« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の40件の投稿

2012年8月24日 (金)

カヤックはウェットスーツで♡Half Moon Bay Kayak Co

ハーフムーンベイの初日。
120819_11
こんな青空だったので、「これはさぞかしカヤックをしたら気持ちいいだろうなぁ」と、翌日の朝のカヤックを予約!

我が家のカヤックは、東京湾をカルガモちゃんたちの巣箱を観察しながら東京湾を楽しんだ(この時 )以来。

Shopの方に「ウェットスーツを着ますか?」と、聞かれたのですが、以前も動きやすい服装に、ライフジャケットで楽しめたので、ウェットスーツへの着替えはいらない、と。すると、ウィンドジャケット(風、水を通さないすぐれもの)と、ライフジャケットを貸してくれ、着用し、いざカヤックへ。

もろもろレクチャーを受け、いざ、カヤックに乗り込み、大海原へ!!

その時に、気がつくのです。
「ウェットスーツに着替えますか?」の意味を。

1)座る席がすでに水たまり(笑)
2)カヤックを海に浮かべてから乗り込む=靴のまま海に入る

はい、カヤックを漕ぐ以前に、すでにビチョ濡れになるのです。
120819_10
わたしはクロックスだったのと、ジーンズを膝までまくりあげたので、お尻がやや濡れな状態でいざ、出航!!

そして、この日は昨日にうってかわって「霧!霧!霧!」
120819_12
姉撮影のわが夫婦カヤック。

あはは!ずいぶんと暗い!
でも実際の感じはもうすこし明るかったのです。

と、最初から、ドンマイな出航でしたが、わが夫婦のカヤックと姉と姪のカヤックは無事に大海原へ。二人で呼吸をあわせ、進んでいきます。
初挑戦の姪っこも、上手に漕いで?います。

120819_13

寒いかな、と思ったのですが、1時間はこの天気じゃ長く感じるかな?と最初は思ったのですが、一生懸命漕いでいたのと、楽しさと、そして自然の素晴らしさに「あっというま」の1時間。

姪っ子は、姉と「右!左!」とかけ声をかけながら、楽しそう。
カヤックは後ろの人がキャプテン。
キャプテンの指示を聞きながら、カヤックを楽しみました。

海の上。もちろんふざけては危険です。
チームワークを大切に、お互いを信頼し合って・・・。わが夫婦もとっても素敵な時間になりましたが、母娘にとっても貴重な経験になったかな。
それに1時間、パドルを持ち続ける、漕ぐのも大変なことです。

120819_14

120819_15

120819_18

120819_19
無事に戻ってきました。

120819_20
さ・さ・寒い・・・。
このあとに(予約はしていませんでしたが)、乗馬をしようと前日は予定していたのですが、さすがに中止です。まずは着替え!!

あいにくの天気でしたが、みんなの素晴らしい思い出に。姪っ子もキャンプでの3時間のトレッキング以来、ずいぶんたくましくなったなぁと感心するばかり(前の日に2時間お散歩もしたし)。

ちなみに、私だけですが、やっぱり自分で漕ぎながら少し酔いました。どんまい。

120819_21

♡Half Moon Bay Kayak Co
http://www.hmbkayak.com/home.html
Johnson Pier  Half Moon Bay, CA 94019
※クーポンがあったりするのでwebをチェックしてみてくださいね!!

|

朝は美味しい珈琲で♡Blue Sky Farms/Half Moon Bay

朝はおいしい珈琲で。

ということで、宿泊先の近くでみつけたこちらに。
120819_1

120819_2
ただ、残念ながらお店の中はわんこNGなため、コゼットはホテル待機。

120819_3

120819_4

お店は、若者の男女がキリモリしていました。外観から、なんだか勝手に老夫婦が出迎えてくれるものと思い込んでいたので、ビックリ。人の先入観、イメージとは勝手なものです。

120819_5

宿泊し、旅先でいただくBreakfastもいいものですよね。この日にこれから起こるワクワクを期待しながら、想像しながらもゆったり過ごすこの時間。

姪っ子が頼んだ「キッズチョコレート(写真左下)」。見た目はすごいですが、ご安心を。甘くないホイップです(とはいえ、その下のチョコは甘いですが)。ぷぷぷ!!
そして、これを機に、なんでも甘くて美味しそうなものに対し、一度、「これはもしや・・・(アメリカ的なものすごい甘さではないか)」と考え、あまり頼まなくなった6歳女子なのでした。

あれ?それにしても霧がすごい!まるで小雨のよう。そして寒い!!

♡Blue Sky Farms
http://www.blueskyfarmsltd.com/
3068 Cabrillo Highway North  Half Moon Bay, CA 94019
Hours:      
Mon-Thu 6 am - 11:30 am      
Fri 6 am - 4 pm      
Sat 7 am - 4 pm      
Sun 7:30 am - 11:30 am

|

19時過ぎのthe Pacific Ocean。北緯37度より。

北緯37度のハーフムーンベイ。緯度で言うと、福島県あたりになるのかと。

19時過ぎの太平洋を眺めに。
120818b1
セルフタイマーで撮影をしたら、10秒の間にみんなのところまでたどりつけなかった私はなんだかガリバー。ドンマイ。

アメリカから太平洋を眺め。
思うこと、感じることは人それぞれ。

私は、アメリカでいま生活していても、こちらでできる日本の応援を・・・。無力さを感じながらも、それでも・・・。そして、いまの、家族とのあたたかい日々に感謝・・・。

120818b2

120818b4

世界はつながっている。
アメリカから太平洋を眺めるたびに、考えること、感じることがあります。

|

モンゴリアンバーベキュー初挑戦!♡Gin Wan Chinese Restaurant/Half Moon Bay

シーフードのおいしいHalf Moon Bayにいながら、モンゴリアンバーベキューに初挑戦です。

初挑戦なために、このお店のスタイルがTheモンゴリアンバーベキューなのかは、いまだ勉強不足なのですが・・・。

さて、みなさんがイメージしている【モンゴリアン】と、一致するかな・・・。

答え合わせ気分で、この先をどうぞお読みくださいませ。

120818m1
まず、”どんぶり”にお肉やお野菜をそれぞれが好きなように選んでいきます。そして最後に、タレコーナーにて(写真なし)、タレをセレクトし、小さいお玉みたいなもので1杯かけます。

120818m7

120818m2
そして、カウンターに。「お願いしま〜す」

120818m6_2

120818m3
すると、向こう側(私たちが立ち入らない、カウンターの向こう)で、お兄さんが炒めてくれるのでっす。このなんだか大きな丸い鉄板?!で。

できあがると、「何番目のお皿ー」と出した順に、元のドンブリにいれてカウンターに置かれます。

と、自分でお肉やお野菜を1回1回選べるのが楽しいのですが、1回をよくばると、2回目からすでにもうツライ・・・。この1回ずつの楽しみ方がとっても大事(量や具材のバランス)。

「胃袋は宇宙だ」、な、今回の旅のお仲間が軽快に「ごちそうさま」をする中、私だけは、最後は涙目で完食。わたしのモンゴリアンBBQのデビュー戦は、満腹との葛藤で終わりました・・・。



最後にフォーチュンクッキー
120818m5

120818m9
「胃袋は宇宙だ」な、みんなとセルフタイマー撮影。

わたしのモンゴリアンBBQ、次回に期待!!!

♡Gin Wan Chinese Restaurant
2810 Cabrillo Highway North  Half Moon Bay, CA 94019

|

2012年8月22日 (水)

州立公園でキャンプやピクニックの買い出しはこちら♡Andreotti Family Farm/Half Moon Bay

Half Moon Bay State Parkのすぐ近くに、Andreotti Family Farmというお店があります。

120818_41

オーガニックや地元のお野菜や果物、卵などが。

州立公園でのキャンプ、BBQの皆サンはこちらで調達するのかしら?

120818_42

120818_43

120818_45

我が家はグレープを。

ちなみに、

120818_46

お店の外に、フルーツを洗う水道あり〼。

120818_47

わんちゃんのお水あり〼。ただし、この時はなんだかな〜な感じでした。(笑)

♡Andreotti Family Farm
329 Kelly Avenue  Half Moon Bay, CA 94019

|

ハーフムーンベイ州立公園でハイキング!!♡ Half Moon Bay State Park

Half Moon Bay State Parkに!!

いつかここのキャンプにも挑戦したいな!ただ、強風の中のテントは大変そうだけれども楽しそう!キャンプを楽しむみなさんも眺めながらお散歩スタート!!

