« 朝食デート。 | トップページ | 「お家に帰るまでが・・・」 »

2012年3月 3日 (土)

好奇心と創造する力

わたしが日本で指導していたCheerleaderたちに育んで欲しいと、レッスンでアプローチしてきた「創造する力」。

つまり、いままでの経験や知識の中だけで作り出す、想像するだけでなく、そこからさらにチャレンジしたり工夫したり、考えたり、新しいものを生み出す、創造する力。

これはこうあるべき。とか
これはこうだから。と思わないで、チャレンジしてみる気持ち。
”思いっきりやってみる/楽しむ”力も必要かもしれませんね。
そして、好奇心!

120302_1

この三つ編み。
姪っ子が編んでくれたのですが、誰にも教わっていないのです。
「やってみたかったから」
「お友だちがやっているのを見て覚えた」
というのです。

好奇心があれば、方法や手段をまず入手しようとせずに(=そこに満足度を求めず)、自分で考えたり、工夫したりで作りあげることができるって素晴らしいなぁと、つくづく感じた瞬間です。その過程が楽しいはずですし。
この日は、その後、1時間、姪っ子と美容院ごっこです(わたしはお客様)。

Junior Cheerleaderのファミリーの皆さんはもちろん、他の皆さんも、お子さんにプレゼントする、教えてあげるのは方法や手段ではなく、どうしたいか、そう考えるきっかけをぜひ!

「どうやるか、ではなく、何をやるのか」

それを伝えて行くと、やる気も好奇心もよりわくことでしょう!
これは、親子だけに限らず、仕事での関係などさまざまなところでも、指示をする方がこう工夫するだけで、意識するだけで、相手は創意工夫度up!up!

わたし自身も、自身の思考や、生活。家族や仲間との過ごし方でも、物事の捉え方などで心がけ!

自分のいまの知識と経験でめいっぱい想像すること
そして、そこからさらに飛び出して創造する。

どうするか、ではなく、何をしたいのか。を先に考えてみる。

これって人生がより楽しめそう♡

ちょっと大胆に、話をしめすぎたかしら?


|

« 朝食デート。 | トップページ | 「お家に帰るまでが・・・」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事