« 5/11 英語絵本のワークショップ[Read Aloud!の会 | トップページ | 夢がもりもり。 »

2014年4月25日 (金)

卒乳のはなし。

卒乳。
漠然と「一歳を過ぎたら考えるか」と。
復職など、早くそうしなければならない理由もないことと、この性格もあり、気がつけばBabyGoちゃん一歳。

なんとなく意識していた「その頃」に。

タイミングよく、地域の企画で卒乳講座が。
卒乳についてのお話を伺うことができました。

•卒乳タイミングに決まりはない
•卒乳タイミングに赤ちゃんの月齢は関係ない
=いついつにしなければならない、は無い。

ただ、
「卒乳しやすいタイミングがある」
それは
赤ちゃんの成長タイミング、お母さんのやりやすい季節など。

一歳3ヶ月頃、春や秋、がそれ。
一歳3ヶ月頃というのは、赤ちゃんが3回お食事していて、歩くようになっているというところの目安なよう。


いろいろお話を伺い
準備をして進めた方が良さそうなので、まずは、夜寝る前の授乳1回になるのを目標に、トライをし、それが出来たら、「その日」、決行する日を決めよう。3日かけての卒乳。dannasamaがどっぷり卒乳をサポートできる日で決めよう。
1〜3ヶ月くらい、こころにも余裕をもっての、母の決心、準備がよいようで。

そう、卒乳は母と赤ちゃんだけでするのではなく、夫や親など、サポーターの存在が大切だと。タイミングや準備についても、気持ちや情報をシェアしたいですものね。それに、卒乳する母は、その体の変化、授乳しないことでの体のケアも人によってはとても大変だと。だからこそ、父が(サポーター)赤ちゃんの対応をするようにするのが、赤ちゃんにとっても、ファミリーにとっても良い状況となるのが、イメージできました。

赤ちゃんが、「おっぱい!おっぱい!」という気持ちが、違う楽しみに、気をそらすためにも、ここは父(サポーター)の出番です。





※本文と関係ありません。ぷぷぷ。



先生がおっしゃっていたこと、おまけポイント。
•無理しすぎないこと
•親の自分の時代の話は気にしない←昔言われていたことと、今わかっていることは違います。
私はないのですが、実際にそういう先輩母(自分の母や義理の母)の一言ひとことに心が折れている方もいるようで。


卒乳。
こういう機会も家族でいい機会として、取り組むのがみんなのカラダのためにもこころにも健康的。

赤ちゃんの
「おっぱい!おっぱい!」
の気をそらすためにも、帰省先など、いつもと違う環境でトライしてみるのも、アリなんだと。







さーて、どうなる卒乳。
アメリカで痛くて泣きながら授乳したあの日、搾乳マシーンを使っていたあの日、おっぱいの神様に助けてもらったあの日。一年か。あっというま。


|

« 5/11 英語絵本のワークショップ[Read Aloud!の会 | トップページ | 夢がもりもり。 »

東京Life♡Baby・育児イベント・お教室など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/55936127

この記事へのトラックバック一覧です: 卒乳のはなし。:

« 5/11 英語絵本のワークショップ[Read Aloud!の会 | トップページ | 夢がもりもり。 »