« 我が家にクリスマスツリーがやってきた!(2)人生初のツリー狩り。 | トップページ | 牛乳ベースの甘い飲み物を飲みながら。 »

2011年12月 6日 (火)

我が家にクリスマスツリーがやってきた!(3)あたたかい気持ちもやってきた!

Half Moon bayのあたりも楽しいところ素敵なところがたくさん

111204_27

湖を眺めながら、急勾配をかけあがる人、自転車の方もたくさん。今度はゆっくり!カニも買いたいし♡

そんなことを考えながら家路へ。

我が家はアパートメントのため、駐車場からお部屋まで運ぶことが、第二関門!

駐車場にて。

111204_30

『ピーピー(笛)ツリー通りまーす』

アパートメント廊下にて

111204_31

『はい、ツリー通りーます』

Hand Truck大活躍。

我が家がUSで購入したこのタイプ。

111204_33

参考までに比較対象で靴をおいてみました。。これだけ小さく薄くなるUS製品、って久しぶりなような。これだったら車の荷台にいれておけます。こちらはHome depotで購入。

111204_34

広げたらこんな感じ。これに乗せて運びました。

いざ、部屋までたどり着き、リビングルームに運び完了。ベースにお水をはり、木を固定させてみると

111204_35

いい!とってもいい!まだcutしたままで剪定もオーナメントもつけていませんがいい!

ちなみに、我が家が今年選んだのは、白みを帯びた青い葉が美しい『White Fir』です。

A_concolor2

(参考画像)

針葉は長く柔らか♡白みを帯びた青緑色から濃緑色♡枝にねじれてつく。

111204_36

オーナメント着けを開始しました。dannasamaも楽しそう。White Fir自体が少し白っぽいので、オーナメントも白中心でそろえてみました。

111204_37

わたしもノリノリ。

111204_38

ThanksgivingホリデーでCarmel に出かけた時に、購入したオーナメント。毎年いくつかは記念にお気に入りを購入したいな。

111204_39

 このふたつは、CarmelのTea Rose Collection にて。

111204_40

日本で地道に買いそろえていたオーナメントも日の目を浴びました。

ひとまず

111204_41

いま、手持ちにあるオーナメントをつけて。

111204_42

わたしの身長は165センチです。このツリーのサイズを”ちょっとこぶりかな”と思うのは、アメリカンな感覚です。

子どもの頃、実家にあったリアルもみの木。すごく痩せてて、年々やせ細っていき、華やかだったのは初年度のみ。やっぱり継続して育てるのは難しいのでしょうね。(ちなみに、このツリーはシーズンが終わると回収先へお届けします。

クリスマスモードアイテムの1つ。『レ•ミゼラブルファンにはたまらない』この『銀の燭台』。これこそ、フェイクなのですが、夫婦そろって大のレミゼ好きには、お店で見た瞬間に『欲しい!』と。ということで、ツリーも加わったし、とひとまず夕食時に使用しました。(テーブルにリモコンがあったり、即席ごはんの写真でお恥ずかしい限り。燭台だけ御覧あれ)

111204_43

75歳になったディーニュのミリエル司教の司教館を、ひとりの男が訪れる。男の名はジャン・ヴァルジャン。貧困に耐え切れず、たった1本のパンを盗んだ罪でトゥーロンの徒刑場で19年も服役していた。行く先々で冷遇された彼を、司教は暖かく迎え入れる。しかし、その夜、大切にしていた銀の食器をヴァルジャンに盗まれてしまう。翌朝、彼を捕らえた憲兵に対して司教は「食器は私が与えたもの」だと告げて彼を放免させたうえに、二本の銀の燭台をも彼に差し出す。それまで人間不信と憎悪の塊であったヴァルジャンの魂は司教の信念に打ち砕かれる。迷いあぐねているうちに、サヴォワの少年プティ・ジェルヴェ(PetitGervais)の持っていた銀貨40スーを結果的に奪ってしまったことを司教に懺悔し、正直な人間として生きていくことを誓う。

ーーーWikipediaより

ミュージカルでのこのシーン(そしてこの後)がとても印象的です(映画でも)。

さて我が兄弟 銀の燭台を
使って正しい 人になりなさい
闇からあなたを 主は救いたもう
あなたの魂 私が買った


"But remember this, my brother
See in this some higher plan
You must use this precious silver
To become an honest man

By the witness of martyrs
By the Passion and the Blood
God has raised you out of darkness
I have bought your soul for God"

ちなみに原作。

「忘れないでください。決して忘れないでくださいよ。あなたが正直な人間になるために、この銀器を使うとわたしに約束したことを」

「わたしの兄弟のジャン・ヴァルジャンよ、あなたはもう悪の味方でなく、善の味方です。あなたの魂を、わたしは買います。暗い考えや、破滅の精神から引き離して、あなたの魂を神にささげます。」


"Do not forget, never forget, that you have promised to use this money in becoming an honest man."

"Jean Valjean, my brother, you no longer belong to evil, but to good. It is your soul that I buy from you; I withdraw it from black thoughts and the spirit of perdition, and I give it to God."

ツリーの光や、燭台のローソクの火。家族のあたたかな声。あたりまえの幸せに感謝しながら、もちろん日本、被災地のことも忘れずに、できることをこつこつと続け、これからも過ごします。

なんでも楽しむ我が家は、クリスマスツリー狩り、クリスマスツリーのオーナメント選び、飾りつけも夫婦で初めて行い、発見もたくさん。ともに楽しみ、気持ちを共有して過ごしています。(といいつつ、このあと、ひとりソファで爆睡しました。ドンマイわたし)

ツリーとともに、さらにあたたかい気持ちも我が家にやってきました。それと同時に、ツリーのベース(土台)から水漏れで、大変!!冷や汗。。。です。どうなってるんだ?!このベース。

|

« 我が家にクリスマスツリーがやってきた!(2)人生初のツリー狩り。 | トップページ | 牛乳ベースの甘い飲み物を飲みながら。 »

US♡季節のイベント・楽しみ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/43273538

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にクリスマスツリーがやってきた!(3)あたたかい気持ちもやってきた!:

« 我が家にクリスマスツリーがやってきた!(2)人生初のツリー狩り。 | トップページ | 牛乳ベースの甘い飲み物を飲みながら。 »