« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の28件の投稿

2013年3月29日 (金)

WBCとミニビッシュと妊婦その後(いま)。

日本で大盛り上がりWorld Baseball Classic
そして、アメリカではいまいち現地の人には知られていなかったWorld Baseball Classic(とほほ)
その日は、セントパトリックディ。
Happy St Patrick's Day。お友だち宅でParty! 
お友だちとPartyを楽しんでから、いざ、サンフランシスコへ。

日中はあたたかいのですが、サンフランシスコは、とくに夜のサンフランシスコは極寒になるであろう、と、着替持参、もちろんダウンコートも持参、そしてムートンのブーツ。防寒アイテムはばっちり!?

130317wbc1

130317wbc2

130317wbc3

130317wbc5
日本応援モードに。
このあと、まもなく、このTシャツはダウンコートの上から着ることになります。

妊婦でもあるので、
・お化粧室が近いこと(行きやすいこと)
・ゆっくり観戦できること
ということから、今回はバックネット裏あたりに。
アメリカが予選敗退となったとたん、チケット値が大暴落。
「えいやーー!!」と、なかなかいい席を購入したのに、この席もやや暴落↓。ちょっとショックでしたが仕方がない。

130317wbc7

130317wbc8
ものすごい日本人の数でびっくり!!
しかも試合中のアナウンスもわざわざ日本語有り。
「次は、侍ジャパン◯番・・・ 」

え?!侍ジャパンって愛称じゃないの?
公式名称なの?!
むしろ、そんな愛称で呼んじゃう大会だったのかしら。
と若干違和感を感じながらも、ややプエルトリコ側だったので、プエルトリコのみなさんのサイズ感にオドロキながらも、観戦しました。

ちなみに、このシートだと、食べ物のお伺いに来てくれる=買いに行かなくてよい。
130317wbc9

ということで、もちろん
130317wbc10
ハンバーガーを食す。

それにしても、なかなか打てない「侍ジャパン」

そんなさなか、英語の先生から、携帯にテキストメール。

「I just saw u on TV!!」

130317wbc15
テレビ画面も写メしておくってきてくれました。
それにしても良く気がついた!!

ちなみに先生は根っからの野球好き、SFジャイアンツファンゆえ、WBCを知っていた、家でテレビ観戦していた貴重なアメリカ人。

と、お尻に持参したドーナツ枕を敷いて観戦。ダウンも着ているので温かいのですが、唯一足下だけ寒い。。。実は、ムートンブーツを忘れていて、普通のシューズ。しかもスパッツと短いソックスだったので、一番あたためたい足首がすーすー。さすがにこりゃまずい!と思い手持ちのアイテムで足首あたりを防寒。

ということで、定期的に、カフェラウンジ的なところへ。
130317wbc16
そこで目にしたのは、MINIVISH。

ロス在住のダルビッシュ選手そっくりさん芸人のミニビッシュさん。

dannasamaは客席だったので、一人だったわたしですが
130317wbc17
ぱちり。
すごいミニでした。

T02200147_0670044812035645995
http://ameblo.jp/minivishusan/

と、寒さをしのぎながら、試合も楽しみながら、
とはいえ、打線ふるわず・・・。
しかも、後半は多くの日本人が、日本的?!日本のプロ野球応援でもりあがってみな立ち上がったり・・・。座ってゆっくり応援したかった私も、立たなければ見えない状態に。
ちょっとこれは、ザンネンでしたが・・・。
周りのアメリカ人の方も、この様子に違和感を感じたようで、最初はキョン、途中は少しイライラ、最後は怒っていました。

ということで、
日本が負けてしまいザンネンでしたが、実は初めてのAT&T観戦だったのでその楽しさと、日本チームをアメリカで応援できたのは楽しかったです。
が、
この日にやっぱりジワジワ冷えていたようで、現在、手足のしもやけに悩まされています。
もともと、子どものころから「しもやけ」になりやすい体質だったのですが、まさか、ここカリフォルニアで久しぶりにガッツリ悩まされるとは・・・。

せっかく妊娠性痒疹が改善されて、落ち着いて来た中、臨月目前にして「しもやけ」。
睡眠前のカラダがあたたかくなる前、そして明け方もその強烈なカユミで目が覚めます。
あーどんまい。

ということでWBC2013といえば
侍ジャパン?!、ミニビッシュ、しもやけ。

試合後のスタジアムの様子です。

130317wbc12

130317wbc13

130317wbc14

|

2013年3月28日 (木)

臨月目前の黒肉Party!!

仲良し3ファミリーでPartyです。
お祝いごとが続いている3ファミリー。
みんなでお祝い!!
楽しいPartyを開いてくれたホストファミリーもお友だちもみんなありがとう!!

130323_1
「出産がんばってね」
なんと、メインは我が家が特に大好きなスタンフォードの黒肉。
我が家の黒肉の歴史(豪快な食べっぷりはこちら)
Stanfordの黒肉で。

いやはやこのお友だちのお宅も我が家に負けじと「分厚くいただくタイプ」のファミリー。まるでこの厚さを、薄切り肉、一口肉のようにいただきます。豪快で最高♡
写真では伝わりにくいですが、このカットされたお肉は1つがスマートフォンより2,3周り大きいです。お肉そのものは30センチ越えの大きな塊です。まるでアメフトボール?!

黒肉で<ますます>元気もりもり勇気もりもりです。

130323_2
「Yumi-Go、そしてdannasamaよ。君たち野獣のようだね」
あきれかえりのBaby。

130323_3
※dannasamaに抱かれるお友だちのBaby。ぎこちない?!

130323_5_2
手作りコロッケも美味♡

そして、このパエリヤ
130323_6
ホストのおうちのご主人様のお手製です。
こんな素敵なご主人様がお友だちにいると、我が家にも<無言の>いい刺激。
育児も楽しんでいる素敵なご主人様です。こうやって身近にいい刺激をくれるファミリーがたくさんいること、ありがたい環境です。我が家もこういう出逢いを夫婦で楽しんでいます。

それにしても料理上手、おもてなし上手、たのしみ上手なご主人様(奥様はもちろんのこと)との出逢いが多いのもアメリカ生活のオドロキ・タノシミのひとつ。そういう出逢いにつながるきかっけ、環境が多いのかもしれませんね。
家族ぐるみでの交流も多いですし。

さて、コゼットの花粉症説。
今日も散歩から帰ると目がしょぼしょぼ。
かわいいお目目が半分ぐらいしか開いていません。
これとは別なのか、毎日寝てばかり。食欲もあまりなく。
これは、最近ワクチンをうったので、その影響かしら。。。。
ちょっと心配な日々です。

|

昔のお写真とあたたかい気持ち、そしてワンコ。

先日、お友だちとランチをする際に、
わたしからのお声かけ

「みんなが妊婦だった頃の写真とかがあれば見た〜い!!」

先輩Momたちの、妊婦時代のお写真やエピソード、あらためて聞いてみたいな。と。まずランチを済ませ、いよいよ、持ち寄った【お宝写真】をみんなで見てみよう〜な時間です。

130322e1

「へぇ〜、あのコがこんなに小さい時ぃ?かわいいねー」と言って参加してるつもりなのか、愛犬コゼット、みんなの輪の中に入っています。しかも、一番見やすいポジション確保です。

妊婦時代のみならず、高校生時代からの歴史をお写真で紹介してくれたり、バブル時代のお写真だったり、「なぜに、こんな格好をしていたのだろう」と、笑いとミステリー溢れる振返り。そして、みんなの子どもたちがBabyだったり、まだまだ小さい頃のお写真たち。
Momたちは、そんな写真を振返りながら、あたたかい気持ちがよみがえり、みんなますます柔らかな表情に。みんなであたたかい気持ちをシェア。

お写真、こうやって、みんなで振返ると、みんなの幸せのお福分け。いいですね。
笑いもいっぱい。これも素敵な仲間の証。

そんな、あたたかい時間をわんこたちも同席。

130322_e2
つるつる君(←愛称ね)「ねぇねぇ、僕にもその場所、譲ってくれない」

130322_e4
高い位置に移動。賢いね、つるつる君。
オットマンの上に移動して、仲間入り。

130322_e5
「盛り上がってるね。僕も入りたい・・・」遠慮気味に遠巻きから眺めるラッキー

130322_e6
「わ〜あのコが幼いね」。いまだ最前線なコゼット。

130322_e7
「仲間にいれてよ・・・」

130322_e8
「ふたりとも、もう写真を見るのはやめたの?」

130322_e9
「うん、Momたち盛り上がってるしね。休憩」

130322_e10
「わたしも休憩。なんだか最近花粉症なのか、目がしょぼしょぼよ・・・」

と、お友だちとわんこのRelaxした時間でした。
それにしても、私もですが、紙焼き(プリント)していた写真、整理されていない写真が山盛り。写真を選別して、スクラップブッキングして・・・と思うものの・・・。

ぽんぽこ狸なお腹のわたし。35週をまもなく終え、いよいよ10ケ月目に・・・。

|

Happy Baby Shower♡夫版!!

わたしのお友だちにそれはそれは素敵なBabyShowerをしていただいた思い出・気持ちは、6記事にもわたってご紹介させていただきました。
その場に参加はしていないdannasamaもそれはそれは感激して、喜んでいましたし、皆さんに感謝の気持ちでいっぱい!我が家は、十分にHappyすぎるほどの温かく明るい気持ちをいただき、笑顔で出産に向けて日々を過ごしているところでした。

ある日の夜。
dannasamaから帰宅前に電話。

「”ものすごい大きなケーキ”を持って帰る」と。

私は、ちょっと様子がわからないものの、冷蔵庫の中を少し整理をし、ケーキの箱が入りそうなスペースを用意しておきました。

すると、帰宅したdannasamaが持ち帰った箱のサイズは想像超え。
日本で言うと、お洋服でも入っているのでは?!と思うサイズです。横幅はゆうに、50センチぐらいでしょうか。もちろん、私が準備したスペースはまるで足りません。

何があったかと尋ねると、
な・な・なんと、会社でBaby Showerをしていただいた、とのこと。
しかもサプライズで。
ミーティングのつもりで、別室に移動したら、大勢のみなさんがいて、たくさんのお祝いの言葉に、たくさんのプレゼント。みなさんにお祝いしていただいたようなのです。

1つの前の記事で、dannasamaのBirthdayのお祝いの雰囲気にも書いたとおり、こうやって、仲間の人生のHappyを皆さんが祝福してくださる。一緒に楽しんでくださることにとっても感激しています。
しかも、私が十二分に(!!)ベイビーシャワーをお腹のBabyGoと満喫していたので、dannasamaも経験できたなんて、私も嬉しいですし、滅多にない、男性へのBaby Shower!!貴重な機会に感謝です。

130322_bs1
しかも。日本人の好みにも大満足のパリスバゲットの巨大ケーキ♡これをみなさんでいただいたようで、その巨大っぷりに、我が家へのお土産にも♡うれしい。

130322_bs2
うふふ、かわいい!!

