« 再会のランチパーティ。(お魚屋さんのデリバリー※歌あり) | トップページ | 年末にfore〜!☆Pruneridge Golf Club/San Jose »

2012年1月 2日 (月)

CATS★全米ツアー/San Jose

サンノゼでキャッツです。

サンノゼでブロードウェイミュージカルです。

お友だちは「え?あれって本物なの?パチモノじゃないの?」と。

いえいえ、れっきとした『本物』の『全米ツアー』公演です。

ということで。

111228_11

回転しないキャッツ!
そう、回転席(舞台)のないキャッツ。ただしくは、初の『浅利慶太版(四季版)以外』のミュージカルキャッツ!(生の舞台ね)。

そして!
今回は1列目の”ド”センター。キャッツでは演者のパワーを間近で感じたい私にはたまらない席です。dannasamaがわたしが渡米してくる前にとってくれていました。ちなみに渡米前の夫婦でのラスト観劇もCATS@四季・横浜でした。

キャッツは公演される国や時期などで演出がちょっとずつ違うので、それも楽しみの1つ。振付もさて、全米ツアー版の、普通の舞台(回転などない)でのキャッツ。
日本の『踊れー踊れー』という、踊りまくる躍動感はやっぱり最高ですね。あらためて。加藤敬二さんの振り付けの素晴らしさや、『あぁ〜四季のキャッツで育って来たのね、わたし』としみじみ。ただ、今回は舞台装置が(日本に比べたら)ほぼ無い中でのキャッツは、ひとりひとりの猫の芝居や描写を感じることができました。

そ・し・て

25日に、サンディエゴに日帰りの旅のLAからSanJoseの飛行機の中に、CATSのウェアを着た方がいて、タイミング的にも演者さんかしら、と<一応>猫に変身しても気がつくほどにお顔を覚えさせていただいたのですが、わたしの勘違いでなければ、それは『スキンブルシャンクス』だったのです。鉄道猫。

し・か・も

芝居猫のグロールタイガー<劇中劇>の中で気がつきました。

つ・ま・り

興奮したのはもちろんのこと、『いやぁ〜ここで気がつくとは!』と彼の一番の魅せ場でないところで気がついたこと。妙なかぶりものをしていても、あのシーンはマンカストラップに、ミストフェリーズに、と出ている猫をわかっていたので、あと猫の色でスキンブルを気がつきました。キャッツ好きには当然のことですが、あらためて、『好きなのねぇあたし』と思ったのです。

キャッツに詳しくないと意味不明かと思いますが。。。。

1112228_10

 

 

ミストフェリーズは、魅せ場のフェッテ(ダンスの技。ターン)のシーンでは、なんともむずかしいコンビネーションになっており、すばらしさに大興奮。このミスト、1列目どセンターで大興奮している(泣いたり笑ったり大忙し)私に、大サービスでアイコンタクトおおばんぶりまい。←気のせいではない。 

そしてグリザベラ、オールドュトロノミーの歌声には涙しました。

踊りまくるマンカストラップにも大興奮。ラムタムタガーにさらわれる気満々でしたが、2席となりのマダムがさらわれ(こちらの場合だと、ダンスに『誘われ』)かなりダイナミックに踊りまくり会場を沸かせました。あーん、こういうのできないアジア人だと思われて誘われなかったかしら、もっと『コイツできそう』と思わせる派手さが欠けていたと、観劇中にちと反省。

って、ひきつづき

キャッツに詳しくないと意味不明かと思いますが。。。。

いま、San Joseにはブロードウェイミュージカルが順番に上演されています。

劇場&観客の雰囲気は『サンノゼ≠ブロードウェイ』ではないのは、ブロードウェイで見た事もない私が判断するのもおかしいですが、<おそらく>そうかと。。。。

ただ、せっかく私も大好きな素敵な作品が来ていますので皆さんもぜひ!

Homepagelogos


キャッツは終わってしまいましたので次は

2011wss0030r__0
January 17-22, 2012 ウエストサイドストーリー。舞台は四季版も宝塚版も大好き。とくに星組サンに燃えたわ。遠い目。

そして、続くは

Top

March 6-11, 2012  美女と野獣。四季が初演した1995年から数回見に行ったわ。チップ役に子役だった(9歳くらい)ウエンツ瑛士さんもいたわね、と遠い目。

その次は私はまだ見た事のない
Phototwotop
IN THE HEIGHTS がApril 17-22, 2012

こちら(http://www.nyniche.com/archives/385 )での『松竹新喜劇度★★★★★』をよんでから気になっていた
IN THE HEIGHTS。どうなることやら!

そして、次はMILLION DOLLAR QUARTET
Mdq0198rmain
May 8 -13, 2012 
あるブログに(And This Is Not Elf Land
『BWでは、大ヒットしているわけではありませんが、ツアーや、オフなどの小劇場で愛され続けていくような気がします。どちらか言えば、南部の田舎の小さな劇場で愛され続けるような作品です。』とあったので、どうでしょう、サンノゼでしっくりくるかしら。

そして、そして、私が今から楽しみでならない、愛してやまない
A13451846main
MARY POPPINS
May 29-June 10, 2012
待ち遠しい!待ち遠しい!待ち遠しい!3回言うほど待ち遠しい!

♡BroadwaySanJose

http://www.broadwaysanjose.com/index.html


|

« 再会のランチパーティ。(お魚屋さんのデリバリー※歌あり) | トップページ | 年末にfore〜!☆Pruneridge Golf Club/San Jose »

US♡芸術/観劇」カテゴリの記事