トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の11件の投稿

2008年8月31日 (日)

翌日の食事

おいしい!

080831_2

|

クロカンブッシュ

自分のウェディングケーキは母親と手作りにしたい。

その夢のとおりに二人で作りました。
クロカンブッシュ。

お菓子づくりが得意な母。
小さいころから、誕生日ケーキはいつも手作り。
うれしかったし、それが当たり前すぎたために
本当にすごいことなんだな、って気がついたのは
結構大きくなってから。

一緒にクッキーを作ったり、ケーキを焼いたり。
母娘でお菓子づくりの思い出もたくさん。
母のお菓子などを作っている姿が大好きなこともあり
ウェディングケーキも、というお願いをしました。

肝心なシューケーキはすべて母が焼いておいてくれました。
ものすごい数のシューケーキを毎日毎日焼いてくれてました。
この期間は実家にいなかったので、焼いている姿を見ることは
出来なかったのですが、すべてシューケーキで
三角にするその量はすごい大変だったと。。。

挙式前日、実家に行き、限られた時間の中、
積み上げ、作っていくことにしたのです。

三角の筒を作る。
まず、これがなかなかうまく行かずにもたつく私。
母にカラメルを次々作ってもらう。汗だく母。
中に、シューに熱いカラメルをつけながらつめていく私。
最後に熱いカラメルを筒にさらに流し込む。

このあと、わたしの大失敗。

早くに、筒(型)をはがしすぎて
崩れるシューケーキたち。
そもそも、つめこんでいくときのカラメルの量のミスもあり
崩れつづけるシューケーキたち。

ちょうど、母が買い物で少し家をあけた時でした。

毎日、一生懸命焼いてくれたこと。その母の気持ちがわかっていたので・・・そして、いままでのいろんな想いが重なり、そして、そしてあぁ、私は本当にお嫁に行くんだな、やっぱり寂しいな。。。。その気持ちでいっぱいになり、わたしは涙が止まりませんでした。

「ありがとう」「ごめんね」

母が戻り(その時は私は泣き虫終了ね!)
「こんなになっちゃった。ごめんね。」
「明日、どうしよう」と、私が言うと

「大丈夫、大丈夫」

と言って、
まだ、あっつあつの雪崩れたシューケーキを
素手で三角に整え始めました。

涙があふれて止まりませんでした。

その姿は、一生忘れないです。
わたしもいつか、こんな風に
「大丈夫、大丈夫」と、出来るのでしょうか。

「大丈夫よ、こうやって整えればちゃんと出来るから」
「大丈夫、ママがなんとかしてあげるから」

入籍するために(役所に向かうために)移動する
タイムリミットのわたしたちを笑顔で送り出してくれました。
用意しておいたレースなどを置き、わたしは実家を出ました。
本当に最後のさいごまで、ごめんなさい。。。

当日、わたしの目の前に登場したクロカンブッシュは
本当に本当に素敵なものでした。
あの雪崩がうそのよう。
挙式前日は、ゆっくりしたかったろうに。
たぶん、すごい大変だったと思う。
それに持ってくるのも相当重かったはず。

自慢の母の最初で最後のウェディングケーキ。
一生忘れません。
ママありがとう。

一日ケーキがもつようにhelpしてくれたお姉ちゃんたちもありがとう。

挙式の翌日に、夫婦でシューを食べました。
幸せ。
うまく、言葉にできません。

080831

080830

| | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

明日に架ける橋

思い出の曲が加わりました。
明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)
When you're weary
Feeling small
When tears are in your eyes
I will dry them all
I'm on your side
when times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

When you're down and out
When you're on the street
When evening falls so hard
I will comfort you
I'll take your part
when darkness comes
And pain is all around
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

Sail on, silvergirl,
Sail on by
Your time has come to shine
All your dreams are on their way
See how they shine
If you need a friend
I'm sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind


080831

|

ティアラでなくリボン

こだわりポイント。
どうしてもリボンを使いたく
オリジナルでリボンを用意しました。

この要望にもこたえてくれた
ヘアメイクを担当してくれたYO-SUKE君。
ありがとう!

写真は挙式、ファミリーパーティ終了後
銀座のパーティ会場に向かう車の中で。(熟睡前)
080830_6

|

ウェディングブーケ

ブーケは恵泉園芸センターにて。
恵泉園芸センター 六本木フラワーショップ
きれいなお花を用意していただけます。
六本木に行った際には
ぜひのぞいてみたらいかがでしょう。
きれいなお花がたくさん!

スクールも大人気ですよ。

080830_4

|

リングピロー

リングピロー。
母の手作りです。

挙式後も自宅で愛用中。

080830_3

|

母校での喜び

母校でWedding。
後輩チアリーダーズが
たくさんお手伝いをしてくれました。
そして、挙式後にはあたたかいパフォーマンスまで。
本当にありがとう!

080830_5

|

宣言

080830_11

|

聖書

創世記2章18節〜25節
その後、神である主は仰せられた。
人が一人でいるのは、よくない。
わたしは、彼のために彼にふさわしい
助け手を造ろう


コヘレトの言葉4章9節〜12節
ひとりよりもふたりが良い。
共に労苦すれば、その報いは良い。

080830_7

|

賛美歌

賛美歌312番 「祈祷」

1 いつくしみ深き 友なるイエスは
  罪とが憂いを とり去りたもう
  こころの嘆きを 包まず述べて
  などかは下さぬ 負える重荷を

2 いくつしみ深き 友なるイエスは
  われらの弱きを 知りて憐れむ
  悩みかなしみに 沈めるときも
  祈りにこたえて 慰めたまわん

3 いつくしみ深き 友なるイエスは
  かわらぬ愛もて 導きたもう
  世の友われらを 棄て去るときも
  祈りにこたえて 労りたまわん


新賛美歌102番 「全き愛 与える主よ」

1 全き愛 与える主よ、  今ここに 誓い合う
  この二人 ひとつにして、  恵み祝してください。

2 愛をもって 築く家は  みこころに 守られて、
  なぐさめと 希望に満ち  死も悩みも 消え行く。
  
3 悲しみは 喜びへと 争いは  平和へと
  この家の 日々を祝し  愛を育ててください。


080830_9

|

母校のチャペルでWedding!

学園の関係者、および卒業生一人一人が
平和をつくりだる「恵みの泉」として
神に愛されているということ
そして、そこから押し出されて隣人を愛する者として
遣わされている、という学園の中心を貫く
メッセージを伝える場として、現在大学のチャペルは
多くの人に開かれた働きをしています。

そんな素晴らしい大学のチャペルにて、
すてきな結婚式となりました。

みなさん、ありがとうございました

080830_10

|

トップページ | 2008年9月 »