« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の32件の投稿

2012年12月31日 (月)

ベビちゃんの初外食に密着?!

ベビちゃんの初外食に密着?!

121231_1
わたし、なんだか白玉だんご、みたいね。

My友、B-Craneちゃんのベビちゃんです。
大晦日に、ベビちゃんの初外食を一緒に。

121231_2

B-Craneちゃん。会うたびにどんどん頼もしいMomになっていくのです。すごいなぁ。と。ご主人様もより頼もしく。すてきなDad&Momです。

我が家はすっかり親戚のおじちゃん・おばちゃん状態。
ベビちゃんの成長が嬉しくてなりません。
この日もずーっといいこに寝ていました。すやすや。

121231_3

アメリカと日本では育児の違い、考え方の違いなどがあるのですが、【新生児の外出タイミング】もその1つ。

こちらでは、生後2,3週間で外出をしはじめています。
もちろん外出する場所や赤ちゃんの状況にもよるとは思いますが、こちらでは、本当に小さなちいさな赤ちゃんがベビーカーに乗って、外をお散歩している姿をよく目にします。

121231_5

来年もどうぞよろしくね。


|

2012年12月29日 (土)

天然酵母の手作りワッフルからの・・・。

お友だちのワッフルが絶品♡と
お仲間から聞いていたのですが
うふふ、いただいてしまいました。Lucky!!

ワッフル=ワッフル生地(混ぜるだけ〜の粉)で焼く
としか、考えていなかった私にパンチ!!

121228_2

きちんとタネづくり。天然酵母。

121228_1

このマシーンで焼き上がります。
こちらはwilliams-sonoma で購入できるそうな。

天然酵母で作るワッフル。
それはそれは美味しいワッフルでした。

ワッフルはもちろん、フルーツや、このクリーム!!
121228_3
マロンクリームです。
マロンペースト入りの生クリーム。

121228_4
あまりの美味しさに。こんなことを・・・・。

天然酵母を使ってワッフルを。
この素敵なお友だち、美味しいもの、楽しいもの、私にとって「手間がかかること」(=なかなか重い腰があがらない・気軽にやる勇気がない・その力もない)、魔法でも使っているのか?なんでも楽しくやり遂げてしまう。

今日も、そのお友だちのティーンの息子くんに初めてお会いしましたが、なんともかわいらしい笑顔でご挨拶。Momや家族のあたたかさが、その息子くんの雰囲気からとっても伝わりました。ワッフルが焼き上がったらお部屋から出て来たしね・・・。香りに誘われたのかな・・・。

安らぎの時間をプレゼントしていただきました。
そうそう!!
突撃となりの晩ごはん並みに、突撃となりのクリスマスツリー。
2Boysのお家のクリスマスツリーはその歩みが、あたたかさがつまったツリーでした。お写真掲載お許しいただいたので、ご紹介♡

皆さんのツリーの楽しみ方(来年だね!!)のご参考に。

121228_5

最近、お邪魔するお宅のお子さまが男の子、ということが続いているのですが、この電車、いいですよね。男の子がいるお家!という感じです。もう、このお宅の坊やはティーンですが(だったら坊やと言うな!)、坊やが小さいころからの電車の飾りだそうです。

121228_7

オーナメントが素敵。

121228_8
基本は、WEDGWOODのオーナメント。
このリング型は毎年集めていたそうです。

ん。。。いまから、結婚記念yearから欲しいな・・・と(こころの声)

オーナメントに家族の思い出がいっぱい。
これは、こちらのお友だちのお宅のツリーで特に感じること。

121228_9

121228_10

121228_11
かわいいー。坊やのお写真。
しっかし2003年であどけない少年か・・・。(遠い目)

おいしいデザートタイム。楽しい時間。
坊やのかわいい笑顔に、あたたかいツリー。
かわいいわんちゃん。あたたかいおうち。
天然酵母の手作りワッフルから、たくさんぽかぽかエナジーいただきました。ありがとう。

私は誕生日が1月初旬なのですが、
小さい頃は毎年我が家でお誕生会を開き、お友だちにきてもらっていたのですが、その時に、My Momがおもてなしを楽しんでくれていたのを、私の期待どおり、期待以上にいつもやってくれていたのをなんだか未だに覚えています。
1月ということもあり、おいしいお汁粉(ちなみに私の大好物)とかもね。
それも、なんだか素敵な器だったなぁ、とか、そんなこと覚えているんですよね。不思議なことです。
そんなことを思い出して、両親に感謝だな。と思った年末です。

こちらには「いよいよ!お正月!!」がまるで無いので(そもそも「お正月」文化も無いので)、日本のテレビの雰囲気で、その気分を感じています。
とはいえ、さーて、大晦日、元旦のお食事はどうしようかな。。。。

2012年もあとわずか
みなさま体調くずさぬよう、あたたかい日々をお過ごしください。

121228_13

|

Winchester Mystery House/San Jose

Winchester Mystery House
実は、地球の歩き方「サンフランシスコとシリコンバレー」にも掲載されている所。(シリコンバレー・サンノゼの頁)

最初(購入時)は8つの部屋のお家。
それが、どんどん、増築が繰り返され、
最後には、
全160室
1万枚の窓
950枚のドア
40の階段
40のベッドルーム
47の暖炉
6つのキッチン
にまで拡大した大邸宅。
ウィンチェスターさんのお宅。

ということで、いまでは
ウィンチェスター・ミステリーハウスと呼ばれ、現在はカリフォルニア州の歴史的重要建造物に指定され、一般公開もされているそうなのです。

いわゆる、幽霊屋敷?!

いつも近くには良く行っていたのですが、「ま〜いつか行けばいいかな」と、思っていたのですが、ちょうど、シリコンバレー住民の多くのひとが頼りにしている底値生活 in シリコンバレー にチケット情報が掲載されたので、行ってみました。

こういうタイミングがないと
なかなか行かないよね、、、とお友だちとも。
ご近所ネタこそ、なかなかね・・・。

121227_1

しかも、いまは、クリスマスデコレーションがされていて、数々のツリーなども部屋にあり、クリスマスホリデー気分も楽しめました。

館内は写真撮影が禁止なので、こちらではご紹介できないのですが、いやはやきれいなステンドグラスや(どうやらティファニー特注品もあるそうな)目でも楽しめるものもありましたが、とにかく奇妙キテレツ。扉をあけても、壁だったり、階段も異常に狭かったり、え?ここ何スペース?と、理解不能な場所もたくさん。歩いていても自分がどこにいるのかもさっぱりわかりません。

このお宅。
ーーーー
屋敷はその巨大さと設計の基本計画が無いことで有名である。一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと妄執していたとされている。屋敷はサンノゼの525 サウス・ウィンチェスター通りに位置している。
ーーーーウィンチェスター・ミステリー・ハウス(Wikipedia) より

ウィンチェスター夫人が、夫と独り娘を相次いで亡くし、その絶望から霊媒師をたずね、霊媒師の言葉から、こんな家になってしまった、、、らしいのです。

我が家は夜のコース(邸宅内を歩く)へ。
30分強ぐらいでしたが、とにかく寒かった〜。
一度は・・・と思っていたので、その一度はこの時期で良かったかな。

この日、印象に残っていることと言えば、ある程度の人数で、順番に歩いて家の中を回っていくのですが(最初に、グループごとに写真撮影があるため、そこで、ある程度、流れができる)、その列を作るのも、最初の写真撮影が始まる直前。なので、なんとなく出来ていた列はまるで無視

「こっち側に列を作ってください」

と、指示が出る。こういうの、アメリカだなー、とつくづく。
その指示で、あれよあれよとみんなで、列を作り直したのですが、そのときに、たまたま我が家の前になったグループ。ひとりの老紳士がグループ内ではちょっと遅れてしまい、「おじいちゃんこっちよ!!」とおそらく娘や孫たちに呼ばれるものの、なんだか拒絶な雰囲気。とはいえ、孫娘たちに、ぴしゃりと言われ合流したのですが、その後

「これじゃ、ズル込みだ。すまんね」

と私たちに。(え?全く違いますけど・・・、キョトンな私たち)
その後も、この生真面目なおじいさん。
ことあるごとに、その生真面目っぷりをみせてくれる。
足が悪いのか、杖をついていたこともあり、やっぱりちょっと遅れてしまう。そんな時も、ちょっとショートカットして、グループに合流も「ちと拒む」。
そして、いちいち私たちにも気を使って声をかけてくれたり。そのおじいさんのアクションに対する孫や娘たち、女チームの反応がまぁcoolだこと。

このエピソードが一番面白かったりしたような。
生真面目おじいちゃんと、女たち(←強い)。


121227_2

♡Winchester Mystery House
http://www.winchestermysteryhouse.com/
525 South Winchester Boulevard  San Jose, CA 95128

|

2012年12月28日 (金)

Merry Christmas!

121225y1
ちょうど、クリスマス当日にレ•ミゼラブルを見た事もあり、普段からこの燭台(銀の燭台ふう)を我が家のテーブルセッティングの要に(もちろん毎日ではありません)しているのですが、レミゼファンの方はお気づきでしょう。そう、ディナーには使いませんが、レミゼのマグを一緒に・・・。
ONE DAY MORE・・・

クリスマスディナーは、先日(記事→キッチンの女神の魔法。 )お友だちにアドバイスいただいたステーキの焼き方を実践!!
もう、激しいつわりはおさまったのですが、この日も映画にいったりと、おでかけしていたこともあり、こういう日は、長い時間キッチンに立つと、お腹がはってしまうために、dannasamaにも目から鱗のあのアドバイスを私からお伝えし、dannasamaが焼いてくれました。助かりました。
ということで(?!)すっかり、「フィレがあればいいよね〜」と、あとは、完全に冷蔵庫にあるものでどうにか、こうにか。

妊娠することができ、皆さんにも
「夫婦での(+愛犬コゼット)クリスマスを楽しんでね」と
たくさんお声かけいただいたのですが、お料理は凝ることなく
いつもどおりに、肉食なディナーになりました。
が、それはそれは、我が家史上、一番おいしくお肉が焼けました。

121225y2

あ、シルバーのお皿の日は、翌日のお食事でした。
さすがに、肉食でもね、両方はないわ・・・。
来年は、しっかり準備をして、華やかな食卓に!!
ということで、今年のも記録としてね。パチり。
オードブルとか、ちょっと笑っちゃいますけど。。。
あまりに雑、いや、おおらかな感じで。ぷぷぷ。お恥ずかしい。

May peace, joy and happiness be yours this Christmas season.                          

|

クリスマス当日の静けさ。

クリスマス当日の様子は
クリスマスイブ。キャンドルライトサービス。 
イブの日の記事でも少し触れましたが
クリスマス当日は、いつも華やかに、<このあたりでは>オシャレをした人々が集うSantanaRowに、dannasamaとお出かけです。映画を見て来ました。(クリスマスは映画レ•ミゼラブル。 )※そうそう、前夜にチケットを買っておいてよかったです。当日、チケットが売り切れになっていました。

このあたりは休日は、駐車場は混み合っており、とくにホリデーシーズンはここもどこもかしこも、「えらいこっちゃ」となるので、家を出るのが遅かった我が家は、「あーー、駐車場でてこずったら、映画に間に合わない・・・」と焦っていたのですが、結果、駐車場はガラガラ。
SantanaRowで営業していたのは、映画館とスタバぐらいでした。

ということで、無事に映画も間に合いました。

それにしても、ここまで「シーーーーーーーン」としているのかと驚くクリスマス当日。
昨年は、弾丸で日帰りサンディエゴの旅をして、にぎやかなホテルを拠点にしたので、ここまで感じませんでした。
ーーーちなみに、昨年の様子はこちら。
日帰りでのサンノゼ-サンディエゴ。
片道約460マイル。往復920マイル。つまり。。。片道約736km、往復1472km。
『日帰りサンディエゴ』でスター気取り。

ということで、「シーーーーーーン」っぷりを写真でご紹介です。
日本の皆さんにはなかなか想像していない世界かと思います。
だって、イメージとしては、クリスマス当日の表参道・青山の15時と比べてみてください。規模はまるで違いますが、普段はそんな風ににぎやかなのです。

誰もいない。。。みんな、家族でお家で集まっているのね、きっと。

121225sr2

121225sr3

121225sr5

レストラン、一切やっていません。
映画館に向かう人だけが、ちらほら。

121225_sr1

街のツリーだって独占!!

121225sr7

この帰り、もしや・・・とこの近くのスーパーに行きましたが一日close。もちろん大きなモールもclose。我が家のご近所スーパーがかろうじて8:00ー17:00営業。でも、品があまりありませんでした。Thanksgiving同様、前もって買い出ししておかないとエライ目にあいますね。昨年からわかってはいたものの・・・。

お祭り的な雰囲気、ワイワイしている日本の雰囲気とは、まるで違いますよね。

おまけで12月23日の様子も・・・。
お天気が荒れまくりなサンフランシスコへ。
と、いうのも、第一のお目当ては【ユニクロ】。ぷぷぷ!ヒートテックが欲しいのです。
お天気が悪ければ、混んでいないだろう、入場制限してないだろう、という目論みです。案の定、レジはやや混んでいましたが、お買い物できました。そうそう!街中には、ユニクロダウンをよく見かけるようになりました。

さすがに23日ということもあり、みなさん最後のプレゼントのかけこみショッピングでにぎやかでした。

121223sf1

121223sf2

121223sf4
久しぶりに長い傘を使いました。1年に数回?!
雨がふっても車移動なもので。。。
傘をさして歩くのは、とっても久しぶり。
傘をさしている人もほとんどが、折りたたみ傘、
もしくは、さしていません。もしくはカッパ(←観光客)。
ということで、お店の入り口に、日本のようにビニールの傘カバーのサービスや、水しぶきをとるような箱?!ももちろんありません。

121223sf5
ケーブルカーもクリスマス仕様。
ほら、観光客の方であろうお二人。カッパで乗車。

クリスマスは我が家も家で、ディナー。
お家でまったり。

|

2012年12月26日 (水)

クリスマスは映画レ•ミゼラブル。

クリスマスはdannasamaと
映画レ•ミゼラブルをみにいきました。
夫婦そろって、元をだどれば私は嫁にいくまえからの我が家で大切なレ•ミゼラブル。

クリスマスのお昼間に映画館へ。
アメリカの映画(チケット)は実にお手頃。
お昼からの上映なんて、おひとり$6。
レミゼが$6で見れるなんてと、なんとも恐縮。
でもだからこそ、みんなの娯楽。
みんなで楽しめるから、発展、進化しつづけるのでしょうね。

さて、ネタバレにならないように、
キャストにだけ触れておきます・・・。

それも十分ネタバレだわ・・・とお思いになる方もいらっしゃったらと思うのでここで1クッション。

観賞後のわたし。あまりにずっと号泣していたためメイクはすべて取れ、すっぴん状態。
(むしろ、こんな画像で失礼します)わたしのドンマイな英語力でも、大号泣なのは、あまりに舞台版(ミュージカル版)を愛し過ぎて日本語訳が全曲カラダにしみついているため、英語の台詞を聞きながら、頭のなかで自動翻訳状態。
という、わけです。
121225l1

あの超大作が、そして、舞台でも結構長い上演時間のあの作品が、どう映像化されるか楽しみでした。
1998年版の映画版、リーアム・ニーソンのバルジャンのファンも多いかと思いますが今回は、舞台に実際に出演していた方々も登場ですものね・・・。

Hugh Jackmanのバルジャン。
私は大満足です。
歌える人であることは知られていますが、
いやはや、まだ興奮してコメント書けません。。。

Russell  Croweのジャベール。
ジワジワきました。
ラッセルの歌はどうなんだろうーと過剰な期待も不安もなく(失礼!)楽しみにしていきましたが、舞台発声の歌でない分、映画の世界の入り込めたような気がします。それより、Russell  Croweのジャベールに、また舞台では感じない何かを感じ、なんだか、後からどんどんハマって。。。。

と、このお二人にも感激しましたが
舞台版のファンにはたまらないのが司教。
なんと!なんと!なんと!Colm Wilkinson。
そう、レ•ミゼラブル初演のジャン・バルジャン。
舞台ファン、Colm Wilkinsonファンには
余計に感情移入することでしょう・・・。

舞台ファンが嬉しいのはエポニーヌ。
Samantha Barksが演じています。
そう、25周年記念コンサートのエポニーヌ。
彼女のon my ownをスクリーンでも聞けるとは・・・。
しかも映画の演出の中での彼女のエポニーヌも切ないです。

と、ひとりひとり書いていたらキリがないのと
もう1回観に行こう、とdannasamaとも話しているので、レポートはまた今度。

映画となると
情景描写が実にリアルに描かれ
手持ちのタオルで、目を覆いながら観るシーンもありました。
13歳以下は見れないのも、確かだな、とも。

レ•ミゼラブル(2012年の映画)Wikipedia
にもいろいろ情報があってオモシロイ。

↓こちら完全に?!ネタバレです。
映画版「レ・ミゼラブル」第二回目感想比較的ジャベールがメイン/ネタバレしてます、っていうかネタバレ以外でこの作品を語れる言葉がない
この方が最後に記していた

ジャベールは法と神様、両方に支配されていたんだよね。

クリスマスに見たこともあってか、余計に、深くうなずいてしまい
いますぐ2回目を観に行きたい気持ちに。。。

♡映画の公式サイト

英語
http://www.lesmiserablesfilm.com/
日本語
http://lesmiserables-movie.jp/

|

クリスマスイブ。キャンドルライトサービス。

お友だちに誘っていただき
イブの夜に、讃美しに、そして、そこに集ったみなさんと一緒にキャンドルライト。。。

わたしはクリスチャンではないですが
恵泉で(少しは←コラー!!)学び、素晴らしい経験や出逢いをさせていただき、挙式も学校のチャペルであげさせてもらいました。(ちなみに挙式前には、夫婦で『キリスト教における結婚の意味』など含め、数回にわたって勉強しました。学校のチャペルで勉強会有り)。

キリスト教に深い信仰があるわけではないのですが、結婚式をあげるにあたって、たくさんの方にお祈りしていただき、助けていただいた事、一生忘れないためにも、せめてクリスマスの時には、誰かのためにお祈りを、と思う、というところも実はあります。(ものすごく勝手な話ですが)

どの信仰でも、今回のように、『その時』に、
dannasamaや家族とそしてお友だちと、
心を落ち着かせ、平和を祈ったり、感謝をしたりという時間は、日々忙しく、たくさんの情報にあふれている現代の人にはとくに大切な時間と感じています。
本当は、毎日こういう時間がある、こころに余裕があれば、なおさら良いのかもしれないですよね。つくづく。

アメリカのクリスマスは『家族』で過ごすもの、と聞きます。
実際に、そういう雰囲気を耳に、目にします。
日本でいう『お正月・元旦』のような感じですね。

日本ではなぜか『カップル』で過ごすもの的になっていますね・・・。
これは宗教観の違いなどもあるかとは思うのですが。
こちらに来て、ゆっくり過ごすクリスマス。
家族で過ごすクリスマス。家族を想うクリスマス。
この雰囲気に安らぎを感じています。

イブの夜も、キャンドルライトサービスを終え
20時過ぎに家に戻ろうと車を走らせると、街中の民家の華やかなイルミネーション以外は実にシーーーン。もうスーパーもお店もcloseです。もちろん、日本的(?)なドンチャン騒ぎも聞こえません。これが、クリスマス当日となるとなおさらです。
Thanksgiving day同様、ほとんどのお店、レストランからスーパーマーケットまでcloseです。
(もしくはスーパーは夕方5時くらいにclose)

何が良い・悪い、というわけでなく
『どう過ごすか』
それが、家族や自分にとって
どんな過ごし方が良いのか、『らしい』のか
もしくは、この日をいいきかっけにするのか
考える日でもいいかもしれないな、と感じる夜でした。

121224c1
キャンドルライトサービスはそれはそれは幻想的でした。そのときのお写真はもちろんないので、自宅での様子を。。。

たまたま、私からお友だちへ灯火をまわしました。アメリカに来て、こんな素敵な出逢い・・・。ありがとう、と思って、灯火をまわしました。

そして、その後はお友だちファミリーと一緒に華やかにイルミネーションをしているお宅を見に。いやはや、普通の(?)個人宅ですから。まぁびっくり。

121224c2_2

121224c3

121224c5

121224c6

ゆったりイブを過ごしました。Thank you!!

ちなみに、お昼間は、こちらで皇后杯をテレビ観戦。(日本チャンネルで見れました)
いやはや、女子サッカー、アツイです!
ジェフ千葉のタフさ(こころとカラダ)に感動しました。
優勝は神戸。もちろん神戸もかっこ良い。
アツイなー!なでしこ。一生懸命、かっこいい。

|

2012年12月25日 (火)

Merry Christmas!と我が家のNews。

Merry Christmas!!

121224_1
Mele Kalikimaka!!

121224_2
ハワイからMele Kalikimaka!!


ではなく、実は、12月中旬にHawaiiに行って来ました。
それは、我が家のHappy News。

121224_3b

プライベートな話題ですが、弟が結婚しました。

121224_6b

おめでとう!

