« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の21件の投稿

2009年8月31日 (月)

信濃の国

長野県飯山市に行って来ました。
そこでダンス大好きなかわいい女の子に
出会いました。

信州人なら誰でも歌えるであろう
と言われている
長野県歌『信濃の国』で楽しく踊るチームなどで
ダンスを楽しんでいるとのこと。

県歌をみんなが歌えることに
まずびっくり。
そして、それにあわせて楽しく踊れることに
またびっくり。
素敵なことですよね。

今日は一緒にそのダンスを教えてもらいました。
手に持つ手具もこれは
信濃の自然のもの。檜です。

わたしは千葉県で育ったので
『なのはな体操』のネーミングだけは
覚えていますが、どんな動きだったのか。。。
これは県歌ではなく、千葉県が健康増進のために
すすめられた体操です。
久しぶりに思い出しました。
なのはな体操。

ダンスを楽しむこと
姉妹で鼻歌しながら踊っている家族の風景
カラダを動かしながら、こころを通わすことの
楽しさや素晴らしさをあらためて味わいました。
(ダンス以外も楽しみましたよ。)

チアリーダーに出会ったことがなかったようなので
今度会えるときには、一緒に踊れるといいなぁ。
Myポンポンを持参しよう。そうしよう。

090831b090831a

| | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

おいしい。長野駅では。

長野で新幹線に乗る前に
時間があると
おやきを買う。おそばを食べる。

090830

|

車窓から。飯山線。

思い出深い、陸別で乗った「ふるさと銀河線」と
電車の中の様子が一緒でした。
子どもたちとのさよなら式を思い出しました。

車窓からの景色を楽しみました。

090830b

|

2009年8月29日 (土)

おいしい。おそば。

善光寺近くのおそば屋さん。
信州手打ちそば かどの大丸。
おそばおいしい!!

先日、松岡修造さんが
「おそばの食べ方のこだわり」を
テレビで紹介していたので(面白かった〜)
その修造流でいただいてみました。
リズムよく。1、2!

090829b_2
090829c_2

|

マレットゴルフ

北海道で慣れ親しんでいたパークゴルフ。

これとはまた違うゴルフ。
マレットゴルフ。

初挑戦。
真剣に3時間やりました。@長野。

こりゃ、また挑戦したい。

090829

|

2009年8月26日 (水)

絵本でおしゃべり

大丸ミュージアム・東京で開催されている
いもとようこ絵本原画展に行ってきました。

子どもの頃に、いもとさんの絵本で育った方も
多いのではないでしょうか。

いもとさんの優しい絵をみて
絵からの言葉を感じてきました。
おとなになった今は
とくに自分のこころがフラットでないと
いもとさんの世界の動物や女の子、男の子と
おしゃべりができないな。と。

子どもたちは、絵本の原画をみて
絵の中の登場人物とおしゃべりをし
一緒に来場した家族ともおしゃべり。
とっても素敵な空間でした。

帰りに、一筆箋とポストカードブックを購入しました。
これで、ほんわかメッセージを仲間にお届け!
またそこでおしゃべりが広がれば嬉しいな。と。

年齢を重ねても
いもとようこさんの世界と
その登場人物とおしゃべりできるこころを
持っていたいな、と思いながら
ポストカードブックをめくっています。


2009年8月31日(月)まで
大丸ミュージアム・東京(大丸東京店10階)にて
開催中です!
お子さまに限らず、大人も足を運んで
小さいころのこころを思い出してみてはいかがでしょう。

いもとようこ絵本原画展

いもとようこの世界


写真は
入り口に大きな絵本が!&記念アイテムを購入!

