« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の22件の投稿

2012年7月31日 (火)

Les Misérables サンフランシスコにて上演中!

我が家の大好きなLes Misérables。
THE NEW 25TH ANNIVERSARY PRODUCTION
ただいま全米ツアー公演がサンフランシスコのOrpheum Theatreで現在上演中です。

日本版の初演から見続けてきている、若干、いや、かなりの
Les Mis好き。ヲタクでもある姉が今日は先に一人観劇。すっかり私が以前にこちらでお話した状態と同様、日本版のセリフ(歌詞)まで、そして香盤表まで、しっかり頭に、いや、カラダにしみ込み済み。
というのも、Les Misはプリンシパルも、その前後に違う役でこの作品を盛り上げているのです。あ!こんな時に実はあの人が!。こんな時に・・・。

さて、1985年の初演から続いて来た演出が、新たに生まれ変わり、日本でも2011年の公演が「初演版演出での最後の公演」とうたわれ、初演のジャン・バルジャン役の鹿賀丈史さんが復活したりしていたのです。

ちなみに、海外公演はこんなにも多くの地域で。その地域で言葉が代わって公演され、愛されているのはLes Misくらいじゃないでしょうか。
アルゼンチン、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、バミューダ諸島、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、デンマーク、ドミニカ共和国、エストニア、フィンランド、フランス(逆輸入となる)、ドイツ、香港、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、アイスランド、日本、ラトビア、マルタ、モーリシャス、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、セルビア、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、アメリカ・・・。(←地域名はwikipediaより)

さてさて、姉を劇場に送り
120729_1

送りながら劇場前のパネルで写真も撮り、「存分に楽しんで来てね!」と、姉と別れ、我が夫婦と姪っこの3人サンフランシスコ。この様子はまた別でご紹介。

さ〜て、やたらと(我が家史上最高)混んでいたケーブルカー。最後はピア39の方にいたのですが、劇場前で、姉をpickする約束の時間に間に合わない為に、私だけタクシーに乗って劇場へ。(どうでもいい話ですが、あの坂道ばかりの街をタクシー。案の定、3分で酔いました)

劇場前に着いた時に、ちょうど!観劇したみなさんが劇場外に出て来ていたところでした。タイミングよく、大感激、大興奮して、むしろ全身からその感情が沸き出そうな、あまりの感動で、パンク寸前の姉が登場しました。針でツン、とつついたら、大号泣しそうな様子。

「いやはや、わかる、わかる」と思いながら、話を聞きながら帰ろうとすると、正面玄関となりにスグある、stage doorの前にファンがちらほら。

待つしかないでしょう!!

はい。

120729_2
役者の皆サンにサインをお願いする姉。
それを撮影する妹。

しか〜も、みなさん出て来るのがとてもとても早くてオドロキ。

120729_3

120729_4
もちろん2ショット撮影だって。
グランテール役のJoseph spieldennerさん。
ちょうど、姉が「グランテールとガブローシュの(かけあいの)芝居がさぁ〜」なんて話してた矢先のグラテール登場。

ちなみに、ちょっとお話したらJosephさんは東京ディズニーシーで働いていたんですって。まぁビックリ。なので、少し日本語を使ってお話してくださいました。

120729_5
ジャベール!!
Andrew Varelaさん。
あ、そうです。私もこの日は見ていないものの、撮らないでいられない!姉を撮影した後に、「私もいい?」と。大きなおおきなジャベール。いやはや♪Starが楽しみで仕方ありません。Andrewさんのジャベールを「Best」と言う声もwebで見かけていたので、お会いして期待度maxです。いやはやこの存在感はいいですね!

120729_6
我が家の愛犬コゼットの名前の由来。
コゼット役のLauren Wiley。
このお方は、私服で登場後も、お写真の写り方も「コゼット」な感じだったわ。(わたしのジャベールとコゼットとの写真。顔がほぼ一緒。興奮してしまうとコノ顔なんだわ、きっと私)そしてこの可憐なLaurenさん。自分がかわいく写るポイントでかわいさ100%を惜しみなく。。。。(わたしドンマイ)

マリウスやテナルディエの妻やらみなさんが登場した後最後に

そして

120729_7
ジャン・バルジャン登場。
元マリウスのバルジャン。
Peter Lockyerさん

カラダもそんなに大きくなく(むしろ小柄)、マリウス的な柔らかさが?!普段の様子でもかもしだされる彼がどんなバルジャンを・・・楽しみでなりません!

さて、Peterさんと姉の2ショットを納めたあとに、恒例となった「私も攻撃」で写真を撮ろうとすると、近くにいた女性が、「せっかくだから3人で撮ってあげるわ」と。

ということで、姉加わる。
120729_8
ということで、姉、目つむる。

なんで、よりによってこの1枚。

そう、姉は100発98中ぐらいの勢いで写真で目を閉じる。「なぜに、その瞬間につむるのだ!」と、もうこれは笑い話というよりも、「いつものこと」ではあるのですが、この日は、興奮していたのか、1枚も今まで目をつむっていなかったのに、最後にひょっこり加わって、油断していたのか・・・。画像を加工する必要もないほどに、おメメとじとじ。

ということで!!
先にリアルな役者さんにお会いできたこともあって、ますます!ますます!観劇が楽しみで仕方が無いYumi-Goでございます。

♡Les Misérables
サンフランシスコ残りのスケジュール
Tue Jul 31 2012 - 8:00 PM   
Wed Aug 1 2012 - 2:00 PM 
Wed Aug 1 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 2 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 3 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 4 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 4 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 5 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 7 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 8 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 8 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 9 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 10 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 11 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 11 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 12 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 14 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 15 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 15 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 16 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 17 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 18 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 18 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 19 2012 - 2:00 PM
Tue Aug 21 2012 - 8:00 PM
Wed Aug 22 2012 - 2:00 PM
Wed Aug 22 2012 - 8:00 PM
Thu Aug 23 2012 - 8:00 PM
Fri Aug 24 2012 - 8:00 PM
Sat Aug 25 2012 - 2:00 PM
Sat Aug 25 2012 - 8:00 PM
Sun Aug 26 2012 - 2:00 PM

・Running Time: 3 hours with one fifteen minute intermission
・Guidance for Parents: There is a suicide and some battle sequences. No children under 5 allowed

http://www.lesmis.com/

♡Orpheum Theatre
1192 Market St. (at 8th), San Francisco 

・Box Office
June 25 – August 26
Mon / CLOSED
Tue - Sat / Noon - 8:30pm
Sun / Noon - 4pm

|

2012年7月29日 (日)

芝生で思いっきり!!

思い返せば、東京で芝生で思いっきり遊ぶってあったかなぁと振返る。

今日はスタンフォード大学に。
こちらの広大な敷地の中のこれまた広大な芝生エリアで、思いっきり「フリスビー」です。周りをよく見渡せば、家族や友人と(とくに小さな子どもがいるグループは)フリスビー率高し!
120728_12
姪っ子、お気に入りのサンダルを脱ぎ、大はしゃぎ。

このフリスビー
120728_10
スタンフォード大学ロゴ入り。

120728_13

120728_14

120728_16

120728_17

120728_18

ペース配分をせずに、とにかくその時を思いっきりやる。
コレって子どもたちの才能ですよね。
後でくたくたになるなんて、気にしない。
(周りのご家族は大変でしょうが)

でも、そんな感じ。時におとなにも必要じゃないかしら、と思う。
とにかく、その時を思いっきり楽しむ!!

|

お気に入り。

お気に入りのテーブルランナー
120728_6

我が家のブランチのお写真のため、中途半端なテーブルコーデな感じで失礼します。

このライナーでスライダー(ミニバーガー)ブランチがいいかな?!
120728_1
姪っ子に、最後のスティック刺しをお手伝いしてもらいました。

最近は
わたし:Could you help me?
姪っ子:Sure!
の一連を覚えたため(流行っており)、断り方を知らないこともあり、この流れでいろいろお手伝いもスムースです。うふふ。

120728_2

120728_3

120728_4

120728_5

お気に入りがテーブルにあると、ウキウキ!!

|

2012年7月28日 (土)

プールは出逢いの場?!

プールは出逢いの場?!

子どものことね。ぷぷぷ。

遊ぼうよ。
(もちろん)英語で仲間が増えていきます。

はじめの頃は、英語がわからない姪っこは、私にその度に「何て言っているの?」と聞いてきて、その都度教えてあげていたのですが
120727_1
この通り。

初めてあった3ケ国の子どもたち。
そして楽しそう。

少したてば「言葉がわからない」もどうにかなるものです。

そして、
いつでも近くに私や姉がいないと不安だったようですが、時間が経つにつれて(おとなが少し離れて見守る状態で)子どもたちだけでも遊んでいました。

120727_2

120727_4

この3つ年上のお姉さんが上手に遊んでくれました。姪っこも彼女の名前も覚え(覚えやすい名前でなにより)、彼女も姪っ子の名前を覚え(これまた覚えやすい名前でなにより)、どんなときでも、自分の名前を呼んでくれるのも、安心したのかもしれません。(言っている意味がわからなくても)

120727_5

お姉さんと一緒に、手をつないで「3・2・1!Jump!」とプールに入ってみたり。これは、姪っ子がJumpしている様子。

120727_6

お顔を隠していますが、ものすごくいい笑顔!!

じょじょに英単語が聞こえてくるようになれば、自分でももっと安心して楽しめるでしょうし、何より、言葉が通じない=遊べない、ではないこと。これが少しずつでも体感できることを応援しています。

言葉がわからないから、言っていることがわからない・言えない、気持ちがわからない、伝えられないではないこと。コミュニケーションは言葉だけじゃないこと。それが少しずつTRYしながら、感じれたらいいな、と、叔母、応援。(だからこそ、日本語でのお話の仕方、気持ちの伝え方もね、いい振返り)

あたたかく、こういう時は特に安全管理だけしながら、上手に距離を!。

今日は、止めて欲しいときにはStop!と言うことも覚えていました。単語だけ知っていても、それを実際に言って見るのは勇気がいるものね。

ずーっと遊んでくれたお姉さん。

彼女が時間切れ。もっと遊んでいたいのに、帰らなきゃ・・・。

彼女がそっと姪っ子の近くにきて、「今日はとっても楽しかったわ、帰るのは寂しいけれども帰らなきゃ。ありがとうね」と言って、そっとハグをしてくれました。

Thank youとやさしいハグ。

こういう気持ちの表現や受け止めも、きっと初めてだったかもしれません。ちょっと緊張している様子だったけれども、精一杯「Thank you! Good Bye!」と姪っ子も。(ちなみにすごい小さい声(笑)

The内弁慶の日本人少女。少しずつ挑戦の日々。

120727_7

ってまだ2日目なんですが!

すっかり姪っ子日記になりそうですがしばしおつきあいくださいませ。

 

|

6歳のおとめ

乙女とのお買い物。

今日はこちらで履くサンダルをさがしに来たのですが・・・

そりゃ、お洋服が並んでいるのを見たら、みたいよね。

120726_10

「これ、どうかしら」

120726_11

「わたし、お洋服はかわいいより、セクシーがいいの」

だそうだ。ひたすら一人で物色します。

120726_13

ということで、選んだお洋服をその場でお着替えでお帰り。

120627_14
これは私と二人でウィンドウショッピングをしている時にみつけたかわいい靴。

「かわいいけど・・・今回は欲しいのはサンダルだし・・・」とぐっと堪える。

120726_15
そして、最後に1つ選んだのがこのサンダル。いたく気に入っています。

120726_14

「このビーチサンダルも結構いいよね」

なかなかのセンス。よろしい。

120726_18

日本はとっても暑い毎日だったようで、今朝、起きて「クーラーいれてるの?」と、こちらの朝晩の冷え込みにオドロキ!

ちなみに初日は、昼/夜とプールに入り、夜のプールではこちらの男の子と一緒にボール投げをしたり、泳ぎ方を教えてもらったりと、早速コミュニケーション。ちょっと恥ずかしがり屋なのに、英語での質問や、英語でガンガン話しかけられながらも、楽しそう。子どもってすごいね。

今朝も、午前中からみんなでお勉強TIME。姪っこは宿題や日々の勉強、わたしも英語やらなんやら。毎日しっかりこの時間がとれそうで、お互い相乗効果が期待!!


|

2012年7月27日 (金)

夏休み!

120726_1
姪が遊びに来ました

120726_2
で、さっそく最初はプール!

120726_3

姪と叔母の夏休みが始まります。
ご近所の皆さん、いつもどおり遊んでくださいね


|

2012年7月26日 (木)

笑顔いっぱい!Block Party

あるBlock Partyにお邪魔してきました。

これは、ある道を挟んで(?)お住まいの、つまりご近所さんたちのParty。子どもたちも安心して皆で楽しく遊べるように

120722_18

Please park on "★☆★ Ave."
Block party in progress
Thank you!!

この道、もともと行き止まりらしく、入って来るのはこの道の住民かそのお客様か郵便配達の人・・・らしいのですが、こうやって手前にサインをおいて、楽しくスタート!!

120722_2

ご近所さんたちが、お食事や飲み物や楽しいことを持ち寄り。これがまた、ルーツがいろいろな人たちが集まるUSだけに、並べられたお食事も世界のいろいろなおいしいものがいっぱい。
120722_5

子どもたちが、みな本当に楽しそうに遊んでいるし、おとなたちも、徒歩で集まり、お酒やソーダ片手にのんびりおしゃべり。

楽しみ方上手にまた私は心ウキウキ。
しかも、わんちゃんもたくさんいたものだから、これまた楽しいっ(コゼットはお留守番)。こうやってご近所さんで、楽しく(おそらく無理なく)こういう時間を過ごせるのっていいですね。

あるご主人から聞いた言葉で印象に残っているのが、「おとなたちが仲良くしている、おとなたちが笑顔でいる姿を見せることは、子どもたちに、机での勉強では学べない大切なことを伝えられる」「おとなの笑顔が無くては、子どもたちは混乱するからね」と。

本当にそうだな。と。

おとなも子どももご近所さんみんなで楽しめる機会に、ご近所さんのお友だちの私も楽しませていただき感謝感激。

14時頃にスタート。わたしは18時ころにお先に失礼〜させていただいたのですが、お開き22時。夜の部も盛り上がったのかな。

さ〜て、楽しい様子をお写真で。
120722_3
ジャーン、玄関にJump Jump登場!わお!スケールが違うわ。(もちろんレンタルだそうだ)。コレが自分達専用だなんて、夢空間だ〜。

120722_4

120722_7
なかでも美味しくて気に入ったお食事。

120722_1
イエーイ。底姐さん 。底姐さん、何度もご近所さんのお友だちや親族の方に「あなたはダンサーなの?」と聞かれていました。そして私は「底姐さんの妹?」と聞かれました。そうよ!(気分は)。※お洋服がぺろんと一部裏返しになっていてお見苦しくてsorry。

120722_8
Drunken Chicken!!

120722_9
ice shave!!

120722_10
おとなの私も思わず。

こんな遊びも。
120722_11
子どもたち同士でフェイスペイント

120722_12
こちらでは・・・

120722_13
みんな、ペイントした顔や髪のまま、楽しく遊び続けます

120722_14
かわいこちゃん。

120722_15
自転車にいろいろデコレーションtime。デコした自転車で整列〜!。

120722_16
水風船をみんなで運んでいます。このあと、パスしあったり、投げたりで大騒ぎ!!あれ?!みんな裸足!そして、写真には太陽の陽射しが!

子どもたちは、もう慣れっこなのか、小さな子からお兄さんお姉さんまで一緒になって、楽しく遊んでいました。

暗くなってからは、どんな過ごし方をしたのかなぁ・・・。
焼きマシュマロしたのかなぁ・・・。

過去の様子→
底姐さんのブログ 『夏の風物~Block Party♪~』

|

2012年7月24日 (火)

High Schoolチアリーダーのお誕生日に考えた!!

アメリカmomたちは、子どもを車で学校に送迎が毎日。
車文化、それに、生活するエリアやその大きさ、広さが桁違いだものね。

先日、momが(お友だち)、ただいまお留守中のため、momに代わって、学校の部活のお迎えに行って来たときのお話。High Schoolに、車でお迎え〜。「お疲れさま〜」と、(しかもCheerleading終わりのかな〜りの)美人ちゃんをお迎え。USママ気分。※というよりも、お姉さん?友だち?・・・であって欲しい、けれど、親戚のおばちゃまか?!

しばしの期間、お仲間でサポート。<<とはいえ>>、私は、このサポートをたった一度しかしておらず、役に立てていないのですが、こうやって、いろいろと気持ちよくサポートできる雰囲気や、みなさんの基本となるスピリットが「いいな」といつも思うのです。ふむふむ。※ふむふむしている割に役立たず。

さてさて、
この美人Cheerleaderちゃん。ご両親は日本人。ただ、いままで生活してきたのが日本/中国/オーストラリア/アメリカ・カリフォルニア(LA/ココSan Jose)。この順番ではないのですが、16歳にして、いろいろな物を見て、感じて育って来ています。と、いつも側にいて、「素敵だなぁ」と思うのです。

車の中で、彼女に聞いてみました。

「今まで住んだ中で、一番良かったなぁ、と思うところはどこ?」

と、かなりベタですが、やっぱり聞いてみたかった質問をして見ると

「オーストラリア」と言う。

「私は自然が大好きだから。朝、起きて、外にでるでしょう、そうすると素晴らしい景色なの。カンガルーがいたり、鳥もとてもキレイ。その色の美しさと言ったら・・・」と、お話をしてくれました。

・何でもあるから

・どこにでもスグ行けるから

こんな風に、
私の16歳の頃だったら(もしくは今だって)「便利だから」という理由や、その観点で「良さ」を考えてしまうかもしれません。この時に、何が良くて、何か素晴らしくて、という価値観というのは、どうやって育まれるのだろう、と少し考えるきっかけになりました。だって、私の中では、勝手に、彼女は「LA」と答えるものかと思っていました。それも、わたしの価値観といえがそれまでですが。でもね、あまりに、彼女が住んできた地の事に対して無知すぎる(笑)。そんな中での勝手な判断。どんまい!

