« ぽんぽこ狸と足のツメ | トップページ | すてきな気持ち。 »

2013年3月24日 (日)

紅茶、AfternoonTeaの基本のキ。

日々の生活の中に、小さな頃から存在する紅茶。
そして日々の生活の中の楽しみにあるAfternoonTea。

たくさんのお紅茶をいただいてきて、たくさんのAfternoonTeaを楽しんできているものの、実は、

・紅茶を正しくいれられているか自信がない
=茶葉をいかしておいしくいれられているのか
=おいしいの?
そもそもプロが入れてくれる紅茶はもちろんおいしいのはわかりますが、自分が気軽にいれてきた紅茶が、家庭レベルで、イケテルのかそうでないのかも区別がつかないのも正直なところ・・・。
あわせて、使っている茶道具たちも、あっているのか否か。。。

・Afternoon Tea、プロがおもてなししてくれる所にいけば、存分に楽しんでいるものの、自宅で開く場合、実は、みようみまね過ぎで、わからないことだらけ。どんまい。自分も楽しんでいるけれども、実はきちんとご存知の方には「ひょえーーーー!?(=どんまい)」と驚かせていたりしていたかもしれないのです。

ということで、基本のキ、だけでも知っておくことで、より楽しめ、興味も増すであろう、おもてなしする際にも気持ちがいいし、なにより、おもてなしする方々に、ドンマイな思いをさせずに済みます。と思い、こういうことにとっても詳しいお友だち(きちんと学ばれた方。恐縮です!!)に、いろいろ教えていただくことになりました。Thank you!!

紅茶については・・・
おいしい紅茶の入れ方を教えていただきました。お水の条件、お湯の沸かし方、茶葉のグレードについてや、取り扱い。とても興味深いことばかり。

そしてAfternoon Teaは
まず今回は、その歴史、背景をわたしたちが理解できる範囲で、教えていただき、そして、英国式のAfternoon Tea Partyの形式や決まり事など、はたまたテーブル(空間)セッティングや、座席の決め方などなどにわたって基本を教えていただきました。
マナーとしての決まり事というよりも、そもそも、どんな風に始まって、どんな楽しみ方があるからこその決まり事、と捉えると、ますます楽しめます。
そもそもルール、ってそうですものね。

そして、家庭だとついつい紅茶のお代わりの際にやってしまうポットへのお湯足しのタブー。ホットウォータージャグでおいしく紅茶をいただくことも、その美味しさや楽しさに心ウキウキです。

今回はAfternoon Tea でいただくサンドイッチづくりにも挑戦しました。サンドイッチといっても今回は「イギリス風のサンドイッチ」です。

・きゅうりのサンドイッチ
・たまごのサンドイッチ
・サーモンのサンドイッチ
・生ハムのサンドイッチ
きゅうりのサンドイッチ、まず、いままで日本で家庭で食べていたものの概念をくつがえされます。たまごもしかり。サーモンや生ハムもホースラディッシュ・ディル・ジブレット×サワークリームのソレは見事なお味に風味。

あ〜おいしいかった。この一言につきます。
そして、みんなで大爆笑だったのが、このサンドイッチのcut。
私たちがイメージしていた「出来上がりの大きさ」が見事に大きかったのです。

さ〜て、この日の乙女度up!up!のとっても為になり、楽しく、そして笑いがいっぱいの時間。お写真でご紹介です。

130322_1

130322_2

サンドイッチづくりから。
今日のエプロンはサンペドロ(LA方面)に旅に出た時にCorner Store(1118 W 37th St  San Pedro, CA 90731)で購入した、地元の方のハンドメイドのリメイクエプロンです。

130322_3
お気に入りの1つ。そして思い出の記念アイテム。
ただ、お腹がポンポコ狸なために、なんだか力士の化粧回しのようになってしまいました。どんまい。

130322_4
急なお声かけにお集りいただきthank you。

130322_6

たくさんのサンドイッチづくり(種類と量)もみんなで作ると楽しいね!!この時すでに、「復習」もみんなでしよう!と誓いあい。

130322_7

さて、サンドイッチを作り終えたら、AfternoonTea Partyについて。
テーブルセッティングもみなで1から。

130322_8

130322_9
お花はこの日に、お庭で咲いていたものをアレンジしてくださいました。華やかで、そして新鮮♡

130322_10
スコーンはお友だちが焼いておいてくれました。最高〜にフワフワ×サクサク。お写真とりわすれましたが、わたしの大好物クロテッドクリームも手作りで作ってもらいました(作り方を教えてもらいました)。止まらない!!

130322_11
みんなで作ったサンドイッチ。

130322_12
ケーキは(もちろん)お友だちが作ってくれました。

いよいよ、紅茶のいれかた、楽しみ方の基本のキ!!
130322_13

130322_14

とってもおいしく、そしてゆったりと楽しくみんなで紅茶をいただくことができました。

130322_15

今回は授乳中のmomや妊婦率が高いため、すべてディカフェの茶葉を使わせてもらいました。これは、B-Craneちゃんがサーブの練習と、カップが小さいのはこのあと、利き酒ならぬ、利き紅茶。 

ミルクティーも飲み比べ。
先にミルク、あとから紅茶。
先に紅茶、あとからミルク。
こんなにも味わいが違うとは!!
みんなで、どっちが好みか、なんてお話しながらね!!

最後はわたしからの「どうしてもお願い」とリクエスト。
130322_16
アイスティの正しいいれかた。
基本二度取りのアイスティの作り方を教えてもらい、それをいただきました。とってもおいしい。このあたりはフルーツも美味しいものがたくさん。フレッシュフルーツを入れていただいてもgood!!

日頃、普通に存在するものの基本のキを改めて知る事は「メカラウロコ」なことばかり。そして知ろうとすることで、ますます、奥深さを知り、楽しくなりますね。と同時に、無知って恐ろしい。。。ぷぷぷ。

周りにたくさんの引き出し、豊かな引き出しをお持ちのお友だちが多い、そういう出逢いが多いこともLucky!!

そうそう、最後に・・・学んだことで印象に残ったことの1つ。

Afternoon Tea Partyは
・ホステス(主催する女主人)が主役になる
・控えめであるより
 いかに美しく
 そして、いかに華やかであるか
が問われる。
とのこと。

がぜんやる気が増す。うふふ。

|

« ぽんぽこ狸と足のツメ | トップページ | すてきな気持ち。 »

US♡HomeParty/おもてなし/集まり/繋がり」カテゴリの記事