08250825b

| | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

強い胃袋

先日、麻布十番納涼まつりへ。

世界各国の食事が勢揃いの国際バザール
日本各地の名産勢揃いのおらが国自慢
ステージや、もちろんたくさんの出店。
出店は十番のお店もたくさん!
おそばの永坂更科本店には長蛇の列。
永坂更科本店
十番と言えば!老舗のたいやき屋、浪花屋。
抹茶×小豆のかき氷はかなり美味しそうでした。

国際バザールで
初めて食べておいしかった!のが
スリランカのカレー×ホッパー。
ホッパーとは米粉が原料の外パリパリのパンです。
その他、ブラジルの肉料理、フィリピンの春雨料理
タイのバナナのお菓子・・・
少しずつをいただきながら
いろんな国に旅気分。おいしかった〜。

久しぶりにこういうときに思い出すのが
「国際に必要なのは強い胃袋」
相手の国の言葉を知ることも大切かもしれないけれど、
まずはその国の、人々と同じものを食べること。
それが大切。と、
学生時代の授業で先生がおっしゃっていた言葉。
(ここだけ特筆してしまいますが。。。。)

食べ物から知ること、多いですもんね。

国際バザールを楽しみすぎで
おらが国自慢は眺めるだけになってしまいました。
残念。
最初に紹介した浪花屋さんのかき氷も断念。

ものすごい人であふれていますが、
発見とわくわくがたくさん!でした。
麻布十番商店街公式サイト 麻布十番納涼まつり

帰りがけに六本木ヒルズ盆おどりへ。
六本木ヒルズ盆おどり2009公式サイト
こちらもものすごい人で、
ちょうどドラえもんと
しずかちゃん、のびた君がやぐらで踊っていましたよ。
六本人音頭をはじめて見ましたが、こちらもとっても元気いっぱい。
こちらの振り付けは、
チアリーディング仲間にはおなじみの花柳糸之先生でした〜。

最近、踊りに参加していないので(小学生以来かしら。。。。)
来年は、どこかで踊りの輪に加わってみたいな。。。。

| | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

アニーでダフィなころ

シノザキアニーズに前回触れたので
Annieの話を。

わたしが出演したのは1990年。
シノザキアニー5代目です。
合格したのが中学2年生の冬で
公演中は中学3年生の春と夏。
役はダフィ。
13歳だったこともあり、
結構いろいろなことを鮮明に覚えています。
ま、思い出はまたのちのち触れることにして。。。

中学生とはいえ、
身長もそのときすでに163センチくらいあったにせよ
「子役」というカテゴリーにいたわけですが
篠崎先生は、子役を
「ひとりのプロの舞台人」として扱いました。
だからこその厳しい愛情。

「がんばったらステージにたてる」
これは発表会でのこと。

プロフェッショナルな場所であれば
そこのレベルを下げる実力では
立ってはならぬ。のです。
選ばれた以上、なにがあってもそのレベルまでに
自分をもっていかねばならないのです。

子どもがプレッシャーの中で、
自分に負けそうになりながら、みんながんばっていました。

中学生という時期にこの経験ができたことは
人生の宝物です。

お稽古や本番ではさまざまな
伝説!思い出!がありましたが、
わたしがいまだ、ずーっと強烈に覚えているのが
滑舌のお稽古のときの1シーン。

「一度もつっかえずに言い切ること」という課題の際、
わたしは、一度もつっかえることなく出来ました。

しかしそれは
「中学2年生のわたし」が求められる完成度、
その努力(取り組み)ではありませんでした。

「あなたは幼稚園生のモリーと同じスピードでやって
それが「出来た」というのですか」

演出家の篠崎先生に言われるまで、
恥ずかしいことに気がつきませんでした。
一番年下がモリー役の幼稚園生、わたしが最年長の中学2年生。
チームの中でのわたしの立場、責任というものに
初めて気がついた瞬間でした。
自分が自分に課していたハードルの低さにも
恥ずかしくなりました。
そんなことすら気がつかなかった自分にも。

自分の自身の目標設定のつけかた。
チームのなかで自分がすべきこと。
自分を知る力と周りがみえる力。

ダフィを卒業しても、いまも永遠の課題です。

ジュニアスクールの子どもたちは
この環境とは違いますが
「ひとりの舞台人として、ひとりの人間として」
先生が向き合ってくださっていたように
わたしも、一人ひとりと目線をあわせて、
まっしょうめんから向き合って
子どもたちと青春していきたいな、と思います。

日テレが麹町時代な思い出・・・
子どもが成人するぐらいの月日が流れていると思うと
驚きです。

でも、こうやってこれだけ時がだっても
あの時のひとつひとつの環境や
先生のひとつひとつの言葉などを思い出すと
ヒントがたくさんまだまだつまっています。

今日がだめでも、明日には。

なつかしい写真つきで。
08220822b_2

| | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

ヨリミチブランコ[観劇]

ヨリミチブランコの
「はっぴぃさん」を下北沢に観劇してきました。

このヨリミチブランコは
わたしの友人の劇団仲間の大堀茜さんと根本蛍汰さんが
立ち上げた演劇企画ユニットです。

今回の「はっぴぃさん」の原作は
荒井良二さんの絵本「はっぴぃさん」。
絵本からその世界がとびだしていて
こころがほっこりしました。
こころに栄養まんてんです。
わたしもはっぴぃさんに会いに毎日歩いていこう!

23日まで上演中です。
子どもからおとなまで、楽しめますので
ぜひ劇場へ。


観劇好きな母の影響で、小さいころから
劇場でさまざまなお芝居、とくにミュージカルをみてきました。
そんな環境で育ててくれたことに、とても感謝しています。

劇場でお芝居をみることは
より多くの感性が豊かになる機会がつまっていて
子どもが劇場の席で1時間以上座っている、
目の前で繰り広げられる生きた世界に集中することは
普段の生活ではなかなか経験できない貴重な時間、
と思っています。

いままでに、自分の感情をまっすぐに表現することや
目の前に広がることにまっすぐに向き合うことを
恥ずかしく思ったり、隠したりする子どもと
出会うことがありました。

たくさんの子どもたちが
「はっぴぃさん」をまっすぐ見て、
自分なりにいろんな感情をいだき
それを、思いっきり表現できたらな。
たくさん笑ったり、泣いたり。ね。

舞台をみて、養われるこころの栄養を
チアの活動のなかでも経験できるよう
さ、これからもがんばります。

素敵な女優さん、大堀茜さんは
ミュージカルアニーのシノザキアニーズ*の仲間です。
(茜さんは92年ペッパー役)
すてきな思いでこのユニットも立ち上げていて
とても共感しています!

この作品には92年テッシー役の葛谷知花ちゃんも出演。
写真は終演後のあかねっちと!
*シノザキアニーズ=初演から2000年までの
篠崎光正先生の演出で出演したアニーズ(アニーとその仲間の役)。

ーーーー
ヨリミチブランコ オフィシャルブログ

ヨリミチブランコとは
・・・・時代とともに、変化する生活の中。
現代の子ども達が、どんな感情を抱いているのか。
私達大人がそれを全て理解するのは、
簡単ではないことと思っています。
では、子どもの頃、私達は何を楽しいと感じたか、
何を大切にしていたのか・・・・
ヨリミチブランコの創作のスタートは、そこから始まります。
何が正解なのか、何をすべきなのか、
わからなくなることのある毎日。
その日々の中で埋もれてしまいがちな
誰かと声をかけ合う楽しさ、うまくいかないもどかしさ
そこから生まれる思いやりや、人との繋がり。
「子どもから大人まで変わることなく大切にしたいこと」をテーマとし
共に過ごす何気ない時間が、生涯かけがえのない財産となるよう
願いを込めて、今後も様々なジャンルの表現者と関わり、作品創りを行います。
〜ヨリミチブランコ 「はっぴぃさん」パンフレットより


0821

| | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

池袋にてこども店長

叔母業。
人生を仕事にチアに駆け抜けていたときに
なかなか、時間をさけなかった家族との時間。

いまの生活では
いままでにとれなかったそのような時間を
とれることをせつに喜び、楽しんでいます。
その中でも叔母業は積極的に。(楽しんでいます)

子どもの視線や、視野。
こればっかりは、一緒に接することで
感じることや発見できることが多いですし、
叔母という立場と子どもに携わる先生としても
いつも感じることがた〜くさん。

以前は、会社勤めでがっつり働いていた時間に
親子が集まる場所に行くと
軽くカルチャーショックも。
「こんな場所が同じ時間に存在してるんだ」と。

会社という組織で働いていたからこそ
感じることが多いので、
その時間にも感謝、懐かしみながら、叔母業。

いまや大人気の加藤清史郎くんのこども店長と。(パネルだけど)
キタロウの家で。

090820b

090820

| | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

小学生のころ

子どもたちにチアレッスンをしていると
「わたしが同じくらいの時って・・・」と
よく考えるます。

小学生のとき、何をしていたかしら。

小学1年生からガールスカウトに入りました。
それは、姉もガールスカウトだったので、自然な流れでした。
が、同学年メンバーもしばらく誰もおらず、
いろんな学校のメンバが集まるその時間は
「いつもどおり」の自分を出すことはなかなかできず。。。

わたし、小学校低学年までは
消極的で、いつも同じお友達としか一緒にいない
いまでは想像つかない子どもだったのです。

しかし、いろいろな学年のお姉さんとの活動は
「こんな風に誰とでもすぐ仲良くなれるお姉さんになりたいなぁ」
「なんでこの子はおもしろいんだろう(みんなを楽しませてすごいな)」
と、子どもながらに、いろんなことを感じていました。
コミュニケーション能力が高い人に、
憧れを強く抱いていたことを覚えています。

活動のなかでも特にキャンプなどでは子どもだけの中で
しっかり係をきめ、チームワークを大切に行動します。

学校での自分とは違う活躍ができたり、
自分のがんばれるチャンスがたくさんありました。
6年生になったらあれしたいな、これしたいな、と
憧れることもたくさんありました。

他にも募金活動や、老人ホームの訪問など
いろいろな経験をしました。
そのときに
「自分はこういうときにこんな感情を抱くんだ・・・」
と、子どもながらに自分と向き合うことが多々ありました。

いま、振り返ると、学校生活があってののことですが
こうやって学校以外の場所で
同学年以外の仲間との活動は、貴重な時間だったな、と。

残念ながら、わたしは家族で一番始めに
ガールスカウトを退団してしまったのですが。。。
(シニアにたどりつかず)

ひさしぶりに、「やくそく」を言ってみましたが
言えるものですね。。。。
ただ、わたしの時代といまは言い回しが少し違うようです。
ガールスカウトのやくそく
このやくそくとおきてをあらためて、
こうやって唱えてみると
いま、チアスピリットを大切にしたい、と、いうところに
たどりついて活動しているのが自然な流れのように感じました。

いま、ジュニアスクールでも
さまざまな年齢の女の子が集まっています。
子どもの世界で、いろんなことを感じていると思います。
いまの経験は、とくに、少し大きくなってから
自分の栄養になっていると感じれることと思います。
そう、なるようにがんばります。


調理台から洗面台、食事用のテーブルなど竹で組み立てたり、
水もひしゃくで大事に使ったり・・・。
なつかしいな。
Img_0024

| | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

かわいい後輩が世界陸上で活躍!

世界陸上で20km競歩の大利久美選手が12位!
渕瀬選手の入賞のお祝いムードがテレビで
紹介されていますが、かわいい後輩の久美ちゃんの12位も
すばらしいです!おめでとう。
富士通陸上競技部 世界陸上特集大利久美

大利選手が社会人生活の最初の先輩がわたし。
会社での教育期間中、彼女のクラスの担任がわたし。
だったのです。
一緒にあつい時間を過ごしました。


世界で戦う彼女を見て、刺激をもらいました。
ありがとう!

人間のパワーってすごいですね。
毎晩わくわくどきどきで、睡眠不足です。
まだまだこれから登場の日本選手に注目ですね!

| | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

フラ。

フラ。

入社同期のYOSHINOちゃんが、
フラを楽しんでいたこともあり、
身近に感じたのが10年以上前のことでしょうか。
彼女のWeddingはHawaii!
私は母と二人で参列させていただき
そのときも、現地のダンサーの方もそうですが
YOSHINO ちゃんのフラのお仲間が披露してくれたり
新婦も思わず踊ってしまったり!と
フラにとっても魅せられました。
(ちなみにそのYOSHINOちゃんは今もなお続けており
素敵なフラガール!)

それから、だーーいぶ月日が流れましたが
今では、母と姉もフラに夢中。

母や姉がステージに立つときは
かけつけ、楽しませてもらっています。
いままで、わたしのこともさんざん応援してくれた
みんなのステージ。もちろんわたしも応援!

こうやってステージを小さい頃から見たり
一生懸命練習する→発表する→また一生懸命練習する。
この過程を楽しんでいる、努力している人を
身近で感じることができるのも、姪にとっても
大切なことだと思っています。
(思わず叔母として)
習いごとなどでなくても、ママの一生懸命な姿や
まっすぐな姿はお子様にとってはとっても良い栄養になっているはず!


090815_2

| | トラックバック (0)

ハイビジョン沖縄美ら海水族館

「42nd Sony Aquarium 2009 -ハイビジョン沖縄美ら海水族館-」で
沖縄美ら海水族館の魅力を感じました。
行きたいな。行ってみたいな。
42nd Sony Aquarium 2009 公式サイト

090815d

|

本日より世界陸上開幕です!

本日15日よりベルリンで開催される世界陸上が開幕します。

日本からもさまざまな魅力的なアスリートが出場します。
中でも、富士通陸上競技部のメンバーは以前に仕事で
お世話になっていたので特に特に応援に熱が入ります。

日の丸をつけて、レースに出るまでの道のりや
その思いというのは、わたしには計り知れないものですが、
唯一、感じることができるのは
みな「努力をしている」ということ。
当たり前ですが、どんな人だって、努力をしていること。

週をあけると、子どもたちへのチアリングレッスン。
いまの小さな小さな努力の積み重ねが、
技術だけでなく、こころの栄養にもなっていて
これは、すこしお姉さんになってから
いま、がんばっていたことの結果がきっと出てくると思っています。
(もちろん今現在の変化もありますが)
子どもへの指導をはじめてから、あらためて
この「努力を積み重ねること」の大切さを感じています。

わたし自身も世界陸上で日の丸をつけた彼ら彼女らを応援しながら
たくさんエネルギーを補充したいと思います。

今日の注目は、100mで塚原選手と20km競歩の森岡選手!
お二人とも若くして、塚原選手は2回目、森岡選手は3回目の
世界陸上。すごいですね。

富士通陸上競技部 世界陸上特集ページ

写真は一昨年のトークショーのナビゲータをした様子です。
左からわたし、醍醐選手と高平選手。
(昨年のトークショーは塚原選手と高平選手でした)

0815_3

| | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

お砂糖ひとさじ

どんな仕事も楽しくやる方法があるのよ
そのコツを見つければ仕事はゲームに!と
メリーポピンズがバンクス家の子どもたちに
言うように何事も考え方次第。

ひとさじのお砂糖で苦いくすりもへっちゃらに。
そんな風に、「ひとさじのお砂糖」を
そんな考え方を、自分からうみだせたら。。。

チアリーダー的思考は
そんな「ひとさじのお砂糖」がたくさん!

ほんのひとさじの勇気 や
ほんのひとさじの。。。。。
そのひとさじが自分をCHEERFULにさせ
周りもCHEERFULに!!

いろいろな
「ひとさじのお砂糖」と感じること
そこにつながる活動やたくさんの仲間たちを
ご紹介してまいります。
プラス、日々のちょっとしたことも。。。


*ブログ名も大好きなメリーポピンズより

--------------
この日以前のものは
ココログでのblogスタート!以前のものになります。
プライベート感満載です。あしからず。

| | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

いただきます。アンチョビパスタ。

我が家の好きなもののひとつ。
アンチョビ。

アンチョビがあるだけで
なんだかうきうき。
-----
今回のアンチョビパスタ
----
オリーブオイルににんにく。
※フライパンに火をつける前ね!
そしてもちろん赤とうがらしも。
キャベツとアンチョビを炒めて
最後にゆでたパスタも一緒に。
ここで、もったいぶって少し残しておいた
アンチョビをまた加える。
(最初に全部使わない。。。)
---と説明不要。いたって普通。

わがやは大量のキャベツでいただきます。
ただ、キャベツから水分がでてくるので
クックは一気にね!


090813

| | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

青春の友。

一生懸命な時間をともにした仲間。
同じ方向をむいて
こころとこころで交流した仲間。

時間がたっても、
暮らす土地が離れていても
変わらないものですね。
本当にうれしい。

きっとこういうのって
時がたってから余計に身にしみるものですね。

九州で暮らす友が
帰省していたので、わずかな時間ですが
会うことができました。

なんだか、時が経っても
昔みたいに話せたり
昔からのネタ(ひっぱりすぎね。。)で笑ったり。

何って、友のお母様も一緒に
お食事囲んでお話できたことがとっても嬉しい。
これも、宝物。

年齢を重ねた分
お母様も交えて子どものことや
いまの子どもたちの環境のことなど
きっと青春まっさかりの頃には一番の話題には
なかなかならなかったであろうことがゆっくり
お話できてとっても充実。

090812

| | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

東京湾大華火とごはん。

東京湾の花火を満喫しました。
まともに花火鑑賞したのっていつぶりかしら?
とっても美しく、感動モノでした。

そして
花火のおとものごはんたち。
人が集まる。
となると、私が毎度つくってしまうのが
鶏のぴりから煮。
もう小さい骨はぼりぼりいけちゃうほど
コトコト煮てしまいます。

そして、写真のちらし寿司は。。。
母が作ってきてくれました。
とってもおいしい!
今度、友人が集まるときはコレだ!と
決めました。

が、やっぱり、
この寿司おけがなきゃね。
(気分ですが)

寿司おけを買い求めに行こう。そうしよう。

そうそうみなさんご存知の三杯酢。
小さいころから
「三杯酢の準備をして〜」と言われたら
「はぁ〜い」と作っていました。
材料も間違っていませんでしたが、
漢字を間違えておりました。

なぜかずっと「三倍酢」と思っていました。

調味料辞典

090808c
090808
090808b_2

| | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

鎮祀1300年

港区三田にある御田八幡神社は
今年、鎮祀1300年。
記念として、8月1日に式年例祭が、2日には御神輿渡御が斎行されました。

御田八幡神社 wiki


和銅2年(709)から1300年。
すごすぎてなんとも言い表せず。。

御神輿をながめることができました

090802

| | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

いただきます。モロヘイヤスープ

モロヘイヤを温かくいただくなら今はコレ!
一番気に入っています。
モロヘイヤの茎もはっぱも全部使います。

------
今回のモロヘイヤ×豚にくスープ
------
モロヘイヤの茎をゆでて、はっぱ部分もさっとゆでて
冷水であらってみじんぎり。
お鍋に油とにんにく。
いい香りがしたら豚バラ炒める。
そのあとに、お水とコンソメをいれて
いよいよ、みじん切りのモロヘイヤ茎&葉っぱ。
最後に溶いた卵をいれて出来上がり
-------
味の調整はお塩や醤油でね。

090801

| | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »