« わくわく! | トップページ | 天気予報?! »

2010年11月17日 (水)

聞くちからと時の流れ。

ジュニアチアリーダーのレッスンで
アームモーション(腕の動き)を
よりシャープにしましょう。
今日はそこを意識して、と。

すると、しばらくすると
「先生、シャープってどういう意味ですか?」と
小学1年生。

ちょっと、こうやって書いてしまうと
うまく伝わらないのですが
・きちんとわたしの話を聞いている
・今、意識することを理解しようと
やろうと気持ちがポジティブに動いている
ということに、感心しました。

実際、動きではその「シャープ」というのを
まねてやってみているものの
実際、そのシャープってなんだろう、と。

言葉の説明と
実際にそれが(どんな様子が)
シャープである、というのかを
わたしもお手本をみせました。

わからない言葉が出て
きちんと聞くことができることにも
よいパワーだな、と。
何よりも、ここまでわたしの言葉が
きちんと生徒が聞いて、理解しようとしている
そのパワー、ちからにあらためて
子どもの可能性を感じるとともに
責任感とやる気がまたワクワクと。

毎週毎週のレッスンで
いろいろなことを経験し
目を輝かせる子どもたち。

わたしたち大人が
年齢を重ねるごとに
「1年が早いなー」と感じるのは、、、、。
子どものころは、どんなことでも
「初めて」のことが多かったのに
大人になればなるほど
経験したことがあることが
毎日、毎週、毎月に訪れることから、
早く感じてしまう、ともいわれていますね。

おとなになっている私ですが
こうやって毎週の子どもの成長を
間近でみれることで、
1年があっという間と感じながらも
じっくり、大切に時が流れていることも
実感しています。ありがたや。

|

« わくわく! | トップページ | 天気予報?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事