« 応援しよう!大利久美選手。 | トップページ | I'm flying!! »

2011年7月25日 (月)

大きな声。

みなさん、とっさに「大きな声」は出ますか?

ジュニアチアリーダーの指導を終えて、電車で帰宅。帰宅途中、電車の中でサラリーマンの男性が突然、頭をゴンっと打って倒れました。しかも顔は真っ白、意識なし!
ちょうど、電車がある駅に止まっているところ。
たまたま一番前の車両だったので、ひとりのおじさんが運転手さんの扉を外からドンドン叩いて緊急をお伝え、わたしと何人かは、電車の扉がしまらぬようホームと電車で足をまたぎながら、駅員や緊急ベルをさがしながら

「すみませーーーーーーん」とわたし。(とても大きな声)


「緊急なので、そこの緊急ボタンをどなかた押してください」とわたし。(とても大きな声)


ん。。。いま思えば、
「すみませーーん」ではなく
「人が倒れましたーーー」とわかりやすく叫ぶべきでした。


ただ、2時間レッスンで大きな声を出していたこともあり、いつも以上に声も通り、わたしの大きな声はホーム中に響きました(が、だれもボタンを押してくれない。ガーーーン)


ドンドン、扉をたたいてたおじさんと私だけ、やけに目立ってしまいました。
なぜって、意識が戻った青年は、はずかしげにすぐ立ち上がり(これとっても危険)、冷静を装って(おそらく)ホームを歩いていきました。見るからに、「大丈夫ではない」足つきでフラフラその場を申し訳なく逃げるように歩いていたのです。駅員さんがすぐ来て、フォローしてくださっていました。
ほっ。


ということで、とりあえずその場は、
「何事もなく良かったですね」
的な雰囲気がながれ、わたしの大声だけがなんだかこだましている気分でした。あの青年は無事だったのでしょうか。

このとっさの大きな声。
時と場合にもちろん寄るんでしょうけれどもね。出る/出ない。

ただ、緊急停止ボタンを押していたら、電車の遅延を招いてしまって、ものすごい人々に迷惑がかかってしまったかと思うので、あの時はどんな対応がbetterだったか、いま振り返り中です。

そしてあの青年が失神発作だったのかなんだか不明ですが、この「突然倒れる」というのは、絶対にカラダになるかあるはずなので、あの方は検査をして欲しいなと願いながらも、自分や周りのみなさん、こちらをご覧の皆さんも事前に気をつけられることであれば、気をつけたいですよね。


大きな声。
わたしはいつから大きな声を出しているのだろう、と思えば、小学校から合唱で歌で大きな声をだし、そこではじめて腹式呼吸や腹筋トレーニングに出逢い、サッカーやスポーツでも声をだし、中学生になれば声楽を習い始め、舞台で歌をうたい、高校はとにかく毎日友だちと弾丸トーク。そして大学ではチアリーディングで大きな声、そこから止まることなく、応援やさまざまなシーンで大きな声。

声を出すというのは酸素をいっぱいカラダに取り込みますし、
自然と腹式呼吸にもなり、そう、ストレス解消にもなりますよね。
この自然行為が、新しい生活ではなかなか作り出すのが現実的には厳しいので(なんせ今は週4は絶対に大きな声だしまくっているのがなくなるわけで)、自分で意識的にそういう時間をもうけるべく、どんなことをしたらよいだろう、と考え中です。

ま、毎日、大声で歌っているのはすでにイメージできているのですが。。。
ご近所に嫌われない程度ね。


みなさんは、どんな大きな声をだしていますか?
せっかくだからポジティブな思い、ワードを大きな声で♪
まずは挨拶ですね。


|

« 応援しよう!大利久美選手。 | トップページ | I'm flying!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/40956049

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな声。:

« 応援しよう!大利久美選手。 | トップページ | I'm flying!! »