130322_bs3_2
なんとこんなに。
かわいいアイテム、便利なアイテムがいっぱい♡
ケーキだけでなく、こんなにいっぱいのプレゼントを抱えて、何よりもみなさんの温かい気持ちを受けてdannasamaはご機嫌に帰宅です。
もちろん私も大感激。

たくさん祝福してくださった皆さんに恩返しができるよう、出産も育児も家族で楽しみながら乗り越えて、ポジティブエナジーを発信できる家族、過ごし方を心がけていきたいな、とあらためて。

|

すてきな気持ち。

ちょっと(いや、だいぶ前)の事になりますが
dannasamaのお誕生日。

職場でお誕生日の仲間がいるときはみなさんでランチをするそうなのです。
この日も「みんなでランチをしたよ」と報告あり。
昨年もお祝いしていただいて、その際に、みなさんからの寄せ書きバースデーカードを。
仕事の仲間のお誕生日やその家族のHappyなども、自分たちのことのように、一緒に喜びあうその雰囲気に、「素敵な環境だなぁ」と、いつも思うのです。

130315
猫ちゃんのバースデーカード。

そして、わたしも大好きなBossからDVDをいただきました。完全にわたし好みなセレクト。感激!!


|

2013年3月24日 (日)

紅茶、AfternoonTeaの基本のキ。

日々の生活の中に、小さな頃から存在する紅茶。
そして日々の生活の中の楽しみにあるAfternoonTea。

たくさんのお紅茶をいただいてきて、たくさんのAfternoonTeaを楽しんできているものの、実は、

・紅茶を正しくいれられているか自信がない
=茶葉をいかしておいしくいれられているのか
=おいしいの?
そもそもプロが入れてくれる紅茶はもちろんおいしいのはわかりますが、自分が気軽にいれてきた紅茶が、家庭レベルで、イケテルのかそうでないのかも区別がつかないのも正直なところ・・・。
あわせて、使っている茶道具たちも、あっているのか否か。。。

・Afternoon Tea、プロがおもてなししてくれる所にいけば、存分に楽しんでいるものの、自宅で開く場合、実は、みようみまね過ぎで、わからないことだらけ。どんまい。自分も楽しんでいるけれども、実はきちんとご存知の方には「ひょえーーーー!?(=どんまい)」と驚かせていたりしていたかもしれないのです。

ということで、基本のキ、だけでも知っておくことで、より楽しめ、興味も増すであろう、おもてなしする際にも気持ちがいいし、なにより、おもてなしする方々に、ドンマイな思いをさせずに済みます。と思い、こういうことにとっても詳しいお友だち(きちんと学ばれた方。恐縮です!!)に、いろいろ教えていただくことになりました。Thank you!!

紅茶については・・・
おいしい紅茶の入れ方を教えていただきました。お水の条件、お湯の沸かし方、茶葉のグレードについてや、取り扱い。とても興味深いことばかり。

そしてAfternoon Teaは
まず今回は、その歴史、背景をわたしたちが理解できる範囲で、教えていただき、そして、英国式のAfternoon Tea Partyの形式や決まり事など、はたまたテーブル(空間)セッティングや、座席の決め方などなどにわたって基本を教えていただきました。
マナーとしての決まり事というよりも、そもそも、どんな風に始まって、どんな楽しみ方があるからこその決まり事、と捉えると、ますます楽しめます。
そもそもルール、ってそうですものね。

そして、家庭だとついつい紅茶のお代わりの際にやってしまうポットへのお湯足しのタブー。ホットウォータージャグでおいしく紅茶をいただくことも、その美味しさや楽しさに心ウキウキです。

今回はAfternoon Tea でいただくサンドイッチづくりにも挑戦しました。サンドイッチといっても今回は「イギリス風のサンドイッチ」です。

・きゅうりのサンドイッチ
・たまごのサンドイッチ
・サーモンのサンドイッチ
・生ハムのサンドイッチ
きゅうりのサンドイッチ、まず、いままで日本で家庭で食べていたものの概念をくつがえされます。たまごもしかり。サーモンや生ハムもホースラディッシュ・ディル・ジブレット×サワークリームのソレは見事なお味に風味。

あ〜おいしいかった。この一言につきます。
そして、みんなで大爆笑だったのが、このサンドイッチのcut。
私たちがイメージしていた「出来上がりの大きさ」が見事に大きかったのです。

さ〜て、この日の乙女度up!up!のとっても為になり、楽しく、そして笑いがいっぱいの時間。お写真でご紹介です。

130322_1

130322_2

サンドイッチづくりから。
今日のエプロンはサンペドロ(LA方面)に旅に出た時にCorner Store(1118 W 37th St  San Pedro, CA 90731)で購入した、地元の方のハンドメイドのリメイクエプロンです。

130322_3
お気に入りの1つ。そして思い出の記念アイテム。
ただ、お腹がポンポコ狸なために、なんだか力士の化粧回しのようになってしまいました。どんまい。

130322_4
急なお声かけにお集りいただきthank you。

130322_6

たくさんのサンドイッチづくり(種類と量)もみんなで作ると楽しいね!!この時すでに、「復習」もみんなでしよう!と誓いあい。

130322_7

さて、サンドイッチを作り終えたら、AfternoonTea Partyについて。
テーブルセッティングもみなで1から。

130322_8

130322_9
お花はこの日に、お庭で咲いていたものをアレンジしてくださいました。華やかで、そして新鮮♡

130322_10
スコーンはお友だちが焼いておいてくれました。最高〜にフワフワ×サクサク。お写真とりわすれましたが、わたしの大好物クロテッドクリームも手作りで作ってもらいました(作り方を教えてもらいました)。止まらない!!

130322_11
みんなで作ったサンドイッチ。

130322_12
ケーキは(もちろん)お友だちが作ってくれました。

いよいよ、紅茶のいれかた、楽しみ方の基本のキ!!
130322_13

130322_14

とってもおいしく、そしてゆったりと楽しくみんなで紅茶をいただくことができました。

130322_15

今回は授乳中のmomや妊婦率が高いため、すべてディカフェの茶葉を使わせてもらいました。これは、B-Craneちゃんがサーブの練習と、カップが小さいのはこのあと、利き酒ならぬ、利き紅茶。 

ミルクティーも飲み比べ。
先にミルク、あとから紅茶。
先に紅茶、あとからミルク。
こんなにも味わいが違うとは!!
みんなで、どっちが好みか、なんてお話しながらね!!

最後はわたしからの「どうしてもお願い」とリクエスト。
130322_16
アイスティの正しいいれかた。
基本二度取りのアイスティの作り方を教えてもらい、それをいただきました。とってもおいしい。このあたりはフルーツも美味しいものがたくさん。フレッシュフルーツを入れていただいてもgood!!

日頃、普通に存在するものの基本のキを改めて知る事は「メカラウロコ」なことばかり。そして知ろうとすることで、ますます、奥深さを知り、楽しくなりますね。と同時に、無知って恐ろしい。。。ぷぷぷ。

周りにたくさんの引き出し、豊かな引き出しをお持ちのお友だちが多い、そういう出逢いが多いこともLucky!!

そうそう、最後に・・・学んだことで印象に残ったことの1つ。

Afternoon Tea Partyは
・ホステス(主催する女主人)が主役になる
・控えめであるより
 いかに美しく
 そして、いかに華やかであるか
が問われる。
とのこと。

がぜんやる気が増す。うふふ。

|

2013年3月22日 (金)

ぽんぽこ狸と足のツメ

最近のわたしのお腹。
ぽんぽこ狸はすでにご紹介?!していますが、
妊婦後期にもなると、自分で出来ないことや難しいことが少し出て来ます。

その1つが。
足の爪のお手入れ。

いままでサンダルシーズンでもなかったですし、いよいよ最近はサンダルの人が増えたな、と思っても、ぺったんこのサンダルも持っていないため(=ヒール高めのサンダルしかない)、そもそも、すっかり妊婦になって、「足の爪も美しく」という意識はまったくどこかハルカカナタトオくに。。。

そんな中、足の爪が伸びた!!

自分で短くしようと思っても、お腹が邪魔をして、なんだかやりにくい、というより、むしろ「できない!!」

ということで、

dannasamaに聞いてみました。
「足の爪、切ってもらうことできる?」

dannasamaは言いました。
「怖くて出来ない」

付け加えて
「別に嫌とかじゃなくて、怖い」

私も恐怖?!のあまり、深爪されても、トホホだなと思いそれ以上お願いすることもなく「そうだ、ネイルサロンに行けば済む話じゃないか」

最近は、お気に入りの大好きなマニキュアリストさんに手のお手入れ(すてきにネイル♡)していただいていたのですが、足は先にも書いたとおり放置。
足のお手入れはその後ビーチサンダル的なもので帰宅することが多いので、すぐ帰れるご近所サロンに。

130321_1
ぽんぽこ狸なおなかごしの写真です。

こちらは、足のお手入れは評判の良い、ベトナム女性たちのお店。
なぜに今まで、すっかり足が遠のいていたのか・・・(足はいつもこちらでお願いしていた)。と後悔するほど、足裏のお手入れなどなどで、浮腫みもスッキリ!

130321_2
カラーもキレイにしてもらい、気分もスッキリ!!

