« チャリティコンサートで笑顔いっぱい。 | トップページ | まつもーず。 »

2014年5月25日 (日)

積み木ワークショップにて。

今日はキャンセル待ちをいれていたら、やっぱり参加できた、クレヨンハウス@表参道での、積み木ワークショップ!

このクラス、1歳2歳クラスだったので、体調崩したりで、キャンセルがでそうだなぁ、と、失礼ながらもそんな気持ちでキャンセル待ちしていたのです。行けると信じて。(前日になる昨日参加OKの連絡が!)。

子どもと育ち総合研究所の宮野先生と5組のファミリーとで、実際に積み木であそびながら、積み木にまつわるいろんな質問に先生がこたえてくださったり、遊び方、子どもの遊びを展開させていくための「仕掛け」教えてくださるワークショップ。

なんとクレヨンハウス到着3分前に、ストローラーで朝寝をはじめたBabyGoちゃん
まだ眠りも浅いのと、ワークショップは30分だったので、一応、お膝に座らせてみたものの、やや船漕ぎ状態。ただ、一瞬目を開けたとき、積み木が目に入ったのか、すぐに遊びだしました。
普段から寝起きはあまり、滅多にぐずらないのですが、これはびっくり。

遊びへの誘導の仕方、つまり、仕掛け、そのタイミング、さまざまなヒントを教わり、こちらもスッキリ、BabyGoちゃんもより積み木が楽しめるでしょう。


さーて、実際の積み木の楽しみ方と一緒に学んだこと、メモメモ


子どもが主体的に過ごせる空間か?!

その中の1つ
⚪︎遊んだおもちゃの片付け場所がわかる(秩序の可視化)ようになってる?
⚪︎そもそも、おもちゃを与えすぎていないか?

これダメー
⚪︎たくさんのおもちゃをおもちゃ箱にたくさんつめてしまっている。子どもたち取りにくいし、つまり、片付けられないし、No!No!

適度な選択肢になるように、3つくらいで十分。この3つの種類を親が変えてあげる。その中から、子どもが自己選択するのが大事だと。

選択肢が多すぎはストレスになると。

これは、今すぐにでも改善できます。
ふむふむ実行。

他には、見守り方、そのヒントもたくさんいただけました。過度にかかわり過ぎていないか?例えば積み木しながら、かけている言葉。はたまた、何もしなすぎではないか?積み木している子どものかたわらでスマホいじり、、、。


夫婦で、こういう機会に参加、情報をシェアも大切だな、とつくづく。
いい学びになりました。





さーて、ワークショップ、
宮野先生、1時間ちかく対応してくださり、腹ペコファミリーな我が家は、、、男性チーム、女性チームにわかれ食べたいものを食べるランチ。なんとも食いしん坊万歳なファミリー。







BabyGoちゃん、これ、本当にペロリと食べるbreadworksの栗入パン。



手前は母(わたし)でございます。
BabyGoちゃんは野菜スティックの人参に夢中。
のちに、男性チーム(つまりひとり)も合流。


クレヨンハウスで、絵本も追加。
最近は、お風呂→夕食→まったりタイム→おねんね。
まったりタイムは、もちろんテレビなし、音楽なし。基本、お膝に座って絵本タイムです。
絵本は、BabyGoちゃんが自分で取って片付けられる本棚に先月変えたばかり。
これにしてから、自分で選んで、「これ読んでー」といわんばかりに持ってきます。

絵本についても、今日の学びが活かせそう!


誘導と見守り。
いやはや、おもしろかった!
といいつつ、いくつかあったキーワードが思い出せない、どんまい。
ま、その意味は理解したからいいかっ?!

♡クレヨンハウス
http://www.crayonhouse.co.jp/

♡子どもと育ち総合研究所
http://www.play-dev.jp
子どもと育ち総合研究所 スタッフブログ
http://www.play-dev.jp/blog/


|

« チャリティコンサートで笑顔いっぱい。 | トップページ | まつもーず。 »

東京Life♡Baby・育児イベント・お教室など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/56310165

この記事へのトラックバック一覧です: 積み木ワークショップにて。:

« チャリティコンサートで笑顔いっぱい。 | トップページ | まつもーず。 »