« 仲良しの奇跡。 | トップページ | 思い出づくり?! »

2011年5月13日 (金)

聞く耳。

聞く耳を持たない。とは
相手の発言を聞く気がない、ということ。

これ、ザンネンながら、わたしが良く行く獣医さんへの態度(時々ね!)
なんせ、わたしが質問をした時に、その質問の内容自体が、獣医さんのポリシーから外れていたりすると、大抵答えはいただけないまま。そんな質問をしてしまう、そんなことに困ってしまう飼い主が世の中に増えてしまう理由や、そこに対しての問題提議が答えとして返ってきます。
大きくくくれば、獣医さんの言っていることも受け入れることはできるのだけれども、それでも、その質問に対しての答えは、それでもこちらがなっとくする解を出してほしいのです。

こちらが質問をするたびに、なぜかものすごく怒られた気分で帰ることしばし。先日は「先祖は狼なんだから」と話されたときには「しばらくはほかに行こう」と思いました。自分の主張を通すばかりで相手の気持ちを汲もうとしない。これは聞く耳ももちたくとももてなくなります。「この先生、わたしの言うこと聞く耳もってないな」とも。

そして、この先生にかかるたびに
質問に対して的確に答えを話す。+補足のタイミング、量、というのが難しいこと、「私も気をつけよう」と毎度思うのでした。。。

ただ、この先生、むやみに注射や薬を飲ませない、というの点はすごく理解できたので、家からも近いので一応メインの獣医さんとしてかかっていました。それに、まぁ、こちらの気持ちを汲むというのも、病院は相談所(だけ)というわけでもないので、こんなものなのか、と思いながら。
そもそも私のこのスタンスが、信頼度が先生にも伝わっているのかも。
先日の診察の時にも、避妊手術をそちらでしなかったことを、とても感じ悪く言われたことも未だにネチネチ「ちぇっ」と思ってしまっているわたし。笑。

定期的に「やっぱりほかでも」
と、違う獣医さんのもとへ行っています。
去年も、フィラリアのお薬はいつもの獣医さんではないところへ。
毎年この時期に、「他に行こう」と思っているわたし。。。偶然かしら。

違う病院に行ってきたよ!
110513_a

この先生ならば、どう答えるのだろう。と
気になっていた「体脂肪」について質問をしてみました。
「体脂肪が高いので気をつけてくださいとトリマーさんに言われたのですが実際どうですか?」

<すると、体重を計り、カラダをさわり>
いま、体脂肪を計りなおしはしないので数値についてではないけれども
今は、「すごく太っている」というわけではないけれども
「すごくやせている」というわけでもないです。
=体脂肪の数値はだいたいあっているだろう、と。
少しぽちゃっとしているほうが、愛らしい感じもあるんですけれども
もう少しだけ体重は少ない方がいいです。2キロがベスト。
なぜかと言うと、年齢を重ねると代謝が悪くなります。
10年後も健康に動けるようにいるためには、いまから2キロをkeepしていくのが良いかと思います。

というような感じで、すごくわかりやすく答えてくださり、すっきりしました。
わたしが体脂肪の数値を疑っていること。今のコゼットでかわいい、まあいいかと思っていること。10年後のこと、イメージできていないこと。わたしのザンネンなポイントを的確に指摘をしてくれて、わたしがすっきりする獣医コメントをしてくださいました。
何って、まず話し方に威圧感や「えらそう感」「おしつけ感」が無い。

お医者さんと患者(つきそい)の関係とはいえ
人間同士のコミュンケーション。
まずはわたし自身の態度も大切ですよね。

名医は患者が育てるもの、と聞いたことがありますが
医者と患者の信頼関係。大切ですね。(つくづく)
これ、わたしの仕事でも言えることの様な気がします。


110513b
コゼットの記録
体重2.3キログラム
※エリザベスカラーつけていたからその分が増えたと思いたい。。。
フィラリア症の予防薬を飲み始め。毎月13日です。
※1ヶ月で遅れてしまった!

体重が増えた原因はわかっています。
ドライフードのくいつきが悪いために
ペーストを少し混ぜ混ぜしているからです。
今夜はお薬を飲むための少しのペーストのみ。
薬を飲んだのを確認したあとは、カリカリonlyに。
これでしばらく様子を見ます。


|

« 仲良しの奇跡。 | トップページ | 思い出づくり?! »

Cosetteとお友だち(DOG)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/39976696

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く耳。:

« 仲良しの奇跡。 | トップページ | 思い出づくり?! »