« 自主的にお野菜を食べる?! | トップページ | フクロウが亀に成長、の巻。 »

2016年10月 6日 (木)

危険なものは「危なくない状態」にして、あえてさわらせる

今日のタイトルは
LadyGoちゃんが(正しくはわたしが一番)お世話になりいまの生活の軸、育児、子どもとの暮らしの軸となる学びとなった福岡潤子先生の著書


「伝説の幼児教室」の先生が教える
子どもが賢く育つたった1つのコツ


の中の一節をお借りいたしました。


いやはや、まさに今
以前に増して色々なことに興味が出て、こちらが「危険を伴う」と感じることへの「やりたい!やりたい!」が毎日た〜くさん。


福岡先生の著書にあるのですが
危険性を十分に伝えて安全な使い方を教えていれば大事に至らない。まったくその通りだと。ついつい、危険だな、と子どもを守る意味で、やらせなかったりでは、守っているようで守っていない、かもしれません。


ただ、最近はたくさんやらせているけど、どうだったかな、、、と、久しぶりに本を読み返し
「危険な道具を使うときの注意事項やルールを頭の中に置いておくことは、実はかなり高度なことです。それができるようになれば、頭の中がよく鍛えられたということになります。」とありました。


なるほど。
いつもいつも
褒めたり叱ったり
平日の日中は母子でドラマのようにいろいろな感情が溢れる日々。こうやって第三者の言葉で、少し落ち着くものですね。


頭が鍛えられているね!
やったね!
ハグ。ハグ。








自分で切る、炒める、おさらによそう。
やっぱり美味しいよね!!



著書からたくさん引用させていただいてしまいました。
お受験合格!
お勉強ができる優秀な子に!
というゴールのためでなく

「自分で考えるチカラ」を育み、自分で楽しむチカラを生み出したり、踏ん張るチカラを生み出せるような子に!

そう考えれるようになるために必要な思考や生活習慣のヒントがつまっています。
まずはみじかなオトナ、母親や父親があらためて学ぶ、考えなければ!につきますが。ぷぷぷ!



楽しむチカラを自ら生み出す!
(それを育む)
チアの先生の時に、わたしがとっても大事にしていたことでもあります。
生きるチカラにきっとなりますからね。





そして
幼児期の子どもとの向き合い方や子どもに伝えることを丁寧に、と思うと、必然的に親(オトナ)の思考や生活習慣、はたまた価値観を見直すことにも。これを家族で楽しみながら柔軟に受け入れる、変化できると、家族の生きるチカラや、楽しむチカラ、豊かな暮らしに繋がるのだな、と
心から思っています。


と、LadyGoちゃんお昼寝中に
お味噌汁の出汁をとりながら
イワシを梅干し煮しながら
ブログup!


いい香りで目覚めないかしら〜




http://www.seishun.co.jp/topics/16373/

|

« 自主的にお野菜を食べる?! | トップページ | フクロウが亀に成長、の巻。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/67825066

この記事へのトラックバック一覧です: 危険なものは「危なくない状態」にして、あえてさわらせる:

« 自主的にお野菜を食べる?! | トップページ | フクロウが亀に成長、の巻。 »