« Śacīちゃんと一緒にシアワセいっぱい。 | トップページ | 至れり尽くせりなBBQ »

2013年11月10日 (日)

ピンと伸びた背筋。凛とした佇まい。

初めてお会いしたときから胸キュン。

なんてお綺麗なのでしょう。
なんて知的なのでしょう。
そして、なんて「美しい姿勢」なのでしょう。
そう、いつだって、どんな瞬間だって「背筋ぴーん」「お首のラインも美しい(つまり首が伸びている。顔が前に出ていないというか・・・)」なのです。

ふと、
「あら嫌だわ。いま、すごい猫背だったわ」と
我に返る瞬間、残念なことに私はよくあるのです。どんまい。

そういう瞬間がないのです。
素敵です。
「凛としている」
そんな表現がここまでお似合いのお方に初めてお会いしました。

その「凛とした」先輩。
恵泉女学園同窓会カリフォルニア支部の中でお会いしました。この素晴らしい出逢いに感謝♡と思った矢先、先輩は香港へお引越されることに。お子さまを連れての家族でのお引越、新しい生活の立ち上げは考えるだけでも、心が少し窮屈になることもあるでしょう。そして、アメリカからのお引越も大変。

そんな先輩に、少しでも、香港に行くことが楽しみに、そして、日々の忙しい時間の中で少しでも心からリラックスできる瞬間を出逢いのお礼と、新天地での生活の応援もかねて、プレゼントをさせていただきました。

130906_1

そう、私の大好きなLicaさん にご相談。
「どうしてもLicaさんの中国茶レッスンを、あのひとときを、空間をプレゼントしたいの」

先輩のご都合もあり、Licaさんに無理を言って、出張でのレッスンを特別にお願いいたしました(本当に感謝。ありがとうLicaさん)

香港では、アフタヌーンティなどお紅茶ももちろん楽しめると思いますが、中国本土から良いお茶も入っていることでしょうし、「Licaさんの中国茶の世界」に触れることで、アジアへ、香港へのお引越、新しい生活にも何か良いエナジーがより沸く、そのお手伝いに、きっかけになれば。と。

先輩と日本からちょうどいらしていた先輩のお母様、そして先輩の素敵なお友だち、とそして日頃から仲良くさせてもらっているこれまた恵泉同窓会の先輩。また素敵な出逢い、繋がりができました。

130906_2

130609_3

「本日のお茶」の紹介ボードを書くお手伝いを。
どんまい。
私の字、残念。(チョークって難しい。そういう事にしよう)
そもそも、お茶名でなく、お茶メーカーの名前を書いていたり、トンチンカン連発。
oh!どんまい。

Licaさんの中国茶は
やはりこころをあたたかく包んでくれました。
そしてお茶のお話も楽しく。

先輩も楽しんでくださり、嬉しかったです。
せっかくアメリカで出逢ったのに、もうお別れとは名残惜しいのですが、それ以上に出逢えたことに感謝!またみなさんで、「香港でお茶ができたらいいですね!」と。
※本当に行っちゃうよね、Licaさん!!

お茶の間、BabyGoちゃんは素敵な邸宅の中でひとりあそび。そしてたくさんのおもちゃなどをお譲りいただき、大感激。先輩のような「背筋ぴーん」な女の子に育って欲しいです。

イメージでしかありませんが
「背筋ぴーん」の姿勢からの眼差し、そこから見える景色と
猫背で「背筋ぼよーん」の姿勢からの景色
違うと思うのです。
「背筋ぴーん」からの世界は、きっと清々しいものだと。つまり、心もね。と思うのです。

このイメージ。先輩と出逢って、学んだこと、あらためて考えたことです。

その「背筋ぴーん」の事を、先輩ご本人にお伝えしたところ、「そう言われてみると、子どものころからそうだったかも」とのこと。「絵を描く際に、いつも姿勢がいい」と先生に言われたことがあると。背筋が伸びた美しい姿勢で絵を描く姿。イメージしただけでほれぼれです。うふふ。

と、今日ばかりは、これを書いているわたしは「背筋ぴーん」でございます。とここまで「背筋ぴーん」をたびたび使ってはいるものの、「ぴーん」という、はりつめた引っ張った感じでなく、「すっと」した感じ、というほうがイメージにあっている。といまさら。

「すっと伸びた背筋」

oh!ニホンゴムズカシイネ

最後に
お茶レッスンのあとに
130609_4
お庭でウカレテみました。

130906_5
Licaさんと。

そして、帰り際に、ウカレモード リターン。
130906_6
みなさんでランチをしに、ご近所へ移動。短い移動だったので車をトップダウンにしていると、そこに広がる景色は、「見下ろすサンフランシスコの街並」
とっさに、手を高く上にあげて激写をしました
130809_7
が、写っていない。
そう、湾を挟んで、オークランドのお山の上からの景色は、驚くほど美しい、青い空と青い湾、その間のサンフランシスコの街。初めて見た「見下ろすサンフランシスコ」でした。

と最後はおまけのウカレ気分。

それにしても、アメリカに来て、本当に素敵なご縁ばかり。同窓会。
日本に帰国したら、少しでも学園のお役に立ちたいわ。

では、この続きは、「香港での再会のお茶会」という記事になりますように♡

|

« Śacīちゃんと一緒にシアワセいっぱい。 | トップページ | 至れり尽くせりなBBQ »

US♡HomeParty/おもてなし/集まり/繋がり」カテゴリの記事

US♡恵泉」カテゴリの記事