« 歓楽街で一息?!♡MOCCA/SanFransisco | トップページ | 冷え込む日々。お散歩のきっかけは・・・♡Elick's Deli Cafe »

2012年1月16日 (月)

葉加瀬太郎さんの演奏の素晴らしさ、そして気づきの夜。

先日、葉加瀬太郎さんの演奏を聞ける素晴らしい機会に恵まれました。しかも、とても近い場所で。

ヴァイオリンの素敵な音色に感動、大興奮したのは当然のことながら、驚きすぎた指の動き、弓の動き。そしてそして、葉加瀬さんの楽しいおしゃべり、その後に曲に入る瞬間のあの”一瞬の魔法”。葉加瀬さんがその曲に集中するその瞬間。すべてをカラダとこころで堪能できた贅沢な時間でした。あ〜本当に素敵だったなぁ。しみじみ。

何度と何度と聞いていたEtupirkaを生で聞けたことも嬉しいですが、その他の葉加瀬さんのオリジナル曲もすばらしかったし、わたしの大好きなLibertangoは圧巻でした。1曲ごとに興奮し、時に感動の涙、時に言葉にできない胸があつくなる感じの涙(Libertangoがまさしく!)。。。。とにかく楽しかった!最高です。そして、USでMCもご無沙汰なので、あーあんな風に楽しくおしゃべりもいいないいなっと。

アンコールのラストは、NHK朝の連続ドラマ小説『てっぱん』の主題歌『ひまわり』でした。葉加瀬さんのお話でもありましたが、『てっぱん』はちょうど、東日本大震災の時に放送されていたドラマ。あの地震の後、一週間放送が中止されました。あの頃のテレビは、Newsなど情報番組のみ。子どもたちが(おとなだって)見たい、見て笑いたい、リラックスしたい番組もありませんでした。朝の連ドラは毎朝8時、同じ時間に毎日同じ歌から始まる。その当たり前が無くなったこと。そしてそれが戻って来たこと。。。。葉加瀬さんの言葉で、とても力強くあたたかいお話がありました。

この『ひまわり』を日本の復興のために、演奏し続ける

とおっしゃっていました。
素敵なメロディに私もいろんな思いもフラッシュバックし、涙が出てきました。この曲で世界中のひとがつながって、日本を応援できたら。。。

そして、そして
葉加瀬さんと一緒に演奏するチェロの柏木さんと言えばGクレフ。わたしが中・高校生くらいの時に、活躍されていた皆さん。葉加瀬さんから、柏木さんといえば。。。とご紹介がありましたが、『知っていますとも!』と大きな声で叫びたかった!あの素晴らしい演奏はもちろんのこと、テレビッ子の皆様は思い出していただけるでしょう、高木美保さんの昼ドラ、嵐三部作の『夏の嵐』のテーマ音楽を。。。

Photo

こんな素敵な時間だったのに、ちょっぴり残念なことも。

葉加瀬さんの演奏中に、写真を撮っていた方(しかも、カシャっと音がなったり、フラッシュたいたり)がいらしたこと。
演奏される方が気持ちよく演奏できる環境を、客席の私たちも一緒に作り出すのがとっても大事。それに、その方が気持ちよく演奏できないのを聞くのも私たちですから。
小さな会場で、しかもヴァイオリン、ピアノ、チェロの3人での演奏というときに、その『カシャ』という音や行為が、ご本人にもですが、客席で聞いている人々の空間にどのような影響をもたらすかは。。。。。きっと、なかなかお気づきになれないことなのかもしれません。

芝居やミュージカルでも時々あることですが、おそらくそんなに周りは気にならないであろう、と思い込んでいる行為。アメの包みを開く音。。。などね。こればっかりは、一度誰かに注意されたり、教えてもらわないとなかなか気がつかないのかもしれませんね。

音楽家の皆さんや芸術家の皆さん、そういうステージや演奏会でのマナーは2つ。
・ステージの方と同じぐらい一生懸命に聞く事(音楽家は一生懸命演奏している)
・ステージの方と同じぐらい一緒に楽しむ事

