« おいしい。金華豚[平田牧場] | トップページ | 浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月 遊び編 »

2010年1月 3日 (日)

浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月

浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月
そんなイベント(?)の名前どおり
家族で楽しく浜離宮で過ごしてきました。

今年初めてこの時期に足を運んでみましたが
とっても楽しめました。
カップルにもご家族連れにもおすすめです!

今回のお目当ては
諏訪流放鷹術とお楽しみコーナー。
http://www.falconers-hermitage.com/hozonkai.html

初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに
一富士二鷹三茄子がありますが
夢ではなく現実の目で
鷹をお正月から間近で見れる、ということで
少々、鳥などが苦手な私も楽しみに会場へ。

新春の空に鷹が舞う!
なんと電通ビル屋上からの「ハヤブサの急降下」が
あると、webサイトで紹介されていたので
これも楽しみ!とワクワクしていると
まずは鷹匠サン登場。
若い門下生(親子や夫婦の方もいらっしゃいました)まで
みなさん登場です。(最初の写真)

愉快な進行役の方のアナウンスで
いろいろな技を紹介してくださいます。
そこで、
お楽しみのハヤブサ急降下は
・昨日は途中、野生のハヤブサと空中戦になってしまった
・今朝は(昨日の影響からか)浜離宮に降り立たず
違うところにいってしまった
と、アクシデントが紹介され、今日の午後の部は中止とのこと。
今朝、どこかに行ってしまったハヤブサは無事だとのこと。

へぇーそんなこともあるのね。と
少し残念でしたが、他の技をいろいろ見ました。
そんな最中も野生の鳥たちが、空中に集まってきて
最後はこの会場に降り立つのでは、というくらいの低さまで
飛んで来たりしました。(かなり迫力がありました)
おかげで鷹たちは落ち着かなくて技を失敗したりも
していましたが、それが余計に「やっぱり自然の生き物なんだな」と
思いなんだか納得しました。
作られたショータイムではないですからね。
鷹匠の技と心。
そして、鷹と鷹匠(人間)が自然の中に一緒に身を置く、
生きることについても感じる時間となりました。

庭園にはきれいなぼたんも。(写真)
寒空の下、それぞれにいい表情で咲いていました。

伝統に触れる機会というのは
自分たちで知ろうと思わないとなかなか出逢えないので
こういう機会はとっても貴重です。
ぼたんも、こういうところに来なければ
なかなか見れない生活環境になっていることも改めて
感じる日となりました。


お楽しみコーナーでの様子は次にご紹介!

銀座や汐留にお出かけの際には
立ち寄ってみてはいかがでしょう。
浜離宮恩賜庭園

     100103a
100103b
100103c

|

« おいしい。金華豚[平田牧場] | トップページ | 浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月 遊び編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事