もう幸せいっぱい、夢いっぱいなお二人。これからどんな人生を歩むのかな。どんな彩りの人生、日々を過ごすのかな。あえて今回はモノクロでご紹介・・・。

ということで、ハワイWeddingだったので、ハワイに行って来ました。たくさんの愛と笑顔があふれた日々。本当にすてきなWedding。ふたりがコーディネイトしてくれたハワイの日々でした。

121224_7

121224_8

日本の家族とも再会。

そしてもちろん、初めての妹(弟のお嫁さん)もできたし、お嫁さんの家族とも出逢え、また楽しみも増えました。

ハワイでの滞在ネタ(もりもり毎日キムカツに通ってしまったことなど)は、また日を改めて。。。

そして、これまたプライベートな話題で恐縮ですが

121224_9

現在、妊娠6ケ月です。

ちょうど、9〜10月に日本に少しだけ帰国した頃にお会いした皆さん、もしくはお会いできなかったみなさん、まだ、つわりingな時期だったため、かつ、公表できずに、いろいろご心配やご迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい。

アメリカで出産をします。予定日は4月末です。

ということで、なかなか、しばし、日本に戻るタイミングが見込めない状況になりそうですが、日本のお友だちの皆さんもあたたかく見守っていただけたら嬉しいです。

アメリカのお友だちの皆さん、いつもサポートありがとう。

121224_10

おなかもポンポコリンに。ハワイで姪っこが撮ってくれた写真です。

Merry Christmas!!

| | トラックバック (0)

☆One Michelin Starでサンデーブランチ♡the Village Pub/Woodside

dannasamaとサンデーブランチに。
お天気が大荒れの日曜日でしたが
ゆっくりゆっくりランチを楽しむことができました。

そうそう!
ブログでお食事の様子をご紹介するため
というよりも、(それももちろんありますが)
あとで、お食事を復習するために、自身の学びに、と、
写真でお料理を(思い出を)記録することが多いです。

ただ、わたしも注意していることなのですが
お食事シーン、レストランなどでは特に、
お写真を撮る行為だったり
その様子自体が、あまりその空間には適していない事だったり
同席している方や、その空間にいらっしゃる方には
あまり喜ばれない行為だったりすることもありますよね。
そもそも、あんまりスマートな行為じゃないですものね。

こうやってブログでお食事を掲載することが
『よくあること』になってきていると、
お写真を撮ること事態が『よくあること(あたりまえ)』な
感覚に陥ってしまうことも確かにありますが
それは少し恐いですよね。

一応、レストランの雰囲気を見て無しだな、
と思えば撮りませんし、
(ディナーなどは雰囲気みる以前に・・・という場合が多いですが)
撮る場合は、速やかに、そして、やっぱり、
同席する人が家族や、心しれた友人の時に限られ
かつ、それでももちろん
『撮ってもいいかしら?』とお声かけするようにしています。
お食事のテンポを乱す行為にもなりますしね。

私自身、いつでもどこでも、お食事に限らずパチパチ
してしまうので、あらためて、自身の常識や当たり前が
おかしなものでは、、、と、振返った日だったので
書き記しておきます。

みなさんはいかがでしょう。

このサンデーブランチのレストランも
お隣のテーブルとそんなに離れているわけでは
なかったので、今日は目に焼き付けよう、
と思ったのですが・・・
カリフォルニアだけあって(笑)そんなにカチっとしていない
けれども、One Michelin Starのお店だし・・・。
と、思っていたら
後方のテーブルが若い女性達でワイワイクリスマスpartyを
していたので、ワイワイしているその雰囲気の中で、パチり。。。
(先に書いてたのはなんだったんだ!)

こういうとき、スマホは大活躍。(オイオイ)
しかもアメリカのi phoneはカメラ機能で音無しで撮影できるので
スマホで(やや)スマートに、一瞬に。。。と思ってるのは私だけか。
こういう私の行為を、冷静に、おかしい(アウト!)/ギリギリsafe・・・か、といつも判断、つっこんでくれるdannasamaの存在にも感謝。
そして、ランチだからこそ、ですね。
さすがにディナーは、どこでもなかなかチャンスは無いですものね。

と、こんな事もあらためて考えながらも
楽しくサンデーブランチ。
2時間かけてゆっくりお食事をいただきました。
なかなか、自宅で2時間かけてゆっくり順番にいただく、
ということは出来ないので
(松岡修造氏は日常から時間をかけるそうですが)
こういうのは、外食の醍醐味ですね。

イブイブのサンデーブランチ。

あれこれ、ツラツラ書いたわりには、激写済み。
一緒に復習しましょう。あはは!

121223_2
Warm Breakfast Breads
Housemade Jam and Sweet Butter
たべやすい大きさ、少し甘いですが(私には◎)
この大きさなのでGood!
レモンジャムがお気に入りに。

121223_3
SMIP Ranch Fall Harvest Salad Ribbons of Vegetables
Champagne Vinaigrette
アメリカ量ではなく適度な量です。
美味しかったです。グリーンが美味しいのは最高!
121223_4
The Village Pub Eggs Benedict
実は一番ワクワクしていたもの。
かなり濃厚なエッグベネディクトでした。
(あ、もちろんdannasamaと1人1つね)

121223_5
Duck Schnitzel  Crispy Eggs  Sautéed Kale
しまった!こっちにも卵があったんだった・・・。
卵の下に豪快にケールが。ケール大好き!

と、食後のデザートはもう入らないほど
お腹いっぱい。
ここまでで90分ぐらいはかかっていますからね。
ただ、『せっかくだし・・・』と思って、ちらっと周りを見渡すと
大きなデザート。
どうも食べきれない。

♡Apple Crisp  Bourbon Ice Cream
♡Warm Spiced Chocolate Cake
 Horchata Ice Cream
♡Warm Beignets Tahitian Vanilla Anglaise
 Strawberry Preserves
♡Cookie Plate   

とくれば、それじゃ、珈琲のおともに、クッキーを。
(最初のWarm Breakfast Breadsもコブリだったしね)

121223_6
厚揚げのようなアメリカのBigクッキーでした。
もちろん1枚も食べきれず。

121223_8
珈琲は7種類ぐらいありました。
dannasamaはEL SAVADOR,GLORIA RODRIGUEZ
わたしは、ORGANIC SWISS WATER DECAFFEINATED
ポットでたくさんいただけました。

先にも書きましたが、ごちそうさま、まで2時間。
ひさしぶりにゆっくりブランチでした。

ワインリスト、かなり分厚いです!
事前に運転手を決めておでかけくださいませー。
お隣のマダム、楽しそうにイロイロなワインを
グラスで楽しんでいました。

121223_10

121223_1
♡the Village Pub
http://www.thevillagepub.net/

2967 Woodside Rd
Woodside, CA 94062

(650) 851-9888

Hours:      
Mon-Fri 11:30 am - 10 pm      
Sat-Sun 5 pm - 10 pm      
Sun 10 am - 2 pm
Good for Kids: No
※サンデーブランチには
子どもたちが数組のファミリーに来ていましたよ。
クリスマスブランチpartyだったのかな。
みんなおメカシしてカワイかったです。

|

2012年12月24日 (月)

コゼットのおともだち。

日本では、コゼットには大親友の華ちゃんがいました。
渡米後は会えていないのですが、こころはいまでも大親友。

ということで、久しぶりに
華ちゃん&コゼットのお写真で癒し♡

121218c10

121218c11

121218c12

121218c13

121218c14
伝説の(?)仲良しRUN!!

いつ思い出しても芸術的。

そして渡米してからも、たくさんの素敵なわんちゃん、わんちゃんファミリーとの出逢い。なかでもラッキーファミリーにはとてもとてもかわいがてもらい、もうすでに何度お泊まりさせていただいたことか。。。(コゼットだけお泊まりです)。
ファミリーのみなさんの犬への愛情、コゼットへをも大きな愛で包んでくださり、ラッキー君も年下のおませで小生意気なコゼットの面倒を見てくれます。兄さん、いつもありがとう。

先日もお泊まりさせていただいているときに
こちらのお宅のお嬢ちゃまがお写真を撮ってくれたので
せっかくなのでご紹介です。

121218_c1

121218_c2
遠近法なのか(コゼット確信犯か!!)やけにラッキーが大きくみえますが、ラッキーは小型犬。

121218_c4

すっかり、ラッキーファミリーのみなさんに心を許しているコゼット。甘え顔。

121218_c5

121218_c6

愛犬との渡米のおかげで
コゼットのおかげで
アメリカ生活が豊かなものになっているのは確実です。

おまけ。
カリフォルニアの冬。愛犬コゼットとお散歩。
この記事にも書きましたが、寒い朝、
コゼットはぬくぬく暖かいベッドから出て来ません。
この日はこんな感じ。
121218c7
頭寒足熱。
この丸いベッドの白いマットの下にホットカーペットがあるので
下半身はあたたかいまま、頭はそとに出し、Relax中の朝のコゼット。



|

定番のお菓子。

クリスマスホリデーに入る前に
dannasamaの会社の方(アメリカ人女性)からいただいた
このワクワクbox。

121222e1

121222e2

手作りのお菓子。
実は昨年もいただいたのですが
なんとも私好み。
昨年も大変おいしくいただき、大感激だったのですが
わ〜い、今年もいただきました。

こうやって、季節のお菓子、季節の楽しみ
お菓子を定番でこうやってふるまえるって
素敵だなぁ。羨ましいなぁと思いながら
今年もおいしくいただいております。

いまも、この美味しいお菓子をつまみながら。。。
おいおい、自分で何かしよう!と思わないのか!と
ツッコミが聞こえますが。。。

いまは、このお菓子を堪能しましょう。そうしましょう。
美味しいな。

|

クリスマスデコレーションから感じる愛。

いつも夫婦ともども大変お世話になっており
その繋がりの大切さはもちろんですが、
(それ以上に)私がひとりの女性として尊敬している先輩のお宅へ。
お仲間とGo!Go!

クリスマスデコレーションで愛と夢でいっぱいな
この時期のみなさんのお宅は
訪問するたびに胸がいっぱいに♡
とくにアメリカは、こういった生活習慣に歴史がある分
ツリーやオーナメント、さまざまなデコレーションアイテムに
家族の歩みや思い出がつまっている事がより多いと思うので
お呼ばれした私まで、なんだか心がほっこり
あたたまるものなのです。

Thanksgivingが終わったら、クリスマスモードで
各ご家庭でそれぞれ準備が始まります。
準備期間や飾っている時間も日本より長いかと。
わたしのお友だちからも、楽しみながら、気持ちをこめて、
いろんなアイテムを大事に飾っていくんだ、という話を聞くと
1年に一度、限られた時期とはいえ、
そうやって「大切に思って」飾り、一緒に過ごす時間、
お家ってとってもイイナ、と、思います。

我が家のツリーも、楽しく家族で飾っていることもあり
昨年も1月いっぱい飾っていたような。。。

今回も、たくさん愛を感じてきました。
121221_1

そして、なんて愛らしいのでしょう!

121221_2

ツリーの下に、サンタクロースがお休み中。
気持ちよく寝ているではないですか!

121222_3
しかも、このサンタさん。いびきをかきます。
我が家は愛犬コゼットがいたずらをするかな、と
ツリースカートの上や周りには何も置いていないので
余計に羨ましいのと、とにかく、愛おしい。。。
あー、なんてかわいいのでしょう。
これも思い出のサンタクロースなんですって。

そんな、ご家庭の思い出のお話をお伺いしたり
いつもそうですが、とってもためになるお話を伺ったり
「誰かのために」と、当たり前のように
人のために、誰かのために働いている、
エナジーを注いでいるそのお姿に、学んだり
「はっ」と思うことでいっぱいでした。

そーしーて。
もちろん食いしん坊な私は
いつもおいしいお食事にもウキウキ。
ごちそうになると、いつもその後我が家の
レパートリーにくわわるのです。
ちゃっかりレシピも教わって。。。

いつもありがとうございます。

121221_4
たくさんおかわりしてしまったわ♡スープ
121221_6
いつも大感激のサラダ。このフルーツサラダ。
かなり私好み!(オレンジ色の物体はなんと柿です)
ドレッシングはこの4つ。
♡グレープフルーツ果汁
♡ライム果汁
♡お酢
♡はちみつ

121221_7
これまた美味のこちらは。。。
ベーコンに包まれているものは、Endiveです。
エンダイブとベーコン、そしてこのクリームソースが絶妙です。

121221_9
デザートもお手製。
実は、ビスコッティは、お食事前にキッチンで目撃してしまい
お食事前にもいただいてしまったほど(お♡い♡し♡い)
もちろん、ベリーのケーキもね!!