妊婦だから、と
なんとなく、無意識に、リラックス・楽しみの選択肢から消えていました、足のお手入れ。ああ〜どんまい。
こんなに、心身ともにリラックスできるチャンスを・・・。

そして、この日担当してくれた女性が
「お花のデザイン、してもいい?」
というので、お願いしました。

130321_3

完全に、「旅先のリゾート地で、現地で、現地の人にネイルしてもらいました」的な柄。すっかり、「日本人が描きそうな花」を想像したわたしの思考の狭さ、どんまい!!

ベトナムのお花、なのかしら・・・。
とにもかくにもキレイなので気にいっています。

ちなみに「あなたに似合う花にしたのよ」と言われました。

出産までに、もう一度、リフレッシュしに行きたいな、と思っています。
日本では、出産時にネイルなんてとんでもない!!と言うようですが、これは、お産のときに、爪で体調を確認したりする(←手の爪)というのと、産後の育児の際に、そもそも、赤ちゃんに触れる生活を考えれば・・・(短いのが当たり前!!)というようなことからのようです。
あとは、その他、自身のお産スタイルでの規制があったり、という理由からのようですね。

が、アメリカでは、その医療的な?!ための規制というか、理由があって望ましくない、という場合以外は、日本ほど、「してはならぬ」という雰囲気はありません。
※とはいっても、「する」には、その後、育児をすることを、本人がきちんと理解し、イメージできていれば、ネイルを「する」場合だって、自分がきちんと考えてしているでしょうし。長さしかり、カラーしかり。

気になれば先生に事前に相談すればいいですし
あわせて、自分で「考えて」、する/しないを考えればいいことですね。

※足裏のツボ。子宮の反射区があるようで、それが妊婦自身に、はたまた胎児に影響があるとかないとか・・・、足裏マッサージの際にはそういうことがわかっている方に施術してもらうなど、ご自身でご検討くださいませませ。

|

2013年3月21日 (木)

春のお花で明るく健やかに。

130320_2
投げ入れのフラワーアレンジメントに挑戦してきました。

同じ花器、同じお花。
なのに、いける人によって、アレンジする人によって、全く違う表情、作品になるのはホントウに不思議なこと。そしてオモシロイことですよね。

もうちょっとダイナミックに、花器から外側にエナジー溢れる感じにしたかったつもりが、仕上がりはかなりコンパクト。ベテランの皆さんは、空気感や立体感があってとっても素敵でした。

私の腕前はともかく、きれーいなお花から、明るく健やかな気持ちをお届けです。

130320_4

130320_5

130320_1

素敵なみなさんと、お花と向き合う時間、空間。
とっても明るい気持ちになれるし、健やかな時間。



|

妊婦9ケ月。

いよいよ出産予定日まで30数日となりました。

なんだか不思議なものです。
そして、あっというま。
これも、家族はもちろん、周りのお友だちがいつでも楽しませてくれる、こころ豊かに、こころルンルンになるような機会が溢れているからこそ。

この「ぽんぽこ狸」なお腹も愛おしく、いつもどおり、ぽんぽこ狸(のライン)丸見えファッションを楽しんでいます。
そして、いつもどおり日々を楽しんでいます。
お友だちのお宅でゆっくり過ごさせてもらったり、出産先輩の皆さんにアドバイスをもらったりな日々です。

130318_1
お友だちが、お菓子づくり教室に参加した際に作ったケーキをいただきました。Thank you!!

130318_2
お友だちのベイビーも会うたびに成長。
なんだかとっても嬉しい。
そしてもちろん、とってもかわいい。

久しぶりにdannasamaと検診へ。
担当の産婦人科の先生の超音波。
一番最初に診ていただいた(妊娠しているか否か)時以来の超音波。
途中、ウルトラサウンズはあったものの(ちなみにソレ専任の先生が担当ね)、担当の産婦人科の先生に超音波で診てもらうのは最初と約35週の2回ぽっきり。
ちなみに、日本の検診の流れを調べてみたら、超音波検診は、初期2回、中期1回、後期1回とそこには書いてありました。

BabyGoの向きを確認しましたが

130320_10

こんな感じで、良い位置にいるとのことでした。

130320_11

さてはて、あわてないように、max2泊(←アメリカでは当たりまえ)の入院の準備をいまのうちにしておこうと思います。

|

2013年3月20日 (水)

Happy St Patrick's Day。お友だち宅でParty!

昨年はどうしていいのやら
自宅で「やや」緑な感じで、食卓を演出したぐらいだったSt Patrick's Day。

今年は、なんと、
こちらのお友だち(ただしくはこちらでミラクル再会できたチアの先輩♡)のファミリーにPartyにお声かけいただき、待望の(!)アメリカの家庭でのSt Patrick's DayのPartyです。

緑色の物を身につけて祝う日、「緑の日」です。
dannasamaと私はグリーンを身につけていざ、お邪魔しま〜す。

これまた待望の(!)名物料理コンビーフ・アンド・キャベッジなどもご用意いただき、大興奮です。

130317st01

130317_st02
アイルランド名物コンビーフ・アンド・キャベッジ
130317_st03

130317_st04
こちらもお手製ショートブレッド。
美味しくってモリモリいただきました。

130317_st05
アイリッシュビアー。
※もちろんdannasamaのみ・・・。

130317_st15

130317_st06
おいしくってぺろり!

130317_st09

130317_st10
お手製クッキー。green teaテイストでこちらもぺろり。

130317_st11

グリーン!グリーン!グリーン!で目にも楽しい♡

130317_st12

この楽しいpartyのあとは、サンフランシスコでWBC,侍ジャパンの応援にいく予定だったのですが、うすうす気がついてはいましたが、現地の皆さん、まるでご存知ない・・・。この時も、アメリカ人一家の皆様、ご存じない。

「それ,東京でやってるの?」

いやはや、ココですよ!ココ!
どうやら「今は、カレッジバスケットボールだよね〜」とのこと。
そしてこのお父さん、アルティメットフリスビーが趣味なよう。動けるようになったら一緒にやってみたいな!!

ということで、みなさんとおしゃべりしたり、もちろんおいしいお食事を大満喫して楽しく過ごさせていただきました。お仲間に感謝です。

カリフォルニアの陽射しいっぱいのお庭でも、楽しませていただきました。
130317_st13
レモン狩り、させていただきました。

130317_st14

Happy St Patrick's Day!!
素敵なつながり、素敵な出逢い
たのしいparty。Thank you!!

Images4
いつか飲んでみたいな!!

|

Japan Relief Benefitジャズ・カツ!!

「カツを揚げて、売る。それを寄付したい!」
という一言から

そして、
「カツだけでなく、そこにジャズがあるのはどうだろう」
というアイデアが加わり
始まってJapan Relief Benefitジャズ・カツ。

今年はジャズ・カツ2。
初めて行ってきましたジャズ・カツ2。
サンノゼのJapanタウンにGo!!

130316_3

その、カツ。(おい!そこからかい!!)
130316_1
すごくおいしい。柔らかく、ソースも絶妙。
最近、お肉が好きなのに、なかなかカラダが(今までよりは)受け付けなくなっていた私。決して気分は、気持ちは「食べたい!!」モードなのに、実際、お肉を目の前にすると、あまり進まないという奇跡。
そんな私がぺろり。この2本の串カツをぺろり。
ホントウに美味しかったです。

そして、
ジャズ・カツ、ということで
遠慮なく、カツをいただきながら、串カツをダイナミックに食しながら、ジャズを楽しみました。
130316_2

130316jazzkatsu
Singerのおともだちの美声も最高♡

プログラム
開会のご挨拶 (2:00pm)
お祈り
Wesley Jazz Ensemble (2:15pm)
被災地の現状に関する報告とお祈り (3:00pm)
Levitate (3:30pm)
細川綾子 (4:15pm)

Japan Relief Benefitジャズ・カツ。
企画し、実際に運営してくださっているみなさんの思い
参加したみなさんの思い
当日に参加できずともイロイロなかたちで参加したみなさんの思い
みなさんの祈りが、カツのいい香り(もちろんお味も)とジャズの素敵な音色とともに、あたたかい気持ち、前向きなエナジーとなって1つになる空間でした。

わたしは、会場に行き、カツを食しながら、ジャズを楽しむ。
という形での一般参加ですが、わずかですがチケット代や気持ちが、日本に届くことを祈っています。独りではできないこと、こういうチャンスに感謝するとともに、会場でもお友だちに会ったり、また出逢いがあったり。感謝。

♡Jazz Katsu
http://www.jazzkatsu.org/

|

2013年3月16日 (土)

Farewell♡TEA♡Party

大好きなお友だち。
かわいい坊やたちが日本へもうすぐ帰国。
元気いっぱいな坊やたちも一緒におでかけはちょっと難しいようなので、同じアパートメント同士とうこともあり、アパートメント内でFarewell♡TEA♡Party。
といっても、どうにか、まだ帰国までにちょこちょこ会いたいので、「とりあえず第一弾!!」

私より(ケッコウ)年下だけれども、とてもしっかり者で、キュートな彼女。すでに2児のMomでもあり、年齢関係なく尊敬できる素敵な女性。BabyGo出産後もそばにいてくれて心強いな〜と勝手に思っていただけに、とってもザンネン。せめて、BabyGo誕生だけで・・・。でも、この妊婦中にたくさん勇気づけてくれたり、助けてくれたのでそれだけでも、ありがたいことで、Thank youの気持ちでいっぱいです。

そして、坊やたちの成長も楽しみだったので、これから公園で「こんにちはーー!!」「Yumi-Goさーーーん」と大きな声でご挨拶してくれるあのHappyな瞬間ともお預けか、と思うと寂しいです。ただ、この坊や達は日本でもそうやってみんなに元気をお届けするんだろうな。

ちょっとでもゆったりと、ちょっとでも楽しんでもらえたら、とお友だちと準備をしましたが、喜んでいただけたかな。ただ、すっかり妊婦になって、手作りさぼり気味なので、どうにかアイデア勝負。楽しい雰囲気でるように・・・。みんなが集まれば、楽しいね!!

Kidsも多いので、お皿などなどは使い捨てバージョン。このお皿、プラスチックのわりに、紙皿よりは雰囲気を壊さないので気に入っています。お食事の内容や、テンション的に「紙皿はな・・・(=避けたいな、でも陶器もキツいな&片付けは捨てるだけにしたいな)」な時におススメです。

130314_f1

※我が家ではありません。
アパートメント内の共有Roomね!!

