« おこころづかい。 | トップページ | The Bar Method その後 »

2012年3月21日 (水)

コゼットゼミナール「ボール大分解」

犬の知能は言語的にはおよそ人間の子どもの2歳程度(スタンリー・コレン博士)と言われています。それは以前にも聞いていたのですが、どうやら動物心理学者によると知性も2歳児程度なんだと。

ただい、知性と書いていたら、知性的な(intellectual)と知能が高い(intelligent),どっちがどうだと考え始めてしまいました。これはまた今度。


こんなことを考えるきっかけになったのは、チワワの愛犬コゼット。
日本時代から、小さいころからお気に入りのハナモペッツ(港区・三田) さんの1階で売られているボール。なぜだかこればっかりで遊ぶ。くわえて走る!噛んでひたすら音をならす!

あまりにくわえているものだから、コゼットの唾液ですぐカチカチになり、そして、いつしか音も鳴らずに、ボールは疲れ果てた姿になり、世代交代。となっていました。

アメリカにきても、相変わらずこのボールでばっかり遊ぶので、先月に一時帰国した際も10個まとめて購入してきたほど。

なのに!なのに!なのに!
こんな遊び方をしていたら、在庫はすぐ無くなるだろうし、そもそも遊べなくなる!!

コゼットがこのボールの遊び方をかえてしまったのです。

120320_1_2

120320_2
わかります?すっかりパンクした(!?)ボールのよう。。。。

それもそのはず、最近のコゼットの楽しみ方は

120320_3

ボールの分解。

気がつけば、ボールがこんな姿に。茶色い布なんてひっくりかえっています。。。不幸中の幸いといえば、分解のみ夢中で、分解が終わってこれらを食べようとしなかったことです。絨毯にこんな風に残骸が残されました。ちなみにこれ、新品を渡し、ものの10分ぐらいでこんな状態に。この綿を食べていたら大惨事になって
内臓に詰まり「腸閉塞」などにもなる恐れがあったので、むしろ私がいるときに分解していたのがこれも不幸中の幸いです。

ということでボールは私がいるときだけにし、後日にまた新しいボールをあげたら
120320_4
ブレていてわかりにくいですが、前足でボールを固定し、歯で糸をひっぱって分解を始める気合いが十二分に伝わったため、ボール回収。

分解用の遊び道具にしては、誤飲のおそれがあって危険だし、それに遊びにしては高くつきすぎ!ということで、最近は、なぜか分解されていないカピカピボールだけ与えています。


この記事を書いている今も・・・

120320_5
カメラを向けると振返る。

そして

120320_6
またボールに夢中。私に見えないようにやってるつもりなのか、急にお尻を向け、ボールを見えない位置に。ただガラスに反射して丸見えです。

120320_8
何をしているのか見に行くと、落ちたボールの見物。


最後には
120320_9
「そんな記事あげないでくれる?私が野蛮みたいじゃない」的な睨み。


ちなみにこの窓際でひなたぼっこがコゼットはお好きな様子。
120320_10



わんちゃんもある程度太陽光を浴びていると夜しっかり眠れたり、そのあたりはニンゲンと同じらしいよ、と聞きました。(ごめんなさい、定かな情報でなく)。それにしても気持ち良さそう。。。


コゼットの分解で
栄光ゼミナールが開催している理科実験教室「時計大分解」を思い出しました。分解しながら役割を確認したり、仕組みをしったり、いろんな興味が沸いてくるそうな。(楽しそう)。コゼットもボールの仕組みに興味があったのかしら(笑)

|

« おこころづかい。 | トップページ | The Bar Method その後 »

Cosetteとお友だち(DOG)」カテゴリの記事