« 愛知文化講堂とアニー。 | トップページ | オトナが教えること。タイミング。 »

2015年7月10日 (金)

旬の野菜をいただこう。冬瓜。

LadyGoちゃんの食育見直し、は以前からこちらで書いてきました。
つまり、私がサボっていたLadyGoちゃんへの食育。(どんまい)

結果、LadyGoちゃんだけでなく、おとなのお食事も、なわけで。

素晴らしい食育をしてくれた、いつも美味しいお食事に美味しいおやつ、たくさんの手作り、安心安全なお食事で自分が育っておきながら。
だから、自分がここまで知らぬ間に、残念な食育をするママになっているなんて。(笑)(笑)(笑)もう3つつけちゃう。


何度も書いていますが、名古屋引越しが、マンションにスーパーがついていない生活が(笑)私の目を覚まさせてくれました。


旬のお野菜をもっともっと楽しもう


これも。
LadyGoちゃんにも、「きっと食べない」と決めつけず、「食べたらいいな。食べなくても、その野菜を教えてあげよう」

いやはや、これこそ丁寧な育児のひとつ。
わたしにはまだまだな丁寧な育児ですが、丁寧な育児、丁寧な生き方のベース、その我が家のリズムづくりのまっさい中です。




と言うことで
冬瓜。


最初の一口はわけもわからず食べましたが、その後は、渋い顔。
しまいには、「だったら人参を食べる」と、積極的に人参を食べました。あはは。



お食事後半は、お箸からかわいい楊枝に持ち替え、ツンツン刺すことで、気持ちを繋いで、、、。


いやはや、相変わらず
二人きりの食事の時間、とくにお夕食は、私の修行のようです。あはは。
食事が辛いのではもちろんありません。
ただ、「ま、これぐらい(いいかな)、、、」と、その方が自分も楽なのでついついLadyGoちゃんの甘え、わがままを受け入れてしまう。そう、丁寧な育児と真逆。

すると気付いた時には、3歩進んで2歩下がるどころではないのです。


「あぁ、やってしまった」


この時に、あぁ修行なり、と思うのです、あはは。


別に決してビシバシ厳しくしているわけではありません。
ただ、美味しく楽しくお食事をいただく、その基本を知るためには2歳もママもいまやるべきことがあるわけで。
ママが覚悟をきめ、一貫性をもって丁寧に接さないと、それにふりまわされるのは、子どもですもんね。



ドライブスルー(子どもが食事中に歩き回りママのもとに口をあけに来る)や、スズメさん(ママが口に食べ物を運ぶ)。
食べてもらいたいとやっているそれをやめる覚悟。お食事ではテレビを消したり、これも要はオトナの覚悟ですから。


さて、続きは次の記事で。


お食事だけでなく、オトナの覚悟は他にも。これはまた別の機会に。



|

« 愛知文化講堂とアニー。 | トップページ | オトナが教えること。タイミング。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/60690145

この記事へのトラックバック一覧です: 旬の野菜をいただこう。冬瓜。:

« 愛知文化講堂とアニー。 | トップページ | オトナが教えること。タイミング。 »