« おいしい。マロングラッセ。 | トップページ | Mooring Deck »

2010年4月27日 (火)

国際色豊かな中で。

4月24日、25日お台場の
東京国際交流会館で開催された
ジグラットモデルワークショップ。
一般の親や教育者らを対象に、
すばらしい先生をアメリカからお招きしたもの。
自閉症やアルペルガー症候群の子どもたちの
療育法のワークショップです。

こちらにボランティアスタッフとして
参加をしてきました。
初日の数時間はジュニアチアの先生としての
任務もありましたが。
英語が共通言語な会場で、
ジュニアチアも素晴らしいコミュニケーション能力を発揮し
元気よくパフォーマンス!素晴らしい。

100424_1


100424_6
ワークショップ会場はこんな感じでした。

わたしは、参加者のみなさんの休憩タイム。
コーヒーブレイクやランチタイムなどなど
リラックスタイムのおもてなしやら準備やら。

100424_2
こんな風にパウンドケーキを準備したりもね。
(切ったり並べたりね)

100424_3
テーブルには素敵なお花を。
こちらはすごく優雅な香りがして、本当に素敵でした。

100424_4
会場では、このワークショップを主催した
インターナショナル・セカンダリー・スクール(ISS)の生徒が
作ったもの。どれも魅力的!!

ワークショップの参加者の皆さんが
ブレイク中にも受講者の方々同士が
楽しくコミュニケーションがとれたり
リラックスできるように。。。と
他のボランティアスタッフメンバーと奮闘しました!
いろんな仲間と取り組めて
わたしにとっても貴重な時間となりました

100424_8
ボランティア仲間のふたり。

このワークショップを主催したISSについて
2010年4月24日の朝日新聞朝刊33面に
おおきく取り上げられています。
事後のアナウンスで申し訳ないですが、ぜひお読みください。

ISSは港区にあるインターナショナルスクールで
世界21カ国、50人の生徒が通っています。
生徒の中の多くが自閉症や注意欠陥・多動性障害などの
発達障害を抱えていますが。このスクールでは
生徒それぞれの個性にあわせた教育をしています。
わたしがジュニアチアの先生をつとめる
チアリングインターナショナルの代表MAKIが
CHEERのLESSONをしたりと携わっているのです。
わたしも、何度かお邪魔したことがありますが
今回もとっても素敵な表情をしている
ISSの生徒のみなさんとも一緒に活動をしました。

この2日間
多くの方にお会いすることができ
わたしなりにいろいろを考えてみる
大変ありがたい機会となりました。


最後に1枚
こちらはパーティ中のひとこま。
ゲストダンサー。


100424_5


|

« おいしい。マロングラッセ。 | トップページ | Mooring Deck »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事