130314_f2

130314_f3
卵不使用バージョンです。

130314_f4
フルーツはアイスクリームコーンに入れて。

130314_f5
おっと失礼。
お皿の順番が反対です。
上段・・ケーキ
中段・・スコーン
下段・・サンドイッチ
が正しい順番でしたっけな。
どんまい!!
下からサーブされますものね。

ちなみに、このサンドウィッチ、おいしいのです。
Paris Baguette のサンドウィッチです。
スコーンは、B-Craneちゃんのお手製。こちらも卵なしバージョン。
130314_f10

ロールケーキはYumi-Goお手製(もちろんソフタシルク使用!!ぷぷぷ)
130314_f11

130314_f6

130314_f7

130314_f8
おませな子どもたちは、ハイチェアーで談笑中?!

130314_f9
いつまでも仲良しでね!!

130314_f12
人と人との出逢い。
笑顔と笑顔を繋いでくれてホントウにどうもありがとう。

Farewell♡TEA♡Party
といいつつ、お茶をいれていない!!
どんまい!!
お茶タイムは次回。

|

2013年3月15日 (金)

春散歩。

サマータイムになり
ぐっとあたたかくなりました。

街中もすっかりこんな景色に。

130314_1

お友だちとお散歩に。ご近所をふらりふらり。

130314_2

130314_3
ぽんぽこ狸と春の街。

「君〜!!まっすぐ普通に立てないのかね!!」※みなさまのコエ。

「はい。できませぬ。ついつい。。。」※me

130314_5

130314_6

いよいよ?!
まもなく34週に入ります。

|

2013年3月14日 (木)

Cheerleadingで胎教?!

お友だちのHigh School Cheerleader
※え?彼女の2倍以上生きていますが、お友だち。
彼女が所属する高校のチアTeamが、明日からLAで開催されるチアのコンペティションに。今日は、LA現地で応援できないファミリーの皆さんや、日頃応援してくれてるファミリーに、と事前に、Cheerを披露してくれる、とのこと。

このHigh School Cheerleaderお友だちのMomに(つまりMomがもともとのお友だちね!!)「3分くらいだけど、見に来る?」とお声かけいただき、

「もちろん!!」

車で片道30分の移動で、3分のパフォーマンス。
お友だち(CheerMom)が気にしてくれました。

いやいや、実際のパフォーマンスは3分弱でも、それが仕上がるために、そこに息吹が吹き込まれるために、チアリーダーのみんな、コーチ、そして支えるファミリーが費やして来た時間ははかりしれない。特に、彼女たちのそれぞれの思いや、チームの思いや歩みは、たかが3分、されど3分に凝縮されているのです。なので、3分という時の流れは、カップラーメンを待つ3分とはちょっと違うのです。(あ、ワクワクという意味では同じだわ。ぷぷぷ)

しかも、妊婦のわたしには最高の胎教です。
一生懸命なチアリーダーのエナジー、あふれんばかりのスマイルを感じれるなんて最高だわ。それにしても、アメリカの高校生の自由な表現。
わたしが日本で一生懸命にシンクロ性を極めようとがんばっていた学生時代。
もちろんシンクロ性はチアの醍醐味だけれども、そのベースには個々の表現力、どんな自分でありたいか、どんなことを感じて、エナジーとして表現できるか。そこをもっともっと大切にしたら、そのベースがあってのシンクロ性。これがいいな。とつくづく。

そして、私はこういうスタンツとよばれるピラミッドをするチアリーディングに夢中だった学生の頃。私はベースでした。高いところも得意でないし、ジェットコースターなども苦手な私は(ま、背格好からしてフライヤーにはならないタイプですが)、ベース/スポットがなんともやりがいのあるポジションで、考えることは
・フライヤー(トップ)にいかに信頼してもらうためにはどうしたらいいのか
・フライヤー(トップ)がどーんと安心して技に挑めるためにはどうしらいいのか
・トス(フライヤーを高く飛ばす)の高さを増すにはどうしたらいいか
・とにかく技を安定させるために・・・
このことに生き甲斐とやりがいを感じておりました。
とはいえ、ダンスシーンなどでは、また違う感覚で、とにかくそこでは誰よりも楽しんでしまえ!!という感じでした。
こんな青春の感覚も思い出しながら、ポコポコお腹の中で動くBabyGoと楽しく応援しましたよ。

お友だち(Cheerleader)とお友だち(CheerMom)からお写真掲載の許可をいただいたので、せっかくなので、青春の1コマをご紹介しますね。

130313_1

130313_2

130313_3

130313_4

130313_7

130313_8

130313_9
かわいい妹♡。(え?無理があるかしら?!。ナイナイ!!)

この学校以外にも、他の学校のteamのお友だちもLA遠征。
みんな、仲間を信じて、楽しんできてね♡
CheerDad&Momのみなさんも、ぞんぶんに青春してきてね。

学校のスポーツチームを応援したり、地域の応援したり、そしてコンペティションがあったり。活動が偏り過ぎていないハイスクールのチアリーダーって、やっぱりいいな。「混ざりたいな」。ちょっと、思ってしまったのですが・・・。やっぱりチアリーダーの醍醐味って、いろんな場所で、いろんなアプローチで、元気や勇気、笑顔をお届け。

自分たちのパフォーマンスのデキバエだけにこだわらずに、そのデキバエをどう活かすのか、そもそも、チアリーダーとして何をしたいのか、その思いを伝える表現の1つとしてデキバエや、パフォーマンスの向上へ努力を惜しまないこと。これを忘れてはいけないし、そこを多くのチアリーダーには経験して、楽しんで欲しいな、とこころから思います。

たとえ、チームによってはチアリーダーとして活動できる場所やできることも変わってくるかと思いますが、「チアの時だけ」でなく、学校や私生活で、その思いや取り組み、チアリーダーとしてのこだわりやスピリット、経験してきたことを発揮、活かしてみよう、周りにもシェアしよう、そう思うこと、挑戦してみることが、大切ですよね。

その取り組みは、彼女たちのライフスキルの向上に繋がると思っています。
だからこそ、CheerDad&Momは、チアリーダー自身の目線ではなく、もう一つおとなの目線で、彼女たちの取り組み、青春の時間を応援してもらえたら嬉しいな。とも。

あぁ、素晴らしい時間でした。

|

2013年3月13日 (水)

コゼットと坊や。コゼットとぽんぽこ。

公園や、どこでも、私とコゼットを見つけると
「こんにちはーー!!」
「コゼットちゃーん!!」
と遠くからでも元気にご挨拶をして、近づいてくれるかわいい坊や。ブラザーズ。おにいちゃんは、コゼットと初めてのご対面の時は、ちょっと緊張していたのに、弟君は、まだまだ小さく(今もだけど)、自分と変わらない?!サイズ?目線?!のコゼットに大泣きしていたのに・・・。
いまでは(おにいちゃんは多少緊張しつつも)かわいがってくれるので、とっても嬉しい。その姿はなんとも微笑ましいのです。

先日、我が家に遊びに来てくれたときも
130312_1
二人で大接近。

とくに、弟くんは、いまとなっては、まったく警戒心もなく、ムツゴロウさん状態。
130312_2

お腹の我が子も、上手にコゼットとの暮らしに慣れていけたらいいなぁ。コゼットもね。

ちなみに、最近のコゼット。

130312_6

♪ね〜こは、コタツで、丸くなる。と歌いたくなるのです。(上からの撮影)

130312_8

で、時にむくっと起き、あくび。

ある時は、

130312_9

コレ、どこにいるかわかりますか?わたしのポンポコ狸なお腹に寄りかかり中。

130312_10

お腹のBabyGoも暴れています。

130312_11

最後はお腹にこんな感じでよりかかり。ポンポコお腹をクッション代わり?!

|

ちょっと(かなり)遅めのHappy Birthday!!

お友だちのHappy Birthday!!
といっても、実は、お誕生日は1月。
今? 3月。

いつも私たちのことをタイムリーにあたたかくお祝いしてくれる優しいŚacīちゃん。
あー、その肝心なŚacīちゃんのお誕生日のお祝いがなんともこんなに遅れてしまい、そりゃぁ、サプライズです。こんなに遅れるなんて。
(ホントウにゴメンネ)

130311_6

B-Craneちゃんのお宅でのんびりタイム。
・BabyMomのB-Craneちゃん
・妊婦プリンセスのŚacīちゃん
・いよいよ来月が予定日のお腹ポンポコ狸のわたし

好き勝手にソファで休んだり、
食べるペースも様々。
母乳をあげているB-Craneちゃんは食欲旺盛。
こういうのもとっても不思議。

ふらっと会える友。
いよいよ来月に迫った出産を前に、多少は緊張してきた私にとって、安らぎいっぱい。こうやって、アメリカでたくさんの友に支えてもらって、お腹ポンポコ狸の私も、サマータイムになったカリフォルニアを楽しんでいます。

130311_4
B-Craneちゃんお手製のブロッコリースープ。
すっごく美味しかった♡
あぁ、お手製スープ、久しく作っていないわ・・・。どんまい狸。

130311_2
こちらもわたしたちの大好きな先輩のお宅でごちそうになってみんなのお気に入りのサラダの復元♡素晴らしいわ。

130311_3
大活躍。Safewayのジャンボサンドウィッチ。

130311_10
みんな大好きCocola 。Cocolaのキッシュ。
130311_5
B-Craneちゃんがキャンベルのファーマーズマーケットでみつけたアップルパイ♡

B-Craneちゃんがキャンベル、Śacīちゃんがマウンテンビューと、それぞれのファーマーズマーケットでみつけたオイシイモノをたくさん紹介してくれて、オイシクタノシい!!ランチタイム。

130311_9
ある日、遅ればせながら・・・とカードづくり。
どちらかというと、ダイナミックなB-Craneちゃんとわたし。
グルーガンでガンガンに攻めながらカードづくり。ぷぷぷ。

お腹ぽんぽこ狸。
ただいま、33週後半です。

B-CraneちゃんのBabyからもいっぱい幸せいただきました。
130311_8
Babyちゃん。わたしのぽんぽこお腹の中がみえるのか、感じるのか、お腹をずっとみていました。不思議ですね。

|

2013年3月12日 (火)

Jazz Katsu2 (3/16@San Jose)

O0396051412416468484_2

今週の土曜日16日は、Jazz Katsu2です。
ジャズ・カツの名の通り、揚げたての串カツを味わいながら、ベイエリアで活躍しているジャズアーティストによる音楽を楽しむことで、寄付を集めよう、という活動です。
前回のジャズカツでは、延べ約1,000人の方を動員し、  6,352.55ドルをUMCORへ寄付することが出来たそうです。  今回の寄付の先は、日本基督教団 とワタノハスマイル になるそうです。私ももちろん行く予定です。

2013-3-16 Sat. 2pm-5pm 
ウェスレー合同メソジスト教会 
566 North Fifth St. San Jose, CA 95112

プログラム
開会のご挨拶 (2:00pm)
お祈り Wesley Jazz Ensemble (2:15pm)
被災地の現状に関する報告とお祈り (3:00pm)
Levitate (3:30pm)
細川綾子 (4:15pm)

チームジャズカツによって串カツ目標700本!!が振舞われます。  ジャズを聴きながら、揚げたてのカツ串カツをいただく。 小さなお子様にも退屈せず楽しんでいただけるように、前回も好評だった バルーンアートもあるそうです。  また、ジャズカツTシャツも販売されます(←底姐さんのブログ『JAZZ KATSU 2 : ジャズカツ2』 の情報、そのままですが・・・)

Q: チケットはどこで買うのですか?
Q: 前売チケットを購入しないとジャズコンサートを見ることはできないのですか?
このような「よくある質問」は公式サイトで答えが掲載されています。
http://www.jazzkatsu.org/jp/faq

♡Jazz Katsu
http://www.jazzkatsu.org/jp

                   





|

2013年3月11日 (月)

第3回 震災支援ファンドレージング

事後のご案内となってしまいごめんなさい。

サンフランシスコ日本語補習校サンノゼ校中高部の生徒たちとその保護者による日本に向けてのファンドレージング(震災支援)が今日10日にニジヤマーケット・マウンテンビュー店前で行われていたので、行って来ました。

生徒達の「続けて支援して行きたい」という思いから3回目が実現しているそうです。
ベイクセールやたこ焼きの販売、古本市などが行われていました。

今日、アメリカで出来ることの1つ。
こうやって参加をすること、そして、生徒たちやみなさんの思いに賛同してこの活動が続くように応援していくこと。小さなちいさなな応援ですが、ニジヤマーケットへ。

130310_11

130310_12

ここシリコンバレーでも、定期的に日本に向けてのファンドレイジングや、さまざまな活動がこちらにお住まいの日本人を中心に、そして日本人だけでなく、こちらのみなさんで行われています。

ちなみに、来週の土曜日16日は、Jazz Katsu2です。もちろん我が家もJazz Katsu2へ行く予定をしています!!
ジャズ・カツの名の通り、揚げたての串カツを味わいながら、ベイエリアで活躍しているジャズアーティストによる音楽を楽しむことで、寄付を集めよう、という活動です。
前回のジャズカツでは、延べ約1,000人の方を動員し、  6,352.55ドルをUMCORへ寄付することが出来たそうです。  今回の寄付の先は、日本基督教団 とワタノハスマイル になるそうです。

あらためて、こちらのブログでも詳細を早めにご紹介しますが、
さっくりご紹介すると

2013-3-16 Sat. 2pm-5pm 
ウェスレー合同メソジスト教会 
566 North Fifth St. San Jose, CA 95112

プログラム
開会のご挨拶 (2:00pm)
お祈り Wesley Jazz Ensemble (2:15pm)
被災地の現状に関する報告とお祈り (3:00pm)
Levitate (3:30pm)
細川綾子 (4:15pm)

♡Jazz Katsu
http://www.jazzkatsu.org/jp

|

Canine Costume Party! Morning party!!

アパートメントの企画。
Canine Costume Party
Morning costume partyです。

130310_1

日頃、アパートメントの中で、他のわんちゃんに吠えてしまったり、フレンドリーに接する事ができない事もあるコゼット。この機会に、汚名返上?!、ゆったりコミュニケーションできたらな、と、ご案内時間の終わりの方に、参加してみました。

とはいえ、
130310_2
楽しいコスチュームは持っていないので、ミニーマウスで。

さて、到着してみると、かわいらしいわんちゃんたち。
そして、まるでサンデーブランチ♡サンデーバッフェのような山盛りトリート。

130310_8

滅多に食べれない(あげていない)犬用のクッキーたち、しかも山盛りに並ぶ様子を前に、コゼット大興奮。お写真のとおり。。。

130310_9

小さな子どもたちのファミリーにもかわいがってもらい、みなさんや他のわんちゃんとも吠えることなく(とはいえ、相変わらず警戒心もとけず、甘えることは無いのですが、トリートのおかげでフレンドリー。とほほ)。

130310_3

130310_4

130310_5

130310_6

130310_7

↑本日のおしゃれ大賞♡↓

130310_10

朝から、みなさんとおしゃべりしたり、と
健やかな朝。

トリート食べ過ぎなコゼット。
朝ご飯抜きですな・・・。


|

2013年3月 8日 (金)

"oh, what a girl can do!"ガールスカウトのクッキー

アメリカのガールスカウトのクッキープログラム。

少女達がこれから歩んでいく人生に役立つようなライフ・スキルを身につけるチャンスを。
様々なそのライフ・スキルを得る、伸ばしていくために始まったプログラムだそうです。

ガールスカウトたちが、自分たちでクッキーを販売する中で、さまざまな経験をしていきます。
何ができる、何がしたい、というエネルギー、挑戦するエネルギー、そして、それに向かって行く、克服していくエネルギー。このエネルギーが経験が、彼女たちをますます成長させていくことでしょう。それは、「今」の少女たちの勇気になるだけでなく、ライフ・スキルとして、今後の少女達を応援していくエネルギーになるんじゃないかな。。。

わたしが今回購入した3箱。と、このガールスカウトのクッキープログラムの5つのスキル!!
130307_6_2

アメリカでは、感じるところ、日本より早い段階で、「自分で考える」「自分たちで何かを生み出す」ということが求められ、そのチャンスも多いように感じます。
また改めてご紹介できたらと思うのですが、お友だちが在籍する高校のチアリーダー部も、部の活動費/遠征費を集めるために、あれやこれや活動をしています。
時に、カーウォッシュや先日は、パンケーキレストランでみんなで働いたり。
「いつまでに、いくら、お支払いください」と、親にお達しがいき、子どもの知らないところで親が支払うだけの環境ではないのですよね。

そういえば、先日、日本であったエピソード。
先生から子どもに出した課題。
それに対し、子どもがわからないところを先生に質問するのが普通なこと。ただ、それが子どもではなく、おとな(ファミリー)が先生に質問をしてくる。。。。しかも子どもより先に。。。それはきっと、子どもが全力を出せるように、子どもをしっかりサポートできるように、と、そのために、おとなも理解しておきたいという優しい親ごごろ、あたたかい気持ちからなんでしょう。
ただ、もしかしたら、その行動が、子どもたちが【自分で理解しよう】とするチャンスが摘み取られてしまうのでは。と少しさみしく感じました。もしくは、その環境に慣れ過ぎて、子ども自身も「おとな(ファミリー)がわかっていれば大丈夫」という思考や受け身体制が普通にになっていたら・・・、それは何よりもっと残念だな。と。

子どもたちが「自分で考える」チャンス、タイミングを応援してもらえたらな、とつくづく。おとなは、おとなのポジション。役割があるものだと。これって実は、おとなが「ぐっ」とこらえる事が多いことも、指導者としても自分自身が感じてきました。

"oh, what a girl can do!"

そんな中、このクッキープログラムの実際の売り場に遭遇して、少女たちの一生懸命な姿に、あらためていろいろ考えることがありました。そして、気持ちよく少女たちとコミュニケーションでき、あたたかい時間になりました。※その様子を、dannasamaが撮影していました。

130307_2

130307_3

この時も、迷っているときに(ちょっともじもじしながら)声をかけてきたり、わたしが3箱買い、$20紙幣を渡すと、一生懸命少女たちが計算して、おつりをいくら渡せばいいのか考えたり。そんなときに、一緒にいる(おそらく)リーダーの方も、過剰に指示もせず、少女たちが迷ったり困っているときに、絶妙に「ヒント」「きっかけ」をぼそっと。

わたしが日本で指導していたCheeRing Shcoolも、このプログラムと通ずるところがあるのです。チアの習い事スクールではありますが、単に「チア」を習う、そこからチアというスポーツがもつチームワークが元気、勇気を学ぶことはもちろんですが、それだけではないのです。根底にある、大切にしていることは、今後、グローバルに生きるために、ソーシャルスキルやコミュニケーションスキル、バランスなどをチアを通して楽しく育んでいくこと。なのです。これは、校長がアメリカ(ワシントンD.C)で活躍していたことや、経験からも大きな軸となっています。

私自身、日本で生活しているときにも、チアで培った力や経験が、自分を力強く応援してくれたのはもちろん、こうやってアメリカで生活している今も、その力や経験、とくにCheeRingShoolでの学びが(指導者だって学びながら、成長しながら、ですから)大きなおおきな支え、楽しむきっかけのベースになっています。

日々、ライフ・スキルを伸ばせる魅力・チャンス溢れる環境であることを理解できると、習い事だけでなく、学校や様々なところで遭遇する「自分の中での理解しがたいこと」への、最初の反応(拒否反応?少し受け入れ反応?,思いっきり一度は受け入れてみようとする反応?)に変化が出て来ることで、自分のストレス軽減にも繋がるのでは、と感じています。
それはもちろん、なんでも受け入れてみよう、というわけではなく、「自分で(一度)考えてみる」ことも必要になりますよね。

きっといま、スクールで活動する生徒がもう少し大きくなった頃、はやい子は高校や大学生、はたまた社会人になった頃、親が経験してきた世界とはまた違う世界、フィールドもグローバルになり、親が知らない思考や文化の中で成長していくことでしょう。そういう子が増えて行く事と思います。
そんな時に、親や周りのおとなが「子どもたちが教えてくれる新しい世界、思考、文化」とどう向き合えるか、が、子どもたちに与える影響だったり、才能を開花させたり、思いっきり応援してあげれる環境をプレゼントしてあげれるか、とてもとても大きなこと、スタンスだと感じています。私もそういうスタンス、思考でいられたら、と思っています。
私もちょうど、いま、妊娠をしていて、このお腹の子が将来、どの地域で、どの国で生活するのか、何をするのか、もしかしたら想像もしていない人生かも知れません。(きっとわたしの両親が今わたしがアメリカで生活、出産することを想像もしていなかったように)。
これは、たまたま、こちらをお読みのおとなの方(主に日本やアメリカにいる方かな)も同じかもしれませんね。

"oh, what a girl can do!"

130307_7

130307_8

♡ガールスカウト(アメリカ)のサイト
http://www.girlscouts.org/program/gs_cookies/how_to_buy.asp
http://www.girlscouts.org/program/gs_cookies/the_five_skills.asp 

♡CheeRing School

www.cheering.jp

ーーーーー

追記

2005年のある方のブログ記事をみつけました。このクッキープログラムなどについて、詳しく書かれていたので、URLをご紹介します。

http://blog1.kiyonee.com/?eid=490728

 

|

止まらない.のその後(妊婦、皮膚科へ)

止まらない.
止まらない.のその後(妊婦、カユミとの戦い) 
の記事の続きです。

その後、皮膚科へ。
前回の記事のとおり、「日本語へ理解有り」と言われていた先生ではない方の診察の予約がとれていたので、ドキドキしながらいざ病院へ。

診察時間
朝7時30分。

久しぶりのかなりの早起きです。

いざ、診察で先生にお会いすると、とっても感じの良い先生で、わたしのどんまいな英語で、最初にご挨拶、状況説明をしながらコミュニケーションしていくと、先生がモードチェンジ。

・とってもゆっくり
・とってもわかりやすいハキハキと
<もちろん英語で>お話してくださる。

しかも、なんだか異性を感じさせない(!)妖精のようなその雰囲気。
「ほっ」としながら、診察は進みます。
「あ、この人、英語苦手なんだな」と思った時に、この先生のように対応してくださる方が全てではありません。きっとそう思っているのだけど、容赦なくしゃべり続けるシチュエーションにも何度も出くわしています。。。。しょぼん。(ま、自分が成長せいっ!という愛のムチと思って・・・)

ちなみに、どんな先生かわからなかったので、
ひとまずこちらの状況を漏れなくお伝えするために
「痒い痒いダイアリー」を持参しました。
いつごろから、どこが、痒くなったのか
定期的に写真もとっていたのでその画像も一緒に。

結果は
PUPPP. 「妊娠性痒疹(にんしんせい ようしん)」
でした。
妊娠後期に発症する皮疹です。
PUPPPは経産婦より初産婦がなりやすいとのこと。

お薬は
引き続き
Benadryl
Benadrylを飲み続けること。
ただし、いままで6時間ごとだったのが、夜(寝る前)の1回。

そして、塗り薬も処方されました。
130307_1
ステロイド剤です。

ということで、かなりおさまりました。

ちなみに、アメリカにきてほとんど病院に行った事がなく(産婦人科以外)、数少ない(1回?!)通院でも、処方薬は出ず、市販薬対応だったので、実は今回初めての処方。

初めての処方薬受け取り(ぷぷぷ)。dannasamaが受け取るのは見ていたのですが、今回はペーパレス。
病院で診察時に、うけとる薬局(どこのどこのスーパーです、と)を登録してもらい、あとはそこに行くだけ。つくづくアメリカの病院での対応はペーパレスだなぁと思うばかり。当日に支払いもないので、レシートだのなんだもないし、そもそも、診察券のようなものもないですし。

ドキドキしてスーパーに行くと
・誕生日確認→本人確認
・保険カード提示
・口頭でアレルギー確認
で、最後に薬剤師さんに服用/使用の注意事項を口頭で説明をうけて、受け取り。

ということで、
この止まらない.カユミとの戦いはほぼthe endです。
(まだお薬は飲みますが)
お騒がせしました。



|

2013年3月 6日 (水)

ひな祭り。

アメリカでお友だちとひな祭り。
とってもこころ健やかな時間。
笑顔いっぱいな時間を過ごしました。

妊娠32週のわたしのポンポコリンのお腹。
こうやってお友だちと、あたたかい陽射しやあたたかい気持ちに包まれて過ごせる時間は、それはそれは、安らぎtimeです。

お腹もだいぶ(!)出ていますが、行き慣れているお友だち宅へのドライブは、新しい地に行くよりかなり精神的にも良いかと思いますしね。

130305_0

130305_1
お嬢さん(しかもHigh School Cheerleaderよ♡)がいるお宅だけに、おひなさまが華やかに。

130305_2
あら、こちらにも。

130305_3
そしてこちらにも。
これは、お友だち作の押し花で作ったおひな様ですって。なんて素敵なんでしょう。

女の子が産まれる予定の私は、こうやってこの時期に、女の子のお子さんがいるお宅でのひな祭り。なんだか余計にワクワクしました。そして、子どものころの実家でのひなまつりを思い出しました。母や姉と一緒に飾ったおひなさま。

さ〜て、今日は、7人でひな祭り。
ランチはポットラックで♡
130305_4
何人分?!

130305_5
妊婦の私にもとてもとても嬉しいラインナップ。
私は、「妊婦は無理しないで楽しむこと」というみなさんの気持ちにそのままノッカリ、日本食スーパー(ちなみにMitsuwa)でお惣菜get。左下のひじき、きんぴら、そしてかぼちゃの煮物、写っていませんが、ゆず味のたくあん。みなさんの豪勢なランチのお供にぴったり。ぷぷぷ。
私以外のみなさん、もちろん手作り。キャベツ包みのシュウマイ風?とか、ちらし寿司も、すべて手作りだそうで。ちらし寿司=寿司太郎使用。のわたしには衝撃的。
寿司太郎系をお使いになったことがない方多数。オドロキ。
便利よ、便利。美味しいし♡と。アピールしておきました。
今回のちらし寿司は、ご主人の実家直伝のレシピを受け継いでいるものなんですって。
素敵ですね。

130305_7
それではいただきましょう!

その前に
130305_6


桃のにごり酒で乾杯です。
そう、このあたりでは日本食スーパー(ちなみにニジヤ)でこんなものもgetできるのです。便利ね。
※わたしは格好だけ。。。。

130305_8
まるで、夢のような「和食バッフェ」
食いしん坊、一度によそり過ぎで失礼します。

これだけではなく
130305_9
みんな大好き。山形の芋煮。
実はこれ、これまた、あるお友だちのご主人様作。
素晴らしい。

130305_10
芋煮が、その後はカレーうどんに。最高!!

大切な、そして楽しいお友だち。
そして、すでに皆さん出産を経験され、もちろん育児も。
お話で、勇気や元気をプレゼントしてくれます。
そして、ひたすら笑ったり。
お互いを思いやったり。
ランチをしながら、それはそれは「健やかなトーク」です。
女子が集まると、負のエナジーが集結する場もあるようですが、そんなものは一切ありません。みんなのこころが健やかな証ですね。

130305_12
今日おじゃましたお宅には、(ひな祭りだから、というよりいつも素敵なのですが)、ルンルンしてしまう女子モードになる雰囲気が盛りだくさん♡

130305_13

そしてそして、このお仲間といえば、お料理だけでなく、デザート部門もものすごい腕前。

あるお友だちが、箱から出したもの。ソレは
130305_11
じゃーん。おひなさまspecial 菱形の菱餅風ケーキです。
クッキーからすべて手づくり。

130305_16
また違うお友だちは、お手製のいちごムース。
topのいちごもハート♡でかわいい。

という、素晴らしいデザート。想像越えでしたが
130305_14
「きっと、スゴイだろう」という予想から、私からはお持ち帰り用に、日本食スーパー(ちなみにMitsuwa)の中にある和菓子屋さんの桜餅を。そう、このあたりは、なんでもあるのです。(日本のみなさんオドロキかしら)。お持ち帰りアイテムにして大正解。

本日のデザート♡
130305_15

すばらしきデザート。ご覧くださいませ。

130305_18
なんと、スポンジケーキもひしもちのように3カラー3層。3つの味を楽しみました。
ひしもち風クッキーもなんと3層。

13035_19

130305_20
キウイなどもお花型。なんて美しいプレートなんでしょう。

130305_21

ひなまつり。お友だちのお誕生日のお祝いも。
おめでとう!!



130305_22

アメリカでの子育てのお話。
日本との違いなど、とても面白かったり、驚いたり。
そして、この日も、子どものお迎えで、Momたちは慌ただしく一人帰り、またひとり帰り・・・。最後はもちろん、私ひとり。ぷぷぷ。
今回のホストのお友だちお手製の梅ジュースをいただいて、より元気チャージで帰宅です。

130305_24
そして、そのおいしい梅ジュースをお土産にいただいたので、ソーダ割りでお家でゆったり再び。

そして、そして
130305_23
自宅で、ひなまつり再び。

こういう日は、夜ごはんが食べれません。
おなかいっぱい。胸いっぱい。

みなさんは(とくに日本のみなさん)
どんなひなまつりを過ごしましたか??

ひなまつりは、女の子のすこやかな成長を祈る行事。
子どもだけじゃないわよね。。。。
自分たち(女子)の健やかな成長?!をみなで、感じ合う楽しい1日になりました。

|

2013年3月 5日 (火)

Happy Baby Shower♡6♡Thank you!!

Yumigobabyshower06

続き記事。第六弾です。いよいよ最後です。

本当にこころから祝福してくださり
笑顔でつながれたあの時間。
生涯忘れることはないでしょう。
最初の記事に書きましたが、
これからのわたし、我が家の人生、歩みの中で、この日にいただいた愛のシャワーは、かならずやポジティブなエナジーとなって、私たちを応援してくれることでしょう。
そして、この感謝の気持ちを忘れずに、みなさんの笑顔と思いを大切にしていきます。

130301_81

130301_83
Babyちゃん、BabyGoちゃんとあんよで通信中〜。

130301_84

130301_85

130301_86

130301_87
コゼットとも楽しくしていただきありがとう。

130301_92
コゼットもノリノリでした。

130301_94

130301_89

Yumigobabyshower1_2
みなさまありがとう♡

130301_90

そして、BabyGoが字を読めるようになったとき、もう少し大きくなったとき、ティーンになったとき、誕生するまでの間もこんなにも愛されて、応援されていたことを、このブログの記事と一緒に伝えたいな、と思っています。

------ご参加くださったお友だちのみなさんがブログでも書いてくださいました。(こちらに追加していきますね)

♡San Jose 手作り石けん日記
~コーギーと石けん作り。激動の毎日~
久しぶりに、うれしいこと - San Jose 手作り石けん日記 - Yahoo!ブログ

♡「まあちゃんマンは行く!」
アメリカでの生活・学校(こども)・ワンコに関することや好きなことについてなんくるないさぁ~で日々書いてます
『Baby Shower  De    幸せシャワー♡』

|

Happy Baby Shower♡5♡オリジナル子守唄で愛のシャワー!!

Yumigobabyshower05_2
続き記事。第五弾です。。

こんなに(!)記事を書いても、まだまだ、皆さんからいただいた愛のシャワーはたくさんあるのです。全部はご紹介しきれないのですが、コレだけは、ご紹介したい♡

な・な・なんと。

何が起きたかと申しますと・・・

まず、ピアノがあるお部屋に皆で移動。
そして、
130301_70_2
お集りの皆さんからのメッセージをプレゼントしていただきました。

130301_71
宝物です。

そして、みなさんにこれが配られました。
130301_72
何やら、「詩」入りのしおりです。
これも、お仲間お手製のしおり。

そして、この「詩」の正体は・・・。

な・な・なんと、Licaさん が、BabyGoちゃんへの「子守唄」を作ってくれたのです。
BabyGoのお名前入りの、オリジナルの子守唄です。
作詞・作曲 Licaさんです。

130301_73_3
本当にありがとう。

ある日、「なんだか、Yumi-Goが眠れていない気がする」
そんな風に感じたそうなんです。
Licaさんがそう感じてくださった時、実際、わたしは、「かゆみ」との戦い(?)で、全く眠れない日々が続いていた頃。この症状をLicaさんにはお伝えしていなかったのですが・・・。
そこから、この「子守唄」のメロディーと詩が、Licaさんから溢れでてきたそうなのです。

130301_75

Licaさんから溢れ、誕生したメロディを、これまたお友だちが譜面におこしてくれるというチームプレー。
これだけでも、オドロキですし、感無量。嬉しいのに、なんと、この日にご参加いただいた皆さんで、その子守唄を歌ってプレゼントしてくださったのです。

130301_76
指揮は底姐さん
しか〜も、ピアノで生伴奏♡

みなさんが歌ってくださいました。
なんともあたたかいメロディ。
Licaさんの優しさがつまったかわいらしくあたたかい詩。

本当に素敵な子守り歌に感激、そしてうっとりしていると。。。

130301_91

底姐さんの横にならぶ、駐在妻仲間。
なんと!!
「ハモっているではありませんか!!」

早くに集まって、下のパートの練習をしたそうな。(うるうる。。。)ありがとう。

130301_78
下のパート、ハモラー隊。
※Baby,本来の母が抱っこしておりません(一応記載。。。)

130301_77_2

みなさんの気持ちが素敵な詩、メロディにのって、そして素敵なピアノ伴奏にのって、お部屋中に広がる幸せな気持ち。

130301_79
もちろん
胸がいっぱい。
ユミーゴ涙でございます。

みなさん、その後(今も)
お家でそれぞれが口ずさんでくださっているようです。
この子守唄、このままシリコンバレーで歌いつがれるのではないでしょうか。うふふ。

我が子オリジナルの子守唄のプレゼント。
本当にありがとうございます。

とっても素敵なので、詩を紹介させていただきます。

※本当は予定しているお名前が「BabyGo/あかちゃん」の部分に入ります。
いまはごめんなさい、まだ内緒で・・・。

-----------------
BabyGoのララバイ   作詞/作曲 Lica
-----------------

あかちゃん かわいい寝顔みせて

ママの腕の中
おやすみの時間

あかちゃん
明日はどんな日なの

楽しい夢みて
おやすみの時間

眠れ
おやすみ
わたしの
あかちゃん

眠れ
おやすみ
かわいい
あかちゃん

グッドナイト

Sleep well
Lullaby
My little girl BabyGo

Sleep well
Lullaby
My little girl BabyGo

OYASUMI

130301_80

素敵な仲間に感謝。
本当にありがとう。

こちらをご覧の「母」のみなさん。
みなさんは、お子さまにどんな歌をうたっていましたか?

こちらをご覧のみなさん。
ご自身がどんな歌をうたってもらっていたかご存知ですか?

子どもに対してだけでなく、パートナーに、友に、仲間に、はたまたペットに。人生そのときどきに、思い出の歌や、大切にしてきた「ことば」や「メロディ」はありますか?

ちょっと思い出して。
みんなでより優しい時間を過ごしてみませんか。。。

今回プレゼントしていただいた子守唄。
我が家の大切な歌。
dannasamaも大感激です。
コゼットにも歌ってあげま〜す。

ありがとう♡

|

Happy Baby Shower♡4♡Cheersの笑顔のシャワー!!

Yumigobabysower04

続き記事。第四弾です。。

アメリカで出逢ったお友だちもいれば、実は、日本の頃のお友だちとの再会。日本の頃からの繋がりがこちらでも、というミラクルも。

こーんな広いアメリカで

130301_62

10年くらい前に(ぷぷぷ)日本で、一緒にCheerleaderとして活動していた仲間が、それぞれタイミングは別に、こちら(アメリカ)に来て、こうやって、わたしのBabyShowerのお祝いをしてもらえるなんて。本当にありがとう。私以外はもうこちらで結婚して永住されているので(この偶然もスゴイことですが)、そこにたまたま私がdannasamaの転勤でひょっこりやってきた形です。

このお写真、実はコゼットも参加。ぷぷぷ。

130301_63

車で会える距離って。スゴイ。「ランチしよう〜」で会える距離。

左は元NFLワシントンレッドスキンズチアリーダーだったNoriko 。昨シーズンまでまさにわたしの地元AFLサンノゼセイバーキャッツのチアリーダーとしても2シーズン活躍していたので、特に昨シーズンはセイバーキャッツの応援も楽しませてもらいました
昨シーズンの観戦の様子↓
Go!SaberCats!!♡WEEK19 IOWA BARNSTORMERS   

そして右は
元NFLサンフランシスコ49ersチアリーダーだったKeiko 。けいちゃんとはけいちゃんが49ersチアリーダーGoldRushとして活動する前のチームでのチームメイトという繋がりも。

そして、今となれば笑っちゃう写真なので小さめに
2004member
3人はオールスターチームでもチームメイト繋がり。
遠い目。2004年。

それぞれがこの後、それぞれの道を歩み、今は、カリフォルニア・シリコンバレーで生活。なんだか不思議なご縁。二人がいる地に引っ越す、ということで、どれだけ心強かったことか。

そして、このミラクルなご縁はこれだけでなく
130301_65
以前にもブログにご登場いただきました先輩♡
footballのチアリーダーとしてのパイオニアとしてチームの立ち上げや、華やかな歩みを生み出してくださった方♡いつお会いしてもスレンダーでかっこいい!!

その先輩も現在はこちらに在住。こうやって、お祝いに駆けつけてくださいました。嬉しいっ。ということで
130301_64
この3人は、日本での同じチームつながり。すごいご縁でしょ!!

今回ご登場いただいたお3方はみなさん国際結婚をされ、永住されているみなさん。私はいずれ日本に戻る人。いずれ日本に戻っても、またここに帰ってくれば、このあたたかいCheer仲間がいる♡というあたたかい環境に感謝。

そして、実は、こちらで出逢った方の中でも多いのが、CheerMom♡
つまり、お嬢さんがCheerleader!!
こんな嬉しいつながりもた〜くさん。

にぎやかに、華やかにBabyShowerは続きます!!

|

2013年3月 4日 (月)

Happy Baby Shower♡3♡Yukko先生の愛の歌のシャワー

続き記事。第三弾です。。

さ〜て。この日にお集まりいただいたお仲間は本当に「魅力的」な女性ばかり。そして、いろんな才能に秀でた方ばかり。

なんと、書道の先生Yukkoさん。
ただただ、そのスペシャリティなタレントはそれだけではないのです。

130301_20

130301_21

そう、琉球文化(沖縄音楽)を代表する弦楽器、三線(さんしん)の演奏と歌で、愛のシャワーを。
ありがとうございます。

贈ってくださった歌は「童神(わらびがみ)」
130301_23

私には手書きの歌詞までプレゼントしてくださいました。
額縁にいれて飾りたいなと思っています。
※なのに、持ち帰るときに折り目を付けてしまうどんまいっぷり。Yukkoさんごめんなさい。。。

130301_24
みんなで歌いました。
そう、この日は、「みんなで」愛のシャワーを浴びました。
ちょっとお写真がきれていますが、私のお膝の上には愛犬コゼットも。

この歌のように、産まれて来るBabyGoの天真爛漫さを、純真さを、おおいに、褒めて、我が家の元にやってきてくれた事に感謝を忘れずに。。。

そして、みんなからのアンコールで、もう1曲!!「安里屋ユンタ」を歌ってくださいました。

130301_25

Yukkoさん。どうもありがとう♡

さて、愛のシャワーはまだまだ続くのです・・・。

もうディナーショウ並みよね!!最高!!

ちなみに、
このシリコンバレーのあたりの方にはおなじみですが、Yukkoさん、実は「手作り石けん」「Cosmedog」でも有名ですよね。
私も石けん、バーム、リップバームと愛用品がいっぱい。

♡Cosmedog 公式サイト
http://cosmedog.com/

♡San Jose 手作り石けん日記~コーギーと石けん作り。激動の毎日~
http://blogs.yahoo.co.jp/yukikodayo

※今回、この日のことを記事で書いてくださっています。

|

Happy Baby Shower♡2♡ギフトで愛のシャワー

Yumigobabyshower02

前の記事からの続きです
Happy Baby Shower♡1♡ありがとう。愛のシャワーの始まり!! 

Baby Showerでは、事前にまず、妊婦さんにこれから出産後の育児、子育てに必要なグッズ、欲しいものをリストアップをしてもらいます。そのリストが「ウィッシュリスト」と言います。
出席する人は、そのリストの中からギフトを購入し、参加者から妊婦さんにプレゼント。その様子、プレゼントをシャワーにようにお届けする、ということでもあるらしいのです。

今回は、
Baby Showerをとりまとめてくださっている方がたから、「せっかくなので細かいものをたくさん、より、みんなでオオモノを贈れたらと思うのだけど、どうかしら」と、お声かけをしてくださり、事前にもろもろ相談させいただき、わたしのWish Listは2つ。
うふふ♡楽しみ!!

さ〜て、ギフトでシャワー、皆さんの愛のシャワーが!!
お写真で、一緒に臨場感もぜひ、お感じくださいませー!!

みなさんから、こんな素敵な贈り物をいただきました。本当にありがとうございます。

130301_box

このギフトエリアにみんな大集合。このエリアの美しさ、まずお写真でお届けです。バルーンもすご〜くかわいい!!

130301_31
手作りダイパーケーキ。ありがとう。美しすぎます。。。ウルウル(涙)。
ダイパー。そう、おむつケーキです。今回は、なるべく飾っておきたいという私の希望から、おそらく6ケ月頃に使うサイズで作ってくださいました。

130301_35_2
ダイパーケーキの奥は・・・。なんと、これまた手作りケーキ!!
ダイパーケーキ風に超絶美味なロールケーキがつまれています。

130301_36_2
おわかりいただけますでしょうか。それぞれのロールケーキのtopには♡ハート型のいちごが!!ベールやリボンも美しい。。。

さらにその奥は
130301_33


手作りクッキー。なんて美しく、愛らしいのでしょう。
130301_34

さて、1つずつあらためて、皆さんの前で、お披露目timeです。
まず、「ティアラをつけてね」の声に迷いもなく装着。

130301_37
「その袋は、後でー」ということで、先に

130301_38
TOY BOXのお披露目です。
わたしが事前に相談してお願いさせていただいた1つがこちら。一応、名前の候補はほぼ固まっている(決まっている)ので、そのBabyGoちゃんのお名前が印字させてもらいました。ハートの部分に実は、お名前が刻まれています。(ごめんなさい、一応、今は、内緒にさせていただきます)

130301_40_2
こんな風にフタが開きます。
BabyGoちゃんが、自分でここにおもちゃを片付けするようになる頃には、どれだけの人が誕生を喜んでくれて、みんなの愛がこもった大切なものであること、その人たちの気持ちを感じて大切に使うこと、しっかり伝えたいと思います。
そして、お部屋でこのBoxを見るたびにあたたかい仲間の顔が浮かびます。。。
すっごくかわいい!!ありがとう!!

続いては、「ピンクの袋をあけて〜」と。

130301_41
完全なるワクワク顔。
130301_42
ジャーン!!

130301_44
なんと!!この日ももちろん参加してくださっているお友だちのお手製の授乳ケープです。
実は、事前に、布を選んで欲しい!!と言われ、ものすごい在庫の中から、このドットを選びました。私はもちろんBabyGoちゃんも明るい気持ちになれるかな。と。首のリボンと下のヒラヒラを黒の大きめな水玉にしてみました。すご〜くかわいい!!
もうこの日にプレゼントしていただけるなんて思っていなかったのでオドロキ!!ありがとう!!

130301_58

カラー診断でおなじみのMikaさん から、手編みのヘアーバンドもいただきました♡ありがとう。

130301_45

130301_46
いよいよ、このベールを・・・。

美しいね、ダイパーケーキ!!大感激♡

130301_48
ベールをとったら・・・

130301_49
言われなくとも、かぶります。

この美しいダイパーケーキのtopにはティファニーの箱が♡

130301_50

130301_52
ごらんあれ。この大興奮顔。

こちらも、事前にご相談させていただいたWish Listその2。ティファニーのtooth caseです。ただ実物を見るのももちろん初めてだし、ここまでの愛のシャワーで大興奮、止まらないワクワク!!

130301_53
こんなにキラっキラっと思っていなかったので、その華やかさにもオドロキ!!ありがとうございます。みんなのハートがつまったキラキラBox!!
BabyGoの花嫁道具です。(気がはやい)。
なんと、こちらにもお名前入りです。

「ケーキも見て〜」ということで、ベールを・・・。

130301_54

するとケーキのtopにもティファニーの箱が。
「あれ?でもリボンが違うよね・・・(一同笑い)」

本当〜に美味しそうなケーキはあとでいただくとして、まずは箱をあけると・・・

130301_55

なんとオープンハートのペンダント!!

130301_56
そう!! 手作りクッキーペンダントです。

本家のようにカードまで・・・

130301_57
よーくみると。「TooFUNNY & Go.」
※東北弁訛りが、いまお仲間の中で流行っていてそんな感じで読むらしい・・・ぷぷぷ!!

130301_59

こうやって、17人のお友だちと犬たちにあたたく見守っていただきながら、一生の宝物となる、家宝となるギフトをみなさんから贈っていただきました。
たくさんのギフトをいただきました。それ以上に、一緒にみなさんの愛をいただきました。
これぞ愛のシャワー!!

130301_60
みなさんにここで一度ご挨拶。
こんなに幸せな日々を過ごせるのも、みなさんの存在があってのこと。本当にありがとう。
一生忘れません。

わたしの写真ばっかりですが(ぷぷぷ)、見守ってくださっている皆さんも、とびっきりの笑顔で、一緒に楽しんでくださっていたのが、とっても嬉しかったです。
みんなで一緒のHappyな時間!!

こんなに愛がいっぱいなBaby Shower、まだまだ続きます。


|

Happy Baby Shower♡1♡ありがとう。愛のシャワーの始まり!!

嬉しいことに、ありがたいことに、先日、わたしのためにお友だちがBabyShowerを開いてくれました。

みなさんが、妊婦を幸せな気持ちやギフト、Happyをシャワーのように注いでくれるPartyです。基本的には妊婦と女性のお友だちで開かれることが多いようで、この由来は、妊婦の女性が母親になるのためにさまざまな知恵などをシェアすることからのようです。

どうやら、最近は、女性だらけのBabyShowerとは別に、プレパパを囲んでの男性版のBabyShowerもあるようですが・・・。

この「産前に」お仲間にお祝いをしていただけるこのBabyShower。
とってもとっても素敵だな、とお友だちのお祝いの時にも思いました。今回も、お友だちがBabyShower前に

「期待しててね! 陣痛の痛みも、これからのいろんなこともこの日の思い出で乗り越えられるぐらい幸せな時間にするからね!!」

と、声をかけてくださったのです。
まさに、その通り。
本当に言葉では表現しきれない、愛がつまったBabyShower。
あの時間、空間。まだ想像できない陣痛や、その後の人生においての、ほろ苦いことに直面した時、そして、それだけじゃありません。幸せだな、嬉しいな、と感じる時。はたまた、あたりまえに過ぎる普通の日々、そんな時こそ、この日のこと、この時に携わってくださった、気持ちをこめてくださったみなさんの愛を思い出し、感じることで、「より」幸せが満ちあふれ、わたしやBabyGoそしてもちろんdannasama、我が家の人生、日々は、かならずやポジティブなエナジーが涌き出ることでしょう。

産前のこの時期に、お腹のBabyGoちゃんと、全身で感じさせていただいた愛。
産前だからこその感じれることも多いですし、母になるこの直前にいただける勇気。
そして溢れる感謝の気持ち。

シャワーのようにポジティブエナジーをより浴びた一日です。

USで、こんな時が、こんな笑顔の繋がりが、誕生するとは想像もしていませんでした。
感謝の気持ちをいっぱいこめて。日本でも応援してくださったり励ましてくれているみなさんにも感謝の気持ちをこめて。そして、こちらをご覧の方に、少しでもHappyエナジーがお届けできれば、と、BabyShowerの様子をご紹介してまいります。

130301_1

今回、会場はお友だちのお宅にて。
エントランスにはこんな素敵なwelcomeボードが。

その前に!
会場に一番最後に到着した私が駐車をしようとすると
130301_2
何かといいますと
130301_3

玄関に一番近いエリアを私のためにkeepしておいてくださるこの配慮。どこまでも、みなさん優しく、すばらしいホスピタリティ。

さて、お家に入ると
130301_4
こちらで仲良くさせていただいている大好きなみなさん大集合。今回は中国茶の先生のお宅で開催。大切な茶器などもあることからなどで、私の判断で「おとなの集まり」(歩ける子どもの帯同なし。。。ごめんなさい)にさせていただきました。

130301_6
大好きなみなさんに笑顔と拍手でお迎えしていただき、いよいよスタートです。

130301_13

では、まずはみんなで乾杯です。
130301_5
なんと、グラスには、私のイメージイラスト付き♡

130301_7
この私の顔をご覧いただければ、この時の胸の高まり、あふれる喜び、なんとも表現しきれない幸福感がお分かりいただけることでしょう。
乾杯の第一声♡底姐さん ありがとう♡

そしてそして!私の大好きな仲間と言えば、毎度まいど、ものすごいゴージャスなお食事、ポットラック。みんなでお食事をいただきます。
この日も、どこかのレストランからケータリングですか?という(むしろソレ以上)のお料理ラインナップ。

130301_8

130301_9

130301_10

130301_11

この日も、あっさり「想像超え」。
美味しく、そして目にも楽しい、素敵なお食事がいっぱい。
ありがとう♡

今日お集りくださったのはなんと17人。

中には「初めまして」(リアルにお会いするのは)という方もいる中、みんながどんどん気持ちよく笑顔で繋がっていくその時は、わたしも嬉しく、そして、みなさんのコミュニケーション力の高さや、いつでもオープンなハートというその魅力が、会場中に溢れ、感じることができました。

130301_14

この日は嬉しいことにとってもお天気も良く、テラスも開放していただき、気持ちよくみんなでおしゃべりしたり、お食事したり。

130301_15

さてさて、会場のみんながあたたかい笑顔で溢れ、お食事もいただいたところで・・・。

ここから、みなさんのさらなる「愛」のシャワーを浴びささせていただける時間に。

次に続きます。

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »