは禁止なので、このあと座っていますのでご安心を。これは出発前です。

サンフランシスコ,フィッシャーマンズワーフの朝。
それは寒くて、かもめがいっぱい。(いつもと同じかな)。

130901_5

せっかくなので、弟夫婦をぱちり。

気になるかしら?朝ごはんメニュー。ぷぷぷ。
♡BOUDIN
http://www.boudinbakery.com/

ケーブルカーの始発駅も、アルカトラズの乗船場も歩いていけて便利なロケーションでした。
♡ Best Western Plus The Tuscan San Francisco
http://www.tuscaninn.com/san-francisco/fishermans-wharf/hotels.html

|

2012年12月29日 (土)

Winchester Mystery House/San Jose

Winchester Mystery House
実は、地球の歩き方「サンフランシスコとシリコンバレー」にも掲載されている所。(シリコンバレー・サンノゼの頁)

最初(購入時)は8つの部屋のお家。
それが、どんどん、増築が繰り返され、
最後には、
全160室
1万枚の窓
950枚のドア
40の階段
40のベッドルーム
47の暖炉
6つのキッチン
にまで拡大した大邸宅。
ウィンチェスターさんのお宅。

ということで、いまでは
ウィンチェスター・ミステリーハウスと呼ばれ、現在はカリフォルニア州の歴史的重要建造物に指定され、一般公開もされているそうなのです。

いわゆる、幽霊屋敷?!

いつも近くには良く行っていたのですが、「ま〜いつか行けばいいかな」と、思っていたのですが、ちょうど、シリコンバレー住民の多くのひとが頼りにしている底値生活 in シリコンバレー にチケット情報が掲載されたので、行ってみました。

こういうタイミングがないと
なかなか行かないよね、、、とお友だちとも。
ご近所ネタこそ、なかなかね・・・。

121227_1

しかも、いまは、クリスマスデコレーションがされていて、数々のツリーなども部屋にあり、クリスマスホリデー気分も楽しめました。

館内は写真撮影が禁止なので、こちらではご紹介できないのですが、いやはやきれいなステンドグラスや(どうやらティファニー特注品もあるそうな)目でも楽しめるものもありましたが、とにかく奇妙キテレツ。扉をあけても、壁だったり、階段も異常に狭かったり、え?ここ何スペース?と、理解不能な場所もたくさん。歩いていても自分がどこにいるのかもさっぱりわかりません。

このお宅。
ーーーー
屋敷はその巨大さと設計の基本計画が無いことで有名である。一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと妄執していたとされている。屋敷はサンノゼの525 サウス・ウィンチェスター通りに位置している。
ーーーーウィンチェスター・ミステリー・ハウス(Wikipedia) より

ウィンチェスター夫人が、夫と独り娘を相次いで亡くし、その絶望から霊媒師をたずね、霊媒師の言葉から、こんな家になってしまった、、、らしいのです。

我が家は夜のコース(邸宅内を歩く)へ。
30分強ぐらいでしたが、とにかく寒かった〜。
一度は・・・と思っていたので、その一度はこの時期で良かったかな。

この日、印象に残っていることと言えば、ある程度の人数で、順番に歩いて家の中を回っていくのですが(最初に、グループごとに写真撮影があるため、そこで、ある程度、流れができる)、その列を作るのも、最初の写真撮影が始まる直前。なので、なんとなく出来ていた列はまるで無視

「こっち側に列を作ってください」

と、指示が出る。こういうの、アメリカだなー、とつくづく。
その指示で、あれよあれよとみんなで、列を作り直したのですが、そのときに、たまたま我が家の前になったグループ。ひとりの老紳士がグループ内ではちょっと遅れてしまい、「おじいちゃんこっちよ!!」とおそらく娘や孫たちに呼ばれるものの、なんだか拒絶な雰囲気。とはいえ、孫娘たちに、ぴしゃりと言われ合流したのですが、その後

「これじゃ、ズル込みだ。すまんね」

と私たちに。(え?全く違いますけど・・・、キョトンな私たち)
その後も、この生真面目なおじいさん。
ことあるごとに、その生真面目っぷりをみせてくれる。
足が悪いのか、杖をついていたこともあり、やっぱりちょっと遅れてしまう。そんな時も、ちょっとショートカットして、グループに合流も「ちと拒む」。
そして、いちいち私たちにも気を使って声をかけてくれたり。そのおじいさんのアクションに対する孫や娘たち、女チームの反応がまぁcoolだこと。

このエピソードが一番面白かったりしたような。
生真面目おじいちゃんと、女たち(←強い)。


121227_2

♡Winchester Mystery House
http://www.winchestermysteryhouse.com/
525 South Winchester Boulevard  San Jose, CA 95128

|

2012年10月15日 (月)

せいちゃん&おはる8日目;いよいよ最終日です

「息子夫婦の滞在地に初めてやってくる両親の旅〜US本土初めての訪問編」

せいちゃんとおはるの8日目。
いよいよ最終日、夕方の飛行機で日本に戻ります。

正しくはすでにお戻りになりました。
「ブログにupまでが遠足です」
すっかり最後のこの1日をあげそびれ数日が過ぎてしまいました。

この日は
思い出やご自身たちが感じたこと、それをこれからの生活に、ポジティブなエナジーにどう変えて行くか・・・、そんなことを午前中はお二人で、ベランダにて頭とこころの整理をされているようでした。

旅などでは特に、あれやこれや「経験」すること、その事自体から吸収できることや学び・発見はもちろん宝物で、財産にもなることです。が、「経験」したことで終わらせるか、そこから、これからの自分の生活や思考にどう活かそうとするのか。そういうエナジーや感覚が沸く/沸かないというのは、かなり感覚に差があるようです。
これは今まで多くの人びとと出会ってきて感じて来ていることです。

そもそも、そういうことが沸く人は、はたまた、いままでの自分の振返りも上手にしながら。。。そして、自分の気持ちだけでなく、その時間軸に起こった全てのこと、人の気持ちだったり、はたまた、その地の歴史だったり、思いだったり・・・。そんなことを考える、感じること、その余裕があって、自分だけでなく、そこで出会ったみなさんがHappyになる何かエナジーがあるんですよね。つまり、旅先だけでなく、普段からそういう感覚、思考なんですよね。そういう気持ちがいい人と出会ってきている分、今回は私たち自身が、せいちゃん&おはるの旅を応援、よりそんなエナジーが自然と溢れ出たらいいな、とdannasamaとお迎えをした旅。

いよいよ最終日になりました。

121011_1_2
今回の旅の最後のランチはリンガーハット。
最後のさいごで日本食。
長崎ちゃんぽんに皿うどん。
ただ、日本食といえども、アメリカでいただく日本食。
この微妙な感じ、ここからもなにか刺激があったことでしょう。
そもそも、おいしいしね!!

もちろん。朝は最後にお二人の日課となった「スタバで珈琲」ミッションも無事に楽しみながら済ませました。

121011_2_2
最後の関門?! セキュリティー。
一応、遠目から無事にクリアしたことを見守り、say good-bye!

あっというまの一週間。
楽しく刺激的な時間をありがとうございました。
サポート、応援してくださったアメリカのお友だちファミリーの皆さん、日本の家族の皆さんありがとうございました♡

                   

|

2012年10月11日 (木)

せいちゃん&おはる7日目;冒険day!! 再び。

「息子夫婦の滞在地に初めてやってくる両親の旅〜US本土初めての訪問編」

せいちゃんとおはるの7日目。
昨日の冒険からの流れで、今日も大冒険です。

玄関でお見送り、せいちゃん&おはるで、二人で冒険です。
今日も嫁Yumi-Goは自宅待機(失礼シマス)。
お二人の撮って来た写真と思い出ばなしをご紹介。

VTAライトレールへの乗車、初挑戦。
121010_1
二人で冒険でやっと【期待の】失敗談が出て来て、こちらも嬉しい限り。
危険な目だったりするのはもちろん避けなければなりませんし、それは期待しているものではありません。
あとで笑い話になるような失敗談は旅の宝物になりますからね。そういうことです。かわいいドジ、そんな感じ。
それに、積極的に何かしなければ、失敗談も生まれませんからね。

ということで、このVTAライトレールの駅で、電車に乗らず、見送る本数数本。そう、切符を買うのに悪戦苦闘したとのこと。

わが夫婦的には「待ってました!」のネタ。

121010_2

○○分後に無事に乗車できたそうな。

121010_3

サンノゼダウンタウンに到着。

121010_4

ランチタイム。
二人だけのオーダーも2回目。
昨日よりもスムースだったそう。

121010_5
量にびっくり?!

121010_7

121010_8

ジャパンタウンにてぶらり。

そして朝出発したお二人が、大興奮&お疲れの様子で15時過ぎに我が家に戻ってきました!!とにかくたくさん歩いたそうな。

冒険、大成功。

そして、その後は車でAppleへ。

i pad そして i pod touchを使いこなすお二人。Appleユーザのお二人ならばぜひお連れせねば、と。

121010_9

121010_10
しかもせいちゃんは、アメリカでもwifiを利用し、i pod touchを活用されていましたわ、さすが!!

|

2012年10月10日 (水)

せいちゃん&おはる6日目;冒険day!!実践練習?!から中国茶まで

「息子夫婦の滞在地に初めてやってくる両親の旅〜US本土初めての訪問編」

いよいよ、6日目。
今日は、せいちゃんとおはる、初挑戦、初冒険目白押し。

121009_1
英会話レッスンに挑戦です。
わたしの1コマを、せいちゃん&おはるにプレゼント。
いよいよ、積極性maxなせいちゃんは一生懸命英語で質問したりと大奮闘。英会話というよりも、アメリカ的なマナーや習慣も学び、「アメリカで、存分に、アメリカで(だからこそ)出来ることを体感、感覚を吸収しよう」と、その姿勢がNice。わたしも刺激を受けました。

レッスンの最初と最後にわたしも参加をしましたが、その時の1コマ。
121009_2
なんとー!もうじき70歳とは思えぬこの見事なhandstand!

会話の中で、せいちゃんは若い頃、体操の選手だった。
という話から、英会話の先生が
「いまでも出来るの?」という問いに、ふと立ち上がり、さきほどの画。

素晴らしい。

さて、英会話レッスンを終え、直接向かった先は
121009_3
ご近所スタバ。さっそく、習得した力、発音の向上を活かしてオーダーです。

121009_4
せいちゃんクリア。

121009_5
おはるもクリア!!

さて、このあとは、せいちゃん&おはるだけでの冒険へ。Yumi-Goアテンドなしの自由行動です。

121009_6

121009_7

インテルミュージアムへ

121009_8

ランチも無事に。。。。

121009_9

さて、無事に冒険から戻った二人と一緒に、コゼットのお迎えにLicaさんのお宅へ。

すると、今日は特別にせいちゃん&おはるに、中国茶を淹れてくださいました。Licaさんは中国茶の先生です。

121009_10
Licaさん宅の愛犬ラッキーも、やすらぎ空間をこんな姿勢で。

ズームにすると
121009_11
かわいい。でも股関節、大丈夫?!

121009_12

初めて本格的に中国茶をいただいたせいちゃんとおはる。
茶葉の香りを自分なりに言葉にして表現をしたり、五感だけでなく、こころもカラダも全てを解放させながら、そして研ぎすましながら、いただいたお茶。
さぞかし、こころ豊かな時間となったことでしょう。
Licaさんの中国茶は、人生を、その大事な一時を、より豊かにしてくれる、そして自分と向き合わせてくれる、時に解放してくれる素敵なお茶、そして空間。
素敵な機会をプレゼントしてくれてありがとう♡

121009_13

その後、Licaさんファミリーと夕食まで一緒にいただきました。ありがとう♡今度はうちでね!!助け合いの気持ち、嬉しい助かるありがとう♡

と、せいちゃん&おはるは、
英会話レッスンという時間の中でのコミュニケーション、そう、考えることや感じること。。。から始まり、6日目だからこそ、きっと強く体感しているであろう”楽しみ方”。そこからの気づきを二人での冒険や様々な中で発信、tryしているようでした。この変化、明日も楽しみだわ!!そばで応援している私も楽しくなります。

|

せいちゃん&おはる5日目;1泊2日の旅(San Francisco編)

「息子夫婦の滞在地に初めてやってくる両親の旅〜US本土初めての訪問編」

せいちゃんとおはるのカリフォルニア生活5日目。1泊2日目のプチ旅行後編です。

Sonomaを通りすぎ、やってきましたGolden Gate Bridge
これを渡れば、Presidio/Richmond。そう、サンフランシスコ市内の北西部。

これはまだ渡る手前です。
121008_1

121008_2

121008_4

121008_5

車で横断。

121008_6

121008_7

サンフランシスコ市内の観光、お楽しみ、スタートです。

121008_8
♡Lombard Street
ロンバートストリートは下から撮影しないと写真には納まらないことが今回判明。ドンマイ!
別名「世界一曲がりくねった坂道 The Crookedest Street」
Z字状のカーブが8回。

121008_9
クネクネ中。臨場感ある写真もとれず、意外と乗っている方は「そうでもなく」。。。でもいい記念に!!

121008_10
♡Pier39
ピア39にてお買い物

121008_11

121008_12

♡Fisherman's Wharf

121008_13

我が家おなじみのレストランでランチ

121008_15

クラムチャウダー/カラマリフライ/シュリンプ&クラブカクテル/シーフードリゾット

121008_16

♡Cable Cars

ケーブルカーに乗って、ダウンタウンに移動です。せいちゃんは立って臨場感を味わいます(さすが!!)

121008_17

移動中〜 。↓移動中のせいちゃんの視界・世界。

121008_18

121008_19

♡Starbucks

スタバはせいちゃん&おはるの無料英会話、コミュニケーションレッスンの場。挑戦の場。サンフランシスコ市内でも奮闘。coffeeの”f”の発音が上達したかな?!

121008_20

121008_21

♡お散歩。

リーバイスやウィリアムソノマ、クレートアンドバレル、はたまたハイブランドのお店などをぶらり。だいたいの様子はBush&Lilyの様子と同じ(ケーブルカー情報含めたBush&Lilyの時の記事はこちら

121008_22

ケーブルカーで戻ります

121008_24

トレジョー(http://www.traderjoes.com/ )にてちょっとお買い物。

121008_25

おはるUkiUkiお買い物

121008_27

♡ベイエリアのスポーツ

駐車場に戻り、車を走らせる間にすっかり暗く。MLBサンフランシスコジャイアンツの球場の目の前を車で通過中。

この旅で行きにOAKLANDにて

♡MLB A's(http://oakland.athletics.mlb.com/ )/NFL Raiders(http://www.nfl.com/teams/oaklandraiders )の本拠地スタジアム

♡NBA Golden State Warriors の本拠地スタジアム の前を通過。

残念ながら、サンフランシスコにて49ersのスタジアム前だけは通過できず。

121007map_2

車でおよそ260マイル、420キロ弱の旅も終了です。帰りはこの画の左側を通って帰って来ました。

ふう。dannasama、運転ありがとう。旅を応援してくれたみなさん、ありがとう。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CheeRing!/Cheer | Cosetteとお友だち(DOG) | Handicraftsミシン・手芸など | US♡Baby関連 | US♡BBQ | US♡CHEER/Dance | US♡HomeParty/おもてなし/集まり/繋がり | US♡アンティーク | US♡イベントsisters遠足sisters | US♡キャンプ | US♡ゴルフ | US♡シリコンバレー(会社) | US♡スポーツ | US♡チャリティ活動など | US♡ペット/ペットフレンドリー場所・お店 | US♡ワイン/ワイナリー | US♡勉強/習い事/NaturalBsket(編み物) | US♡季節のイベント・楽しみ | US♡恵泉 | US♡旅・遊び(ベイエリア以外) | US♡旅・遊び(ベイエリア) | US♡生活/地域/文化 | US♡美容/キレイ/ワークアウト/ | US♡芸術/観劇 | US♡車・免許 | US♡食(つくる)/食材/キッチン | US♡食/レストラン・お店 | プレゼント | 名古屋Life♥HomeParty/おもてなし/デート/集まり | 名古屋Life♥ぶらり(おでかけ・遊び) | 名古屋Life♥ぶらり(食) | 名古屋Life♥旅・遊び | 名古屋Life♥育児・イベント・お教室など | 年中行事 | 日本♥Family | 日本♥おいしい・銘菓 | 日記・コラム・つぶやき | 東京Life♡Baby・育児イベント・お教室など | 東京Life♡食・作る・キッチン | 東京Life♥HomeParty/おもてなし/デート/集まり | 東京Life♥ぶらり(おでかけ・遊び) | 東京Life♥ぶらり(食) | 東京Life♥習い事・サロン/beauty/健やか | 東京Life♥芸術/観劇/Live | 渡米準備(ひと・Cosette)