これだけなのです。(正しくは色々あると思いますが)
そうすれば、おのずと集中しますし、おそらく『マナー違反』となる行為はあまりおこらないことでしょう。と、根本的には、私はそう思っています。そもそも『こっちはお客なんだからさー(何したっていいでしょー)』というのでは話になりませんが。

しかもね、今回は司会の方から
写真を撮らないこと、動画もダメ。youtubeなどwebにあげるのも一切だめ。つまり演奏の妨げになるからやめてね。それから、勝手にwebにあげちゃうのもだめよというのを注意されていたのです。英語でね。それを聞いてもやってしまったのか、そもそも司会の方のお話を聞いていなかったか聞き漏らしていたのか。。。。

さてさて、来月は、わたしが日本で指導をしていたジュニアチアリーダーたちのパフォーマンス発表会が開催されます。このCheeRingでの発表会は、皆さんが従来イメージしている、ピアノの発表会などの静寂な中での素晴らしいエナジーを共有するタイプのものではなく、応援しあいながら、Cheerスピリットを共有しながらのもの。
それこそ、
・ステージの方と同じぐらい一生懸命に聞く事
・ステージの方と同じぐらい一緒に楽しむ事
これが根底にあること

さらにはチアリーダーの集まりです。
・会場のみんなで素晴らしい時間を共有して、元気(良いエナジー)を生み出すこと。を意識することです。たくさんの人数の中のひとり、たったひとり、されどひとり。

わたし自身、葉加瀬さんの演奏の楽しみ方、まだまだ知らない楽しみ方、豊かさをもっと感じれるようになれたら、いいな。と思うからこそ、色々な経験をしたいです。

教養があるから素晴らしい、のではなく、その姿勢や心構えがそもそも素晴らしいのだと、出逢った人々から感じています。それは、人生をより豊かにする、たくさんの楽しみ方を知っている、ということに。

CheeRingの活動では、『チア』という枠にとらわれずに色々な活動があり、子どもたちだけでなく、ファミリーも経験できることが多いかと。あたらに発見することも多いのではないでしょうか。そしてファミリーには教養の豊かさを感じる方も多いですものね。

こういう機会に、いままでの自分の当たり前から一歩飛び出して、新しい何かを学んでみよう、知ってみようとする姿勢を大切にしてみてくださいね。それが人生の楽しみでもありますよね。

日本にいる生徒のみんな、子どもたちにも、これからもいろいろな楽しみ方を伝えていきたいです。そのためには、ステージにいても、客席にいても、同じようにエナジーを届けられるスピリットを育めるように、そう普段からそういうスピリットを発揮できるように、伝えていきたいです。相手の気持ちを考えること、ここから始まりますね。子どもたちがおとなになることには、今よりもいろいろな楽しみ方、こころのふるわせ方、かよわせ方を楽しんでいることでしょう。

と、あらためて。
わたし自身、色々考えなおす機会にもなったサンフランシスコの夜でした。

まさしく、”人の振り見て我が振り直せ
...”
です。
自分の行動を振返る機会になりました。
が、これからも色々な環境にシーンに飛び込んで、経験して。だけれども、失敗も恐れず。失敗からも学んで。。。飛び込む前に、その前に準備をしっかりと。これ大事。

さ、フルートもがんばろう。っと。

120114_6

携帯音で演奏中断、平謝り NYで2日間眠れず - 47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011401001149.html#fb-root

もし自分が大好きなミュージカルでこんなことになったら。。。想像しただけでも怖いです。この方が眠れないのもよくわかる。みなさん、これも気をつけよう。i phoneはマナーモードにしていても目覚まし時計は鳴りますもんね。あー恐ろしい。電源ごとoff!!

|

« 歓楽街で一息?!♡MOCCA/SanFransisco | トップページ | 冷え込む日々。お散歩のきっかけは・・・♡Elick's Deli Cafe »

US♡芸術/観劇」カテゴリの記事