自分の価値観が、悪い意味で固定されていたり、狭い、偏っていてはもったいないな、それに気がつかないのもな。この、考え方もそれこそ、人それぞれですが。私はいつでも洗練され続け、いつでも新鮮な状態でいたい、と思いました。価値観が新鮮っていうのも、なんとも表現しにくいのですが。。。そもそも、「知ろうとしない」スタンスが、出来あがっちゃっていたら、No〜!No〜!。子どもの頃、学校で勉強するって、この「知ろうとする」スタンスの、基礎なんだな・・・。と、遠い目で自分を振返り。

彼女のように、実際に自分の五感や感性で、その地で経験することって、とっても大きい影響でしょうね。これを小さな頃から、そしてどの地にいても、かわらない家族の愛情に包まれていた中で、彼女の感性や価値観が育まれているのでしょうね。素敵だな。

ただ、実際は、急に生活拠点を変える、とか、長い旅に出る、とかはもちろん難しい人も多いと思うのですが、だからこそ、いつでも、毎日の生活の中で、新しいものに出会うことに恐れずに、「新しいことに出会うことが当たり前」と思えれば、スタンス次第で、日常の中でも、どんどん良い刺激を受けるのかもしれませんね。

彼女だって、いろいろな地で生活をする機会があったけれども、そこで、引っ込んでいては、人や思いやその地に向き合っていなければ、何も始まっていなかったでしょうしね。

ただ時に自分の思考や経験には無いものだと、それって、少し悪い意味でのストレスになることは当然かもしれません。でも、それをどう自分の中で処理を上手にすれば、上手に処理できるようになれれば・・・。ポイントはそこのような気がします。

それに、人とのふれあいだけでなく、本や芸術、スポーツなどなど、自分から求めにいけば、「知ろうとすれば」、いくらでも新しい世界に触れることができますもんね。

と、彼女の瞳を見て、お話を聞いて、少し立ち止まって考える機会になりました。

こ〜んな事を、思わせてくれたHigh Schoolチアリーダー
昨日は彼女の16歳のお誕生日。
お誕生日おめでとう。

Hb0723

この素敵な一家。
いくつも素敵エピソードが(時にオモシロエピソードが)ありますが、その中の一つ。
両親(夫婦)がお互いのころとを悪く言うことが(子どもの前で)絶対にありません。むしろ逆。本当に、それが(悪いところが)そもそも無いのでしょうが(笑)、家族の中でお 父さんの存在、お母さんの存在の大切さ、素晴らしさを、それをそれぞれがお互いに、子どもたちに小さい頃からお話して、みんなでシェアしてきているみた い。お父さんはお母さんを褒め、お母さんはお父さんを褒め、褒め、というよりも、認め、敬い、って感じかな。そうだ!まずは、大切な身近な人との向き合い。お互い知ろうとし続ける。新しい発見をいつまでも喜べる、まずはそこだね。

そうそう!最後に。
日本にいたときにも、いつも思っていたのが
ジュニアチアリーダーの特にmomたちと接していて、momたちは、子どもたちの習い事、子どもたちの事とはいえ、そこで、自分が経験したことのない感情や、考え方に出会い、それを自分にうまく吸収し、母娘でシェアしながら(むしろ時にmomの方が)、あらたな価値観に出会って生活にプラスにしていたり。子どもを育てることで、ネガティブな言い方をすれば、嫌でも新しい思考に出会う機会が多いのだろうな。。。と。だから、それを上手に、自分で処理しきれないとストレスにも・・・。そりゃ当然だ。

出逢いも勿論ですが、わたしが、担当を外れたり(=新しい先生が来たり)、わたしが、海外で生活をしていることなどで、なにかいい刺激を残せて来ていたらいいな、、、とも。

反対に、わたしも、子どもたちの世界や、そのファミリーの皆さんとの世界、出逢いでたくさんいろんなことを知れたものな〜。宝物

|

2012年7月21日 (土)

Masahiro Knife

Header_logo

こんな、ガッツリ和なロゴの株式会社マサヒロ

こちらは、刃物の町、岐阜県関市の包丁専門メーカーさん。創業は昭和7年だと。

なぜに、急に刃物の話かといいますと、サンフランシスコを本拠として全米・世界中に店鋪をもつ1956年創業のキッチン用品のWilliams Sonoma。ウィリアムズ・ソノマでのお買い物、チェックが大好きな私は、今日もWebでチェックチェック〜していると、

Masahiro_header

Masahiro  Knife

と、いくつものMasahiro  Knifeが紹介されていて、「Masahiro??!!?」日本の包丁かしら。と調べたら、やはりそうだったので、思わず書き記しているのです。

ちなみにMasahiro Chef's Knife が$172.00 – $199.95 と紹介されていたので、思わず日本のサイトで、日本の定価を調べてみたのですが、このChef's Knifeが、日本語商品名でどれかわからない、というオチで、The End。

Handcrafted in Japan な品。
しかも刃物はやっぱり岐阜県関市ですね。
今度Williams Sonomaに行って、このMasahiro Knifeについて聞いてみようっと!!

Williams Sonoma
http://www.williams-sonoma.com

♡株式会社マサヒロ
http://www.masahiro-hamono.com


|

サンフランシスコは霧の街

サンフランシスコは霧の街
とは言いますが、久しぶりに「すごい霧の街」

シュルツ博物館の帰り、

サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジを経由してサンノゼに戻ろうとしたのですが、すでにサンタローザの101から大渋滞。よっこらよっこら地道に進み(わたしは助手席で船を漕ぐ。すまん)、やっとこゴールデンゲート国立保養地あたりまで進むと

120715_20

すごい霧

120715_21

雨ではなく霧。そして風も吹いてえらいこっちゃ!

(さすがの様子に目が覚める。すまん)

窓を開けると、ものすごい寒い!

(でも、ようやくその寒さで目が覚める。すまん)

このあたりもノロノロ運転で、どうにかゴールデンゲートブリッジのあたりに到着しましたがMy友キャッツィが年末年始に来てくれたとき以来の「霧っぷり」→霧で見えない!ゴールデンゲートブリッジ★San Francisco その時の写真がコチラ↓

111230_12

こちら、ちょうど約1年前

110829_17

そして、サンフランシスコの街を抜け、サンノゼ方面に向かうと、もうそこには霧はなく、青い空が広がっていました。

さ〜て、次のお客様はどんなゴールデンゲートブリッジを通る、見ることができるかしら?我が家は来週から、第5組目のお客様が滞在します。

ちなみにサンフランシスコは春から夏が一番寒い!夏の平均気温が15℃〜20℃で、朝晩などの最低気温が12,3℃くらいにもなるのです。風が強かったりすれば、日中も寒くて革ジャンを着ている人もみかけます(笑)。そして観光客のみなさんは、寒さに耐えかねて【San Francisco】と書かれたトレーナーやフーディーを購入して、寒さをしのぐ、そんな様子がよく見受けられます。

ちょっと車を走らせ移動をしたり、朝晩と日中であまりに体感温度も違うので(陽射しも)、我が家は車にはいつも、防寒用の羽織ものがスタンバイされています。

ちなみに今日のサンノゼの天気予報は

最高:  29°C 最低: 14°C

です。どうです、この温度差! 

|

チャールズ・M・シュルツ博物館/Santa Rosa

Charles M. Schulz Museum

「ココに行くのはMust」

と日本からのお客様(以下、先輩)からのご要望。

我が家では、「先輩、大のスヌーピー好きなのだろうか」「はたまた、チャーリーブラウンだろうか」「巨大なぬいぐるみを購入するのだろうか」

と、妄想を膨らませていたのですが、どうやらアルティメット仲間の後輩にお土産を頼まれたそうだ。(な〜んだ、とちょっとガッカリ)。ちょっと話がそれますが、旅先でお土産を買うのって結構善くも悪くもストレスがあるかと思うのですが、この先輩は、まさしく「誰かが喜ぶことは自分の喜び!」。それが自分の楽しみ!!。なんですよね。なんだか私も一緒にお土産を探したり、そのお話を聞いたり話したりするのが、とっても楽しかったし、その姿を見ているのも、Happyな感じでした。大きいのはカラダだけではなかった!大きなこころ♡

という、きっかけでシュルツ博物館にいざ到着!

120715s1

120715s2

スヌーピーの作者で知られるチャールズ・M・シュルツ。
このSanta Rosa(ソノマ)で晩年をお過ごしになっていたそうな。お気に入りの地なんですって。

ピーナッツの原画などが楽しめます。
あまり大きな施設でない分、のんびり、ゆったり過ごせます。小さな子どもたちが塗り絵をしたり、ビデオを見れるお部屋もありましたし、アメリカでは珍しく(笑)とてもとてもきれいなお手洗い(笑)。

そういえば、実家にも「ピーナッツ」(本)があったなぁと。

120715s3

120715s4

120715s6

120715s7

120715s8
中庭にて。後輩が帽子(オブジェ)をかぶる姿を激写する先輩、を激写。

120715s9
男性陣、記念¢51コインにtry

120715s10
ちなみに私は、もっとズレていてドンマイなコイン。
120715s11

120715s12

120715s13
これをみたら、

120715s14
スヌーピーとアイスを食す。

120715s15
このイスで。
※しかも男性陣が再度グッズを売っているストアに戻っていたため、セルフタイマーでさきほどの写真は撮ったのです。笑えるでしょ。いつシャッターが落ちるかわからないので、しばしポーズkeep。

120715s16

ミネソタで生まれたシュルツだけに、子どもたちが楽しめるアイスリンクを、とこの博物館の敷地にリンクまで作ったそうな。有りました↓
1208715s16
このカフェには、シュルツがそんな子どもたちを見ていた席があります。

しかも!この博物館には世界的なアーティスト大谷芳照さんの作品も展示されています。
ピーナッツを水墨画で表現した方で、チャールズ・シュルツ氏の心をとらえた方。ぬあああんと!このミュージアムに入り最初に目につく、大きな2点、わたしの写真の3つ目と4つ目の作品が大谷氏の作品!!

3つ目のお写真の作品がPeanuts Tile Mural.じつはピーナッツの漫画の1コマのプリント(タイル)が3588枚!

4つ目のお写真の作品がMorphing Snoopy Wood Culuture 43枚のレイヤーが重なっていて、スヌーピーのモデル、シュルツの愛犬スパーキーがスヌーピーになる過程なのです。

楽しかったな!! 今度は姪っこと、ワークショップがある日に来てみたいな!!

ここからサンフランシスコを経由してサンノゼに帰るには・・・・いつも渋滞しているのかしら?今度は平日にtrt!(そう、帰りがものすご〜い渋滞でした)


♡The Charles M. Schulz Museum
2301 Hardies Ln  Santa Rosa, CA 95403


http://www.schulzmuseum.org

— Museum Hours —

Summer 2012
Memorial Day (May 28, 2012) through
Labor Day (September 3, 2012)
Weekdays 11 am to 5 pm
Weekends 10 am to 5 pm
OPEN EVERY DAY

Fall/Winter 2012/Spring 2013

Labor Day (September 3, 2012) through
Memorial Day (May 27, 2013)
Weekdays 11 am to 5 pm
Weekends 10 am to 5 pm

CLOSED TUESDAYS

— Admission —
ADULTS — $10
YOUTH & SENIORS — $5      
Youth ● Children 4–18 & College Students with Valid ID      
Seniors ● 62+
SCHULZ MUSEUM MEMBERS & CHILDREN UNDER 4 — FREE                                  

♡日本語サイト http://www.snoopy.co.jp/museum/

この地図でいうと、

★この辺かしら★


Map

ということで、ざっくり計算。我が家から片道およそ100マイル。

1マイル≒1609.344メートル

つまり、片道およそ161km。往復322km。アメリカの旅での移動は桁違い。

|

7月のNapa

120715_1
いまはブドウがこんな感じ。しっかり実となっていますが、まだ緑。
Napaの街はいまは一面グリーンです。ちなみに両親が来たときは、もう収穫後なので、一面ブラウン。(土の色)これがまた一面ぶどう色になるときにまた来たいな!
と、ブドウの変化も楽しみ。

日本からのお客様のリクエストといえば【オーパスワン】
120715_2
テースティングを楽しみます。
ちなみに
左が2003 右が2008。のみくらべ。
ちなみに
左が$40    右が$35。ひえ〜この一杯ね。

違い? それはまだ多くは語れません。。。。

オーパス ワンに立ち寄ったら、ご近所のシャンドンで、泡でスッキリ!120715_3
一番左は、すでに飲み干し寸前。

120715_4

120715_7

この感じがとってもかわいいので、ミニボトルお買い上げ。

120715_8

いいね!約3ℓ。
この大きさ・・・日本を旅立つ前にご近所さんのお宅で 4人で7本 のシャンパンをペロっとグビっと、tea timeにアイスティーをいただくように飲んじゃったあのメンバでなら楽しめるわ!ね!

と、ぶどうが色づき始めるのが楽しみな7月のNapaでした。

|

2012年7月20日 (金)

Go!SaberCats!!♡WEEK19 IOWA BARNSTORMERS

120714_1
いよいよレギュラーシーズン 最後のHomeゲームの応援に行って来ました!ここずっと、試合前にこの方々にお会いでき、お写真撮れてる!そして彼のカメラ『ウツるんです(インスタントカメラ)』にも一応、毎回おさまっている。。。。

Home最終ゲームはいつもの(笑)底姐さん やカウベルの達人?!Sallyちゃんと我が家といったいつもの顔ぶれではなく、初観戦となる三銃士ファミリーやお友だちを連れて大所帯で応援です。

120714_2_2

『明日のサッカー、楽しみにしてるね!』
そんなB-Craneちゃんの前夜のすっとぼけから、盛り上がった?!AFL San Jose SaberCatsの応援。最終ゲームにふさわしく、攻守に渡って、盛り上がりポイントがたくさんあり、今まででみたゲームで一番興奮しました。もちろん勝利です!

Score: SJ 57 IOWA 48

初観戦の皆さんも、初のアリーナフットボールを満喫できたようで、何よりです。そして、チアリーダーSaberkittenのNoriko の圧倒的な存在感や華やかさに皆さんお目目が♡。
この日もNorikoのパフォーマンスや応援している姿は、やっぱり芯があり(気持ちと経験だよね)かっこいいのです。竹のように、強く、しなやかに。ひとり特別かっこいい。

今日は反対側のエンドゾーンでは、Keiちゃん が観戦していたので、試合後には一緒にパチり!
120714_4
わたし、すっかり帽子が浮いている・・・ドンマイ!

そして、試合後にNorikoともね!
120714_5
Norikoの華やかさにi phoneが負けたのか、写真がドンマイ(撮影した人がオーラに負けたか?!).お友だちのどなたかのイケテルカメラでおさまった写真があったら欲しいなり。

いつも試合後も華やかなNorikoを始めチアリーダーたちの私服。ホームレギュラー最終ゲームということもあって、今日はみなさんより華やかでした♡

Play Off進出決定のセイバーキャッツですが
まだ対戦相手は決まっていないの・・・かな。
Opponent2
※公式webより。

そうそう!今回の試合も、底姐さんを始め、わたしもヴィジョンに登場したのですが、それよりもビックリ!嬉しかったのが・・・
試合開始前に、チームのイメージ映像がいつもヴィジョンに流れます。それはプレーや選手の気迫たっぷりな表情や、観客がわきあがっている様子、大興奮する客席のファン・・。この映像に出るようになっちゃったら最高だね、なんて前回話していたのですが

『あ!』

そう、最近、わざと同じファッションで応援に行っているのですが、この日とまったく同じ私やdannasamaも(笑)、前回の応援の様子が思いっきり使われていたのです。

記念だわ。

♡San Jose SaberCats
http://www.thesanjosesabercats.com

|

日本からのお客様とBBQ

我が家に4組目の日本からのお客様が滞在中でした。
アメリカ到着その日の晩がBBQ!

120716_1
なんだか楽しそうな男性陣。

120716_2
先輩後輩共同作業中。
今日のメインは我が家の大好物の黒肉(Fred's Beef)。もちろん!こちらはいつもどおり 野獣のようにいただきます。しまった!野獣っぷりの写真を撮り忘れました。

もう1つのメインは
Drunken Chicken、またの名を『おすわりチキン』
カリフォルニアの空の下で・・・ハートつながるBBQ!  この時に底姐さんにいただいた土台?!をデビューさせました。ありがとう〜。

120716_4




120716_5

こうやってジョジョにBBQメニューが増えていく楽しみ!
120610b20
この土台の真ん中にフタを缶切りでまるごと切り抜いたビールを入れ、この土台にチキンまるごとを立たせる?状態で焼きます。ビールで蒸されながら焼かれていく、ということです。


120716_3
BBQとなると、ついつい色々準備したく(飲みたくなる)なるために
120716_6
左から
Sierra Nevada Pale Ale
アメリカの老舗ブリュワー、シェラネバダ・ブリューイング(カリフォルニア・チコ)
フルーティで飲みやすい、と言われています。

Anchor Steam Beer
アンカー・ブリューイング。サンフランシスコのビールです。Steam Beerというのは、樽を開けた時の音(炭酸ガスと泡が勢いよく蒸気のように吹き出す音がすること)からこの名前だそうです。

Blue Moon Belgian White
アメリカはコロラドのブリューイング。
微妙な甘さのために、伝統的なタルトキュラソーオレンジピールと比べ、バレンシアオレンジの皮のような最高品質の食材を使って醸造されています。
オレンジスライスと一緒に(ビールにいれて)いただきますが、BBQのときは、オレンジを豪快に絞って、よりフルーティーにするとお肉にぴったり!(女子が好きだと思われる〜)

そして
、コロナ。もちろんライム準備OK!
その横が、TaKaRa Can CHU-HI
Brewed and Bottled by MATT BREWING COMPANY(UTICA,NY)
CAN CHU-HI IS THE PRODUCT FOR TAKARA SAKE USA INC.(BERKELEY,CA)
そして最後がノンアルコールビール(サーシャちゃんTHANK YOU!)
ST.PAULI N.A.

と、大量の麦茶。
今回はスケジュールの都合で90分一本勝負のBBQなのに、ハリキリすぎね・・・。

120716_8

予約制ではない(早いモノ順?!)のアパートメント内のBBQエリア。お休みの日はますます混みそうだな〜。

120716_9
サンフランシスコベイエリアの旅、楽しんでください!!

|

2012年7月14日 (土)

CHICAGO♡Ryoko Yonekura

米倉涼子さんがブロードウェイで【CHICAGO】のロキシーを演じていることは日本でも大きなニュースになっているのかな?

残念ながら、彼女が日本語版CHICAGOでロキシーを演じたときに一度も見れなかったのですが・・・とにかくこの【挑戦】に、彼女がどれだけの努力で勝負するのか。そこに、才能や潜在的な魅力もさらに開花し、この勝負で、彼女はどんなことになるのかな、とワクワクしていました。

と、同時に、そういえば、どんな歌(声)なんだっけな(未知数)。

 

初日のあと、WEBでニュースなどを検索してどうだったのかをチェックしていたのですが、やっぱり東に飛んで、見たいな!生の舞台!と胸がドキドキ!!

そんな時、
OFF BROADWAY『EMPIRE』に出演中のYasu Yoshikawa(吉川泰昭)さんのブログ『CHICAGO 米倉涼子さんがデビュー!!』  を読んだら私までなんだかその場にいたかのように興奮して、ウキウキしてしまいました。

そんな後、
『7月10日「CHICAGO」米倉涼子さんがロキシー!』
玉手みずきちゃんも観劇したのね・・・
って、みずきちゃん!!しかもヴェルマ役のAmra Faya Wrightとお写真を撮っているではないか・・・。きゃ〜。

このご夫婦のブログのおかげで、ますます盛り上がってしまった!!
そして、このカンパニーで日本で英語上演するんだなんて!

わたしは渡米してまもなく1年。

何より、米倉涼子さんが英語で挑戦していることにまず、尊敬です。これは主役だから、舞台に立つんだから当たり前、といったらそれはそうなのですが、とはいえ、その努力や緊張、不安を想像しただけで、拍手喝采です。だって、日本語で舞台で芝居するのだって、滑舌、発音、発声やらなんやらと、苦労の連続なのに。。。。。しかも、台詞を英語で覚えることからが始まりなわけで・・・。

私、スーパーマーケットで困っている場合じゃない!!

ブロードウェイでの彼女の千秋楽まで、がんばって欲しいな。応援します!!

で、歌はどうなんだろう。気になる。

♡CHICAGO
http://www.chicagothemusical.com/

♡EMPIRE
 http://spiegelworld.com/empire.html

北米で見れるテレビジャパン

|

2012年7月11日 (水)

Go!SaberCats!!♡WEEK 18 NEW ORLEANS VOODOO

いよいよレギュラーシーズン(Home)はこの試合をいれて2試合!

Score: SJ 55 NO 31で勝利しました。

いやはや前回の観戦が【かな〜り】のドンマイな内容で(負け)だったので、今回は試合内容も楽しく勝ったし、楽しかった〜!デス。

そして
Joe Sykes Breaks(DL)がコノ試合で
AFL Single Season Sack Record をうちたてました。すばらしい!


この日の振返り。試合会場に着くと、SaberCatsファンのみんなが知ってる彼らと!

120707_1

わたしの左手のナップサック?!的なものは、今回の来場者(先着順)へのプレゼントです。

120707_2
バイクがいっぱい!オープニングセレモニー

120707_3
エンドゾーンのあたりではNoriko が応援しています

120707_4
ヴィジョンにもいっぱい映るNoriko。
わたしたちもご挨拶のごとく、映りました♡

120707_5
仲良しBrothers.ナップサック?をなぜかビブス風?前ミゴロ風に。

120707_6
今回の観戦仲間。

120707_7
試合終了後、底姐さん Noriko わたし

120707_8
ヘッドコーチからサインGET!の様子(試合後)

Sabercats earn playoff berth, play regular season finale Saturday!!
WEEK 19 IOWA BARNSTORMERS
Saturday July 14, 2012
7:30 PM 
HOME: HP Pavilion

レギュラーシーズン最後のHomeGame!
みんなで応援にいきましょう。

♡San Jose SaberCats
http://www.thesanjosesabercats.com

|

高級食材

高級食材

120710
みょうが。

おいしいそうめんがあったので、「だったら、ミョウガもいるでしょう」と、日本モノが売っているスーパーに行くと、ありました。

MYOGA JAPAN $6.49(+Tax8.25%)

ガーーーン。3つで$7弱。

そうは言っても、お店にいけば、ミョウガが手に入る、という環境はさすがカリフォルニア、さすがのシリコンバレー。
と、思えば・・・でも、なかなかすんなり思えない高さ。日本と比べちゃいけないですね!

でも、ミョウガを買いに来たので、せっかくだから買って見るか。。。と。そして、そうめんと一緒にいただきました。なんだか【より】おいしく感じるミョウガの風味。
飛行機に乗ってやってきたミョウガをおいしくいただきました。
しっかし、やっぱり輸入モノは高いなぁ〜。

ミョウガ、美味しい。
しばらくは、made in USAの大葉のみで、そうめんを堪能します♡

|

2012年7月 7日 (土)

ワイナリーで、4th of July

4th of July.
Independence Dayは、お友だち家族と一緒に近所の(車で30分ほど)ワイナリーに。

120704_1
The Mountain Wineryです。
この4th of Julyのイベントは、前売りチケット制で、前日にはすっかりSold Outになっていたそうな。

120704_2
すばらしい眺望です。

120704_3
17:00オープン。17時はお陽様絶好調なので、かな〜り強い陽射し!ただ、きっと夜になるとこの時間が笑い話になるほど冷えるはず!

120704_5
まずは、Blue Moonで乾杯!もちろんオレンジとね!

120704_6
お友だちのお嬢様のネイル♡Kawaii♡

120704_9
浴衣でお出かけ。
カリフォルニアの強い陽射しのため、サングラスで失礼します。
Licaさん は鮮やかな青! わたしと同じくお花柄♡
底姐さん はスイカちゃん!!そして、まるで夏祭りで金魚すくいを楽しんだ少女のよう・・・、そう、底姐さんの右手にあるソレは

120704_12
底姐さんお手製。
ポニョとおでかけ。
さすがだわ。(近くの席の子どもがじーっと見ていたわ)

120704_10
男子も浴衣。

120704_11

みんなで、お話しながら、もちろんワインもいただきました。

120704_13

120704_16

このあとは、真っ暗になり、おまちかねの花火time。
あちらコチラであがる花火を、山の上から眺める。
下の方に、小さくあちらコチラに花火。
これもまた、なかなか、面白い光景です。

そうそう!こちらに来て、花火は売っていないし、やっている人も見た事が無いな、とおもったら、カリフォルニアではライセンスがないと所持したりもちろん使用したりも出来ないそう。(アメリカで州ごとに規制があるようです)
そういえば、ライセンスといえば、ココでは、釣りをするのにもライセンスが必要です。気軽に釣り竿もってお出かけしてはNo!No!です。(これはまた今度)

120704_20

このタイミングにアメリカに住んでいること。
そして、ここで長らく住んでいる仲間とも一緒にあたたかい時間を過ごせたこと。ココに住むみなさんと一緒に(もちろんワイナリーは知らない人でいっぱいですが)、こころ安らぐ時間や雰囲気をシェアできたことに、感謝します。
ワイナリーにも、いろいろな人種の方々がいましたし、(アジア人がkimonoを着ている・・・と若干目をひいていたようですが)、いろいろな人たちが住むこの地域で、みなで同じ方をみて花火を楽しむ雰囲気がとても心に残る夜でした。

120704_19

ちなみに、このワイナリーはとっても雰囲気がある屋外ステージがあり、数々のアーティストがライブを行っています。我が家もこの夏に行ってみたいな!と思っています。
120704_21
ちなみに7/21.22は♪If It Makes You Happy〜のシェリル・クロウ!! 日本だと武道館ライブなのに、この規模、この雰囲気はイメージしただけでも興奮してきますね。7/24,25はEarth, Wind & Fireです!

