« トレーニング。 | トップページ | 今日のCosette。 »

2010年6月 8日 (火)

今日のCosette。

朝4時半にあぶく。。。
口元には泡。
その後、カラダを床にこすりつけて苦しそう。。。

そう、以前に
慌てて病院にかけつけたら
『逆くしゃみでしょう』と診断された時と
同じ様にもがいていました。
ただ、違うのは
あの『グフォグフォ』というのはないこと。
反対に(?)口元が硬直して
舌の色をチェックしたいのに口を開けてくれない。

心配になり
いつもの病院ではなく
時々いく病院へお電話。
こちらは、そこの病院の先生が深夜でも
電話対応をしてくださるのです。
ちなみに、いつもの病院は救急対応、と
いいつつも提携している夜間病院が対応。

留守電を残すと、そのあと
寝起きのような声(その通り寝起きなのだと思う)の
先生からのお電話。

状況を説明しながら
アドバイスをいただきながら
命に別状はない状況なので
最終的にはもう朝なので、9時半の
病院オープンまで様子を見ることに。

先生、起こしてごめんなさい。
でも、さすがにあぶくは怖かった!!

朝一番に病院に行き診察とともに
コゼットの明け方の様子を撮影した
動画をいくつか先生に見ていただきました。

『おそらく、発作を起こした後にとる行動』
『発作が起きて、それをもとに戻そうと
自分でどうにか動いている行動』だと思われる、と。

グフォグフォが今回はないものの
同じように苦しそうにもがいていたコゼットの様子を
前回のいつもの病院の時も説明しています。
動画もなかったこともあって、あっさり逆くしゃみ、
病気ではないです。だったのですが
今回は、様々な可能性も説明してくださり
血液検査をして、発作を引き起こす一般的な疾患
その原因を調べることに。
やっぱり動画は重要だし、
違う先生に見ていただくことも大切。

・頭蓋外の原因なのか
・頭蓋内の原因なのか
まずは、可能性を調べることに。

血液検査の結果、
白血球数が多かったのです。

これは、ウィルスが何らかのかたちで
カラダに入り込んで、
それをやっつけようと白血球が増えている
(ちょっと語弊があるかもしれませんが
そんなイメージです)とのこと。

それが、どこに侵略しているのかは
いまはわからないとのこと。

最新の設備が整ったところで
調べてもらうのも大切だな、と今回は痛感しました。
数値に基づいた説明は
さすがに納得しやすかったです。
ただ、動物はしゃべれないので、これがすべてでは
ないこともよく理解しています。

と、朝から落ち着かない日となりました。

その後、ジュニアのレッスン、夜は23:00過ぎまで
柏で打ち合わせと移動距離も激しいうえに、
遅くまでパワフル日だったために
コゼットのお世話を家族内協力で、乗り切りました。
コゼットは抗生物質で様子を見ています。

先日、カラダとこころ
つめこめすぎはno!no!と自分で書いておきながら
少々つめこめすぎな日々が続いてしまっています。
しかし、こういう時こそ『忙しいなぁ疲れたなぁ』と思うより
質の良い睡眠でリセットしちゃおう、スッキリしちゃおう。
ふぅ〜はぁ〜、そんなため息でなく
いやはやよくがんばった!ニコリ!!と。笑顔でしめくくり。

お風呂時間をニコリタイムに。


|

« トレーニング。 | トップページ | 今日のCosette。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事