« Merry Christmas! | トップページ | 天然酵母の手作りワッフルからの・・・。 »

2012年12月29日 (土)

Winchester Mystery House/San Jose

Winchester Mystery House
実は、地球の歩き方「サンフランシスコとシリコンバレー」にも掲載されている所。(シリコンバレー・サンノゼの頁)

最初(購入時)は8つの部屋のお家。
それが、どんどん、増築が繰り返され、
最後には、
全160室
1万枚の窓
950枚のドア
40の階段
40のベッドルーム
47の暖炉
6つのキッチン
にまで拡大した大邸宅。
ウィンチェスターさんのお宅。

ということで、いまでは
ウィンチェスター・ミステリーハウスと呼ばれ、現在はカリフォルニア州の歴史的重要建造物に指定され、一般公開もされているそうなのです。

いわゆる、幽霊屋敷?!

いつも近くには良く行っていたのですが、「ま〜いつか行けばいいかな」と、思っていたのですが、ちょうど、シリコンバレー住民の多くのひとが頼りにしている底値生活 in シリコンバレー にチケット情報が掲載されたので、行ってみました。

こういうタイミングがないと
なかなか行かないよね、、、とお友だちとも。
ご近所ネタこそ、なかなかね・・・。

121227_1

しかも、いまは、クリスマスデコレーションがされていて、数々のツリーなども部屋にあり、クリスマスホリデー気分も楽しめました。

館内は写真撮影が禁止なので、こちらではご紹介できないのですが、いやはやきれいなステンドグラスや(どうやらティファニー特注品もあるそうな)目でも楽しめるものもありましたが、とにかく奇妙キテレツ。扉をあけても、壁だったり、階段も異常に狭かったり、え?ここ何スペース?と、理解不能な場所もたくさん。歩いていても自分がどこにいるのかもさっぱりわかりません。

このお宅。
ーーーー
屋敷はその巨大さと設計の基本計画が無いことで有名である。一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと妄執していたとされている。屋敷はサンノゼの525 サウス・ウィンチェスター通りに位置している。
ーーーーウィンチェスター・ミステリー・ハウス(Wikipedia) より

ウィンチェスター夫人が、夫と独り娘を相次いで亡くし、その絶望から霊媒師をたずね、霊媒師の言葉から、こんな家になってしまった、、、らしいのです。

我が家は夜のコース(邸宅内を歩く)へ。
30分強ぐらいでしたが、とにかく寒かった〜。
一度は・・・と思っていたので、その一度はこの時期で良かったかな。

この日、印象に残っていることと言えば、ある程度の人数で、順番に歩いて家の中を回っていくのですが(最初に、グループごとに写真撮影があるため、そこで、ある程度、流れができる)、その列を作るのも、最初の写真撮影が始まる直前。なので、なんとなく出来ていた列はまるで無視

「こっち側に列を作ってください」

と、指示が出る。こういうの、アメリカだなー、とつくづく。
その指示で、あれよあれよとみんなで、列を作り直したのですが、そのときに、たまたま我が家の前になったグループ。ひとりの老紳士がグループ内ではちょっと遅れてしまい、「おじいちゃんこっちよ!!」とおそらく娘や孫たちに呼ばれるものの、なんだか拒絶な雰囲気。とはいえ、孫娘たちに、ぴしゃりと言われ合流したのですが、その後

「これじゃ、ズル込みだ。すまんね」

と私たちに。(え?全く違いますけど・・・、キョトンな私たち)
その後も、この生真面目なおじいさん。
ことあるごとに、その生真面目っぷりをみせてくれる。
足が悪いのか、杖をついていたこともあり、やっぱりちょっと遅れてしまう。そんな時も、ちょっとショートカットして、グループに合流も「ちと拒む」。
そして、いちいち私たちにも気を使って声をかけてくれたり。そのおじいさんのアクションに対する孫や娘たち、女チームの反応がまぁcoolだこと。

このエピソードが一番面白かったりしたような。
生真面目おじいちゃんと、女たち(←強い)。


121227_2

♡Winchester Mystery House
http://www.winchestermysteryhouse.com/
525 South Winchester Boulevard  San Jose, CA 95128

|

« Merry Christmas! | トップページ | 天然酵母の手作りワッフルからの・・・。 »

US♡旅・遊び(ベイエリア)」カテゴリの記事