121221_10
ビスコッティはレシピも教えていただいたので
さーて、年内中にチャレンジ!(宣言)。

121221_11
ちゃっかりお土産にも。

121221_12
柚子のお土産まで。
ちょうど冬至だったので、いただいた柚子で
おいしくお飲物に、そして柚子湯に入ることができました。
感謝。

わたしが笑顔いっぱいで過ごせる毎日。
家族や、こうやって周りで支えてくださる
繋がってくださっているみなさんのおかげですね。
そして、「どうしてるかな」と、こちらのブログを
のぞいてくださるみなさんのおかげです。
しあわせなことです。


|

2012年12月23日 (日)

カリフォルニアの冬。愛犬コゼットとお散歩。

「カリフォルニア」
そんな響きから漠然と、渡米前は想像もしていなかった
ダウンジャケットを着て、ムートンのブーツを履く冬。

むしろその漠然な想像どころか
無知っぷりがお恥ずかしいのですが。

最近は雨も続き

最高: 14°C
最低: 6°C

気温はこんな感じです。
日本の寒さに比べたら、、、ですが、最近こたえます。

愛犬コゼットとの散歩もついつい短くなりがち。。。
コゼット自身も、朝なんて自身のベッドから出てきません。
(犬用のホットカーペットが敷かれています)
今日なんぞ、お散歩に行くよと声をかけても
何しても、聞こえないふりをしたり、最後は目もむけず寝たふり。
最後はドーム型のベッドから引っ張りだしました。

アメリカでは各ご家庭のデコレーションもにぎやか。
夜はとくにキレイですがお昼間も楽しめます。
今日はdannasamaとコゼットとたっぷりお散歩です。
なんだか久しぶりのややタイムリー?!な記事投稿。。。です。

では、お写真と一緒にお散歩気分をどうぞ。
121222_1

121222_2

121222_11
デコレーションが素敵で有名な(個人の)お宅。
121222_4
コゼットサンタ。プレゼントをお届けに忙しいのかな。。。

芝生をかけめぐっています。
121222_5

12122_3

121222_6
走っている姿をカメラの連写機能を使って撮影すると
まるでスーパーマン? 空を駆けるトナカイ?のよう。

さすが我が子。いつだってカメラ目線。ぷぷぷ。

121222_8

121222_9

121222_12

お散歩には、愛用のポットにあたたかい紅茶を一緒にね。
121222_14
そして、いまのネイルもこちらでご紹介。
この時期だからこそ、思いっきりRedを楽しんでいます。これ地爪なのです。
この繊細なデザインは、もちろん(!)日本人ネイリストさん。

121222_13
帰りのエレベーターのコゼット。

今日もコゼットのおかげで
初めてお会いした方(その方もわんちゃん飼い主)と
たくさんお話することができました。
またお会いできるかな。

日本のわんちゃん仲間の皆さん、わんちゃんもお元気かな。

Cose2012winter

|

キッチンの女神の魔法。

もうすぐ2012年から2013年へ。
お世話になっている皆さん、たくさんたくさん支えてくださった、応援してくださった皆さん、たくさんの笑顔や感動をシェアさせていただいた皆さん、出逢えた皆さん、ありがとう、でいっぱい、そんな皆さんに、あらためてThank youの気持ちをお届けできたらな。そう思うと、お会いできる方にはどんどんお会いしたいな!と。楽しい時間をシェアさせてください。年末に限らず、いつもそうですね・・・。でも、この時期はついつい、「そんな時期だし」と、余計にワクワク・ソワソワ・・・。

日本や各地で支えてくださった皆さん。
なかなかお会いできませんが、いつもありがとうございます。

さーて、
ありがとう♡
と言いながら、わたしのおもてなしでなく
その方やお仲間でキラキラと笑顔でいっぱいになる時間を
企画したり、お願いしたり。うふふ。

今回は、大好きなお友だち
(お友だちと言わせていただくのが本当は失礼な尊敬すべき先輩)
にお願いをして、彼女の素敵な日常の時間をシェアさせていただくことに。

121220_0

彼女の日常のお料理・お食事
愛がいっぱいなキッチン・テーブル・・・。
その空間・時間を一緒に過ごさせていただきました。

クリスマスシーズンということもあって
私や一緒におじゃましたお友だちが自宅で
家族と一緒に楽しめるようなコースを!

121220_2

121220_3

スープから。
デモ形式と、実践形式、両方。
みんなでわいわい楽しみながらお料理づくり。

121220_4
前菜3種。

121220_10

121220_5
ステーキ大好きな我が家にとっては目から鱗。
焼き方をアドバイスいただきました。
んー早く実践したい!!

121220_6
たまらなくおいしかったデザート

121220_7

121220_8

最後に珈琲をいただきながら
たくさんたくさんお話しながら、笑いながら
夢のような時間を過ごしました。

実際、毎日お使いになっているキッチンで
日々つかう食材やスーパー気軽に
手に入れることができるものを使って
おいしく・楽しく・おしゃれに、そして手軽に、と
How toやコツから、お得情報などなど教えてもらいながら
キッチンの女神に、魔法をかけてもらいました。
本当にありがとう♡

女神の魔法で、毎日幸せなご家族、Happyね!幸せもの!
そして、わたしも幸せもの!

121220_9

121220_11

そうそう!これ、かわいくて実用的!!
料理前などに、たまごを常温に置いておくときに
こんなにかわいい置き場があったらいいですよね。

仲間との繋がり、出逢いに感謝。
そして、豊かな才能や経験を周りにプレゼントしてくれる
そのこころの豊かさにも感謝。
そんな人になれたらいいな。ふむふむ。

華やかな時間でした。
さ、これを我が家でまず実践。
そうやって、楽しい時間、笑顔をつなげていきましょ。

|

2012年12月21日 (金)

「色をテーマにクリスマスデコ☆」の世界をご紹介

アメリカではいよいよクリスマスも近づき
クリスマスムードもますます盛り上がってきています。

クリスマスホリデー、日本だといよいよ年末!という賑わいでしょうか。
ご家族とご友人とお仲間と、はたまた自分と?
Home Partyなどの楽しい時間だったり、にぎやかな時間でなくとも、ちょっと時間を作って誰かと向き合ってみたり、おしゃべりしたり、心あたたかい時間、心を通わせる時、心落ち着く時間を楽しんで、楽しみにしているのでしょうか。。。。

そんな時間がとれること事態、心の余裕をもてること事態が、私にとってはとってもありがたいことです。あらためて、日々のさまざまな当たり前、あたたかいエナジーに感謝の日々。

私のそんな気分をさらにあたたかく、豊かにさせてくれた素敵なブログ・記事のご紹介です。

ドイツ発☆カラーウェルネス新ブログ 『 Colorful, Joyful and Peaceful Life 』: Christmas Decor with colors /  色をテーマにクリスマスデコ☆ 

大切な人との空間。時間。

その中で、「色」がさらにそのあたたかさや、絆、そんな関係性をもより深めてくれそうな。。。。こちらで紹介されているような世界を実現できずとも、何か気持ちや思いを「色」で感じたり、繋がれたり、それを誰かとシェアできたら幸せですね。こちらの記事のお写真を拝見して、自分では作り出せない彩りの世界に、ただただ、ぽーっと頬を赤らめてしまいそうに、うっとり。

色がこんなにメッセージを届けてくれたり、より感動をくれたり。
何より、とにかく、「素敵だな」と、心に栄養補給。

このブログを執筆されているのは
大学のチアリーディング部の先輩。
1年生のときの3年生。
憧れのキャプテン。

あの時もかっこよく素敵だった先輩は
今はまたさらに魅力的。
わたしに今もなお、どんどん新しい刺激・発見
素敵なエナジーを届けてくださいます。

いままで、「色」について
漠然としか、もしくは、そんなに意識をしてこなかった生活。
とっても学びに(いや、まだ学びまでのレベルではないな。。。)
とっても刺激を受けています。

そういえば、この初代の先輩たちが、チームにつけたカラー。
purple×yellow
これも、かっこよくて好き。さすがだな。今更ながら。

|

2012年12月11日 (火)

Piatti Ristorante & Bar ♡Santa Clara

サンタクララのイタリアン。
Piatti Ristorante & Bar

評判のこちら。
121210_5
the bread with olive oil with balsamic vinegar and some other stuff
そう、パンにつけるオリーブオイルがおいしい。
以前に来たときもおいしいな、と思ってはいたものの
一緒にいったお友だちに、コレが気になってた、と言われ
そう言われると、ますますおいしい(単純)

121210_3

この時期だからか、いつもよりも
パーティ的に、グループできている方が多かったです。
会社のグループランチ的な。
カチっとYシャツを着た男の人が多いです。

そういえば、こちらに渡米して間もないころに来たなぁと
ちょっと、思い出し。(といってもたいして経っていないのだけど)

ある日のランチメイト。
121210_1_2

121210_2_2
@我が家

♡PIATTI

http://www.piatti.com/santaclara/
3905 Rivermark Plz

Santa Clara, CA 95054

(408) 330-9212

|

Cheer MomとのCheerトーク。

121209c1

チアのコンペティションに行って来ました。

121209c2

お友だちのおじょうちゃま(ハイスクールチアリーダー)の
活き活きした表情、チームのみんなの楽しさ
なんだか、胸があつくなり、自然と涙が溢れました。
一生懸命さ、そのメッセージが届きました。

さて、そんな中、Cheer Mom(お子さまがチアリーダー)
とお話したことを少しだけご紹介します。

チームによって、指導者によって
それぞれ考え方もあるかと思います。ご参考まで。

あがった話題、【自宅での練習/特訓?!について】

普段のレッスン(練習)でしていることを自宅で行う(強化?!)こと。
それは、私は、推奨をしていません。
なぜならば
【練習は練習時間、そのとき、その場所で、するもの】
というのが前提だからです。

※ただ、これは、日々の積み重ねが大切な
柔軟性を高めるための取り組みなど、そういった姿勢は大切です。
してよいこと(その取り組み方、内容が大事)と
そうでないことを、言語にして整理していませんが、
イメージしていただけますでしょうか。。。

そもそも、レッスンでの取り組み、
先生やコーチが指示して行っている内容は
先生やコーチがきちんと状況を見て、判断し
タイミングや強度、レベルに意味があって
そのアプローチもチームの中で意味があって、行っているもの。
そして、そのレッスン、練習のタイミングなども
レッスンスケジュールの中で計画的に取り組んでいるものなのです。

チアリーダー本人もそうですが、ファミリーの皆さんも
先生・コーチを信頼していただけたら、嬉しいのです。
レッスンですべきこと/できること

家庭内での日頃からの取り組みでできること。

の違い。をご理解いただくことから始まります。
そして、自宅練習(特訓)には、大きな事故や怪我を招く可能性もあることを。。。

家庭内特訓。
ファミリーのみなさんが、応援してくださる
サポートしてくださる事は、ありがたい事なのですが
これは要注意ポイントです。

子どもにとっては、
レッスンですべきこと、と、自宅で日頃から取り組めること
そこの判断、区別がわからなくなり、
混同することになりかねないのです。
そして、ときに、チームやスクールで大切にしているアプローチ
こころとカラダへの成長のアプローチとは少し違う方向に
向いてしまうことも見受けられるのです。