Seatingchartwithviplocationspicture

♡The Mountain Winery
http://www.mountainwinery.com/
2012 Summer Concert Series
http://concerts.mountainwinery.com/

14831 Pierce Road, Saratoga, CA 95070

|

2012年7月 5日 (木)

Śacī‘s afternoon tea♡

いつもセンス抜群。
とくに「Kawaii」は大のお得意のサーシャちゃん。
サーシャちゃんにお茶にお招きいただきました。

120702_0

ひさしぶりにゆっくりおしゃべりしながらの、心がリラックスする時間。そして、美味しいのはもちろん目にも心にも楽しめる、サーシャちゃんのTea Timeを満喫っ!

120702_1

120702_2

120702_4
サーシャちゃんお手製のワカモレ。最近、ワカモレを作るのにハマっているんですって!とってもおいしかったな。
120702_5
これまたお手製のマフィン。もちろんっ美味!

120702_3
そして、あまりにおいしくてペロっとたくさんいただいたお手製のサンドウィッチ。

120702_6
かわいらしいエスプレッソカップにはこれまたお手製のゴマプリン。きな粉と相性ばっちり。おいしかったぁ〜。
120702_7
さっぱりフルーツポンチまで♪

120702_8

120702_9

いやはや、サーシャちゃんの空間は、かわいくって、洗練されていてそこにいるだけで幸せ〜♡いちいちKawaii最高!です。うふふ。

120702_10

た〜くさん、お土産もいただいてしまったわ。ありがとう。

毎日の生活の中で、「いちいち」こだわっちゃう!この「いちいち」はポジティブなイメージでとらえてみてくださいね。
この楽しみ方は、私もとっても好きです。自分のこだわりや楽しみ方を、好きなことを、「いちいち」な感じでやること。それができるエナジーがあるのもいいなっと。
ちょっとした「いちいち」を楽しんでみませんか?

こんなお友だちもいたな。
映画は絶対映画館のスクリーンで。
少し待てば、ブルーレイとかで見れるわけで。
これだって私から見たら「いちいち」。

(周りに強要しないでできる)イチイチは、自分磨きや、楽しみ方上手の一歩かもね!
しかも「いちいち」が「当たり前」になってくると、それが個性や強み、さらなる魅力になるかもしれないですものね。

みなさんの「いちいち」は、どんなことでしょう。

|

2012年7月 2日 (月)

Yakisoba?!

久しぶりにコレ系に手を伸ばしてみました
120701_1

ターゲット(スーパーマーケット)にて¢97(税抜き)
え?$1しない・・・

ということで、挑戦しました。
こちらのカップ麺、だいたいが「電子レンジでチン!」。

120701_2

このYakisobaも、お水を入れて、電子レンジでチン!
しか〜も、湯切り無し!
この、「湯切り無し」が、どうも「インスタントの焼きそばを作っている感じ」がしないのは渡しだけ?!

120701_3
97セントの味と食感でした、が
ま〜何かのとき(どんなとき?!)の非常食として1つぐらいお家に置いておこうと思います。まったく栄養ない97セント。やっぱり栄養や美味しさは、お代を払うものなのね。


|

2012年7月 1日 (日)

San Joseにベッカム。

なんだか街の中でやたらとみかける「ベッカム」。
David  Beckhamね。
彼はMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属。わが地元のサンノゼアースクゥエイクスとギャラクシーの試合が今日6月30日に、この地で開催されるのです。

しか〜も、わたしの大好きなStanford Stadiumにて。

ということで、街中にこの試合のPRがやたらめったらと。しかもチケットSold Outですって。

300x250stanfordespn2

↑この画像、チームサイトから拝借しました。【ナイター】なので、こんなイメージの画像ですが、いまサンノゼがこんなに暗くなるのは、試合が終わる頃じゃないかしら。。。。キックオフの時にはまだ、とんでもなく明るいはず!!(笑)

この日は八神純子さんの東北支援チャリティコンサートもあるので(http://junkoyagamibayarea.org/ )、日本人の方はそちらに行かれる方も多いかと。わたしは八神さんのライブにもベッカムにもいけず、ドンマイ。

すっかり記事を保存状態にしたままで、当日になってしまった!これまたドンマイ!テレビでサッカー観戦をみながら「水色の雨」を鼻歌しようと思います。

ちなみに

MLSの現在の得点ランキング1位は、SanJoseの#8Chris Wondolowski (13)。そして、San Jose Earthquakesはwestern Conferenceで今1位。LA Galaxyは5位。ベイエリアのスポーツはアツイなぁ!

San Joseのチーム名。Earthquakes。日本人のわたしには、最初、ここのチームジャージを着ている人を見て驚きました。そして、すぐ、思わず英語の先生に、この”Earthquakes”はどんなイメージなの?私にはあんまり理解できないのだけど、と言うと、いまの日本の状況も理解している先生は、丁寧に、地震のもつ強さやエナジーをいい意味でとらえている事などをお話してくれたました。。。。

 

♡LA Galaxy
http://www.lagalaxy.com/players/david-beckham

♡David  Beckham
http://www.davidbeckham.com/

♡San Jose Earthquakes
http://www.sjearthquakes.com/

|

愛犬コゼット

お友だちが(数ヶ月前なのだけど。。。)我が家に来てくれたときに、コゼットのお写真を撮ってくれたので、せっかくなのでご紹介。

飼い主に似て?!、写真で目はつぶりませんわ!

ちなみに一枚目を見るたびに♪ジェリクルーの歌声がー空のかなたに響く〜天使に届くメサイヤ〜ハレルヤ〜・・・とジェリクルソングを(日本語で)思わず口ずさむほど、なんだか、癒されます。(あ、ミュージカルキャッツファンの方、しかも四季の詞で育った皆様onlが理解できるつぶやきでした。。。)

C1

C2

C3

C4

C5

C6

C7

C8

気に入っていただいたお写真ありましたか?ほんの一瞬でも、コゼットの様子でこころの癒しになっていたら嬉しいです。

 

B-Craneちゃん。素敵なお写真ありがとう♡

ハリウッドで子犬モデルできるかしら。うふふ。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »