« おいしい。牛タン。[宮城] | トップページ | マルシェ・ジャポン »

2009年10月25日 (日)

想いを伝える。

ジュニアスクールでの「先生」は
毎日毎日感じること、考えることがたくさん。
とても、素敵な時間です。
感謝の気持ちがあふれる時間です。
自分がいつも、子どもを通してうつり、
落ち込むこともありますが。。。
おかげで、本当に豊かな人生になっています。


わたしが教えているスクールは
大会などで好成績をとるためや
技術向上をメインとするスクールではないので
踊る時間などの技術向上の時間だけでなく、
他の時間もかなり長いのことが特徴。え?何の時間?
チアの気持ちや動きを知る、感じる、覚える
アプローチ方法はダンスだけでないです。

しかし、その分、ダンスパフォーマンスとして
想いが形になるには、少し時間がかかることが
あります。
しかし、目先の結果の素晴らしさを目的にして
いないので、いいのです。
じっくりと、焦らず焦らず。


今回、子どもたちが、パフォーマンスを
外部のイベントでする機会がありました。

子どもたちのパフォーマンス前のチームの雰囲気、
パフォーマンス中、そしてその後のみんなの表情。

キラキラ輝くってこういうことだ。

と、つくづく感じるほど
胸があつくなるほど
それぐらい、いままでやってきたことが
みんなが「実感」できるほど形になっていました。
それも、ダンスだけでなく、1日を通しての言動含め
すべてが「チアリーダーの気持ちと動き」だったのです。


そして、横をみれば
ご家族のみなさんもいい表情です。
涙をしているママも。
子どもたちの気持ちは一番身近な家族に
しっかり伝わっていました。

まずは、チアリーダーの子どもたちが
家族にこの気持ちを広げることができるなんて。
これって、どんどん世の中が明るくる素敵な光。

もちろん想いをもって「先生」をしていますが
今日は、子どもたちも一生懸命想いを伝えていました。


すばらしい。

CHEERって素敵。
さ、この輪を広げていこう。


|

« おいしい。牛タン。[宮城] | トップページ | マルシェ・ジャポン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事