« Śacī‘s Jam♡いちご狩りのシーズン! | トップページ | カリフォルニアの空の下で・・・ハートつながるBBQ!/Drunken Chicken »

2012年6月11日 (月)

Mary Poppins♡San Joseは今日が千秋楽

今夜がサンノゼでのメリーポピンズ千秋楽です!

わたしの大好きな作品、メリーポピンズがミュージカル化されイギリスで初演されたのが2004年。「観たいなぁ」と思い続け、8年が立ちました。
ここSan Joseにワールドツアーがくる事を知り、発売直後にチケット予約したのが半年前。この日を待ちこがれ続け、とうとう来ました、この日が!

原作もそして何よりもジュリー・アンドリュースがメリーの映画が大好きで小さい頃から見続けたきたので、朝から大興奮。

120609_1

何時だと思いますか?開演は20時なので、このとき19時半。明るい!

120609_2

キャスト表。
メリー役を紹介・・・の前に!
日本人アクトレス Minami Yusuiさん。
アンサンブルの中でも豊かな表情でとっても目立っていました。(上手(かみて)寄りで我が家は観劇したのですが、彼女が上手で活躍することが多かったような気がして余計に気になって!)すごく気になる女優さん。最初は日本人の方がいるとは知らずに1幕を観ていて、「アジア人の女性すっごくいいよね〜」と幕間にdannasamaと。彼もそう思っていたようで、プログラムで確認すると「あれ?!日本人だよ!」、しかも四季のキャッツでランペルティーザ(泥棒猫ちゃん)も演(や)っていたみたい。。。。
これからも、応援したい女優さんに。

120609_3
バンクス家の子どもたちのキャスト
マイケルはZach Timson。Zachくんの公式サイトもあったので最後にご紹介!
ジェーンはMarissa Ackerman

MarissaはAnnie Jr.でアニーを演じたこともあるようです。Annie Jr.というのはミュージカルアニー本家の縮小?!版で。子どもたちによって演じられるように特別に編集されたものです。 演技アカデミー、プログラム、学校、劇場のキャンプで、毎年国際的に行われているようです。ちなみにSarah Jessica Parkerは1978年頃のブロードウェイで主役アニーを2年間程、演じていたのは有名な話ですね。

さて、この二人、さ・す・が・に!歌がうまい。

そして今回のステージで嬉しかったこと
120603_4
生オーケストラ。やっぱりミュージカルは生オケで観たい!劇場にオーケストラピット(オケピ)があるだけで気分も高まりますし、やっぱり舞台のライブ感には生の演奏!

そして、これらのボードの横には、Shopが。
ここから私のテンションが異常値MAXになります。というのも

120609_5

120609_6

なんとアイテムがたくさん!メリーの人形からTシャツ、そしてメリーポピンズと言えば、あの傘!そしてメリーのカーペットバック、そして映画メリーポピンズファンなら、きっとみなさん思い入れのあるスノーボールまで。。。。

わたしは、始めに、収集しているマグネットとプログラムとecoバック的な袋(なんと模様がスパカリ!)とCDを購入するも・・・

どうしてもスノーボール(スノーグローブ)が欲しい。

どうしても傘が欲しい。(大・小あり)

どうしてもカーペットバック(ちなみに極小サイズ)が欲しい。

Shopスペースを離れない私。

そしてdannasamaに相談の上

12060_7

全部購入。でもね、本当はカイトだって、人形だって、Tシャツだって欲しかった。でも、でも、でも、もちろん大満足。もう嬉し過ぎて、この写真は開演前ロビーにて喜び抑えきれないの図。

メリーポピンズが大好きな方ならばご理解いただけるでしょう。(きっと)。

皆さんだって、デパートの傘売り場で持ち手が「オウム」なメリー傘を探したことでしょう。 バック売り場でカーペット地の鞄を探したことでしょう。メリーポピンズのスノーボールが目の前に登場するなんぞ、想像できていたでしょうか。。。。

120609_8

さてさて、ステージに話を・・・。

この舞台用に新しい楽曲が用意されていたことも知っていましたし、ステージの様子は動画などでもチェックしていたので、当然「映画を再現」ではないことも理解はしていましたが、やっぱり期待してしまうのはメリーファンならばいたしかたないこと。

ただ、私は

オープニングシーンの演出やチム・チム・チェリーを歌うバートの存在感、まるで劇団四季の「夢から醒めた夢」の夢の配達人のごとく、物語を進めて行く雰囲気。楽曲の使い方の違いなどに(映画とは違うシーンで使われたり)

「思いっきり”舞台版”のメリーポピンズを楽しもう!」

と、思考を切り替えたので、とっても楽しめました。

映画の再現。まるまる再現は無理でも、、、と、あの世界観の再現を期待してしまうと感想も変わって来るのかとも思います。ただ、まるで別世界なわけでもないし、私はこの舞台版は舞台版でとっても気に入りました。舞台ならではのメリー・ポピンズが出せるエナジーをダイレクトに感じれました。

演じているみなさんも素敵でした。もう誰が歌がうまいとかなんとか言ってる場合でなく、「みんなが最高」なので驚くばかり。(当然なんでしょうが)

メリーはRachel Wallace 今のNYキャストのSteffanie Leighの映像ばかり観ていたのですが、なぜだか同じフェイスラインのRachel。なぜか二人とも”顎がとんがり”さん。私の中で彼女のメリーで、新しいメリー・ポピンズ像が出来、ますますこの作品に興味と愛着もわきました。

バートはCase Dillard いやはや期待通りのバートで大満足。しかも♪Jolly Holidayの時に、「ホリデー」が「オリデー(ブリティッシュイングリッシュの発音)」と聞こえたときに、映画版バートのDick Van Dykeを彷彿させた・・・ような感じもあったり、なによりもあの身体能力と技術の高さにまぁオドロキ!

と、このキャストに満足できたことも嬉しいですし、ミスターバンクスMichael Dean Morganの七三分けしたあの感じも最高だし、ブロードウェイAnnieでグレースも演じていたElizabeth Broadhurstもいいね!ただ、私の大好きなミセスバンクスが歌うSister Suffragetteが舞台版にはないのは残念だけども。(映画のGlynis Johnsのキャラ最高)時代の変化もあるしね、むしろあれは映画で楽しもう。

Bird Woman, Miss AndrewのQ. Smithの存在感や歌声にはどう言葉で表してよいのかわからない素晴らしさでした。ただ、私はもっと弱々しいBird Womanが好みかもな。♪Feed the birds〜。

ということで、すばらしいキャストの皆さんのご紹介はこちらを
Touring_Cast

仲良しのお友だちファミリーが観劇。今度、感想を聞くのが楽しみだな!

この観劇で、こころの栄養補充、十二分にできました。ワールドツアーキャストのみなさんありがとう!!!

あ、わたしの宝物たち(戦利品?!)はまた今度ご紹介しますね。うふふ。

あ、あ、劇場、どうしてあんなに寒かったのだろう。みんな凍えていました。

いつかブロードウェイでMinami Yusuiさんを応援(観劇)したいなぁ。

♡メリーポピンズ
http://www.marypoppins.com/   

♡日本人アクトレスMinami Yusuiさん公式サイト
http://minamiyusui.com/

♡マイケル役Zachくん
http://www.zachtimson.com/

♡私が興奮したアイテムはこちらから
http://www.disneystore.com/disney-on-broadway/mary-poppins/mn/1001075+1000129/?att=Broadway%E2%88%AB_cmp=dbway_Mpwebsites

♡Broadway San Jose
http://www.broadwaysanjose.com/
さーて、この先は
MEMPHIS
Cathy Rigby is Peter Pan
ROCK OF AGES
Blue Man Group
BILLY ELLIOT THE MUSICAL
Green Day's American Idiot
の1年間。楽しみ!

|

« Śacī‘s Jam♡いちご狩りのシーズン! | トップページ | カリフォルニアの空の下で・・・ハートつながるBBQ!/Drunken Chicken »

US♡芸術/観劇」カテゴリの記事