« 名古屋Girl。 | トップページ | お煎餅の恨み。 »

2015年9月 5日 (土)

ノリの塗り方。

いつから正しいやり方を教えたらいいのか。小さな子どもには考えるところですよね。

まだ赤ちゃんだから、まだ1、2歳だから、いまは気にしないで自由に。
まだ出来ないだろう。

わたしもそう思っていましたが、実はできるものなんですよね。
そして、初めにきちんと正しく伝えたら、それが基本となるのですね。


最近実生活で
これはすっかり身についたなぁ
(例えばイスからおりたら、きちんとしまう事など)こちらが言わずとも、自然とできることから、「あちゃぁ、教えていなかったから、、、」「ひゃー、わたしやdaddyにそっくり、、、やめて〜」な事まで。
もちろん、いまから教えて、楽しめればいいのです。

が、やっぱりどんどん直すことにお互いエネルギーが必要に。これが幼稚園児くらいになると、どれだけ大変か、、、と想像がつくわけです。想像越えかな?!

いやはや、そこにエネルギー使うなら、しかも「直す」には、やっぱりポジティブな気分ばかりじゃないですもの。
だったら、他の楽しいエネルギーにしたい。だからこそ、初めが肝心。


この日はノリをつかって。
これにも、しかるべき順番というか、ノリの使い方、塗り方、貼り方があるのはご存じでしょうか。

そうすれば、キレイに(作品も手も)楽しめる。工作のクラスなどで子どもだけでなく親が知れます。

何より塗り方や使い方より、自由に表現する楽しむ方に親子ともども良いエネルギーを使えます。


いやはや、バレエなども「はじめに」覚える大事な基本があるように、ノリだって、はさみだって、基本のキ、ただしい使い方、理解があるのです。ふむ。
わたしが無意識にやっていたこと。
自分が学べるのも目からウロコ。







わたしが思っていたより、上手に塗れて驚き。右手の人差し指だけ汚れたことも本人もわかったら様子。


ああ面白い!!


ちなみに

ノリはこの感触も大事だから今はこのようなボトルが良いようです。

|

« 名古屋Girl。 | トップページ | お煎餅の恨み。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/61471418

この記事へのトラックバック一覧です: ノリの塗り方。:

« 名古屋Girl。 | トップページ | お煎餅の恨み。 »