« ポジション。 | トップページ | ありがとう。 »

2011年9月 9日 (金)

アメフト。

アメリカに来て楽しみの1つがスポーツを楽しむこと。見る事。アメフト、NFLやカレッジももちろんのことながら、NBAや長野オリンピック以来、生でみるのがご無沙汰しているアイスホッケー、NHLも楽しみです。

今日からNFLも開幕しましたね。
そして、いま我が家では
110908_12_2
カレッジフットボールを見ています。
我が家のベーシックなチャンネル設定で見れるとはなんということでしょう。


110908_13
ハーフタイムショウはちらり!!

アメリカンフットボールの魅力にひかれたのは
アメリカンフットボールの応援をチアリーダーとしてしていたことももちろん影響していますが、より深く広く、魅力を感じるきかっけとなったのは、フラッグフットボールを楽しんだ(一時、一生懸命やりました)ことがとっても大きいのです。そしてそこで出逢ったみなさんから学んだこと感じたこと。

わたしのキャラクター採用でのQB(クォーターバック)。これが、またっくもっての期待はずれの登用とのちにわかるのですが。球技が苦手、プレッシャーに弱い。そんなわたしにチームメイトやコーチのみなさん、本当にあたたかかった。。。そんな残念なわたしをどうにかしようと、早くグランド入りして、ゲーム感覚でいろんな特訓をしてくれました。が、根本的なセンスは変わらず、1年間勝てませんでした。その後、チーム力で(マロンティアーズ伝説の『せこパス』活躍)で勝てるようにもなりました。

このとき、プレイを考えてくださっていたのも、プレイコールをだしてくださるのも、練習を1から教えてくださったのはなんとも豪華なスタッフ陣。オフェンスは元FrontiersQBの真弓英彦氏、ディフェンスはご存知元Frontiers監督で、NHKのNFL解説でもおなじみの輿亮氏、他当時Frontiersの現役選手、コーチ陣がサポートをしてくれました。伝説のLB兼安さん、やみなさん。本当にありがたやな環境。

そもそも、フラッグを始めたのは
1998年ブレッド•ファーブが来日して、いまのような状況になる前の川崎球場(なつかしいな)で
NFLフラッグを紹介する〜なイベントがきかっけです。これまた贅沢!
これで当時のチアメンバーとイベントに参加をし、当時は『NFLフラッグ』と呼ばれていたそれに触れたのでありました。そこから、チアのメンバとFrontiersのマネージャーさんと、わたしのお友だちからスタートし、途中、富士通RedWaveのOGも入ってくれたりとなんだかとっても楽しい活動でした。
途中で、さえないQB(わたし)は、チーム名を決めて立ち上げた現場の張本人のくせに、サヨウナラすることになって、その後、お察しの通り、チームはものすごくものすご〜く、強くなるのでした。チャンチャン!!

110908_14_2
勝てない時代のあたたかいみんな。マロンティアーズ。

いやはや、一生懸命
レディコングの皆さんに勝ちたい、強敵すかいら〜くすチアのお姉さんたちのチームに勝ちたいと一生懸命だったな。一生懸命になりながらも、楽しむことを忘れない。すばらしい環境でした。みんなが気持ちよくフラッグフットボールを楽しんでいました。とっても青春。


そんなこともあったのです。と懐かしんでみました。
(あ、アメリカでしょんぼりしているわけではありません。念のため)

|

« ポジション。 | トップページ | ありがとう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事