« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の42件の投稿

2011年11月30日 (水)

Thanksgivingホリデー6 「240°Viewでバスケット?!」

カブリロビーチハウスのハウスマザー セツ子さん  からの”生きた情報”を参考に、SanPedroの街を楽しみます。

歴史を感じつつ、生き物のことを考えたり。。。

こちら↓もおすすめpoint! なんと240°Viewです。なかなか無いですよね240°

111125_20_2

ここは、Korean Bell of Friendship and Bell Pavilion

Korean Bell of Friendship and Bell Pavilion
Angels Gate Park 3601 S Gaffey Street San Pedro, CA 90731

111125_21

111125_23

朝鮮戦争の名誉退役軍人を、アメリカの独立200周年を祝うために韓国の人々から贈られた”コリアンベル:友好の鐘”。ベルは、年4回鳴らされているthe Fourth of July, August 15 (Korean Independence Day) and New Year's Eve, and every September to coincide with bell ringings around the country to celebrate Constitution week.

ここの景色がすばらしい!

111125_24

111125_25

ぽつっと真ん中に立っているのはdannasama.

111125_26

こんなところにバスケットコート。楽しめる人たちはさぞかし気持ちよいでしょう。(わたしはボールを落としてしまいそう)。すばらしい景色を全身で見ることができます。もう目だけで見るという感じでないのです。

111125_27

車中。The Corner Storeのコーヒーを楽しみながら。

111125_28

111125_29

111125_30

Fort MacArthur Museumフォートマッカーサー博物館

3601 South Gaffey Street, San Pedro, CA 90731Marine Mammal Care Center

Marine Mammal Care Center at Fort MacArthur

http://www.marinemammalcare.org/mmccindex.html

海洋哺乳類ケアセンターです。こちらでは病気や負傷、親と離れてしまった孤立した海洋哺乳類の病院です。救出すること、治療すること、リリースすること。アシカやアザラシがいました。

111125_32

動物はNGだったのですが、一応「キャリーバックに入っているコゼットと一緒でも大丈夫か」と訪ねると、「吠えるのがまずいのよ」と。であれば、dannasamaとひとりずつ順番で、と思っていたら、「静かにしていれば大丈夫。吠えたら出てね」ということで、一緒にセンターの方の説明を、お話をききながら動物たちを見ました。

111125_33

自然の病気や負傷だけでなく、サーフィンやボートとの接触や影響などもあるようです。この子ではないですが、隣では盲目のアザラシがここで治療され、盲目のままではあるものの上手に泳いで仲間と暮らしていました。

少しでもドネーションになれば、とわずかですが募金とアイテムを購入しました。

111125_36

さて、車に戻り、コゼットリラックス。

111125_37

必死に噛む。目をとじ、噛む。

111125_38

そして、時に穏やかに噛む。

111125_39

本能で噛む?!。

コゼットと初の長距離ドライブ旅行、楽しんでいます。

|

Thanksgivingホリデー5 「最古のLighthouseでガラスの仮面」

カブリロビーチハウスのハウスマザー セツ子さん  からの”生きた情報”を参考に、SanPedroの街を楽しみます。

歴史を感じつつ、今の風と陽射しを浴びながら楽しみます。

111125_0
Point Fermin Lighthouse /Historic Site and Museum
旧灯台です。

灯台をLighthouseという意味がこれでよく理解できます。このお家が灯台です。1874年Miss Mary L. Smithが妹と住みこみで始まりました。きれいな花に囲まれたビクトリア朝様式のこの建物は西海岸で最も古い灯台の1つです。

Point Fermin Lighthouse Historic Site and Museum
807 W. Paseo Del Mar San Pedro, CA 90731


111125_1

ロサンゼルスの最南端に位置する公園。サンタカタリナ島に向かった眺めは絶景です。イルカやアザラシを見ることもできるようです。(私たちは遭遇できず)。ここからのトレイルは海につながっていようです。

Point Fermin Park
807 Paseo Del Mar San Pedro, CA 90731 USA

この公園の中にある円形ステージ(上の写真の上段中央)。ガラスの仮面ファンには21巻22巻を思い出すことでしょう、劇団一角獣とつきかげの野外ステージでの「真夏の夜の夢」。マヤのパックを。。。ということで

111125_5
ひとりカーテンコール中。

111125_6
コゼットの朝のお散歩にはカブリロビーチ。犬は砂浜はNGです。

111125_7

111125_8

111125_9
Cabrillo Marine Aquarium
3720 Stephen M. White Drive San Pedro, CA 90731
Aquarium Hours
Tuesday through Friday - 12 noon to 5 pm
Saturday and Sunday - 10 am to 5 pm
Closed Mondays, Thanksgiving and Christmas
http://www.cabrillomarineaquarium.org/

111125_11

111125_12

|

Thanksgivingホリデー4 「まるで映画の1コマなカフェ」

カブリロビーチハウスのハウスマザー セツ子さん からの”生きた情報”を参考に、SanPedroの街を楽しみます。わたしの腕前でも、なんとなく絵になるほど、それほど街に表情があります。

111125cs1

THE CORNER STORE

街のストアです。まるで映画の世界のよう。連日コーヒーをいただきに、通いました。こんなお店でゆっくり街の人の中にはいり、溶け込んでゆっくりするのもいいですよね。

コーヒーがオイシイのはもちろん、雰囲気の抜群。軽食だけでなく、なんだかかわいいおもちゃや、工芸品、なんだか面白い特産品?だったり。もちろんソーダやキャンディも。そして店内のカドでは、初日には、これまた素敵なセンスで裁縫もしっかりとしたエプロンをおばちゃまたちが販売していました。お店の中でゆっくりする人も。
これだけの雰囲気、当然のごとく、映画の撮影などでも使われているそうで、ちょっと前にも現在撮影中のある映画で使用されたそうです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の撮影がサンペドロで撮影されていたようですが、ジョニー・デップがカブリロビーチに滞在していた時に、このお店を利用していたようです。(サインもあります)とミーハーネタも。

111125cs2
お店の前にはいつでもわんちゃんがご主人さまを外で待っていました。

111125cs4
わたし、街にとけこんでみました(気分)。

11115cs5

111125cs6
こんな風に、おそらくこの街の方の作品(商品)が売られています。デニムをアレンジしたエプロンです。あまりのかわいさに沢山欲しいところを我慢して1つだけ購入しました。どんなのをかは、また今度紹介しますね。実際作った方から買いたかったなぁ。

111125cs8

この日はセツ子さん がお店を出す日でした。

わんちゃんのお洋服などなど、素敵なものがお店にずらり。
111125cs9

111125cs3_2

The Corner Store

1118 W 37th St San Pedro, CA 90731

Hours:Mon-Fri 6 am - 6 pm/Sat-Sun 7 am - 6 pm

 

|

2011年11月29日 (火)

Thanksgivingホリデー3 「LA滞在はカブリロビーチハウスで!」

ーーーー

こんなにもThanksgivingホリデーを満喫できた一番大きな要因はセツ子さん との出逢い、宿泊先をカブリロビーチハウス にしたことです。

ホリデーにロスに行こう!、と決めてから、「さて、何をするかどこに行くかどこに泊まるか」を考えるけれど、我が家の最大条件は「愛犬コゼットと楽しめること」、なかなかコレ!と決まらない我が家にLAにお住まいだったLicaさん がアドバイス。

Licaさんも、LAには魅力がたくさんあるから、あちこち行くよりどこかに留まってそこで楽しんだほうがいいよ。大好きなLAを紹介したい、その魅力を知って欲しい!。そこで教えてくださったのが、カブリロビーチハウス、そしてセツ子さん。

LAというと、ハリウッドに行って〜、ディズニーとユニバーサルに行って〜と、それももちろん楽しい旅になると思う(実際に20歳のときに楽しかった!)のですが、今回は「現地を楽しむ、コゼットと楽しむ」がメインなので、「B&Bに泊まって、大手アミューズメントを外して楽しむ」ことに決めました。そして、もちろん宿は、カブリロビーチハウス。

とはいえ、出発日までまともなリサーチもできずに、向かってしまったのですが、このB&Bにしたことで、そんな不安や情報不足は一気に解消され、むしろ、おかげでセツ子さんにたくさん「生きた情報」をいただき、大満足!

ゆったりしたいな、と思いながらも我が家は2泊だったので、ちょっと駆け足で楽しみましたが、カブリロビーチハウスに泊まって、ゆっくりじっくり、街の中にとけこんで珈琲を飲んだり、海のアクティビティを楽しんだりすると、もっともっと魅力を満喫できることでしょう。

ポイントは「街にとけ込んで♪」
これは、ガイドブック片手の旅行を卒業したい方(そんな日も欲しい方)、この地域の気候や雰囲気、街のひとの息吹を感じたい方は、B&B カブリロビーチハウスで決まり♪ですね。

ということで、お写真でカブリロビーチハウスをご紹介。
我が家のようにシリコンバレーからも、はたまた違う州からも、日本からもオススメです。
元気でチャーミングなハウスマザー セツ子さんとの出逢いをお楽しみに!

111125cb3


宿泊した部屋からの眺め(オーシャンフロントビュー)
朝、この窓をあけるのが楽しみでした。

111125cb5
B&B,ベッドルーム部屋は明るく、「自分のベッドルームがこんなだったらいな」という雰囲気でGood!!です。波の音、あざらしの声、汽笛、目覚まし時計はそんなサンペドロの音。贅沢な寝起き。

そして、ブレックファースト、朝食はこちらの醍醐味の1つ。お料理上手なハウスマザー セツ子さんの朝食を楽しめます。アメリカにいてこの繊細な感じはかなり貴重ですよね。洋食も和食もGood!!です。

111125cb7

1日目の朝食は洋食を。焼きたてワッフルをいただきました。そして絞り立ての100%フレッシュジュース。フルーツはファーマーズマーケットで手に入れたという<すごーい美味しかった>ぶどう。皮ごといただけました。

珈琲も好きなタイミングでいただけます。サンタなシナモンもかわいかったので思わずぱちり!

111125cb8

2日目の朝食は和食で。セツ子さん特製の粕漬け。そして、オーガニック卵の温泉卵まで!朝から元気になる朝食タイム。セツ子さんとお話しながらの楽しい時間。

ベッドルームに限らずリビングなどでも一緒にワインをいただいたり、楽しませていただきました。そしてどの窓からも見事な景色。

こちらは、わたしが座った朝食の席からの眺め。

111125cb2

111125cb9

どこからも素敵な眺め、雰囲気。

ちなみにThanksgiving翌日には、街やさまざまな家庭の飾り付けも一気に「クリスマスモード」になるのですが、カブリロビーチハウスも翌日にはますます華やかに♡

111125cb10

ベッドルームにもミニツリーが登場。嬉しかったです。

111125cb11

リビングに飾ってあったものの中の1つ。なんだか気に入ったので思わず。

111125cb14

セツ子さん、犬のお洋服のデザインもされています。このファー、凄く素敵でしょ!私もお揃いが欲しいほど。六本木ヒルズあたりで素敵なわんちゃん洋服をお買い求めになっていた方、セツ子さんのかもしれませんね。。。コゼットのあしもとのかわいいリーシュは、スワロフスキー。世界に2つ。わんちゃんのお洋服や素敵なデザインのジュエリーも、ご興味があればセツ子さんにお話ししてみてくださいね♪(http://www.cabrillobeachhouse.com  も御覧になってみてくださいね)

111125cb12

わたし顔がなんだかぱっとしませんが(え?いつも?!)。。。笑顔が素敵なセツ子さんと。

カブリロビーチハウスを拠点にサンペドロの街を満喫。日数があればLAのあちこちまで足を伸ばしてもよし。すぐ近くでは、ジェットスキーやヨットなども楽しめますし、ロングビーチまで車で30分くらい。そこから南に10分もいけば、サーフィンのメッカ、ハンティントンビーチ。

我が家は、セツ子さんのお手製サンペドロ満喫Mapと楽しいお話、生きた情報をたよりに、サンペドロを楽しみました。その様子はこのあとの記事で!

この後の満喫っぷりも、セツ子さんとの出逢い、カブリロビーチハウスのおかげ。
ありがとうございました。
そして、みなさんにオススメ!


住むように旅する海辺のB&B Cabrillo Beach House/San Pedro CA http://www.cabrillobeachhouse.com/
ハウスマザー せつ子さんのブログ

|

Thanksgivingホリデー2 「ある家庭の感謝祭ディナーに(後)」

 

<つづき>

「Yumi,家を案内するわ」と、Nancyにお部屋とその思い出などをお話してもらいました。お庭にでると見事なフルーツ。

「オレンジをもいでいいわよ。」