« スリッパ。 | トップページ | コゼットとどこまでも?! »

2011年5月29日 (日)

ハイチュウ。

わんちゃんの飼い主として反省。

犬の誤飲は犬が悪いのではなく、飼い主が悪い。

それはよくわかっていたのですが、とうとうやってしまいました。
わたしのバックの内側のポケットに入れておいた、生徒からいただいた一粒のハイチュウ。バックをフロアに置いておいた私がいけなかった。知らぬ間にコゼットの口に、しかも包み紙ごと。

ん??なんだかジューシーな香りがするわ。。。

気がついたときには
時、すでに遅し。
コゼットの口元には白い物体が。

急に「だめ!」と、取ろうとすると、取られまい!と勢いよく飲み込む可能性もあるために、あの手この手で近寄ってみましたが、どうやらそうとう甘い汁(いろんな意味で)たっぷりなその白い物体を口から離しません。
目の前で、好物の煮干しを差し出してみたものの、いつもであれば、口元から加えている、ふくんでいるものを出して、煮干しを食べるのですが、ハイチュウが口の中にくっついていたのかなぜか、ハイチュウ+煮干し状態で、ますます食してしまうことに。

小さなからだのあの1粒がどれだけカラダに影響を与えてしまうことか。。。
21時近かったのですが、かかりつけとしていない方の病院に電話をし相談。この病院の営業時間外の診察は、留守電に症状を録音しておくと、折り返し先生が電話をしてきてくれるのです。診察に行った方がよいのか、家でどんな対応すべきかなど親身に対応してくださるのです。
よく動物病院で「夜間対応している」と表記してあっても、じつは夜間専門救急専門の病院と提携しているだけの場合が結構ありますよね。ここは、きちんとここの病院の先生が対応してくださるのは本当に心強いのです。

ということで、電話で相談したところ、翌朝病院で見ていただくことに。幸い、昨晩は様子がおかしくなることもなく朝もしっかりおトイレして。。

ウンチで菌のバランスを見ていただいたり、診察してもらった結果、いまのところ異常なし。ちょっと安心しましたが、それとともに深く反省です。

今日はこのハイチュウの件以外にも渡米についての対応の相談や、アメリカ生活でのワン生活の相談なども先生が親身に、わたしのまぬけな質問にも丁寧に答えてくださり、歩いてすぐ来れる距離ではないですが(とはいえ、この前はわたしの散歩に、と蚊にさされながら歩きましたが)、「そうだ、こちらをかかりつけにしよう」と、心に決めたのであります。
日本への一時帰国の際も、こちらで検診してもらおう。と

わたしの質問
・飛行機の貨物に預けた際の犬の影響
・そもそも、飛行機にわんちゃんをのせること
・カリフォルニアの乾燥
・ノミのこと
・アメリカで獣医さんとのやりとり
・動物検疫のこと
などなど。

最後には「動物検疫所から「渡米までにすること」をメールで連絡をもらったので、それをもれなくきちんとクリアできているか一緒に今度チェックとプランだてをお願いします」とお願いすると「もちろん。やりましょう」と言ってくださいました。
※今日は初めての女性の新しい先生でした(この方が夜の電話対応もしてくださいました)

110529_1

110529_2
今日は誰もいないタイミングだったので(帰り際に入れ違い!)パチり!

110529_3
いつも気になるこのポスター。こちらの近藤先生の専門が眼科だから、一度みてもらっておきたいなぁといつも思いつつ。。。こちらの常勤の先生の専門は循環器科と眼科の先生。非常勤でさまざまな分野の先生が来ていますよ。犬だからといって、「獣医」だから全部専門なわけではないですもんね。とここにくるたびにつくづく。。。


佃に付属病院がこの春に誕生しています。
110529_4

|

« スリッパ。 | トップページ | コゼットとどこまでも?! »

US♡旅・遊び(ベイエリア以外)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497739/40180364

この記事へのトラックバック一覧です: ハイチュウ。:

« スリッパ。 | トップページ | コゼットとどこまでも?! »