そして、こんな事もおこりうります。

子どもたちは、やはり、身近な存在
ファミリーの皆さんが喜んでくれたり、
認めてくれることが嬉しいのは当然です。
いつの間にか、ファミリーに評価されることだけが、
努力すること、楽しみの基準になってしまったり。
自然と、判断基準がそこばかりになってしまう事もあるのです。
(これはチアに限らずかもしれませんね)

普段のレッスン(練習)でしていることを自宅で行うことを
推奨しないことの1つに
自宅で【怪我やアクシデントを招かない(防ぐ)】。
ということもあります。

これぐらいなら。
いつもやっていることだし。

と、レッスンで行っていることをしようとします。
ただし、そこは自宅。
環境が違います。
先にも書いたとおり、レッスン内容は先生・コーチが
レッスン場ですべきこと、
として判断して取り組んでいるものだからです。
たとえ同じように床ばりだから、とかでも違うのです。
そして、【これぐらい】と思っては大けがを招きます。
レンガ1つ分の高さでも、もしくは地面でも大けがを
招くことがあることを、忘れてはいけません。
これはスタンツに限らず、ダンスでも同様です。

この判断がまだ出来ない子どもへの自宅でのサポート。
ここはファミリーの皆さんにしかできないことでもあるのです。
してよいこと/NGなこと。

怪我を招いては・・・自分も悲しいですし、
チームにも影響を与えます。

おそらく、自宅でもし取り組むならば・・・
そのトレーニング方法や、OKな取り組みは
先生やコーチが指示やアドバイスをしているはずです。
(わからなければ聞きましょう)
こころの面では・・・たくさんあるはずですね。

現に、自宅での取り組み。次のレッスン・練習までに、
自分が何をしておけば、
自分がより集中して思いっきり練習ができるのか、
チームのために、自分をどんな状態にしておくべきか。
それはそもそも、だからこそ

【その時のレッスンでどこまで何をしたらいいのか/できるのか】

意識すること。その意識の高さをまず、
自分の姿勢を振返る必要があります。
と同時に、レッスンその時のありがたみ、というか、
その時間の重要性です。(仲間がいることもね)
そこを理解したそのあとに、次の期間まで何をしたら良いのか。。。。
ですよね。これは生徒たちに限らず
サポートしてくださるファミリーのみなさんの意識も同様です。
(そもそもの遅刻やちょっと自由きままな(笑)欠席なども
減ることでしょう。ぷぷぷ)

ここを、どういう気持ち/意識なのか
チアの楽しみの1つがチームスポーツである、という目覚めや
自覚や、(プレッシャーにならないよう)自己責任を子どもはもちろん
一緒にファミリーの皆さんも気持ちをシェアしてみてはいかがでしょう。
子どもの気持ちを知ることをしてみてはいかがでしょう。
その気持ちの変化も応援して欲しいです。

では、

子どものCheerの活動や取り組みへ直結するサポートを
したいのであれば
・食事でのサポート
・自然と笑顔がでるような家庭の雰囲気や楽しみ
・危険なことをしないよう、アドバイス、判断。
・スケジュール調整への理解、サポート
ではないでしょうか。と。お話しました。

そして、
・チアスピリットについて、一緒に考えてみる。。。。

ということを、Cheer Momにお話をしました。

そして、この話の流れでこんな話題も。

例えば、
Cheer Momが、チアに対して、子どもたちのパフォーマンスや
チームに対しての、褒める、魅力的だと思う、そのコメントが
・○○ちゃんはセンターですごいね
・○○ちゃんはフライヤーだからすごいね(スタンツで上に乗る人)
・○○ちゃんはいつも目立っていてすごいね
これだったらどうでしょう。

とくにポジションについては、日本では、昨今のAKBブームもあり
選抜、とか、センター、とか、そういったポジションでの評価、
良い/悪いの基準がそこに目がいきがちな雰囲気。
これは子どもたちもね。

これは、たとえば、まだチアの魅力を知らない一般の方が
そういうところで判断をしたり、そこでしか評価ができない
良さがなかなか言葉で表現できない事はあるかもしれません。

ただ、それをチア関係者やCheer Mom(ファミリー)がしては
それを聞く、耳にするチアリーダー、
すでにチームスポーツの魅力を感じているチアリーダー
たちはゲンナリです。。。。コーチも寂しい。

他のスポーツやダンスエンターテイメントには
そういった評価基準も有りかと思いますが
チアへの評価基準をそこにしてしまう、
そこしか知らないままでは、一生懸命やっている
チアリーダーへ、または、せっかくのチアスピリットを
周りに知ってもらうという点では、良い影響、
魅力の発信にはあまりならないと思います。

ぜひCheerMomには、チアの魅力が周りの人にも伝わる
コメント、言葉のチョイスをしてもらえたら嬉しいです。

こんなこともあるのです。

・センターだとお母さんが喜ぶ
そこがやりがいになる
これは、そう無くなったとき、違う環境に自分が置かれたときに
お母さんが喜ばない=ダメなこと。と思ってしまう子ども。

せっかく、チームの中での自己責任。
チームだからこその醍醐味。を一生懸命感じ
学んでいるチアリーダーのファミリーの発言としてはいかがでしょう。

・お母さんがチームワーク、チームを意識していない。
子どもは、子どもなりにチームを意識し、考え
何かを感じて活動している場合
「お母さんにはずっとわからないのかな。。。寂しいな」
と、子どもから、チアの話をしなくなる事もありえます。
これは、意外とある現象です。お母さんの価値観に話をあわせたり。

もしかしたら
ファミリーの皆さんが、いままでの人生や経験では
味わったことのない、知らない思考を子どもたちは
すでにチアの経験から身につけ、もちあわせているかもしれません。
この前提も、CheerMomには必要なこころの余裕です。

だからこそ
「いいね!」
その気持ちを伝えたり、
「すごいね!」
と、讃えたいときに、どういう言葉をチョイスすべきか。
何を基準として評価するのか
せっかく、Cheer Momになったのならば
(ちょっとの努力が必要かもしれませんが)
tryしてみてはいかがでしょう。

そうすればするほど
CheerMomとして、
我が子の成長だけの楽しみだけでなく
チームの成長の楽しみ、チアをそのものの魅力を
時がたてばたつほど、知ることができる。
楽しめるのではないでしょうか。
これって、子どものサポートだけでなく、
きっとご自身のこころの栄養にもなるかと思います。

そーんな、話をCheer Momとしていました。
【自宅での練習について】から、じっくりここまで。

こちらをお読みになっているCheerMomの皆さんは
いつもどんな言葉で、我が子を讃えていますか?
どんなポイントで「すごいね」と評価をしていますか?
チームの中のひとり。として
そして、チームとして、見る事を忘れていませんか?

チアリーダー本人もそうですが、ファミリーの皆さんも
先生・コーチを信頼していただけたら、嬉しいのです。

と最初に書きましたが。これは、お任せしっぱなしを
お薦めしているのではなく、信頼してお任せしていただくところと
つねにチームの進化や変化を知ろう、感じようとしていただくこと。
そういった意味で、チームに参加していただく、
応援いただくけたら嬉しいのです。これの参加姿勢がないのも・・・。
判らない事があれば、コミュケーションの中で、
解いてゆけばよいのです。ファミリーもチームですものね。

ワガママに聞こえたら、スミマセヌ。。。

あー。日本の生徒たちに会いたくなりました。
そして、チア界でコーチをしている
一生懸命本気でチアリーダーと向き合っている先生たちにもね。
そして、もちろんCheer Momたちにもね!!

自分の子どもだからといって
自分と同じ思考(そうなりがちですが)
同じ能力とは限らない!!分身じゃないですものね。
子どもたちの未来を一緒に応援しましょう。

Go! Cheer Mom!!

そもそも、
最低限の対応。メンバーとしての責任(自覚)。
前の週の取り組みを維持すること。
理解して翌週にのぞむこと。

そもそも維持どころかダウン、忘れてしまう人は
そうならないためにレッスン中にどうするのか
はたまた、それだけでは、やっぱり維持できないもしくは
向上して翌週に望みたいというNICE!!な場合は
レッスンまでの日々をどう過ごすか。。。
考えてみて、先生にそれをお話してみるといいかもね。
良い取り組み、それはアブナイな。。。
先生と一緒に学んでみてもいいでしょう。

ぷぷぷ、最後にお説教的。
心当たりのある私の元生徒もいるかしら〜ん。

|

SteakHouse Forbes Mill♡Los Gatos

Los Gatosダウンタウンで早めのディナー、
と思い、行ったものの、No Plan。

そこに、
目にとびこんだSteakhouse!!
聞けば、予約無しでもOK!

121209fm

ということで、dannasamaとディナーはこちらに。
急遽、クリスマスディナー、といった雰囲気に。
お食事も満足しましたが
なによりも、この日にわたしたち夫婦のテーブルを
担当してくださった方がなんとも気持ちよく食事をさせてくれ、
(聞きやすい英語でさらに+α)
レストランのお料理だけでない、サービスに満足しました。

肝心のステーキ。
美味しくいただきました。
そして、ビックリな大きさ。

日本のファミリーレストラン系に
出て来そうな大きさでビックリ。
さすがアメリカ。

そして、さすがに無いだろう、と思っていたら
みなさん、食べきれなかったお料理を
お持ち帰りしている。。。これまたビックリ。
我が家も食べきれなかったステーキをお持ち帰りです。

また、行きたいな。
そんな風に思ったSteakhouseです。

今回はコースにせず
メイン1つと前菜やスープ、デザートにしましたが
それでも量的にはギブアップ。
コースは、食べきれなさそう。。。。

121209

♡Steakhouse Forbes Mill

http://www.forbesmillsteakhouse.com/

206 North Santa Cruz Avenue  Los Gatos, CA 95030

408-395-6434

|

Vasona Park's Festival of Lights☆Fantasy of Lights☆/Los Gatos

The 2012 Fantasy of Lights show at Vasona Lake County Park

CA17を走っていると、ものすごい高さのイルミネーションや
なにやらとっても華やかな明かりがチラチラ見え
気になっていたVasona ParkのFantasy of Lights show。

日曜の夜に行って来ました。
すでに、混んでおり、Parkに入るまで30分ぐらいかな。
平日夜に行ったお友だちはそこまで混んでいなかった、
とのことでしたが、これからクリスマスにかけて
どんどん混むのでしょうか。

車でゆっくりゆっくりPark内を進んで行きます。
お写真を撮ろうと思うと、窓をあけますが
車中から、あたたかいまま、たくさんのイルミネーションを
楽しめるのはいいですね。
一気に気分はクリスマスモードです。

121209_1
ただ、あのキラキラをわたしのカメラでおさめるには難しい。

121209_3

公園付近では、このイベントのために、道路(交通)も少しルート変更を指示されています。この【EVENT ROUTE】という看板の指示に従います。

121209_5


45分からこの看板がありました。

121209_05
公園に入るまでの間から、FMラジオでクリスマスソングを
聞きながら待っていました。
(ところどころ、聞きづらいエリア有り:公園外ね!)

いよいよ公園に。
入場料を支払い(価格はこの記事の最後に)
121209_2
パンフレットと
121209_06
(パンフレットに挟まって)この眼鏡?!がもらえます。
実は、パンフレットをあけることないまま帰宅したので
この眼鏡の存在に、自宅で気がつきました。
(我が家で愛用中)

さ、ここからスタート。ここで、車のライトは消します。
(係員にそう言われます)

121209_07
もちろんBGMはこのRadio!
みんなが同じのを聞いているので、
みんなが口ずさんでいるのが楽しかったです。

車の窓から、カラダをのりだしている人
トラックの荷台みたいなところにいる人
運転手がサンタクロースの格好をしていたり
車での楽しみ方は、みなさんかなり自由(ときに危険)。
121209_14
こう注意がきもあるのですが。。。

121209_08
サンタ帽でもかぶってくればよかったわ。ドンマイ。
我が家は写真をとったり、周りの雰囲気もときに楽しんだり
時々窓をあけていたので、コートを膝掛けにしながら運転です。。。

121209_09

121209_10

121209_11


121209_12
このゲートがみえたらおしまい。

121209_13

ライトをつけ忘れないようにね!

楽しかったな。
我が家はLos Gatosのダウンタンを楽しんで
(早めのディナー後)に行ってきました。
※待ち時間もあるので、腹ぺこで行ったらちょっと大変よ。

121209_15

♡Vasona Park's Festival of Lights/Fantasy of Lights
https://www.realtown.com/LiveInLosGatos/blog/lifestyle/vasona-parks-festival-of-lights

The 2012 Fantasy of Lights show at Vasona Lake County Park
begins November 23 November 25 and will run through December 31. 
When:
The Fantasy of Lights runs from
November 23 to December 31, 2012, 6 - 10pm nightly. 

Where:
Vasona Lake County Park, 333 Blossom Hill Road
(near University Avenue), Los Gatos 

How much:
The cost varies. For the best deal, get early bird tickets! 
$10- per Vehicle (up to 9 guests)
Friday, Nov. 25 through Thursday, Dec. 6 ONLY
$15- per Vehicle starting Friday, Dec 7th
$25- per Vehicle 10-25 guests (no discounts)
$50- Commercial buses (no discounts)

|

"Around the World" Boutique

わたしが渡米後初のこの季節の"Around the World" Boutique
そして春、とお邪魔してきた楽しみなこの機会。

いよいよ、今週末です。
Around_the_worldboutique

なんと、今年はスケジュールの都合で行けない。。。
残念すぎる。

もしご興味がある方はぜひ。
過去のおじゃました際の様子はこちら↓
"Around the World" Boutiqueへ
"Around the World" Spring Boutique2012

|

2012年12月 9日 (日)

オープンサンドでクリスマスランチ

こちらでは、クリスマスモード全開です。

今回は、ちょっとみんなでやることもあったので
(これはまた今度)
ランチタイムに我が家にお集りいただき
楽しいランチタイム。

おとなの女性で集まると、心地よい雰囲気ね!!

121207_1

今回は、ゲストに
小さなおこちゃま(偶然にもみんなBoys)もいることから
121207_2

メインで使うお皿類は、プラスチックと紙皿にしました。
なんどもオープンサンドを作っている間に
お皿も気軽に替えれるしね!

ランチメニューは、オープンサンド。
これならば、子どももおとなも、
みんなで楽しくいただけます。

具材を持ち寄りにしていただきました。
121207_3_2

121207_4_2

121207_8

121207_7

121207_5_2
パンは私が(もちろんホームベーカリーで)準備。
おっと、切り目が雑でsorry。

121207_9
いろんな組み合わせが出来て楽しい!!

121207_10
メリークリスマス!!
※みんな運転手なのでジュースで乾杯♡

お友だち特製のデザート

121207_11

大豆粉のロールケーキ。小麦粉よりも糖質少なめ。
クリームも生クリーム+クリームチーズで糖質控め。
という、やさしいスイーツ。

121207_14

121207_12
このあいだラスベガスで買って来た
Payard のお菓子たち。
カリフォルニアにはお店がないのです。
NEW YORK LAS VEGASなのです。。。

121207_15
笑顔な時間。Thank You!!

121207_29
この日の、冒頭にこの発言
「僕、Partyが大好きなんだ」

この小さいお兄ちゃんが、まさかの Party Boy発言。
Yumi-Go,将来が楽しみでなりません。

そして弟くんは。。。
1つ前のお写真で、足だけ写っていますが。。。

121207_16
最後はお昼寝。
このお気に入りのタオルがあれば安心なんですって。
なんてかわいいのでしょう。
登場時はこのタオルを抱えての登場♡

子どもたちも仲良くあそび、
コゼットのこともかわいがってくれてThank you!!

121207_17

121207_18
そして、いつもAmyちゃん、お写真ありがとう。

121207_19

また、今年も新たな出逢いや、あたたかい繋がり。
感謝。

そうそう、いつでもおまけの私のドンマイ。
この日も、おそらく具材は食べきれないので
サンドウィッチにしてお持ち帰りしていただこうと
お持ち帰り用のパンを(もちろんホームベーカリーで)
焼いていたのですが。。。

さ、出来た出来た!とフタをあけると
膨らんでいない。

ドンマイ。イースト入れ忘れ。
具材だけお持ち帰りいただきました。

メリークリスマス(ごまかして、the end)

|

Sweet♡Angelとメリーポピンズ隊。

B-CranちゃんがMomに。
本当におめでとう。
121204_20

※babyちゃんのお写真掲載はB-Craneちゃんにお許しいただいています。

アメリカで初の出産。
たくさんの希望と不安。
その中で、ご主人と一緒によくがんばりました!!
家族ぐるみで仲良くしているB-Craneちゃんファミリーだけに
我が家の喜びもひとしおです。

大仕事をがんばったB-Craneちゃんも素晴らしいし、
本当に強く、あたたかい、しなやかなオーラを放ち、
輝いていましたし、このときにお会いしたご主人が、
とてもとても頼もしくそしてあたたかく
もちろんSweet Angelちゃんの安らぎとあたたかさ。
ますます、そしてあらためて本当に素敵なファミリーだな。
とシミジミ。

ここは、おせっかいにも
我が家が少しでもサポートと息抜き担当(主にこちらか)
できたらいいのですが。

と、早速産まれて18時間後のbabyちゃんとご対面。
121204_22

my dannasamaは産まれて初めて目にする
新生児に、その小ささに、
そしてもちろんその天使っぷりに
オドロキとカンゲキでいっぱい。
もちろんわたしも同じ気持ち。

121204_21
小さいよ。

生まれてから親戚のオバちゃま並みに
会っているのですが
今回は、力強い友が、B-CranちゃんとBabyに会いに
”おめでとう”の気持ちをお届けに行きました。

わたし以外はベテランMom。
よくよく考えればみな2人の子どもを育てているMom。
応援パワー200%です。

B-Craneちゃんも、ちょっとした疑問や不安も解消できるし
なんせ、ベテランMom、すてきなこのレディたちの
おおらかさ、その雰囲気も、B-Craneちゃんもリラックスできるかな。

121204_1
みんなだっこも上手だし。

産まれて1週間。
つまり1週間前まで、B-Craneちゃんのおなかにいたんだもんね。
とみな、感激。

さーて、今日はだっこ上手がいっぱい。
その間に、みんなでランチタイム。

121204_2

121204_3

121204_4

121204_5

121204_6

こんなにメリーポピンズのように明るく楽しく頼もしい先輩がいっぱい。
心強いね!みんなでメリーポピンズだね!!
(わたしはノリだけは!!)
だって、この日も、ウンチのおむつ替えはもちろん
メリーポピンズが率先してやっていたし
しまいには、ちょうどへその緒がとれて、
まだ沐浴していない、と聞けば
「じゃあ!いまから沐浴だ!」と。
※時間の都合で、先輩メリーポピンズたちとの沐浴は見送りに。

そう、メリーポピンズたちは、自分のお家のエンジェルたちの
送迎やらなんやらで、ウルトラマン並みに、現場で活躍できる
時間に限りがあるのです。。。。

ここには、頼もしい、愉快なメリーポピンズがいっぱい!
※ただしくは、メリーポピンズが
新生児は面倒をみているのか謎ですが。あはは。

その前にもお友だちと訪問したときの様子もね!!
121204_24

121204_23
はたまた、違う日ね。
121204_25

121204_26

May your sweet angel bring you much happiness!

|

カジノ-ThanksGivingHoliday2012

ラスベガスの楽しみのひとつがカジノ。
ただ、私は経験もなければセンスもなさそう。

あとは、カジノスペースがどこもかしこも
タバコの煙モクモク。
煙も苦手なので、喫煙者がいないところを探して
そのあたりのマシーン?!で少し楽しみました。

dannasamaはBlack Jackに挑戦。
一度、すいていて(喫煙者もいないので)
一緒に座ってみせてもらいましたが
楽しそうだな、とは思ったものの
その後も、私はスロットマシーン?!を細々と。

121127c1
どんだけ、少ない。。。。

ということで、ラスベガスでカジノを楽しむおは
まだまだ当分先でしょうかね。。。。

今回は雰囲気を楽しめたからOKかな。

|

2012年12月 7日 (金)

お散歩。夜のラスベガス-ThanksGivingHoliday2012

日が暮れると、きらびやかな街並に。

121127m1

121127m2

121127m3
ベラージオの噴水SHOW。

121127m4

121127m5

121127m9
ミラージュのファイヤーSHOW

121127m10

121127m11

121127m13

121127m16

121127m18

121127m19

121127m20

121127m21


|

お散歩。日中のラスベガス-ThanksGivingHoliday2012

ラスベガスに来て驚いたのが
喫煙天国。飲酒天国。
久しぶりに煙モクモクな場所を見ましたし
随分と前の銀座のように、街には喫煙者がいっぱい。
しかも日中も、夜はとくにですが
飲酒しながら歩いている人もたくさん。
カリフォルニアでは絶対にありえない光景に
びっくりしてしまいました。

HIS-ラスベガス基本情報
あらためて、HISのサイトの情報をみると
あれでも、喫煙、飲酒については法で少しおさまった状態で
2007年以前はもっともっと喫煙天国だったとのこと。スゴイなぁ。

そんな(?)ラスベガス。
日中と夜で、街の表情が変わるのも
楽しかったです。

今回は太陽SUN SUN。
日中のお散歩の様子です。お写真でどうぞ。
ちなみに、かろうじて、ちょっとあった草木の場所で
一度ピーをしたコゼット。
あとはする場所なく、歩きましたがおトイレは無し。

見事なお天気。
ですが、まったく陽があたらない日陰にいくととっても寒い。

121126s1

121126s2

121126s3

121126s6
この巨大サイズ。レモネードは飲んだことがありますが
(そのときよりも長い!)このお店ではこのサイズで
マルガリータかビアが楽しめます。
dannasamaは普通サイズのマルガリータと、
このロングビア。

121126s7
いただくときはテーブルより下げないと飲めません。ぷぷぷ。
まるで、なにか楽器を奏でているように見えますが。
ま、こういうのも旅先、でかけた先の楽しみですよね。
※これを飲みながら歩いている人もたくさん見かけました。

ちなみにこのお店のテラスで、バックにコゼットは入ったまま
お食事できました。んー。Dog Friendlyなレストランはないのだろうか。

121126s9
そして、街中にいる、「お写真撮りますよ」な人たち。
たくさんの薄汚れた、完全ニセモノのキティちゃんや
ミッキー、ミニーマウスがいたるところに立っています。
つまり、一緒に写真を撮る=チップをあげる。
そういうことです。

薄汚れたニセモノより、こういう方々だったら
写真撮ってもいいわーと思い撮っていただきました。
コゼットが右のお姉さんに興味津々のようですが。
※コゼットは女のコです。

そしてこの直後。
頼んでもいない、オシウリパターン。
「わたしは、Mr.ラスベガス」
121126s10
ただのちっちゃいオジさんです。
もう、完全なるオシウリ。
無理矢理写真を撮ろう(チップをもらおう)とシツコイのでパチり。
わたしの距離感や、コゼットの何とも言えない様子。
(さっきのお姉さんと大違い)

そして、もちろんdannasamaも撮るはめになり
ちーん。$2。(←もちろん彼から要求)
まったく。
自称ミスターラスベガス。ちっちゃいオジさん。

そうそう、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフとかにも
お写真撮ります的だったり、この手の方だったり
いろいろ楽しませてくれる方がたが多いのですが
よく見かけるシーンでは、日本人の旅行客が
「わーい!」と一緒に写真をとって、それっきり。
「あ・・・チップは?!」と見かけたわたしが余計な心配。
チップ文化が染み付いていなかったり、
こういうお金稼ぎ?!もあったり、といろいろ知らないと、
わからないとは思うのですが。。。。

121126s11

121126s12

121126s13

121126s14
コスモポリタンです。

121126s15

|

Cirque du Soleil-ThanksGivingHoliday2012

ラスベガスでのホリデー。
3Nightですが、どうにか見たいたくさんのShow!!

