« 芝生で思いっきり!! | トップページ | サンフランシスコのイカちゃん♡ »

2012年7月31日 (火)

Les Misérables サンフランシスコにて上演中!

我が家の大好きなLes Misérables。
THE NEW 25TH ANNIVERSARY PRODUCTION
ただいま全米ツアー公演がサンフランシスコのOrpheum Theatreで現在上演中です。

日本版の初演から見続けてきている、若干、いや、かなりの
Les Mis好き。ヲタクでもある姉が今日は先に一人観劇。すっかり私が以前にこちらでお話した状態と同様、日本版のセリフ(歌詞)まで、そして香盤表まで、しっかり頭に、いや、カラダにしみ込み済み。
というのも、Les Misはプリンシパルも、その前後に違う役でこの作品を盛り上げているのです。あ!こんな時に実はあの人が!。こんな時に・・・。

さて、1985年の初演から続いて来た演出が、新たに生まれ変わり、日本でも2011年の公演が「初演版演出での最後の公演」とうたわれ、初演のジャン・バルジャン役の鹿賀丈史さんが復活したりしていたのです。

ちなみに、海外公演はこんなにも多くの地域で。その地域で言葉が代わって公演され、愛されているのはLes Misくらいじゃないでしょうか。
アルゼンチン、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、バミューダ諸島、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、デンマーク、ドミニカ共和国、エストニア、フィンランド、フランス(逆輸入となる)、ドイツ、香港、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、アイスランド、日本、ラトビア、マルタ、モーリシャス、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、セルビア、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、アメリカ・・・。(←地域名はwikipediaより)

さてさて、姉を劇場に送り
120729_1

送りながら劇場前のパネルで写真も撮り、「存分に楽しんで来てね!」と、姉と別れ、我が夫婦と姪っこの3人サンフランシスコ。この様子はまた別でご紹介。

さ〜て、やたらと(我が家史上最高)混んでいたケーブルカー。最後はピア39の方にいたのですが、劇場前で、姉をpickする約束の時間に間に合わない為に、私だけタクシーに乗って劇場へ。(どうでもいい話ですが、あの坂道ばかりの街をタクシー。案の定、3分で酔いました)

劇場前に着いた時に、ちょうど!観劇したみなさんが劇場外に出て来ていたところでした。タイミングよく、大感激、大興奮して、むしろ全身からその感情が沸き出そうな、あまりの感動で、パンク寸前の姉が登場しました。針でツン、とつついたら、大号泣しそうな様子。

「いやはや、わかる、わかる」と思いながら、話を聞きながら帰ろうとすると、正面玄関となりにスグある、stage doorの前にファンがちらほら。

待つしかないでしょう!!

はい。

120729_2
役者の皆サンにサインをお願いする姉。
それを撮影する妹。

しか〜も、みなさん出て来るのがとてもとても早くてオドロキ。

120729_3

120729_4
もちろん2ショット撮影だって。
グランテール役のJoseph spieldennerさん。
ちょうど、姉が「グランテールとガブローシュの(かけあいの)芝居がさぁ〜」なんて話してた矢先のグラテール登場。

ちなみに、ちょっとお話したらJosephさんは東京ディズニーシーで働いていたんですって。まぁビックリ。なので、少し日本語を使ってお話してくださいました。

120729_5
ジャベール!!
Andrew Varelaさん。
あ、そうです。私もこの日は見ていないものの、撮らないでいられない!姉を撮影した後に、「私もいい?」と。大きなおおきなジャベール。いやはや♪Starが楽しみで仕方ありません。Andrewさんのジャベールを「Best」と言う声もwebで見かけていたので、お会いして期待度maxです。いやはやこの存在感はいいですね!

120729_6
我が家の愛犬コゼットの名前の由来。
コゼット役のLauren Wiley。
このお方は、私服で登場後も、お写真の写り方も「コゼット」な感じだったわ。(わたしのジャベールとコゼットとの写真。顔がほぼ一緒。興奮してしまうとコノ顔なんだわ、きっと私)そしてこの可憐なLaurenさん。自分がかわいく写るポイントでかわいさ100%を惜しみなく。。。。(わたしドンマイ)

マリウスやテナルディエの妻やらみなさんが登場した後最後に

そして

120729_7
ジャン・バルジャン登場。
元マリウスのバルジャン。
Peter Lockyerさん

カラダもそんなに大きくなく(むしろ小柄)、マリウス的な柔らかさが?!普段の様子でもかもしだされる彼がどんなバルジャンを・・・楽しみでなりません!

さて、Peterさんと姉の2ショットを納めたあとに、恒例となった「私も攻撃」で写真を撮ろうとすると、近くにいた女性が、「せっかくだから3人で撮ってあげるわ」と。

ということで、姉加わる。
120729_8
ということで、姉、目つむる。

なんで、よりによってこの1枚。

そう、姉は100発98中ぐらいの勢いで写真で目を閉じる。「なぜに、その瞬間につむるのだ!」と、もうこれは笑い話というよりも、「いつものこと」ではあるのですが、この日は、興奮していたのか、1枚も今まで目をつむっていなかったのに、最後にひょっこり加わって、油断していたのか・・・。画像を加工する必要もないほどに、おメメとじとじ。

ということで!!
先にリアルな役者さんにお会いできたこともあって、ますます!ますます!観劇が楽しみで仕方が無いYumi-Goでございます。

♡Les Misérables
サンフランシスコ残りのスケジュール
Tue Jul 31 2012 - 8:00 PM   
Wed Aug 1 2012 - 2:00 PM 
Wed Aug 1 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 2 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 3 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 4 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 4 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 5 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 7 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 8 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 8 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 9 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 10 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 11 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 11 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 12 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 14 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 15 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 15 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 16 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 17 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 18 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 18 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 19 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 21 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 22 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 22 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 23 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 24 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 25 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 25 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 26 2012 - 2:00 PM

・Running Time: 3 hours with one fifteen minute intermission
・Guidance for Parents: There is a suicide and some battle sequences. No children under 5 allowed

http://www.lesmis.com/

♡Orpheum Theatre
1192 Market St. (at 8th), San Francisco 

・Box Office
June 25 – August 26
Mon / CLOSED
Tue - Sat / Noon - 8:30pm
Sun / Noon - 4pm

|

« 芝生で思いっきり!! | トップページ | サンフランシスコのイカちゃん♡ »

US♡芸術/観劇」カテゴリの記事