120818_30
ビーチはDog NGのため、この州立公園内の砂浜は歩けませんが、広いそら、山、そして砂浜を見ながらのお散歩です。

120818_33
※コゼットわたしは手前でお留守番♡

120818_34

120818_35

120818_36

120818_37

120818_38

120818_39

120818_40

途中で折り返して、2時間弱歩きました。
姪っ子もずいぶん歩けるようになりました。

さて、いよいよ、ディナーはどうしましょう・・・
日帰りでもOKな場所が泊まりというのもやっぱりいいものですね。

♡Half Moon Bay State Park
95 Kelly Avenue  Half Moon Bay, CA 94019

|

Salt Water Taffy♡Salt Water taffy Co./Half Moon Bay

Salt Water Taffyのお店♡

120818_24

120818_25
姪っこ。たくさんGet!
120818_23

お店前にて
120818_21

120818_22
おとな夢中。

♡ Half Moon Bay Salt Water Taffy Company

270 Capistrano Road Bldg 28 Half Moon Bay, CA 94019
http://www.halfmoonbaytaffy.com/

|

我が家でベストワンのクラムチャウダー♡Barbara's Fish Trap/Half Moon bay

姪&姉&我が夫婦、そしてコゼットでハーフムーンベイに1泊旅行に行って来ました。

120818_1

120818_2

到着して、ホテルにチェックインし、いざランチへ。我が家の(いまのところ)ベストワンクラムチャウダーを食べに!
120818_3
今回はコゼットも一緒だったので、ToGoして、お店の外のエリアで

120818_4

120818_5
Barbara's Fish Trapのクラムチャウダー♡

120818_6
カラマリフライ

120818_7
フィッシュ&フライ

120818_08
crabサンドウィッチ

やっぱりおいしかった!
いつもは日帰りなので、ゆっくり過ごせるハーフムーンベイ。楽しみ!!

♡Barbara's Fish Trap
281 Capistrano Road  Half Moon Bay, CA 94019
Hours:      
Mon-Thu, Sun 11 am - 9 pm      
Fri-Sat 11 am - 9:30 pm
※クレジットカード不可、キャッシュのみ。

|

2012年8月18日 (土)

コゼットのお気に入りの寝床

最近、コゼットがどうも気に入っているようで、気がつけばそこにいる、そこにいきたがるのです。

昨晩も、リビングにいないので、もしや・・・と、すでに姪っこが寝息をたてるベッドルームへ

120817_1
写メしてみましたが、このありさま。まっくら。

フラッシュをつけてみると
120817_2

スヤスヤ〜

ここがどこかですって?

120817_3

スーツケースの中。

しかも畳まれたお洋服を足でぐちゃぐちゃにして、寝床を作ります(ごめんね姉&姪)。この日もぞんぶんに畳まれた洋服を荒らして、最後は姪っ子のショートパンツが枕に。トレーナー地が寝心地いいのかしら?!

この日は朝まで自分の寝床に戻らず、ココで眠り続けていました。少しこちらの部屋の方が涼しいのは確かなのですが、なぜに、スーツケースの中?

| | トラックバック (0)

浴衣 DE 夏祭り!!

120813_1
いらっしゃい!! 焼きそばだよ!

今日は浴衣を着て、夏祭り気分!!

120813_2

マリリンと底姐さん が下準備から何から何までしてくださり、マリリンはフル稼働で動いていたので、Ah〜ごめん、お写真がないよマリリン。

底姐さんは、「自分、焼き場担当ですから」と、ベテラン料理人のごとく、次から次へとお好み焼きなどを焼いてくださり、感謝です。

120813_3

そう、マリリン家のお嬢ちゃまが、夏祭りを盛り上げるべく、こんな素敵な演出を用意してくれていました。

120813_4

かわいいね!!

1208013_13

そう!子どもたちはこのラムネも大喜び。

ちなみに、おとな7名、ティーン5名、子ども3名の15名大所帯での夏祭り。
120813_5
みんなで、お好み焼き、焼きそば、たこやきをいただきます。
底姐さん、今度はたこ焼きありがとう♡

120813_6
ティーンもノリノリよ。
今日のティーン。5名中4名が女子。しかもその女子4名中3名が現役ハイスクールチアリーダー。1名がチアリーダー予備軍!アメリカのハイスクールチアリーダーたち、なんだかとっても華やかで、すでに日本の女子大生ぐらい、いや、OL(笑)の風格、色っぽさがあるわ・・・

120813_8
子どもたちはお庭でお食事を楽しんでいます。
手前のチアリーダーシートの雰囲気と、奥のちびっこシートの雰囲気の違いが面白かったな!

そして、いよいよ登場、綿飴マシーン!!

120813_10
今日イチの着こなし!!オシャレ大賞。Papaのジンベエをアレンジした乙女。いいね!!ドロップから綿あめを作っています。

120813_11
予想どおり。姪っこも夢中。

120813_12
少年も。

120813_15
姉も。おとなも楽しい!
そしてもちろん
120813_13
サリーちゃんが持ち場につくと、電熱すら怪しく光(イメージ)、踊りだすよ綿飴が・・・。思い出すのは、念力で巻いたあの太巻き・・・
詳しくはこちら→Bush&Lily5日目:雛祭り! 

120813_16
そしてその後はティーンたちが大盛り上がり。あ、6歳女子が<イスに立った状態で>混ざっていますが・・・。

今回は、ただいまニンプリンセスなB-Craneちゃんも来てくれました
120813_21

120813_20
みんなでパチり。
アメリカで小さな子と遊んだり面倒を見てくれるのが上手なお姉さんやお兄さんとの出逢いで姪ッ子も楽しそう。

120813_19
お兄さんが、日本語を使ってくれたりみんなも姪っ子が楽しめるように、と優しく接してくれてありがとう。ただ、どうしてもところこどころは英語でとびっきりなネイティブ発音なので、知ってる単語だとしても「???」となったり、真似して発音していたりで(意味がわかってるのかは不明)そんな様子を、離れて見ていて発見がいっぱい!!

120813_18
最高にあたたかさとおもしろさで溢れた仲間達。
B-Craneちゃんのベビちゃん誕生後もシッターはいっぱい!!

ホストをつとめてくれたマリリン、そしてみんな、ありがとう。
来週から学校が始まる貴重なお休みの日を、日本からの姉と姪と一緒に過ごしてくれてありがとう。こうやって、アメリカで実際に生活をする、私のような駐在ではないみなさんの暮らしの中で、一緒に楽しめることは、貴重な経験です。本当にありがとう。

と、upがかなり遅くなりました!!
いや〜、底姐さん 『浴衣 De 夏祭り♪』 upはやい!!!

日常をすこし面白く楽しんじゃえっ
そんなヒントになれば・・・
大切なお友だち、いつもありがとう。

|

2012年8月17日 (金)

Schaub'sの新たなお気に入りのお肉!HawaianRib!!/Schaub's♡Palo Alto

黒肉、ただしくはFred's Marinated Sirloin
最高においしく、我が家の大好物。
Stanford Shopping CenterにあるSchaub'sはいつもこのお肉目当てだったのですが

120812b1
HAWAIIAN BARBECUED RIBS最高!
これまた気に入りました!

もちろん
120812b2
黒肉(Fred's Marinated)もね!!

120812b3
バーベキューでいただきます!

120812b4
19:30頃はまだこんなに明るかったのにね!!

過去の黒肉たべっぷりはこちら↓
Stanfordの黒肉で。


♡Schaub's Meat Fish & Poultry
Hours:Mon-Fri 10 am - 7 pm Sat 9 am - 7 pm Sun 11 am - 6 pm

♡Stanford Shopping Center
395 Stanford Shoppng Ctr  Palo Alto, CA 94304
http://www.simon.com/mall/landing/841/
REGULAR MALL HOURS
Mon to Fri: 10:00am - 9:00pm
Sat: 10:00am - 7:00pm
Sun: 11:00am - 6:00pm


|

facebookでおやくそく。

新facebook本社。

120812f1
先月も同じことをしたばかりですが・・・
みんなが、Like!! いいね!!ポーズで記念撮影。

facebookはこの入り口の看板での記念撮影のみで、観光客が敷地をウロチョロもダメよ。(駐車場エリアも警備員にNoよ〜、いいね!の写真だけ〜、と声をかけられます)

ちなみに、この本社はSun Microsystemsの跡地であることも有名ですが、さきほどの看板の裏は・・・。
120812f2



♡facebook
1601 willow road menlo park ca

|

2012年8月16日 (木)

どうする?!迷い犬、そしてSkype

hpで看板と記念撮影をした後(詳しくは1つ前の記事を)
車を走らせると、なんと! 少し先を大型犬が、ものすごく元気よく、伸びやかに道路を走っているではないですか!!

こんな感じ
120812d1
車を走らせて・・・、とその前にこのドンマイなレベルなメモ(絵)にはつっこみ不要です。

120812d2
とつじょ現れた大型犬。
おそらくいままで閉じ込められていたのか、リードで繋がれていたのか、すごい軽快な足取りで、「私、自由です」と表現しているかのように、走っているのです。

もちろん、道路の決まりなんて無視ですので、反対車線から車が来やしないか、ひかれやしないかとヒヤヒヤもので。幸い、わたしの斜線にも対向車線にも車が無かったので、スピードを落として、この犬が急に目の前に来ないかと注意を払いながら運転です。。。としていると、私の目の前に来てしまったので、車を止めると、そのタイミングで後ろから赤いジープが、私を抜かす。。。

すると、その大型犬
赤いジープの後ろを猛ダッシュでこれまた軽快な足取りでおいかけながら、登り坂を登って行くではありませんか!!