今回はそのうち2NightをCirque du Soleilに。

121125s1

まずは、ベラージオにて
Cirque du Soleil「O」

121125s2

121125s3

実は、人生初のCirque du Soleil。
日本に来ていましたが、いくきっかけなく。
ラスベガスにてデビューです。

パフォーマーのみなさんの息づかいも感じられるような
お席だったこともあり、臨場感もよりプラスされて大興奮。
大満足。

つづいて、翌日は
121125s4
ミラージュへ。

121125s5

この2つのホテルが、コスモポリタンから歩ける距離
(ベラージオはお隣だし)だったのも良かったです。
滞在時のお楽しみの中で、Showの存在が大きい場合は
そのホテルに気軽に行ける距離で宿泊・滞在ホテルを
決めるのも1つの手ですね。

121125s6
ホテル内には、ビートルズラウンジも。

121125s7

Cirque du Soleil 「LOVE」

121125s9

ビートルズの楽曲でCirque du Soleil。
どんなものかとワクワクしていきましたが
これまた大満足。
とくにこちらのSHOWはDanceで魅せるシーンも多く
「O」の水の演出やパフォーマンスとは全く違う世界。
自由自在にカラダで表現する姿に、うっとり。

121125s10

家族でこうやって、同じものを見て、
感動を共有できることはとっても嬉しいこと。
こうやって旅先で、経験できるのもひとしお。
そうそう、我が家は来月は、Wicked!!@サンフランシスコ。
実はdannasamaは一足お先に、ひとりで
すでにブロードウェイで見ているのですが(羨ましい)
二人でWickedは、日本の四季版以来です。

♡Cirque du Soleil
www.cirquedusoleil.com/

|

ラスベガスのバッフェ-ThanksGivingHoliday2012

わたしの英語の先生(もはや、英語の先生というよりも、ミュージカルばなし、スポーツばなし、甘いものばなし、をするお相手?!)が大好きなラスベガス。
いろいろ詳しいので、あそこの◯◯がオイシイ、だの、ここが◯◯だのお話をきいていたので、ワクワクしていました。

滞在中、いくつのホテルのバッフェに行けるかしら。
なんて、食いしん坊モード全開でいざ、ラスベガス。

ThanksGivingDay当日にラスベガス入りをした我が家。
初日は、滞在するコスモポリタンで、楽しもう、と決め
初日の夜は、コスモポリタンのバッフェへ。


The Cosmopolitan of Las Vegas
Wicked Spoon

121124b1
17時に行ってみたのですが、、、、、。
まさかの、東京ディズニーランドもびっくりな長蛇の列。
そう、この日はサンクスギヴィングデイ。
ホテルの方も「こんなに混んでいるのは僕が
勤めている中で初めてだよ」と。
※この人の勤務歴は存じませんが。あはは。

最終的に、席につけたのは、
並び始めてから2時間30分後。
映画一本分。
待ち時間に、かろうじて、アップルジンジャー一杯
配られました。トホホ。
そういえば、昨年は、サンクスギヴィングデイ当日は車でLA。
お昼どきに、ちょっと食事をしたかったのに、街中クローズ。
どこもお店がやっていない(想像以上だった)ので、やっとみつけた
マクドナルドに、どれだけホッとしたか。懐かしい。

121124b3

121124b4

121124b2

そして翌日はBellagio Las Vegasのバッフェへ。
というのも、シルクドソレイユのShowを見る前に。
140596_105_b

ベラージオも並ぶよね。。と
ある程度は覚悟して行ったのですが
そして、ホテルに着くと案の定、長い列が出来ていたのですが
その列に並ぶやいなや
「エクストラで料金を支払えば・・・」と
レストラン側のサービスのお誘い。

「もちろん!!」

前の晩の、2時間30分を経験しているからこそ
TIME IS MONEY。
お金で解決できるのであれば、喜んで!!
(しかも、一人$15だったので良しとしました)

おかげで、ベラージオでは、かなりのワープをし
10分ぐらいで入店することができました。
いはやはや、ThanksGivingHolidayならではかもしれませんね。

121124b6

121124b8

そして3日目に狙うはParis Las Vegas
83660200710_10_boriginal

しかーし。2日連続のバッフェでもういっぱい。
肌も荒れてきました。ドンマイ。
ということで、行かないことに。
バッフェは行きたい順に攻めるべし。学び。
そして、
バッフェは連日、何度もいけるものでもない。あはは。

とはいえ、今回は十分に楽しめました。

ちなみに、どこもかしこもThanksGivingHoliday価格で
通常よりも値段も高騰しておりました。おまけ情報。
そしてThanksGivingDay前に滞在していたお友だち
(ThanksGivingDayにチェックアウト)曰く
ガラガラだったよ、と。日本のGWと一緒だね。

|

愛犬と一緒のホテルライフ-ThanksGivingHoliday2012

愛犬コゼットと外泊。
ホテルでの一緒の宿泊は経験がありましたが
3Night、ちょっとお部屋でお留守番有り。
いつもより、少し心配事項も。

べガス行きを決めたのも少し遅かったので
あわてて予約、Dog Friendlyなホテル。
有名なところでは
Trump International Hotel Las Vegas
あのキンキンキラキラきらびやかなホテル。
Trumpinternationalhotel
Trumpはどうやら、Dog Runもあるようですね。。。
いいなぁ。。。

今回は、予約をとれたのがこちら。
The Cosmopolitan of Las Vegas
スタイリッシュな雰囲気。
ロケーションもばっちり。
のんびりできそうです。

121123d1
※ベランダからの眺め。ベラージオ側のお部屋もあります。

そして、今回は、Showを見に行くときなどは
ホテルのお部屋でコゼットはお留守番。
留守中に、ベッドに飛び乗り、落下からの怪我など
危険がおきないように、注意と、準備が必要でした。

車移動のときは、いつもどおりの空間提供をできるように
寝床エリア、ケージごと持参するのですが
今回はそれができなかったので、余計に心配で。
121123d16
これがいつものコゼットエリア。
今回はケージ無しの、中身だけ(ベッドなど)。
放し飼いが危険な部屋の場合は、ケージにいれておけば安心なのですが。

ということで、
今後のコゼットとのホテルライフの際の
忘れ物がないように、メモメモ。

なるべく、いつも=普段使っているもの
と同じものを持参

□ベッド
□ごはん&おみずボウル
□キャリーバック
□もちろんドッグフードもしかり
□トイレシート

ホテルのお部屋についてから
□危険箇所確認。レイアウト確認
※とくにベッドや、部屋の隙間。
※今回はお部屋がキレイだったので、ホッ。
□なるべく最初にお部屋でゆっくり一緒に過ごす
121123d2
飛行機でもストレスがあったでしょうに。
興奮顔のコゼット。

その他、必要なアイテム
□念のため。おトイレ粗相時対応スプレーなど
□お腹の薬(いつも使っているもの)

ホテルでのコゼットの様子
ドッグフレンドリーとはいえ、ホテルの中で
お散歩できる場所はもちろんないですし
ラスベガスの街中も、芝生もほとんどないので
芝生でピー&プーをする傾向があるコゼットには
ちょっと寂しい。
お部屋に広さがあれば、お部屋の中をウロチョロして
少しは自由が利けたのは良かったです。

ただ!
わたしたちの部屋がエレベーターから近かったこともあり
つまり、一日中、ドアの前を人が通る。
そのたびに、コゼット興奮、ワンワン吠えてしまう。

眠らない街ラスベガスでは(とくにThanksGivingだったこともあってか)
朝早くからチェックアウトするであろう人
カジノを終えて夜中や明け方に帰って来たであろう人、、、。
その度に、興奮しているコゼットは、
ドア前まで走って行き、吠えてしまう。

これだけが、周りにも迷惑をかけてしまったのでは、と。
なるべくお部屋は人が通らない端がいいですね。

とはいえ、怪我などなく、お留守番もできたので一安心。
さすがに、Dog Friendlyとはいえ、ホテルでのんびりしながらも
カジノやSHOWなどなど、お部屋を出ての楽しみがいっぱいな
ラスベガス。そんなにみなさん一緒に連れてこないのかな。
滞在中に、みかけたのは、3,4DOGSかな。

とはいえ、抱っこしていれば、ホテル内は問題なかったので
ゆっくりできました。
(なかには、カジノエリアをリードをつけて歩かせている方もいたのですが、、、、)

ホテルでの様子です。

121123d3

121123d5
さすがに、はじっこの出入り口のあたりからパチり。。。
121123d6

121123d9

121123d10

121123d11

121123d12

121123d14

コゼットとお部屋でのんびり。
映画をみたり、お昼寝したり。
コスモポリタンは、他のホテルで食事をしたり、
外に散歩をしても、すぐ戻れて、お部屋で休憩できたのは
とっても良かったです。

♡The Cosmopolitan of Las Vegas

 

3708 Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
http://www.cosmopolitanlasvegas.com/

|

2012年12月 6日 (木)

愛犬と一緒のアメリカ国内線移動。

愛犬コゼットとThanks Giving Holidayに
ラスベガスへ。

初めてのアメリカ国内線移動です。
おちびのコゼットは、
客室持ち込みOKなサイズとはわかっても、
予約時の手続きはかろうじてWebでわかっても
では、空港で何をするのか、どうするのかが
わからない。

どなたか日本人ブロガーさん、
書いていないかしら、、、と探しても
なかなか、新しい情報がない。

ですが、
こちらの実際に国内線移動を使った事がある
お友だちに話を聞けたので、ホッ。
「大丈夫だよ。特に何も無いから」

「え?本当?」(←疑いの目)

最後は
「どうにかなっておくれ!!」と祈る気持ちで空港へ。

ということで、ワンコとアメリカ国内線移動情報の
ちょっとでも参考になれば、と書き記しておきます。が
なんせ、我が家は初めての経験。
今回見たもの、体験したことを書き記します。
かたよった情報かもしれませんのであしからず。。。

ここに記すことは
☆Unitedでのこと
☆サンフランシスコ←→ラスベガス
でのことです。

●予約
その飛行機に搭乗(?)できる動物が限られているとのこと。
なので、自分たちが乗るairをだいたい決めたところで
「まず、動物を受け付けてくれるか」を確認し、
こちらの確認がとっても大切。
ニンゲンの予約の過程で、動物の予約するところがあります。

●当日
空港にて、そういえば、コゼット(愛犬)の予約をした、
という証明ってないね。
という話になり、ちょっとアタフタ。

唯一の証明といえば、
航空券を予約した際に送られて来たE-Mail
Dog01_2
このメールにある、支払い明細欄。
Dog02

黄色で囲んだところ
1 In cabin Pet(s)
コレのみ。

自分たちのチェックインをすませ、セキュリティに向かうところで
係員に聞くと
「ペットレシートが必要だよ」と言われました。
「カウンターで発行してくれるから」
Dog04

ということで、そもそも、カウンターで荷物を預けるときに
一緒に愛犬チェックイン(とくに何もしませんが)
とにかくペットレシートを出してもらえば良かったのです。

Dog03

自分たちのナマエを言えば、すでにpet申請している情報が
わかったようです。
Dog05
これがペットレシート。

ちなみにコゼットは、いつも愛用している
ソフトキャリーケースの中。

Dog06
ペットレシートともに、セキュリティへ。

Dog07

順番になると、いつもどおり、靴を脱いだり
荷物をベルトコンベア(?)に載せたり。
そして、犬はどうするのか、と聞けば

・バックから出して
・抱えて

セキュリティ(いつも通る方ではなく、横の簡易型(?)の方)を
通りました。←dannasamaが。

そして、セキュリティの箱を通ったあと次は
犬を抱えているニンゲン(dannasama)の手の平を
白い紙で拭きます。
その白い紙をなにやらマシーンで検査。

イッタイゼンタイ、検査の詳細はわからないまま(告白)
「OK!」と言われ、コゼットの検疫風も終了。
キャリーバックに戻します。

Dog08

ここさえ通過すれば、あとは機内だけ。
ホッ。

機内搭乗まで時間があったので
コゼットはバックの中にもちろんいれたまま
軽食をしていると、、、。

男性と犬が走っている。
普通に散歩している。
あきらかに介助犬とかではないような。。。
「アメリカったら。。。。」とお口あんぐり。
きっと出すのはさすがにダメよね。。。

さて、機内搭乗。
Dog09


キャリーバックごと、前の座席の下に入れる必要があります。
つまり、一番前だったり、前にシートがない席はNGとのこと。
実は帰りがそのシチュエーションだったので、座席移動しました。
予約のときに注意です。

Dog10
こんな感じ。

以上
あとは、いつもどおり。

ちなみに、このバックでいろいろなところに出かけたり
バックに慣れていることもあってか、
そしてフライト時間もそんなに長くない
国内移動で、そんなに高いところも飛ばないからか
コゼットは終止、おとなしくしていました。
帰りだけ、離陸前に、目の前を通るキャリーバックに
興奮して、吠えてしまい、周りのみなさんには

「え?どこかに犬がいるの?」

そして、あまりの小ささに、みな笑う。そんな感じ。
ホッ。

ひとまず、初めての犬との国内線、飛行機の移動。
無事に旅行して帰ってきました。

Dog11

さてさて、クリスマスシーズン突入で
楽しい記事がいっぱいになるでしょう。
早めに、ThanksGivingホリデーのことも書かないと、ですね。

|

我が家の今年のリアルツリー。

生のもみの木を狩りに・・・のはずが。
の続きです。

121202_20
土台と奮闘中。

121202_21


いざ、飾り付け。
我が家は、アメリカに来てから、つまり昨年から。
昨年の楽しさから、すっかり「飾り付け」も家族行事。
夫婦で飾り付けをしていくのが楽しみの1つです。
こうやって、アメリカにきて、夫婦で一緒に楽しむことが増え
その楽しみ方、楽しみ上手になったと思います。
Thank you!!US風土、US雰囲気。

なんせ、日本のときは、マンションのエントランスに
それはそれは超巨大な立派なツリーや
素敵な飾り付けをしてくださっていたのと
もちろんこんなに大きなツリーを置く場所もなかったので
オーナメントだけ飾ってりして楽しんでいました。

091220

101225_13_2_2

懐かしいな。これ、エントランスで見れれば十分。

だったのですが、アメリカではやっぱり我が家で
リアルツリー。その楽しさを知ってしまいました。

121202_22
飾り付けできました。
今年の思い出オーナメントも追加したいな。

さてさて、やっぱり去年より大きい。
すっかり大きさに麻痺しているようです。

111222_1
我が家にクリスマスツリーがやってきた(その後) 
これ、昨年の。昨年は昨年で、大きさに驚いたものです。
しかもやっぱり、「買い」のものは、もともとモットモット大きい
ものを、カットして、形と整えて、サイズダウンして売っているのですね。
つくづく。。。。
おそらく、高さはそんなに変わらないと思うのですが
今年は、横に大きい!

121202_26
測ってみました。
クリスマススカート(床)から、topのリボンまで
なんと、約2メートル15センチ。
横幅、一番ワイドなところ、約1メートル40センチ。

まぁ、びっくり。

121202_23
カーメルや、サンディエゴの思い出オーナメントも。
昨年の思い出。

121202_24


121202_25


121202_28


121202_29

121202_27

毎日水やりをしながら、リアルクリスマスツリーを楽しんでいます。
朝や午前中は太陽のひかりの中で
夜は、ライトアップをして。
一日楽しめます。

このツリーと一緒に
家族で、友人で、みんなで
また楽しい思い出を作りたいな。
ワクワク。

|

生のもみの木を狩りに・・・のはずが。

今年も我が家は、生のもみの木。
リアルツリーを狩りに行こう!とハリキリ。
もみの木を準備して、クリスマスツリーをデコレイトをして
それを楽しむまで。。。我が家の大事な楽しみなのです。

今年も、Half Moon Bayまで狩りに行くぞーと
いよいよクリスマスツリー狩りの季節です  >>
思っていたのですが、雨が続く日々。
これは、晴れた隙間を狙い、今年はもう少し近場の
Los Gatosに狩りに行くぞーに、ミッション変更。

Summit Christmas Tree Farm
ロスガトスの↑こちら には行った事がないのですが
我が家はWhite Fir/Noble Firが欲しいので、
White FirがあるようなのでGood!!ここに行ってみよう。

と、思っていたのですが
我が家のスケジュール上、行くと決めた週末。
雨、雨、雨。
一瞬晴れても雨、雨、雨。

それでも隙間に、ロスガトス行きを狙うものの

121202_1

そして、一瞬晴れて「いまだ!」と思っても、のちに雨。
ということで、ミッション変更。

今年は「買う」もみの木に変更。
「狩り」はしないけれども、「狩られた」ものを買って見る!。
ということで、上記のお写真のように、「街のもみの木売り場?」に
行って来ました。

ここ、ちょっと前まで、ハロウィン時期にかぼちゃを売っていたところです。
<そのときの記事はこちら→Happy Halloween!!2012:かぼちゃを買いに行こう 

121202_2

ものすごい大きなもみの木。当然、我が家にはムリ。
ドアすら入りません。

121202_3
こんな風に、すでにcutされた木が並べられています。
さすが、山で植えられているものより、
きちんときれいな形にcutされています。

121202_4
こう広い場所で、カリフォルニアの空の下でみるもみの木。
だんだん「大きさの感覚」も麻痺します。。。

121202_5
「これ、どうかなぁ」
「・・・」←dannasama

121202_6

そして、やっぱり、この売り場ですら、足下がひどかった。
山に行っていたら、エライことになっていたことでしょう。
「買い」にミッション変更。ケンメイな選択でした。

121202_7
今年は、このNoble Firコーナーから我が子を探します。

そして、我が子を決めたら、店員に声をかけ、運んでもらいます。

121202_8
クリスマスツリーもビックリ!なノッポさん(背の高いお兄さんだったので、親しみこめて・・・)が運んでくれました。おひげといい、ノッポ具合といい、「キャラ採用」であるかのようにマッチしたお方。

121202_9
ノッポさんが、処理をします。

121202_10
切り口をFRESHにしてくれます。もう一度CUT!

121202_11
そして、土台に組むには、もう少し枝をCUTしたほうがいいよ、
とアドバイスをもらい、チェンソー(?)でCUTするノッポさん。
※この間に、dannasamaはお支払い中。

121202_12
ノッポさんが、my carまで運んでくれ、我が家の場合は
車内に積むので、その作業まで対応してくれます。
(車の上に積む人はその対応)
この前に、ネットをかける(有料)作業や
土台(水受け)をつける(有料)などもやってくれます。

我が家は、土台は、
「もうすでに持っているから、いらないよ」と
夫婦ともども、胸をはってお返事。

そして、もみの木さんが、車内で呼吸をする感覚を
今年も味わいながら、自宅に向かいます。

121202_13
今年も、キャリーに載せて、運びます。
ひっぱるdannasamaがすっぽり隠れてしまっています。

121202_14
アパートメントの廊下を通過中。

121202_15
どうにかお部屋には入りました。
ドア前を占拠!

・形がきれい(すでに整えてくれている)
・自宅から近くで買える
・ドンマイな天候の中でも手に入れられる

と、狩る楽しみは無かったのと
レクリエーション的には、ワクワク度は減りますが
それでも「買い」の良いところも経験できました。

で、早速、家で、あらためて、我が子もみの木を見ると
やけに幹が太い!!

そう、昨年買った土台に全く入りません。
夫婦そろって「もう用意してあるんだ!」と笑顔で
土台付けを断ってしまったことを、悔やむドア前。

靴を脱ぐ暇なく、dannasamaは、ホームセンターへ。
ありがとう。涙。
今年はすごく大きな土台となりました。

土台につけるのも結構パワーが必要なので
買って、つけてもらえるのであれば、つけてもらったほうが
スッキリかと。。。。
(ただその場合、つけても車に載せられるか判断必要)

さーて、これから
楽しみセカンドステージ。
飾り付けです。


|

2012年12月 1日 (土)

KIKIPIAZZAさんのHoliday Boutique!!

KIKIPIAZZAさんのHoliday Boutiqueにお邪魔してまいりました。

そこに入るやいなや、素敵な空間に高まる気持ち。
クリスマスホリデーの雰囲気いっぱい。
KIKIPIAZZAさんworldを楽しませていただきました。

KIKIPIAZZAさんにお声かけをし、
お写真を撮らせていただきました。

ちなみに、素敵にディスプレイされているものの中に
タグが着いているものが、今回わたしたちが購入できるもの。
「お部屋ごと、お願いします」
そんな気分に。

121130_1

121130_2

121130_3

121130_5

121130_6

121130_8

121130_10

121130_13

121130_11

121130_12
Licaさん にばったり。

111230_14
私は、今回はこの3つを。どう我が家に飾ろうかなとワクワク中です。

12月1日(土)も開催中。
KIKIPIAZZAさんのHoliday Boutique!!

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »