« 「え!?そうなの?!」 | トップページ | カウンターで。 »

2015年9月11日 (金)

胎毛筆への道。

タカシマヤ(補足するまでもなく、ジェイアールタカシマヤ。名古屋の。)に入っている子供専門の美容院
ズッソゾッソ。

いつも入りたがるLadyGoちゃん。
ほら、座席が車だったりワクワクいっぱい。よく少年が号泣していますが、この日は誰もいない。いつもお見かけしていたオシャレ感満載な素敵な女性に(おそらく母世代なんだろうけれどもヘアカラーから全てが洗練されていて素敵!オシャレ!)お話しをお伺いできました。オシャレ番長さま!



LadyGoちゃん、生まれてこの方、前髪以外はcutしていないのです。
が、どうも、外側だけが長く、「ふむ、揃えたほうが良いだろうか」と迷っていたところに、このオシャレ番長さま、

「これこそ胎毛だから、筆にするならcutしちゃだめよ。これが無いと胎毛筆にはならないわ」と。


なるほど。



ついでに、七五三の質問もいくつか。


オシャレ番長からのいくつかのアドバイスの中の一つが

「七五三のヘアセットを本人が楽しむ、嫌がらないためには、普段から結んでおくことねっ。結び癖もつくしね」


そう、ゴムで結わかれた感じなど、慣れていないと女子は大変なことになると。



なるほど。



ちなみに、美容院も、「ケープ」をされることに違和感で大騒ぎする子が多いそうです。男の子はcutの頻度が女の子よりは高いので、美容院にお任せしたいな、と思っている方はまずはお家でケープ慣れ。
美容院デビュー前のお家cutでもケープを。ケープでワクワクを。



この日はたまたまツインテール。
オシャレ番長が、毛量も十分にあるから大丈夫と。このまま3歳まで前髪以外cutしないのをおすすめされました。




よく伸びた!はえた!

|

« 「え!?そうなの?!」 | トップページ | カウンターで。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/61560264

この記事へのトラックバック一覧です: 胎毛筆への道。:

« 「え!?そうなの?!」 | トップページ | カウンターで。 »