« Les Misérables サンフランシスコにて上演中! | トップページ | なんで?オドロキ。 »

2012年8月 1日 (水)

サンフランシスコのイカちゃん♡

Orpheum Theatre近くでファーマーズマーケット

120729_10

120729_11
アメリカンな甘さも堪能中。

120729_13

地下鉄で1駅移動して

120729_14
ケーブルカーに乗りました。大喜び!
これは終点にて、安全な場所で撮影です。

120729_15
この日は日曜日、とってもとっても混んでいました。乗るまでもディズニーランド級に待ち。

サンフランシスコの夏はかな〜り寒いことを、事前に伝えてはいたものの、なかなかイメージがつかめていなく、ちょっと「寒いよ」ということを疑っていたようですが、さすがの寒さにフーディーを着ていました。

ケーブルカーのあまりの混雑に、わが夫婦で交代制で並んでおこう!と、行きのケーブルカーを下車してすぐに、帰りのケーブルカーに並ぼう。と。わたしは食事係。

。。。と、「こりゃムリだ」とdannasama。

=順番に並んだところで、約束の時間にも間に合わない。

すぐさま女子チームに合流し、食事へ。

120729_16
メニューの裏のぬり絵タイム。

120729_17
サンフランシスコ名物、クラムチャウダーを前にオドロキの様子。
120729_20

しかしながら、その後、クラムチャウダーがあまり得意でないことを知る。「給食にも出るんだけど、あんまり好きじゃないの」。サンフランシスコのクラムチャウダーを前に、給食トーク。

が、我が家と意気投合、我が家の大好物のカラマリフライ。「イカもあんまり好きじゃないんだけど」と言いながら、薦められたので、という感じて食べてみると

「サンフランシスコのイカちゃん最高〜」

120729_19

「しかも、このおソース最高〜」だそうだ。
6歳乙女はレストランオリジナルのカクテルソースをお気に召した様子。

ここで、ケーブルカーがとてもとても混んでいるので、タクシーでMom(わたしの姉)と待ち合わせの場所まで戻ろうと思う、と告げると(私と同様、乗り物酔いが酷いこともあり、タクシー拒絶もあるとは思うのだけど)

「ケーブルカーが気に入ったからどうしても乗りたい」

ものすご〜く待つこと。
それでもいいのか、と確認しても、それでも乗りたいと。

私は姉をpickしに、dannasamaと姪っこに別れを告げ、タクシーでOrpheum Theatreへ。そして私がタクシー酔い。ドンマイ。無事に姉とも会えたのですが・・・

オジさん(dannasama:半袖。ドンマイ)と姪っ子は、かなり寒い天候の中、まさかの90分待ち。それでも90分、二人であっち向いてほい、にらめっこなどをして待っていたそうな。

そう、二人ということもあって、ワガママを言ってもどうにもならない、しかも相手がオジさんだし、ということで、葛藤しながらも、楽しみながら90分を過ごしたそうです。

Nice姪っ子。そしてdannasama。。。。

子どもの叫びと言えば。

寒い〜
お腹すいた〜
痛い〜

そうですそうです。
チアのレッスンの時にもよくあるシーンです。
感情の叫び(笑)

わたし「はい、わかりました。それでどうしたいの?どうして欲しいのかしら?そこまできちんと言えますか?」とぴしゃり。

たいてい、子どもたちは、キョトンと目をマンマル。

「先生トイレ〜」

わたし「先生はトイレではありません」ぴしゃり。

コントのようですが、
きちんと自分で、感情をぶつけるだけでなく、考えて言うように、受ける側もきちんと対応することも大切ですものね。

姪っこちゃんも、日に日にお姉さんになってきています。
英語の単語も毎日どんどん吸収しています
子どもの可能性に、おとなも遠慮してちゃいけない!
一緒にあたまを柔らかくして生活するチャンス、と思って私も楽しんでいます。

ふぅ、それにしても、今日はプール4時間。まいった!(楽しい悲鳴)

|

« Les Misérables サンフランシスコにて上演中! | トップページ | なんで?オドロキ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事