« 6歳のおとめ | トップページ | お気に入り。 »

2012年7月28日 (土)

プールは出逢いの場?!

プールは出逢いの場?!

子どものことね。ぷぷぷ。

遊ぼうよ。
(もちろん)英語で仲間が増えていきます。

はじめの頃は、英語がわからない姪っこは、私にその度に「何て言っているの?」と聞いてきて、その都度教えてあげていたのですが
120727_1
この通り。

初めてあった3ケ国の子どもたち。
そして楽しそう。

少したてば「言葉がわからない」もどうにかなるものです。

そして、
いつでも近くに私や姉がいないと不安だったようですが、時間が経つにつれて(おとなが少し離れて見守る状態で)子どもたちだけでも遊んでいました。

120727_2

120727_4

この3つ年上のお姉さんが上手に遊んでくれました。姪っこも彼女の名前も覚え(覚えやすい名前でなにより)、彼女も姪っ子の名前を覚え(これまた覚えやすい名前でなにより)、どんなときでも、自分の名前を呼んでくれるのも、安心したのかもしれません。(言っている意味がわからなくても)

120727_5

お姉さんと一緒に、手をつないで「3・2・1!Jump!」とプールに入ってみたり。これは、姪っ子がJumpしている様子。

120727_6

お顔を隠していますが、ものすごくいい笑顔!!

じょじょに英単語が聞こえてくるようになれば、自分でももっと安心して楽しめるでしょうし、何より、言葉が通じない=遊べない、ではないこと。これが少しずつでも体感できることを応援しています。

言葉がわからないから、言っていることがわからない・言えない、気持ちがわからない、伝えられないではないこと。コミュニケーションは言葉だけじゃないこと。それが少しずつTRYしながら、感じれたらいいな、と、叔母、応援。(だからこそ、日本語でのお話の仕方、気持ちの伝え方もね、いい振返り)

あたたかく、こういう時は特に安全管理だけしながら、上手に距離を!。

今日は、止めて欲しいときにはStop!と言うことも覚えていました。単語だけ知っていても、それを実際に言って見るのは勇気がいるものね。

ずーっと遊んでくれたお姉さん。

彼女が時間切れ。もっと遊んでいたいのに、帰らなきゃ・・・。

彼女がそっと姪っ子の近くにきて、「今日はとっても楽しかったわ、帰るのは寂しいけれども帰らなきゃ。ありがとうね」と言って、そっとハグをしてくれました。

Thank youとやさしいハグ。

こういう気持ちの表現や受け止めも、きっと初めてだったかもしれません。ちょっと緊張している様子だったけれども、精一杯「Thank you! Good Bye!」と姪っ子も。(ちなみにすごい小さい声(笑)

The内弁慶の日本人少女。少しずつ挑戦の日々。

120727_7

ってまだ2日目なんですが!

すっかり姪っ子日記になりそうですがしばしおつきあいくださいませ。

 

|

« 6歳のおとめ | トップページ | お気に入り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事