とにかく、私たちは車を出発させ、それでも、緊張しながら前に進んでいると、また、車に近づいて来たので、私は助手席にいたdannasamaに「お水でもあげようか」と。

今思えば、そもそも、お水なんてもっていなかったのですが、この大型犬、喉が乾いていたらかわいそうだし、しかもきちんと鑑識がついてるから(そのように見えた)、どうにか早く飼い主の元へ、という気持ちもあってその発言をしたのですが・・・

すると、大型犬が視界から消えたので、アレ?と思うと、何やら視線・・・

120812d3

左側、つまり運転席の窓、しかも全開にあいた窓をみると、その大型犬と目があいました。そう、前足をしっかり窓にのせ(手はこちらに入っている)、

「水くれるっていったー?」と、まるでおどけているよう

あまりの突然の出現、音も気配もさせずに、窓から顔をだした大型犬に

わたしは、どうもできず。緊張でかたまり
わたしの後ろに座っていて、同じく窓が全開だった姪っこは「早く窓をしめてー」とお助けな悲鳴。

「え?もらえないの?」

もしくは

「あれー?私のBossじゃないなー」

もしくは

「あれー?私、乗るスペースないかぁ」

とでも言ったかのように、そこから離れました。

こういうときはすぐにアニマルコントロールに通報したほうが良いのでしょうか。ただいま調べ中です。さすがにこの時のあの大型犬は素人が確保できるようなノリではなかったのですが。

その後、たまたまその大型犬に導かれたかのように
120812d4
予定外にskype。(ラッキー?!)
skypeいつもお世話になっています!!

その後、大型犬はあっという間に、視界から消えてしまいました。

車酔いが激しい姪っ子は、車の窓を全開にしたがるのですが、さすがにこの後は、あのときの恐怖に近いオドロキから、窓を締めていました。
そして、その後も窓を全開にしたら、いつ犬が顔を出して、もしかしたら飛び乗って来るかもしれない、と開けれない様子。ぷぷぷ。
でも、姪っ子よりも大きな大型犬だったから、そりゃ驚いたのでしょう。

だって、わたしだって、あの横を向いて目があったとき、この瞬間の
120812d3_2
(※ごめんなさいね、またこの絵で。)
顔の近さは、ちょっといまでもドキドキします。

無事に飼い主のところに戻っていますように。
アニマルコントロールに通報して・・・最悪の事態(飼い主にとって望んでいない)になったり、でも反対に良いことにもなっていたかも、もしくは誰かに被害があったら、と思うと、目撃してしまったことでの責任もなんらあるように感じ、もやもやしています。そして、こう書く事で、何もしない(むしろそれがNo!)という、ことをさらすことにもなってしまうかもしれませんが、もし、迷い犬をみかけた対応を、後日追記できて、今後の同じ?、にたような経験をした方の参考になれば・・・

しっかし、私が描いた絵、ひどいわね。ドンマイ!

|

ヒューレット・パッカードの始まりのガレージ/Palo Alto

いつか行こう、そして、いつか行けると思って行っていない場所。シリコンバレーに本社を置く会社やそこにまつわる地。

日本からのお客様がいると、リクエストが入り、その流れで行くことがほとんどですが、いいきっかけ!

いよいよ、hpヒューレット・パッカードのはじまり。あの有名なガレージを見て来ました。
※「シリコン バレー発祥の地」としてカルフォルニア州歴史的建造物第976 番に指定されています。

2004年9月hpはガレージを後世のために保存してゆくことを発表しました。このプロジェクトはパロアルト市アディソン街367番地の家屋、小屋、 およびガレージを、ヒューレット・パッカードの創業者が伝説的なパートナーシップを設立した1939年当時の状態にまで遡って復元しようというものです。(http://h50146.www5.hp.com/info/company/abouthp/histnfacts/garage/ より引用)

で、パッカードの車庫を探しに閑静な住宅地パロアルトへ。
120812_hp1
さすがパロアルト。デビッド・パッカードのお家はとても素敵。「車庫から始まった」ことばかり、いままで意識してきたので、もっとおんぼろ車庫を想像していました・・・。

120812_hp2

120812_hp4

120812_hp6

そしてこのまま本社へ(といっても看板のみ)
120812_hp9

ガレージではじまった会社が、いまや、日本生まれ東京育ちの6歳の乙女ですら「このマーク知っている」(=「AKBがCMしているから」ということもあるのだけど)。なんだか凄いよね。


120812_hp8
姉と姪は「h」と「p」を表現したようだけど・・・・
姪っ子、ずいぶん工夫しちゃったわね。。。。

さて、次はおきまりのポーズ(いいね!)をしに、facebookへ・・・と車を走らせた直後に、オモシロ?!オドロキ?!ハプニングが・・・。このあとの姪っ子の乗車スタイルに多いに影響をあたえたあの・・・。

♡HP's Garage
367Addison Ave., Palo Alto, California
http://www8.hp.com/us/en/hp-information/about-hp/history/hp-garage/hp-garage.html

|

Princess in training♡怒髪天(麺酒場/ラーメン屋)/Palo Alto

120812_1

Princess in training
そんなTシャツを来ている姪、いやプリンセス。

最初のトレーニング地は・・・
120812_2
YES!!ラーメン屋。正しくは麺酒場!ぷぷぷ。

120812_3

我が家もお初なPalo Altoのラーメン屋「怒髪天」。みんなで行ってみましたよ。

120812_4
白まぐろ丼。
ずいぶんを大きなどんぶりに見えますが小さいどんぶりね。

120812_5
怒髪天ラーメン(塩)

120812_6
怒髪天ラーメン(とんこつ)

120812_7
ハイパー怒髪天ラーメン(とんこつ)
↑つまり「全部のせ」

ちなみに、こちら
120812_8
かえだま。
小さなどんぶりに、想像超えの麺(の量)。お気をつけあそばせ。

ふぅ、かなり満腹になります。
次はまわりのみなさんが食べていた「鉄板焼飯」に挑戦したいと思います。

ちなみに、食後すぐに(長い時間(20分程度から))車に乗れない、そんなカラダのつくりのプリンセスは近くに移動をし、小1時間、あれかこれや休憩です。
120812_9

♡麺酒場 怒髪天
799 San Antonio Rd.
Palo Alto, CA 94303
(650) 493-2878

Hours:      
Mon-Thu 11:30 am - 2 pm      
Mon-Thu 6 pm - 9 pm      
Fri-Sun 11:30 am - 2:30 pm      
Fri-Sun 5:30 pm - 9 pm

|

いいよね、夫婦愛。

120811_10
カーメルでいつもみると癒されます。

うん、いいね!!

|

サンフランシスコスタイルフォンジュ♡The FORGE in the forest/Carmel

カーメルで犬連れでゆっくり食事といえば
The FORGE in the forest

120811_1

犬連れエリアとそうでないエリアが別なのも、安心。

さて、我が家の定番となりつつあるピッツァと
120811_2

アーティチョーク
120811_3

120811_4
そして今回初挑戦が、「サンフランシスコスタイルフォンジュ」

120811_5
つまりのところ、サワーブレッドのパンの中にチーズがということなのだろうと思いますが(浅はかでごめんなさい)、これが予想以上に「チーズいいね!」という感じ。ただ、どうも青リンゴだけは・・・。

120811_6
ローカルビア。とにかく大きい!

姪っ子は初めてのアーティチョークに「・・・」。

以前の記事→犬パティオ有り♡The FORGE in the forest/Carmel

♡The FORGE in the forest
http://forgeintheforest.com/
south west corner 5th avenue Junipero Street
Carmel, CA
(831) 624-2233

|

キャンプの予約。

カリフォルニアでキャンプの予約はこちらから!!
http://www.reserveamerica.com/


|

キャンプ!!ありがとうチーム!(9)♡Big Basin Redwoods State Park

さてさて2泊3日のキャンプがシリーズ9にまで。
姪の様子を楽しみにしている日本のジジババだけは喜んでいることでしょう。ぷぷぷ。

わたし自身、久しぶりの「電波なし」生活。
i phoneを触らない2日間。
調べたいことが起きてもその場でネット検索できずに(あたりまえ)、仲間に聞いたり、話したり。まさしく、ニンゲンリフレッシュ!自分の未熟っぷりも存分に(前向きに)感じることができたしね!!

さて、片付けが終わったので、さぁ、今回のチームでの最後のお散歩です。わんこラッキー&コゼットも(行けるところまで)一緒にね!!

120809_60

120809_61

120809_63

120809_64_2

120809_65

120809_66

120809_67

120809_68

120809_69

120809camp

素敵な仲間。ありがとう。
カリフォルニアの大地、すばらしい自然、ありがとう。

と、感動の直後は、下山です・・・。
が、どうにか無事に帰宅できました。



♡Big Basin Redwoods State Park
21600 Big Basin Way
Boulder Creek, California, U.S.A.
95006-9064
http://www.bigbasin.org/travelbasicsmain.html

 

|

2012年8月14日 (火)

キャンプ!!相手を受け入れる余裕(8)♡Big Basin Redwoods State Park

2泊3日。帰る朝になりました。

120809_1
目覚めると、いい香り。
隊長が焼き芋を作ってくれました。美味!

120809_2
朝食時はひんやり。

このキャンプで隊長やLicaさんはもちろん、長女ちゃんと次女ちゃんが、三女のことを「根気づよく」面倒をみてくれました。
ワガママを言ったとき、困らせたとき、一緒に遊んでとお願い(アピールされたとき)などなど、さまざまなところで、たくさん応援をしてくれました。

野菜の好き嫌いを言えば、お姉さんたちがピシャリ!
そして、同時に、こうしてみたら? こう食べたらおいしいよ!
時に実践までしてくれる。勇気をくれる、きっかけをくれるお姉さんたち。

おとなはついつい(今回の三女の事に限らず)、子どもが、(結果として)いい意味で失敗する時間を「できれば無いほうが彼女のため/いろいろ好都合」と、知らぬうちに奪ってしまうことがあります。これは親子や家族でなくても。
ついつい、先回り。
きっかけが無かったり、そこへの余裕(時間的/精神的)が無かったり。
そう、自分が相手を(その色々を)受け入れる余裕。

長女ちゃんと次女ちゃんが、たくさんの「きっかけ」をくれました。もちろん三女にだけでなく私にも!ありがとう。

さて、撤収作業。お掃除です。

120809_3
ガールスカウトを大学生(つまりリーダー)までやっていた姉はテギワヨシ!
120809_4

みんなが自然と分業

120809_6
次女&三女チームは
120809_7

2つのテントの中を掃除。
汚れがとれないなー。大変だなぁとつぶやく三女ですが、掃除やり方も次女ちゃんに習いながら、考えることは「次に使うときは、どう使えば後の掃除が少し楽になるのだろう」。
コレ、大事ね。

見事な分業で、あっというまに片付け!
サヨウナラの前に、ワンチャンたちも一緒に最後のお散歩へ

|

キャンプ!!ごちそうのシュラスコ(7)♡Big Basin Redwoods State Park

さーて、3時間のトレッキングの後は、最後のディナー、みんなでシュラスコ!!

120808_50
みんなで準備をしています。

120808_51
長女、次女、三女でお皿洗い?!

え------?
シュラスコ、というか、ディナーの様子がない!あのお肉まつり、おいしかったエビたち・・・。これだけは書き記しておこう

「シュラスコの際に、刺す棒は鉄が鉄則」

2日目、最終日の夜にふさわしくみんなで楽しくモリモリいただきました。
120808_53
その後は小さな火を囲みながら・・・
おとなはワイン、子どもたちはココアを。

120808_56
はい。寝る前に最後のマグカップを少し長し、本日はおしまい。

120808_54
ヘッドライトが便利。

120808_57
おいしかった隊長おすすめワイン。

この夜もおとなはおとなで、隊長やLicaさん、そしてみんなでと色々な話をしました。想像を超えるたくさんの星の下で・・・。

夜のみなさんのお言葉。
「夫婦ふたりで子育てするならば・・・、例えば子どもに注意をするとき、お父さんとお母さんが言っていることが違う、ということは無いようにしなければ・・・(そのためにも夫婦でよく話す)」
「夫婦に、子どもが増え、家族が増えたとしても、この場合は基本は夫婦。まずは夫婦の関係性がとっても大事(子どもにも影響する)」
その他、仕事の話や、プライベート、お話させてもらい、とっても素敵な夜。

さて、さて
6歳の三女の他に、初キャンプが・・・。
我が家の愛犬コゼット。
1日目は、緊張しているのか夜はテントの中(のケージの中)で朝まで起きていたようですが、この日は、この夜のキャンプファイヤーのときから、バックの中でややいびき。バックをななめがけにしていたので私もあたたかい。
そして、テントの中でもいびきをかいて寝ていました。
みんながそれぞれの思いで奮闘中!!

キャンプのやくそく
「泣きません。泣くと、山にいる動物たちがびっくりします」

三女がすぐ泣くので、事前にこんなアプローチでも話をしていたのですが、これはコゼットもかもね。2日目の夜はクンクン泣きませんでした。Good!!

|

2012年8月13日 (月)

キャンプ!!6歳,3時間の中級トレッキングへの挑戦(6)♡Big Basin Redwoods State Park

Licaさん と長女ちゃんが山に無事に戻り、みんなで昼食も済ませた後、いよいよみんなでトレッキングです。

長女ちゃんは体調が万全でないこともあり、わんこたちとお留守番に。愛犬コゼットと一緒に残ってくれたことで安心してトレッキングに集中させてもらえ、長女ちゃんには感謝です♡

さーて、3時間の中級コース。6歳の三女も未知の世界。もちろんそれを応援するわたしもワクワクドキドキしながらのスタートです。
120808_30
隊長がルート確認中に女子たち。そう、今回は男性は隊長とラッキー(犬)のみ。

120808_31
首に触れる部分を水でぬらしたタオルを首に巻き、6歳乙女、初めてのトレッキングです。

120808_32
こちら、歩き始めて45分とか1時間弱のころに現れたスリッピングロック!その名のとおり滑る岩。滑るし、傾斜もかなりシンドイし、おとなのわたしたちも息があがるほど。

休憩のタイミングやそのとりかたや、安全を確保するための歩き方や、連携のとりかた。先頭を歩く隊長や、なれた隊長ファミリーのおかげで、安心して挑戦できます。

120808_33
おとなひとり、しか歩けない幅、しかも崖。というようなところもたくさん歩きました。

120808_34

そう、この3時間の間、三女の口癖っぽかった「疲れたー」は無しにしよう、とみんなで。隊長からは、そういうときは「気持ちいいー!」に変えてみようと。

そして、ちょっと誰かがつまづくと(もちろん安全確認もすばやいけれども)、かける言葉が「大丈夫?!」と、ちょっと6歳児だったら、そこで気持ちが甘えに向いてしまいそうな言葉がでないLicaさん。「がんばろうー」とか、ポジティブな言葉がとっさにでていました。さすがベテランmom。さすがLicaさん。

120808_36
しかも、こんな樹まで歩いて渡ってしまうLicaさん。(ちなみに左は崖よ・・・)

120808_37
同じ樹を次女渡る。

120808_38

120808_39

120808_40_2
この頃はすでに1時間半ぐらい歩いたころかしら...

安全な時に十分に気をつけながら少しだけ写真を撮りましたが、さすがに中盤以降は写真がありません、そう、私も必死。(もちろん気持ちいい奮闘です)

その後も歩みを進めると、朝のお散歩でも歩いた見覚えのあるあたりについたので、「お!後少しだ!」と、少し喜んだ私がバカでしたわ。

隊長が朝お散歩した道路なんぞ、歩きませんわ・・・

私たちのテントエリアまで、引き続き山の中のトレイルコースへ。これが結構最後の40分くらいかな。最後には結構な傾斜だったりして。「さすが隊長!!」
みんなで声をかけながら、自然を感じながら(もちろんココが大切)、歩みを進めました。

この時点で、おそらく三女もあと少しだ、と思っていた分、ここから本当によくがんばっていました。

なんて、自分や仲間を励ましあいながら歩みを進めると、長女ちゃんの声が!!

「やった!本当にあともう少しだ!」

そんな風に思った私がバカでしたわ。

隊長が、続く道ではなく、進行方向を変え、茂みにどんどん入っていきます。わぉ!ジャングル?!(やや大げさ)

120808_41
「隊長、ここはどこですか?!トレイルコースですか?!」

120808_43
「隊長! 川ですか? 超えますか?」

120808_44
「隊長! みんなでこの樹をたよりに登ります!!」

そう、隊長のことを信頼しているからこそ、隊長の背中についていき、前に進むことができました。そして、隊長の背中についていきながらも、きちんと自分の足やカラダを意識しているからこそ怪我もなく。そしてみんながいるしね!

120808_45
これを登りきれば、私たちのテントエリア!6歳の三女もおよそ3時間歩いて来たカラダでケンメイに進んでいます

120808_46
前方のオレンジは・・・、長女ちゃんがコゼットを抱いてお迎えしてくれています

「隊長!全員無事に登りきりました!!」

さすが隊長とのトレッキング。最後の5分、最後の追い込みが激しかった(笑)←(笑)と、書かずにはいられない。

120808_47

途中、三女が泣いてしまうこともありましたが(ちなみに、歩くのが辛くてではなく、シリトリで負けたことがらみで(笑))、みんなで応援しあいながら、楽しみながら3時間歩きました!
みんなで、セルフタイマーでぱちり。チームだね。

三女のポーズをご覧あれ。
なぜかファイティングポーズ。
3時間の中級トレッキングコースを歩いた6歳児は、いろんな事を感じ、強くなったのでしょう。

3時間コースの他に、6時間コースもあるみたい。隊長はやる気です!隊長サイコウです。このBig Basinの自然たちサイコウです。

わたし、山歩きがとっても好きになりました。みんなありがとう。

さて、今夜はお待ちかねのシュラスコ!みんなでお肉だよ!!


|

キャンプ!!自由時間があったらどう過ごす?(5)♡Big Basin Redwoods State Park

キャンプ慣れしている隊長一家は、楽しみ方やリラックスのしかたがとっても上手。実はこれ、キャンプ慣れはもちろん普段からそうなのだろう、とつくづく。

2日目の朝、90分のお散歩を済ませ(その前に食事もね)
隊長から
「さぁ、これからお昼ごはんまでは自由時間だよ」
「それぞれが自分で過ごしたいように自由に過ごそう」
(もちろんちびっこ三女もいるので安全面などもろもろ配慮した上でのご提案)

みなさんだったら、どう過ごしますか?

すると
120808_20
隊長はドリンク片手に、大自然の中でゆったり読書。

「あ〜、なんて気持ちよい読書なのでしょう。なるほど、本を持ってくればいいのかぁ」

と感心していたら、その奥に見えますでしょうか、次女ちゃんは、おもむろに寝袋をテントからもってきて、大きな横たわる樹の上に横たわる。大自然の中でお昼寝。

「あ〜、なんて気持ちよさそうな昼寝!」

そんな風に感心して、出遅れる私たち。終いには三女は案の定「ママ〜」と。つかさず、みんなから「今は、自分でそれぞれが過ごしたいように過ごすんだよ」と。

すると、姉
120808_21
次女ちゃんスタイルにてお昼寝。

そう、姉もきっと三女(つまり娘)のことを構ってあげたかったでしょうに、ここはぐっとこらえたのでしょう。「自分でどうにかする」三女を応援するかのように、樹の上に。

120808_22
わたし、寝相が悪いため(この前の番もテントの中で転がりまくって(移動しまくって)みんなに迷惑をかけました・・・。)こんな挑戦がそもそもできそうもないために、うらやましい・・・

120808_23

ヒーリングのCDやアロマは不要(あたりまえ)。いつか挑戦したいな・・・

そんな姉(つまり母)をみた三女(娘)は「わたしも外でお昼寝したい」と言うので、彼女も寝相が悪いので
120808_24_2
テーブルお借りしました。みなさん、応援ありがとう。

120808_25
ここは、伯母さん、過剰に監視することなく、ここは離れて寝ている姉を応援すべく、”三女がテーブルから落ちないか”だけを、たまに確認。こういうときこそ、おばさんの出番ですもの(どうせ樹で寝れないというドンマイもあり。寝れる人が楽しまなきゃ!!)

そう、三女はこの自由時間を、きちんと(お手洗いに行きたいとき以外)自分で過ごしたのは大きな成長だな、とつくづく。

こうしなさい、ああしなさい。は無し。
それぞれが自分で過ごしたいように自由に過ごそう
そう、目的だけしっかり提供し、
How Toはあえて、提供しない。

これって、意外と難しいことなんですよね。
やり方、攻略方法ばかりを教えてしまうのではなく、伝えるのならば、楽しみ方や乗り越え方のヒント。もちろん安全を管理した中でのことですが、過程で失敗しようとも、すんなり成功したり思い通りにいくにしても、自分で考えたやり方や、自分で決めた考え方で取り組むことが大切、ということは、日本で子どもたちに指導をしていたときに、大事にしていたことの1つです。(ただし、ダンスやチアにも通じる事ですが、例えばその基礎となるもの、ダンスの動きなどのそのhow toはしっかり正しいものを伝えていくので、そのhow toとは別です。伝わるかしら?)

目的や自分の意思などを、かたちにしていく為のHow toを自分でみつけたり、挑戦したり。自分の経験で培うことを重ねていれば、この先、How toがわからないときにも、動揺しない、困らない。How toを教えてくれないから出来ないんだー!なんて、言い訳が最初に出てくる事もないでしょう、少ないでしょう、と思っています。これって子どもに限らずおとなもかと。いつだって、自分でいいエナジーに変えて行く思考のひとつ。

そして、もうひとつ。
「わたしはこんな環境だったから・・・」

よくあるのが「長男だから、次男だから(女子版もね)」「ひとりっこだから」・・・というフレーズ。実際に、その環境での幼い頃の環境やそこでの積み重ねた経験や感情からの思考なども出来上がってしまっているかもしれませんし、とても影響もあることなのでしょう。ただ、社会にでたり、大学生ぐらい(きっと早いひとは中・高校生ぐらいなのかしら)から、自分でそれはよくも悪くも変えられるもの!と信じる、気づく人も多いかと思います。それにそれを個性として伸ばすきっかけにすることだって!

そう、どこかで、このフレーズは悪く言えば、言い訳や口実?!としてはとっても好都合なフレーズにもなってしまうのです。これも、自分でいいエナジーに変えられると、いいな、と自分でも思う、わたしは次女。ぷぷぷ。

120808_29

そう、最近、お友だちのお嬢さまのお誕生日の日に、別のお友だち(この子も女の子のmom)がかけていた言葉が印象に残っています。

「ついつい娘というのは自分の分身を思ってしまいがちだけど、小さいだけの一人の”人”だもんね・・・」と。

そう、わが子でもきちんと、小さくても”人”として接してあげること、向き合うことの大切さを、お友だちMomたちからあらためて考えさせてもらいました。素敵で、大切な、そしてシンプルな思い。そんな思いをむねに、愛情たっぷりに向き合う私のまわりのおとなの女性たち、Momたち、Dadたち。素敵です!このチームのみんなも♡

キャンプのやくそく

「初めてのことも、挑戦します。」「諦めません」

みんなで、実践中!!応援しあい中!!

もうすぐLicaさんと長女ちゃんが戻って来るかな。待ち遠しいな♡

|

キャンプ!!想像を超える豊かな自然、ヨセミテレベル?!(4)♡Big Basin Redwoods State Park

今回、ヨセミテに行きたいなといっていた姉。
わたしもまだ行った事が無いので、行きたかったのですがこの時期は混んでいるようなのでどうしよう、と迷っていたころにこのキャンプ。

ここの豊かな自然はヨセミテに匹敵するぐらい素晴らしいものがあるよ、とLicaさん と隊長。すごく混んでいるなか無理していくより、ここで存分キャンプで楽しめば十分よ(三女の車酔いのこともあるし)と。

たしかに、「カリフォルニア最古と」噂される(事実はどうなのか)だけある。歩けば歩くほど驚く世界。

さて2日目の朝を迎えたわたしたち。
わたしたちが目をさました頃には、さすがの隊長はすでにコーヒーを片手に朝日を浴びながら、読書をしていました。

120808_1
三女は初の寝袋、どうやら「気持ちよかった」様子。これも、テントに蚊がよってこないこともあるでしょう。。。。

120808_2
朝ご飯スタートです。
自分で準備。三女もしっかり実践中。

120808_3

さぁ、食事の後は隊長と一緒に「朝の散歩」です。
なんと、長女ちゃんはどうしても外せないチアリーディングの練習が入ってしまい、Licaさんとともに朝食後に下山です。(Momも大変!!)

さ〜て、隊長と「朝、ちょっと散歩をしよう」スタートです。
こちらの自然から何か感じるものはあるかな?!
120808_4

120808_5

120808_6

120808_7

120808_9
ガラスの仮面ファンにはたまらない!屋外ステージ。パックになった気分♪

120808_10

劇団つきかげ×一角獣(ガラスの仮面ネタ)

120808_11

この根っこの上に

120808_14
乗る

根っこの中に
120808_12
入る。

120808_15

歩きながら、自然の中にあるアルファベット探しなどをしました。樹々が不思議なかたちや、いくつか重なりあい不思議な現象をおこし、「B」や「J」、そして「A」にみえるものなどもみつめましたよ!

そう、この朝の散歩。なんと気がつけば90分。1時間30分歩いていました。6歳の三女にしてみたら結構な時間、そして冒険です。
いかに、楽しみを提供しながら、その楽しみを自然を感じながらするきっかけづくりは、おとなの工夫しどころ。

すこしずつ、きっかけをプレゼントしていけば、いつのまにか、自分で「楽しみ方」を覚えていくものですものね。子どもに限らずおとなもかな。そして何よりも、とにかく、みんなで歩いて、みんなでいろいろなものを感じれることってやっぱり素敵♡

さーて、まだまだ続きます。
次はなんと「自由時間」。
隊長から「それぞれが自分で好きなことをすること。好きな過ごし方をしよう」と自由時間宣言。

12歳の次女、6歳の三女、そしておとなのわたしたち。さて!どんな時間の過ごし方をするでしょう???みなさんだったら???

|

キャンプ!!おいしいねスモア!(3)♡Big Basin Redwoods State Park

三女、隊長と犬の散歩。
120807_30
こういう、隊長や身内以外の人とのコミュニケーションの積み重ねってとっても大切
120807_31
自然につくられたであろうスペース。

120807_32

120807_33

120807_34

さ〜て、三女もみんな楽しみの
120807_35
キャンプファイヤー

120807_36

火を囲んでみんなでお話。
電気がない世界。この火がたよりです。

120807_38
そして、楽しいね!スモア!!

キャンプのデザートといえばスモア!!
三女、スモア初挑戦中。

マシュマロを絶妙〜に焼きます。
そして、グラハムクラッカーも焼いておきます。

-焼いたグラハムクラッカー
-焼いたマシュマロ(串から外し)
-チョコ
-焼いたグラハムクラッカー

でサンドします

120807_39

あまくておいしい!
「some more(もう少し欲しい)」

そう、このsome moreがスモアの語源だそうな。

無事に1日目が終わろうとします。三女はじめてのテントと寝袋で就寝です

|

キャンプ!!みんなでチーム!!(2)♡Big Basin Redwoods State Park

カレーライス煮込み中は、火の番人は大人がしながら、みんな自由時間です。

120807_13

120807_14
テントまわりをお散歩中のGirls。
120807_15
おとなは、ワインをいただきながらTalk中。

120807_16

樹が倒れており、まるでトランポリンのよう。

120807_17

今回は、Licaさんファミリーと一緒のキャンプ。だからこそ、家族の垣根を超えてみんなでチーム! 早めにそれも感じておかないと、本当に助けが欲しいときとか、助け合いが必要な時に、ピンチ!!山の生活は何が起きるかわからないですからね。

あえて家族の関係性をとっぱらって行動したほうがみんなが成長できるのと、視野が広くなりますよね。子どもが自ら、新しい人々に飛び込めるタイプの子もいるかもしれませんが、あえて、おとなが、それを少し意識して距離をもつきっかけも必要な時もありますよね。

日本でチアのレッスンをしていた時のこと。
わが娘の習い事の1つと考えれば、娘の成長が気になるのはもちろん当然。だけれども、チアというスポーツをやっているんだと理解できるようになれば、我が子の成長だけでなく、チームメイト(他のお嬢さん)やチームそのものの成長や変化に感動したり、そこに喜びを感じるようになるおとなと、どうも、そこにたどりつけないいつまでたっても「我が子ばっかり」のおとな。

おとなが、我が子以外の子にも愛情をもって接したり、チームとしてのがんばりを喜んだりしている姿と、自分だけを絶対的に愛してるわバリに、チームメイトそっちのけで愛情を注ぐことを伝えるのと、子どもにとってどっちが良いのかな・・・

バランスとタイミングですよね。

いつもレッスンや課外活動のときに、我が子だけでなく、みんなのことをあたたかい目で応援してくれる、我が子と同じぐらいに愛情をもって接しているお父さんやお母さんを見ると、きっと、この子(子ども)も、同じようにできるんだろうな、と思うのです。
そう、こういう時に、我が子と離れていても大丈夫なお母さん。そして我が子を他のお母さんにみてもらっていても、「OK〜!がんばって〜!」と余裕のあるお母さん。そう、チームの中の我が子、と、視野をもって判断したり行動できる、その楽しさや醍醐味を知るおとなたち。

そんな家族の子どもたちは、レッスンでも小さい子、年上のお姉さん、分け隔てなくコミュニケーションがとれたり。反対に、子どもがチアのレッスンでそういう力を身につけ、「その姿から、おとな学ぶ・・・」そう、子どもに勇気をもらって、おとなのわたしたちが「変わろう」「変わらなきゃ」と、アクションをおこす姿。そんな姿もたくさん見て来ました。わたしも、いつも子どもたちから学ぶことがいっぱい。

話をキャンプにもどし、
隊長率いるチーム。
チームになって帰れるか?!私たち?!

「ママ〜」
なんでもかんでも、自分のママじゃないとダメな三女。今回のチームメイトを信頼して助けをもとめたり、反対に助けてあげることができるか三女!!そう、まずは相手を信頼する、知ろうとする。私もみんなの♡ハートに近づきたいなっ!!

120807_18

120807_19

120807_20

120807_21

120807_23

「食事は残さず食べます」実践しました。

後片付けもみんなでやりました♡

さーて!!食後は暗くなる前に、すこしお散歩とキャンプファイヤーの準備!!

最後におまけでおもしろばなし(=実はよくある風景)

チアのレッスンや応援活動のときの、家族のビデオ撮影。
我が子の記録。
みなさん、よく撮影されますよね。

ある日わたしが「◯◯の時の活動の映像、お借りできますか?」と、たずね、あるご家族の動画をお借りしたら

OMG!

オーマイガーッ。その動画は、お借りしたご家族の子どもしか写っていない!!いつまでたってもその子の姿のみ。

もちろん我が子の記録は大切だとは思うのですが、一応聞いてみた「これ、◯◯ちゃんしか写ってないのは何か意味があるんですか?」
すると、「自分がどんな風にパフォーマンスしているのか見たいというので」とのこと。

そこで、アドバイス
「もちろん自分がどうパフォーマンスしているかを知ることは大切。そこに”自分だけ”でなく、”チーム”を動画で客観視できるきかっけにもなる動画を撮影してあげたほうが良いかな。フォーメーションも自分の覚えた位置が全体の中でどう生きているのか・・・まだ”みんなでやっている”ことがイメージできない場合は、特に そうしたほうが、いいかもねっ」と。

子どものために、と思ったアクション。ただ、少し冷静になったり、視野を広げることで、違うアプローチがあるものです。子どもにまた新たなチャンスや考えをプレゼント。

チアの楽しみや醍醐味を理解すればするほど、自分のアップより全体が欲しくなるかと。さらには、自分たちがどんな応援をメッセージを届けたいのかを意識できるようになると、見ている人の様子の動画が欲してきたりするのです・・・。

そう、チアMomの撮った映像を振返ると、Momの変化も見れるのです。うふふ。

|

2012年8月12日 (日)

キャンプ!!行き先はカリフォルニア最古の?!キャンプ場(1)♡Big Basin Redwoods State Park

いつもとってもお世話になっている♡だいすきな一家のキャンプに一緒に混ぜていただくことに。

ハートフルで、チャーミングな家族で、
しかも、
カリフォルニアキャンプのベテラン!!となれば、楽しみで仕方がありませんでした。
しかも、
行く先は、カリフォルニア最古のキャンプ場と噂されているBig Basin Redwoods State Park。樹齢千年レベルの樹々に囲まれているところです。

ただ、問題がひとつ。
平日でdannasamaが参加できないために、必然的に=ドライバーYumi-Go。行き先は我が家から1時間程度でつくのですが、なんとそのうち6〜7割が山道。その山道の中でも6〜7割がThe山道。

行くしか無い!!

という度胸で、ナヴィが示した所要時間のおよそ1.5倍の(いや?!2倍)をかけて、無事にたどりつきました。

120807_1

無事にたどりつくには、これまた、あたたかい友のサポート・応援がありました・・・。私もかなりの車酔いっ子ですが、姪っ子がこれまたかなりのレベル。行きの車で寝てもらわねば、行きの車の移動は史上最高の悪夢となってしまう・・・。

120807_0
なんと、底姐さん が、朝もハヨから我が家に、息子くんと来てくれたのです(涙)
「姫(「姪っ子)は息子とプールで遊ばせている間に、車への荷積みとか最後の準備をやっちゃって♡プールの子どもたちもみておくから♡姫もぞんぶんに遊ばせておくね♡」

底姐さん・・・。
優しさに甘えさせていただき、一気にガソリン入れから、車への荷物積めなどを姉と集中して準備することができました。ありがとう。
お昼ご飯もみんなで一緒に♡

この素晴らしい応援のおかげで、姪っこは、最後の最後は起きてしまいましたが、それ以外は寝てくれたので、予定どおり!!本当にありがとう。

120807_2

話をキャンプに戻し。我が家が家を出ることには、先陣は「間もなく、電波がなくなりそう」という地から、お電話有り。その時に「だいたい1時間後だよ」と到着時間を告げていたのに、まったく到着しないので心配したでしょうに・・・。

さて、今回、ご一緒させていただくLicaさん ファミリー。
今後この記事の登場人物は
隊長・・・Licaさんのご主人様
以下、隊員
Licaさん/長女ちゃん/次女ちゃん/ついでにこの際だから、姪っ子を三女ちゃんとし/
そして、姉と私。

120807_3
なんと! 愛犬コゼットも。コゼットは三女ちゃんと同じく、キャンプ初体験!

120807_4
こちらは、キャンプベテランのLuckyちゃん(と次女ちゃん)

このキャンプ。
違う家族が一緒。
というのが、時にとても良いことだな、と思うのです。(もちろん家族だけのキャンプの楽しみもね!!)

キャンプという、非日常的(なかには日常的な方もいるかもしれませんが)な中で、普段の自分の常識を一度いい意味でリセットする、しなければ対応できない状況であることが、より素晴らしい経験につながると思うからです。
なので、自分や”じぶんち”のルールだけではない方が、そういうモードに切り替えしやすいと思いません?

それに、子どもはもちろん、実はおとなも、キャンプにいくと、自分をみつめなおせる良い機会と思うので、私なりに今回は自分に対しても、考えをもって。そして一緒に行く三女(姪っこ)にとっても・・・(もちろん姉にとっても)こんなに素敵な家族とのキャンプは本当にいいチャンス!すばらしい機会なので存分に感じてもらえたら嬉しいな、と。

私が、こういう機会をより大切に感じてしまう、いいチャンスだ!と思うのは、チアリーダーとしての経験やスピリットだけでなく、会社生活で培ったことや、そして、7年間にわたってサマーinりくべつ という(サマーinりくべつって?!→http://www.eidell.co.jp/rikubetsu/?page_id=1223 )に参加したことも大きなおおきな要因かもしれません。キャンプという機会は子どもだけでなく、おとなも、みんなが一生懸命、感じて、考えて・・・。それが、こころの解放になったり、(いい意味で)ぶつけあえる!!

その経験が、今度は、日常の世界とリンクさせながら生活したり、考えていけるという素晴らしさや感動を知ったことが大きいのかな・・・。

もちろん、ガールスカウトを経験したいたこともね。

テーマは「考える」かもね!! 

つまり、せっかくテレビも無ければ、もちろん、パソコンもない(そもそも電波無し!電話もつながらない)。みんなで話をして解決したり、案を出したりするしかないのです。だからこそ、指示の出し方にも、いつも以上に注意や工夫も必要ですし、声のかけ方も工夫してみると、ぐっと、みんなで考えたり、一緒に感じることができますよね。

ということで、事前に三女ちゃんには、「キャンプのやくそく」をお話し、いざスタートです。

実践中「食事はみんなで協力して準備をします」

120807_5

120807_6
初日の晩ご飯はカレーライス。
ただいま、お野菜洗い中!!

隊長より「晩ご飯は子どもたちだけで作ります」と。

120807_8
お姉ちゃんたちに、人参の切る大きさを教わる三女。(Licaさんが”こども包丁”をもってきてくれていました。ありがとう&さすが!!)

120807_9

120807_10
カレー、野菜をいため中

120807_11

自分で作れば、苦手な野菜もがんばれそう!!

「食事は残さず食べます」
これもクリアできそうかな?!

120807_12

隊長は夜のキャンプファイヤーの準備中!

何がすごいって、子どもがやること(もちろん適度な監視つき)/おとながやることが明確で、子どもたちは思い切ってチャレンジできたり、子どもたちに気にせずに(笑)、おとなもおもいっきり楽しめるのが、隊長夫妻のNiceなアレンジ、楽しみ方。

ひきつづき、そのあたりも紹介していきますね。

♡Big Basin Redwoods State Park
21600 Big Basin Way
Boulder Creek, California, U.S.A.
95006-9064
http://www.bigbasin.org/travelbasicsmain.html

|

2012年8月 7日 (火)

Robert Mondavi Winery/Napa

ひとまず、ミーハーどころ、いや失礼、有名どころは制覇して、その後は、観光客というより地元の人が楽しむようなワイナリーにいきたいな。と。思いつつも、まだまだ有名どころが行けていない!今回も、実は初めて。Robert Mondavi Winery。

Robert Mondavi Winery。
予約不要、スペースも広く、Shopもあったりと、日本からのお客様をお連れするのにNiceだわ。(いままで来てくれたお友だち、連れていかずにSorry)
そして、テイスティングが$20でなんと4種類。良心的!!

わたしは、Mondavi のデザートワインがHit!!

120805napa_1

120805napa2

Mondaviの前に、オヤクソクのOPUS ONEにも。
120805napa3

120805napa10
オーパス2003。(※ポーズだけですのでご安心を)
自分がうまれる前のワインにオドロキ!
この日のテイスティングは
2003/$40/一杯
2008/$35/一杯 です。


♡Robert Mondavi Winery
7801 St. Helena Highway  Oakville, CA 94562
http://www.robertmondavi.com/rmw/

|

おいしいっCrispy Potato Puffs♡Gregoire/Berkeley

バークレーにいくたびに、「次こそ」と思いながらなかなか食べるチャンスがなかったGregoireのCrispy Potato Puff♡

120802g0
いよいよ!

120802g1
とってもおいしかった!サックリと中のポテトも美味!

120802g2
Today's スープ。この日はトマト×ニンニクたっぷり。

このポテト、かなりハマりそう!

そして、徒歩で、The Cheese Board Collective120802g5

120802g6

バンドの演奏を楽しみながら・・・

♡Gregoire Berkeley
2109 Cedar Street  Berkeley, CA 94709
http://www.gregoirerestaurant.com/
OPEN ALL DAY, EVERYDAY
LUNCH 11:00AM TO 4:30PM
DINNER 4:30 TO 9:00PM

♡The Cheese Board Collective
1504 Shattuck Avenue  Berkeley, CA 94709
OPEN TUESDAYS - SATURDAYS
LUNCH  11:30 - 3:00
DINNER  4:30 - 8:00
closed Sundays and Mondays

|

Cal!!

Stanford大のファン(とくにfootball)ですが、Berkeleyに行ったら、いかないとね!

University of California, Berkeley
120802_b1

120802_b2

120802_b3

footballではとくに、Stanford vs Calは伝統的なライバル試合。
今年は

Oct. 20, 2012 Saturday
Berkeley, CAで行われます。




♡University Of California
Berkeley, CA 94720, United States

|

2012年8月 5日 (日)

三銃士。いよいよ新しい仲間が・・・

三銃士。いよいよ新しい仲間が・・・
Images

120804_1
あれ?私じゃなく、姪。

姉と姪も一緒にベトナムphoランチ。
そしてその後、姪はŚacīちゃんのお住まいのあるアパートメントのプールへGo!「突撃となりのプール事情」

とてもとても楽しみにしていたのに、今日はかなり久しぶりの「くもり」そして「気温が低い日」。おひさまを浴びていないプールの水は、それはそれは冷たく、さすがの姪でも3分程度でギブアップ。

ということで、プールサイドからŚacīちゃんのおうちにうつり美味しくあたたかい紅茶をいただきながらTea Time
120804_2
すっかりアイスもおいしいわ♡

120804_3
三銃士。ちび三銃士が誕生予定。
お腹にいるベイビーちゃんをなでなで中。

120804_4
B-Craneちゃんのお腹がぐぐぐいと大きくなって、まぁビックリ!お友達のHappyやワクワクを一緒に感じさせてもらえることにも幸せいっぱい。

今日も笑顔がいっぱい。ありがとう。

ちなみに、こんな感じ。やっぱり寒い。

現在の天気: (23時35分 現在)今日の天気予報
曇時々晴曇時々晴 17°C

体感気温: 17°C

明日は最高: 30°C 最低: 14°C

おまけ
120804_5
そうそう、お友だちのお宅などで、携帯充電したままサヨウナラ。このうっかりをアメリカでやってしまうと(とくにセキュリティの都合で、ドアのチャイムをならせないと)、どうもこうも・・・。あぁうっかりうっかり。

姪っ子曰く「あせらない、あせらない」。


|

日本語OKな眼科@San Jose

こちらに来て初めての眼科、初めてのコンタクトレンズの処方。

日本語が可能なドクターがいらっしゃるShinmori Optometry
とはいえ、日本語OKなDR.Shinmoriのアポがとれなかったので他の先生に診ていただきました。が、わたしの英語キャパオーバー時は、日本語OKなスタッフさんが間に入ってくださいました。検眼以外は、そのスタッフさんがいらしたような(笑)

左目が乱視と。はじめて。
ひとまず乱視用とノーマル両方をしばらくtryすることに。

120803

自分の記録用なblogで失礼しました

♡Shinmori Optometry
Hours: Mon, Tue, Wed, Thu, Fri
9:00 am - 6:00 pm
Sat 9:00 am - 4:00 pm
まさしくサンノゼジャパンタウンにあります。
駐車場は¢25コインパーキング
214 Jackson Street  San Jose, CA 95112 アメリカ合衆国

(408) 293-3730

http://www.shinmorioptometry.com/

|

hót dòg

120802_10

hót dòg

この発音が一番上達してきている姪。

|

2012年8月 4日 (土)

プールの威力

ただしくは、プールの水の威力。

こちら で、姪っ子がネイルサロンで体験学習をしたのは、お伝えしましたが、その日の午後、ネイルが乾いたことを確認して、いざプールへ。

プール大好き〜な姪っ子は、ほとんど水中の中で4時間。

すると、プールを出るころには親指以外、ほとんどの指のカラーがきれ〜いにoffされている!!

「ショックなんですけどー」と姪。

「このプール恐いんですけどー(え?塩素?!が強いから?!とか不思議で)」とおとな。

翌日もプールを楽しみ、The End。ほぼカラーはなくなりました。

ということで、2日後にクレームではありませんが、一応事情をお伝えしがてら、なんだったんだろうと聞きにいくと「その日にプールなんてNo!No!」と、半ば笑い気味(え?ちなみに4時間よ)

120802_1

ということで、ほぼ剥げたカラーをチェンジです。

120802_2

サロンのお姉さんたちも優しく、覚えてるわよ〜とみんなが寄って来てくれました

120802_6

今回は結構くらめなブルーを選んでいました。

そして、いつのまにか将来の夢がたくさんあるらしいのですが、その中の1つが、ネイリストが加わっていました。ぷぷぷ。

そして、このプールの威力に怯えたのか、ネイルの威力、嬉しいパワーなのか、当日はプールに入らず(ネイルのお姉さんにも言われ)、翌日も、なんと1時間で引き上げ。乙女はおもしろい。でも、明日もプールの予定。

|

2012年8月 3日 (金)

真夏の豪華2本立て☆プール&流しそうめん!移動しちゃうよ17マイルドライブ

日常のある日を「思いっきり」楽しんじゃおう!なお仲間

時に
Es2012004
うさぎになり(おひとりは馬)

時に
Es2012006
ジューンブライド気分を味わったり

Es2012005
メキシカン気分満載になったり。

日常のある日を、楽しみ方次第で、スペシャルな日、時間に!

以前は私の母Lilyもお仲間にいれていただき(Bush&Lily5日目:雛祭り!  )今回は姉と姪が仲間入り!そして、みんなの子どもたちも大集合

120801_2
お兄さん3人、お姉さん1人、姪。総勢5名で朝から楽しくプール!

120801_3
おとなは、プールサイドにて。
Wao!連日プールの中で楽しんでいたのですが、今日は子どもたちだけで遊べてとっても楽しそう!

120801_4

120801_6

思いっきりプールを楽しんだあとは
17マイルドライブ!

17マイル移動して、お食事タイムです。
Licaさん 宅へ移動です!

ただいまー!

120801_10

120801_12
なんと!!流しそうめん!Licaさん、準備本当にありがとう。

120801_13

120801_15

子どもも、おとなも
120801_17
大喜び!

120801_18
流し役はこの器をワンコ蕎麦のごとく。(LicaさんGood idea!)

120801_19
おいしいお食事と楽しい会話
120801_20

120801_21
Lica母さん、15名のお食事をありがとう!!

120801_22
流しそうめんも(前日のリハーサルも!)ありがとう!!

120801_23

12080221
普段はお友だちと英語で会話するみんな。突如、会話が英語になったりで、姪っ子は「キョトン?!」。「あれ?プールでは日本語だったのになぁ」

日本語も英語も上手にお話するお兄さんお姉さんをどう見ていたのかな。。。。

大切なお友だち、いつもありがとう。
6月
私たちのハッピーアワー.June Bride?!
5月
Happy Cinco de Mayo!でおいしく楽しく。
4月
イースターパーティ<1>すてきな空間♡おいしいお食事
イースターパーティ<2>ドレスコードを楽しもう  
イースターパーティ<3>クラフトはじめま〜す 
3月
Bush&Lily5日目:雛祭り!
2月
シリコンバレーで節分!仲間とHappy!

|

プールの少年

120731_20
以前にもプールで会って、遊んでくれた、(ココ:オジさんのところに)遊びに来ているという少年とプールで再会。つまり、この二人「夏休みに叔父さんの家に来ている」つながり。

120731_21
二人でもぐったり。お兄さん、ゆっくり、大きなジェスチャー付きで英語で姪っ子に、あれこれお話中。

帰り際、彼がまた会おうね!と。素敵なお友だち。

|

2012年8月 2日 (木)

残念なお知らせ?!

120801_1

姪っ子と4時間プールにいたら、こんなことに。
ちなみに前日は3時間。

これは完全にやけどでしょう。

楽しいので、気持ちの問題は無し。
痛いので、カラダの問題有り。
とういことで、実際はかなしいお知らせは、一人だけまわりの人よりいつでも暑いということ。わたしがいると部屋の温度があがっている気が。

ビタミン剤を必死に(!)摂取中。

どうなる私の1ケ月後!!

|

体験学習?!

体験学習?!社会科見学?1

私がネイルサロンでペディキュアをしにいくこともあり、姪っこも一緒に。

というのも、ネイルサロンにいけば、(いやでも)英語であれこれ聞かれ、その場からも逃げれない環境。きっとまわりのお客様ともコミュニケーションがあるだろう、とね。

120731_1
まだおちびゆえ、フットバスに足首までしか到達せず(笑)。カラーをセレクト中。となりにいたおばちゃまに「あなたは何色を選んだの?」と聞かれると?

「パープル」

といって、えらんだ濃い目の紫×ラメの色を見せる。

おばちゃま「わぉ!あなたのセンス最高ね!」と褒められる。あなたのスカートもキュートね、と言われ、「キュート」もどうやら聞こえた様子。

予定通りのコミュニケーション。

120731_2
いっちょまえに、マッサージ中。
あとで、「マッサージとっても気持ちよかったわ」だと。担当になってくださったお姉さんがとってもとっても優しく、話かけることばも、眼差しもあたたかい。たびたび「Baby、うごいちゃだめよ」「Baby、この足はおろして」、どうやら「Baby」だけ聞こえたようで

「わたし、赤ちゃんじゃないのに」だと。

120731_3
カラー中。

この後、前出のおばちゃま、再び登場。姪っ子のペディキュアを見るなり、みなさんの想像を裏切らない、大きなおおきなリアクションで「最高ね!」と褒め讃えられる。(笑)

120731_4
最後の乾かし中。

ここまでかなり時間がかかって、途中、飽きていたようなので「美を保つのは予想以上に時間と体力が必要なのよ」と、わたしから説明。(え?!いらない?!)

120731_6
もちろん!水着と色をそろえた事で、さらにテンションup!
プールへGo!

120731_7
おまけで描いてくれたお花。

ノっていたこともあってか、指示もせずとも
120731_8
このポーズにてクッキー食し中。

と、英語で話しかけられること、その雰囲気にどんどん慣れていくためにも興味のある世界で体験していくのが、いいのかな、と。これは子どもに限らず私やおとなにも言えることですね。

この日の一行日記
「ネイルサロンでケアとペディキュアをした」
あはは。そりゃそうだよね。

わたしも初めて、こちらの(みんなベトナムの方)ネイルサロンで、日本とも勝手が違うし、英語もベトナム訛りだしな中で、緊張しながら来た日のことを思い出しました。何事もTry。そして慣れてはいるものの、もっともっと出来ることがあるな、とも成長と課題が身にしみたネイルサロンの体験学習でした。

みなさんは、この夏、なにか挑戦していますか?

|

2012年8月 1日 (水)

なんで?オドロキ。

ロサンゼルスのリトル東京にあった「東京会館」のスシ・バーが発祥と言われるカリフォルニアロール。

「カリフォルニアでお寿司を食べてみたい」というのでランチタイムにお寿司屋にGo!(実はたまたま来ていた日本食スーパー。その隣に思わず入店!)

ということで姪っ子とお寿司屋に行くとオドロキの声。

120730_1
オドロキ、なんでー:海苔が中にある〜

120730_2
オドロキ、なんでー:きゃ〜トンカツみた〜い
※実際に巻き寿司まるごと油であげてあるのです。そして甘目なタレ。

そしてココで。
「アボカド」があまり得意でない。と。
カリフォルニアのお寿司、ほとんどに入っていますが・・・

ということで SAKE MAKI
120730_3
オドロキ、なんでー:え〜なんでサーモンが中にあるの〜?

そして、いくら(軍艦)が食べたいというので、メニューの値段をみせたら、いつのまに覚えたのか「オ〜マイガ〜」と。あはは。

アボカド抜きでお寿司を楽しんでいましたが、夏休みの一行日記には「カリフォルニアロールを食べました」だと。ぷぷぷ♡

おまけ
120730_5
オドロキ、なんでー:なんでカルピコなのぉー。
ちびっこみんなが気になるカルピコ。
アメリカに来たカルピスに親しんでいる子どもたちみんなのクエスション。

カウピス(牛のピー)に聞こえちゃうからよ。
そんな事を言ったら、カルピスを飲めなくならないかしら、といつも思う。


|

サンフランシスコのイカちゃん♡

Orpheum Theatre近くでファーマーズマーケット

120729_10

120729_11
アメリカンな甘さも堪能中。

120729_13

地下鉄で1駅移動して

120729_14
ケーブルカーに乗りました。大喜び!
これは終点にて、安全な場所で撮影です。

120729_15
この日は日曜日、とってもとっても混んでいました。乗るまでもディズニーランド級に待ち。

サンフランシスコの夏はかな〜り寒いことを、事前に伝えてはいたものの、なかなかイメージがつかめていなく、ちょっと「寒いよ」ということを疑っていたようですが、さすがの寒さにフーディーを着ていました。

ケーブルカーのあまりの混雑に、わが夫婦で交代制で並んでおこう!と、行きのケーブルカーを下車してすぐに、帰りのケーブルカーに並ぼう。と。わたしは食事係。

。。。と、「こりゃムリだ」とdannasama。

=順番に並んだところで、約束の時間にも間に合わない。

すぐさま女子チームに合流し、食事へ。

120729_16
メニューの裏のぬり絵タイム。

120729_17
サンフランシスコ名物、クラムチャウダーを前にオドロキの様子。
120729_20

しかしながら、その後、クラムチャウダーがあまり得意でないことを知る。「給食にも出るんだけど、あんまり好きじゃないの」。サンフランシスコのクラムチャウダーを前に、給食トーク。

が、我が家と意気投合、我が家の大好物のカラマリフライ。「イカもあんまり好きじゃないんだけど」と言いながら、薦められたので、という感じて食べてみると

「サンフランシスコのイカちゃん最高〜」

120729_19

「しかも、このおソース最高〜」だそうだ。
6歳乙女はレストランオリジナルのカクテルソースをお気に召した様子。

ここで、ケーブルカーがとてもとても混んでいるので、タクシーでMom(わたしの姉)と待ち合わせの場所まで戻ろうと思う、と告げると(私と同様、乗り物酔いが酷いこともあり、タクシー拒絶もあるとは思うのだけど)

「ケーブルカーが気に入ったからどうしても乗りたい」

ものすご〜く待つこと。
それでもいいのか、と確認しても、それでも乗りたいと。

私は姉をpickしに、dannasamaと姪っこに別れを告げ、タクシーでOrpheum Theatreへ。そして私がタクシー酔い。ドンマイ。無事に姉とも会えたのですが・・・

オジさん(dannasama:半袖。ドンマイ)と姪っ子は、かなり寒い天候の中、まさかの90分待ち。それでも90分、二人であっち向いてほい、にらめっこなどをして待っていたそうな。

そう、二人ということもあって、ワガママを言ってもどうにもならない、しかも相手がオジさんだし、ということで、葛藤しながらも、楽しみながら90分を過ごしたそうです。

Nice姪っ子。そしてdannasama。。。。

子どもの叫びと言えば。

寒い〜
お腹すいた〜
痛い〜

そうですそうです。
チアのレッスンの時にもよくあるシーンです。
感情の叫び(笑)

わたし「はい、わかりました。それでどうしたいの?どうして欲しいのかしら?そこまできちんと言えますか?」とぴしゃり。

たいてい、子どもたちは、キョトンと目をマンマル。

「先生トイレ〜」

わたし「先生はトイレではありません」ぴしゃり。

コントのようですが、
きちんと自分で、感情をぶつけるだけでなく、考えて言うように、受ける側もきちんと対応することも大切ですものね。

姪っこちゃんも、日に日にお姉さんになってきています。
英語の単語も毎日どんどん吸収しています
子どもの可能性に、おとなも遠慮してちゃいけない!
一緒にあたまを柔らかくして生活するチャンス、と思って私も楽しんでいます。

ふぅ、それにしても、今日はプール4時間。まいった!(楽しい悲鳴)

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »